« ミシンでお裁縫 | トップページ | 深大寺 -その2- »

2010/09/01

深大寺 -その1-

暑い暑い8月が終わりましたね。今日から9月。カレンダー上では秋スタートという
ことになりますが、昨日までと変わらずやっぱり暑い(^^;) 長引く暑さの疲れが
じわじわと現れてくる頃でもあります。皆さまどうぞお体大切にお過ごしください。
 
*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*…*
 
さてさて、8月前半にあった夏休みのこと、宇部帰省から戻った後で
「夏休み中、一日くらいはどこかへ遊びに行きたいね」ということで、あれこれ候補を
挙げて検討した結果、東京都調布市にある「深大寺」へ行ってみようということに
なりました。二人とも「ゲゲゲの女○」見てますし~ tveye happy01
 
というわけで、お盆初日の8/13(金)、「深大寺」&「神代植物園」へ行ってきました。
その様子を、それぞれ -その1-・-その2- の2回ずつでご紹介させていただきます。
 
今回は「深大寺 -その1-」です。
train小田急線と京王線trainを乗り継いで調布駅まで行き、そこからはbusバスで。
「深大寺前」のバス停で降りました。
いきなり目に飛び込んできたのは、門前に軒を並べるなにやらレトロな茶屋風の雰囲気
あふれるお店のあれこれでした。 へぇー親しみやすくて懐かしい雰囲気note
      (noodle写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcarouselpony
 
 
       100813zindaizi4
                  参道から山門を見た雰囲気
 
 
100813zindaizi3_bokasi 100813zindaizi2
              バス停のすぐ近くにはこれがありました。
         その名も「鬼太郎茶屋」。庭には妖怪たちもいましたよ~
 
 
100813zindaizi5 100813zindaizi38
                 お蕎麦屋さん に 甘味屋さん
          お昼はちょっと早めに「深大寺蕎麦」をいただきました。
 
 
100813zindaizi8 100813zindaizi7
                楽焼の陶器屋さんもありましたよ。
     湯のみを伏せたような「深大寺風鈴」が涼やかな音を響かせていました。
 
 
100813zindaizi34 100813zindaizi38_2
                   こちらもお蕎麦屋さん。
          「深大寺」はたくさんのお蕎麦屋さんに囲まれてます。
           深大寺の北の台地が米の生産に向かないことから、
       江戸時代、小作人は蕎麦を作り米の代わりに蕎麦粉を寺に納め、
        寺で蕎麦を打って来客をもてなしたのが深大寺蕎麦の始まりと
                   伝えられるそうですよ。
 
 
 早めの昼食をとりましたし、門前に並ぶお店が面白くてなかなか深大寺の中へ
 入れません。草団子まで食べてしまいました。 陶器屋さんの絵付け体験は諦め、 
 そろそろ山門をくぐるといたしましょう。
 
 
100813zindaizi11_bokasi  100813zindaizi9_2
     山門を階段下から見上げた様子      階段上り口にはホオズキの寄せ植え 
 
 
 「深大寺 -その1-」はここまでです。
 山門をくぐる前に終わっちゃいました(^^;) 次回「深大寺 -その2-」では、
 境内の点描をご紹介予定です。
 
  

|

« ミシンでお裁縫 | トップページ | 深大寺 -その2- »

コメント

深大寺にお出かけとはタイムリーでしたね。
妖怪たちがこんなにいたのですか。
気が付きませんでした。
それにしても遠かったでしょう。お腹もすくわけです。
暑いのに賑わっていたのですね!

投稿: tona | 2010/09/01 09:19

おはようございます。
「ゲゲゲの女房」つながりで、このあたりはにぎわっているようですね。
私は、昔からの鬼太郎ファンです。
「鬼太郎茶屋」なんか見せられたら、もうたまりませんよ。
門前の、レトロなお店の居並ぶ様子、いいですね。
こんなところ大好きです。
お寺に入らなくても、私だったらここで十分時を過ごせそうです。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/09/01 10:14

深大寺 うちからは結構時間がかかるのであまり行きませんが 神代植物園でボタニカルアート展をしたり 植物を描きに行ったりしたことが何回かあります。植物園を回っていると時間が経ってしまい なかなか深大寺までは足が伸びません。
1度だけ 植物園の帰りにお友達とお蕎麦を食したことがあります。
お写真で見るとおりです~~!
ピンクのサルスベリがきれいですね。

投稿: fairy ring | 2010/09/01 11:14

ポージィさん、こんにちは。深大寺は一度も行ったことがないので、全く地理不案内です。調布という地名がありますから、野川の湧水源辺りかなと想像しております。ネットによれば、浅草の浅草寺に次ぐ古刹でして、深大寺ソバがとても有名だとか。ソバは大好きだから、行ってみたくなりました。調布駅からはバスなのですね。あのあたりは、電車による交通が不便で狭い路地をバスが練り歩いておりますね。
狸の素焼きがあるのですか。信楽焼のが小さすぎて、娘が欲しがっているので、大きいのを買っても良いなと考えています。

投稿: polo181 | 2010/09/01 11:53

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

朝の連続テレビ小説で何回か出てきて、行ってみたいと思いました。
調べてみると、めちゃくちゃ遠くもなくて決行です(^^)
バス停のいちばん近くの鬼太郎茶屋にはたくさん妖怪がいて、
関連のお土産もいっぱいでした。神代植物公園にまでいましたよ。

私たちが着いたのは11時少し過ぎで、その頃はまだそんなに賑やかでも
なかったのですが、それからどんどん増えて夕方には鬼太郎茶屋の中など
人がごった返していました。ドラマも人気出ましたしね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
もともとの人気がどのくらいだったか知りませんが、ゲゲゲ効果は
多分大きいでしょうね。この日も時間が経つにつれてどんどん
人が増えてきてましたし、ラジオの中継までしてましたよ。
(テリー伊藤さんと女性タレントさん目撃)
そうでしたか~ 鎌ちゃんは鬼太郎ファンでいらっしゃったんですね。
それじゃ、お近くだったら真っ先にいらしてたかもですね(^^)
実は、私もお寺の境内より外の方が楽しかったです~


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

fairy ringさんにとってはお隣の神代植物公園が縁が深くて
いらっしゃるのですね。植物園にも回りましたが、深大寺の後になったので
植物園はそそくさ回りになってしまいました。でも広くて色んな植物があって
魅力ある植物園だと感じました。
植物園の帰りにお蕎麦を食べられたときの深大寺門前の雰囲気は
やっぱりこんな感じだったのですね。
はい、花の少ない時期、濃い緑の中にサルスベリが目立っていました。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
poloさんもこの辺りは不案内でいらっしゃいますか。私たちも知りません
でしたので、ネットで調べておいて電車とバスを乗り継いで行きました。
3月から放送の、現在のNHK朝の連続テレビ小説で興味を持ったんです。
浅草寺と肩を並べる古刹ですか。どおりで門などはとても古いものでした。
深大寺蕎麦が有名というのもドラマで知って、石臼による粗挽きの蕎麦粉で
作った蕎麦というのをいただきましたよ。
調布駅からはバスで行きましたが、歩くと30分強くらいらしいです。
暑い季節ですし、着いてから歩き回ることを考えてバスにしました。
poloさん、行ってみようかという気になってこられましたね。
深大寺蕎麦を食べられ、狸をお土産に家路につかれるpoloさんの
お姿が目に浮かびました。
 

投稿: ポージィ | 2010/09/01 16:10

こんばんは。
深大寺へ行ってこられたのですね。
調布市はいまゲゲゲの鬼太郎に力を入れていて、調布駅を降りたとたんにあれこれ目に入ってきますね。
深大寺山門前もたくさんの店があって熱心に見ていると境内までたどり着きません。
春にいったときお蕎麦も食べましたが、値段の割に質・量とも物足りませんでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/09/01 21:25

山門前のお店が昭和の香りがして、すごい好きです。
見ているだけでワクワクしてきます。
深大寺はあまり印象が無く、お店と蕎麦が印象に残っています。

投稿: ロッキーママ | 2010/09/01 22:05

食したことはないですが、名を聞いたことはあります。
そば好きですので興味津々です!

投稿: ふくやぎ | 2010/09/01 22:42

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
おーちゃんが行かれた話をしたのが頭に残っていたかもしれませんが、ゲゲゲの女房を
見ている影響も大きかったのでしょうね、夫から行ってみたいと提案がありました。
水木夫妻が現在もお住まいの調布ですから、人気が高まったドラマにあやかって
大いに盛り上がりたいところですね。あちこちに鬼太郎仲間の姿が見られました。
山門前のお店はなかなか楽しくて、お寺のことを忘れそうでした。
おーちゃんも門前でお蕎麦を食べられたのですね。私たちもです。
石臼で挽いたという粗引き蕎麦粉のざる蕎麦を食べましたが、量は値段の割に
少ないですね。消化の良い蕎麦は腹持ちもしませんので、草団子を食べて
足しにしました(^^;)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

行かれたことおありなんですね。
やはり門前のこの懐かしの雰囲気お好きですか。何かほっかりとして
安心感を感じました。近未来的な感じもする都会のおしゃれな空間は
緊張してしまうのですが。
深大寺の境内の中は、本殿など予想していたより小規模でした。
門の外の方が楽しいです。なんていうと仏様に怒られそうですが。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

「深大寺蕎麦」の名前は有名なのですね。
お寺の周り、お蕎麦屋さんだらけでしたよ。
お蕎麦好きでいらっしゃいますか~ ならば興味も当然ですね。
私は粗挽き蕎麦粉のざる蕎麦を食べたのですが…蕎麦の味の違いが
分かる舌をもっていないので、味の感想はなんとも…
不味いようなことはありませんでしたが。量はちょっと足りませんでした。
 

投稿: ポージィ | 2010/09/01 23:12

私もゲゲゲにあやかって、夏前に行きました!
深大寺は駅から少し離れてるので行きづらいですが
なかなか素敵な場所ですよね。
うちは、鬼太郎茶屋に開店ダッシュで入り・・・
いっぱい写真を撮ってしまいました。大人げない。笑

お隣の植物園はとても広いので、
ポージィさんなら、きっと楽しまれたのではないでしょうか。

次回のお花の写真が楽しみです。。。

投稿: SAKURA | 2010/09/02 14:16

◆AKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

うふ ゲゲゲの女房つながりで訪れる人、今年は相当多いでしょうね。
私たちのように(^^)
鬼太郎茶屋に猛ダッシュでですか?(笑) でもゆっくり眺めようと思ったら
それが正解でしたよ、多分。私たちが着いたのは11時頃で、そのときはまだ
ちょっと混んでるかなくらいでしたが、夕方もう一度覗いたらものすごい人で
ごったがえして動けないわ暑いわで大変なことになってました。

植物園にも寄るには寄ったのですが、流したって感じになっちゃいました。
花が少ない真夏だからできたことで、これが春だったりしたらなかなか
動けなかったかもしれません(^^;)
もう1回深大寺をアップして、そのあとで植物園に行きますね。
引っ張るのだ~
 

投稿: ポージィ | 2010/09/02 15:47

あ、深大寺に行かれたのですね!
ゲゲゲ〜の影響で混んでいるだろう、と暫く行ってませんでした。
寺の周囲にたくさんの蕎麦店がひしめいてしますが、バス通りの少し離れたところにある「湧水」という蕎麦店が屈指です。ここで食事をすれば、散策の間、そのまま車を駐車していてもOKなんですよ♪

神代植物公園編も楽しみです。
広場のパンパスグラスが懐かしいです。

投稿: noodles3 | 2010/09/02 16:04

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

はい、ゲゲゲの女房に触発されていってしまいました。
私たちが着いた昼前は、お盆ということもあってか、まだ
それほどでもありませんでしたが、時間が経つにつれてどんどん
人が増えてきましたね。
「暫く行ってませんでした」…ということは、何回か行っていらっしゃる
のですね。お蕎麦屋さんもよくご存知で。違う店で食べちゃいました。
事前にお聞きしていれば、その「湧水」を探しましたのに。

植物公園のほうは、全部は回れずざっと流すだけになってしまいました。
パンパスグラスは見た覚えがないです。広場を通らなかったからですね。
きっと物足らないご報告になると思います。期待しないで下さいね(^^;)

投稿: ポージィ | 2010/09/02 20:08

8月27日クックたん一周忌、8月30日ミシンでお裁縫拝見しました。

月日の経つには本当に早いですね。もう一周忌を迎えられましたか。
ポージィさんご夫妻の愛情を一身に受けて、幸せな一生だったと思います。
「会うは別れのはじめ」とか、「初めあれば終わりあり」とか
申します。自然の摂理ですね。クックたん幸せな日々だったことでしょう。

ミシンでお裁縫ですか?いゃー素敵な袋ですね。私も
ほしい。しかし、これはやはり若い方が持つから似合う
のでしょうね。私では一寸無理か?

9月1日、9月3日、深大寺(その一)、(その二)も拝見
しました。
ゲゲの女房の鬼太郎や妖怪に会えるのであれば、これは
なにをさておいても行ってみたいと思います。
深大寺に行ったのはいつのことだったやら・・・。

投稿: 茂彦 | 2010/09/03 12:43

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

一つ一つの記事を丁寧にご覧いただきありがとうございます。

クックとの別れからもう1年。犬の方が人間よりはるかに寿命が短く
先に逝ってしまうことは、最初から分かっていて、覚悟も心の準備も
していたはずなのに、やはり現実となると想像を超えるものですね。
特に苦しみ続けるのをどうもしてあげられなかったことが痛いです。

簡単な巾着袋、手作り品をどんどん作られる方からしてみたら
アップするのも恥ずかしいようなものですが、臆面もなく(^^;)
あら、茂彦さんがもたれてもお似合いになるのではありませんか?
カジュアルな格好で揃えられるといいと思います。

深大寺へは行かれたことがおありなのですね。
ゲゲゲの女房もご覧になってますか? 深大寺の中には妖怪は
いませんでしたが、バス停に近い茶屋にはたくさんいました。
ドラマももう何週間かでフィナーレですね。ご都合よろしければ
いらしてみてください。懐かしい昭和の雰囲気も感じられると思います。
 

投稿: ポージィ | 2010/09/03 17:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49188510

この記事へのトラックバック一覧です: 深大寺 -その1-:

« ミシンでお裁縫 | トップページ | 深大寺 -その2- »