« ふるふる 風船蔓 | トップページ | 垣根越しにこんにちは »

2010/09/15

タカサゴユリの事情 2010

どこからともなくやってきて庭に咲き始めたその年以来、テッポウユリそっくりの
花姿が気に入って、適当に数調整をさせてもらいながら毎年楽しんでいます。
今年は数が少なめでした。減らしすぎた? 他にも昨年までと違いがありました。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
         100803takasagoyuri_tubomi1
 
       まっすぐ伸びた茎の先に姿を見せた蕾  はじめは上向きです
 
 
100817takasagoyuri_tubomi1 100817takasagoyuri_tubomi2
 
            やがて蕾はうつむき加減にまで下を向きます
            色もグリーンから次第に白くなり  そして開花
 
 
100819takasagoyuri3 100820takasagoyuri1
 
       うちの庭のタカサゴユリには花の外側に赤紫色の筋が入りません
  
 
100820takasagoyuri2 100822takasagoyuri2
 
             ほんと テッポウユリにそっくり  美しいです
 
  
         100822takasagoyuri5
 
            ところが今年は 咲いた花の3割が奇形でした
          蕾がちゃんとできずに咲くことのできなかったものも…
        春のいつまでも続いた寒さや、この夏の暑さが原因かしら?
                あるいは…まさか連作障害??
 
 
         100823takasagoyuri1
 
             花咲くことのできなかったものも茎は立派
               アブラゼミの休憩所となっていました
 
                 (いずれも8月中の撮影です)
 
 
「タカサゴユリ(高砂百合)」:ユリ科・ユリ属
                 わが家の庭に咲くものは「シンテッポウユリ」と呼ばれる
                 「テッポウユリ」と「タカサゴユリ」の交雑種かもしれません。
                 

|

« ふるふる 風船蔓 | トップページ | 垣根越しにこんにちは »

コメント

こんにちは。
>どこからともなくやってきて庭に咲き始めた・・・・
こんな素敵な迷い子だったら、どんどんやってきて欲しいですね。
高砂って、名前からしてお目出度いじゃないですか。
タカサゴユリって、そんな増え方をするのですか?

百合はなかなか我が家には根付いてくれません。
友人からもらったコンカドールも、3年ほどで姿を消してしまいました。
ずっと咲かせるコツはあるのでしょうか。

アブラゼミが写っていてびっくりしました。
何だ、8月の写真だったのですね。
こちらでは、2日前に、庭木で、ツクツクボウシが鳴いていました。
これが、今年の初鳴きでした。
どうやら、秋めいてきたようです。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/09/15 11:09

うちにも植えた憶えのないオリエンタル系のユリの花が毎年咲いていましたが 今年は蕾すら持ちませんでした~
植え替えもせず ギボウシの鉢に同居状態で根詰まりを起こしているのかもしれませんが・・・

この真っ白なタカサゴユリ 実は私も去年撮ってありますよ~ アップはしませんが。

秋にできる果実がまたいいですよね~
去年 枯れたのをいただいてきてしまいました~~だって根元から倒れてゴミになっていたので。^^;
オブジェとして飾ってあります。
奇形ですか~ う~~ん! どうしてだろう?
除草剤なんか使用されませんよね。
うちのお隣さんはすぐに除草剤を使います。
そのためか炉辺のツユクサ 青紫から突然に白くなったのを見たことがあります。

投稿: fairy ring | 2010/09/15 11:18

ほぅ・・・美しいですね。
それにしても、奇形ですか。
私たちの気付かないところで、
どんどんいろいろなことが起こり、
あちこちに影響しているのでしょうね。
怖いことです。

投稿: koko | 2010/09/15 12:28

猛暑の影響なんでしょうか.遠くから日本の様子を見ているだけなので実感が無いんですが,記録的猛暑と何度もニュースで言ってましたので,やっぱり気になってました.
連作障害なのか猛暑のせいなのか,はたまた,何かが大量発生したとか,とにかく来年もう一度様子を見ないことには分かりませんね.

投稿: LiLA管理人 | 2010/09/15 13:58

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
うちの庭には、このタカサゴユリのように風に乗ってやってきたお客さんや
鳥さんの落とし物としてやってきたお客さんなど、ときおり出現します。
あんまり来て欲しくないお客さんももちろんたくさんいますが(^^;)、
こういうお客さんは歓迎です。
へらへらの膜みたいな種が飛んできて、そこが気に入って翌春芽を出すと
その年は単子葉の葉っぱだけ、翌々年に花を咲かせることが多いですよ。
一般的なユリは種からだと花が咲くまでには何年もかかるでしょうね。

園芸用のものを毎年咲かせるというのは難しいのでしょうか。
私は一度もユリを植えたことないのでよく分からないのです。

ツクツクボウシが鳴きましたか。大阪にもやっと秋の訪れですね。
今後の秋の足取りはどうなんでしょう。遅れを取り戻そうと
急ぎ足だとしたら、ツクツクボウシも慌てさせられてしまいますね。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

オリエンタル系のユリがどこからとも泣くお客に来るなんてことも
あるんですね。いったいどうやってやってきたのか気になります。
今年は蕾も出来ませんでしたか… 根詰まりなのでしょうか。
暑さのせいということもあるかもしれませんね。

真っ白タカサゴユリ、fairy ringさんも撮っていらっしゃるんですね。
私も庭に咲いてくれるので毎年恒例のようにアップしています。
去年はクックへのレクイエムのような扱いでアップしちゃいましたが。
そうそう、果実も素適。飾っていらっしゃるんですね。同じくですよ。

除草剤は撒かないので原因はそれじゃないですね。どうしてかなー
来年どんなかまた様子を見たいと思います。
除草剤のせいで花が白くなったという話、時折り聞きますが
fairy ringも目撃されたのですね。恐るべし。
うちの近くでも年々除草剤使用が増えてきています…


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

綺麗なユリでしょう?毎年楽しみにしています。
今年なぜか奇形が多かった原因が何かは分かりませんが、
植物たちもいろんなものの影響を受けざるをえませんものね。
今年の春の低温や夏の暑さも農作物に色々な影響を
及ぼしていますし。当然野生の植物にも。
そういう私たち人間も同じなのでしょう。
そしてもっと深刻な影響も目に見えないところで進んでいるかも
しれないと思うと、やっぱり怖いですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/09/15 14:26

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

猛暑もですが、春の低温が影響としてはもっと大きいかもしれないと
いう気がしてます。今年の日本の夏はほんと記録だらけの猛暑でしたが、
うちの辺りは35℃以上の猛暑日は少なかったと思うんです。
一方春はなかなか暖かくならなくて、おまけに日照不足でしたから。
あるいは両方ですかね。 春-夏と異常気象続きで(-_-;)
仰るように来年の様子を見てみないと、ですね。

投稿: ポージィ | 2010/09/15 14:38

赤いスジの入らないシンテッポウユリってのもあるんですね。行動範囲のおかげか今年はあまり出逢いがありませんでした。
こちらで拝見できて、ほっとしました。

今日は随分秋めいてきましたね。

投稿: noodles3 | 2010/09/15 16:20

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

シンテッポウユリのこと、そう書かれていましたけれど、
実際には判別はかなり難しいらしいです。

今年はあまりお会いになってませんか。
あるところにはあるけれど無いとなったら無いですものね。

今日は過ごしやすいですね!noodlesさんはほっと一息ついて
いらっしゃるでしょうね。私にはちょっと涼しすぎるくらい。
昨日までと同じような格好してるから行けないんですけれど(^^;)
いよいよ秋に向けて季節が動き始めた感ですね。

投稿: ポージィ | 2010/09/15 16:56

こんにちは。
昨夜の雨がかなりの冷気を運んできたようで、ちょっと寒いぐらいです。

せっかくの楽しみだったのに奇形が多いとは残念ですね。
猛暑が関係しているのでしょうか。
そういえば今年は近所でもあまりタカサゴユリを見ませんでした。
単に見過ごしているだけかもしれませんが…

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/09/15 17:41

いつも拝見しているタカサゴユリですね、お庭にこれだけ豪華なお花は誇らしげです。毎年楽しみになさっていることでしょう。
あまり今年は暑いのでいろいろが変なのですよ、きっとこのお花も、でしょうか。
セミ君もほっとできるところ確保したかのようですね、
落ち着いているなど、いい所だったでしょう。
今はさすがにもうセミは鳴いていないですね、あれだけ大合唱していましたから、
子孫は大丈夫だったでしょうと願っています。
風船蔓も可愛いです、わが家にはいつの間にかなくなってしまって、ご近所でぶら下がっているもの眺めています。

投稿: | 2010/09/15 17:59

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
ほんとに、ちょっと寒いくらいに気温が下がりましたね。
昨日までと同じような服装をしていたら鳥肌が立ちました。

もう何年もの間、夏の楽しみなのですが今年ほど奇形が多かったのは
初めてのことです。春の低温と日照不足、それに夏の猛暑、
両方が影響しているのかもしれません。
農作物に限らず、いろんなものに影響が出ていたとしても
不思議はありませんよね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

はい(^^) 毎年の恒例アップのタカサゴユリです。
好き勝手なところに生えてくるので狭い庭に乱立ですが、
咲けばしばらくは楽しませてもらえます。
そうですね、今年の暑さでは農作物にも色々と影響が出ていますし、
このタカサゴユリにも異変が起きて不思議は無いですね。
春も低温・日照不足でしたし。
来年はどうなるか気をつけて見ていたいと思います。
セミは8月に入った頃からベランダや玄関などに命尽きて転がっているのを
よく見かけるようになりました。この↑セミはこのあとどうなったのか。
ユリにとまっていたひと時はほっと寛いでいるように見えました。
セミたちへの今年の猛暑の影響はどうだったのでしょう。
7年後のセミの数を確かめないとわかりませんが、覚えていられそうに
ありません~(^^;)笑

フウセンカズラにもありがとうございます。可愛いですよね♪
玲さんのお宅のは消滅してしまいましたか。こぼれ種から毎年自然に
というわけには行かないのですね。収穫した種から来年また蒔けたら
いいなと思っています。
 

投稿: ポージィ | 2010/09/15 20:08

↑ そのユリの記事がみつかりましたので ぺったんしてゆきますね。
お時間がございましたら ご覧下さい。

http://0424hana0714bun.blog63.fc2.com/blog-entry-58.html

投稿: fairy ring | 2010/09/16 10:35

◆fairy ringさん、再コメントありがとうございます ♪

fairy ringさんのお宅に突然現れて楽しませてくれたユリ、
拝見してきましたよ~ 探してくださってありがとうございます。
とっても綺麗でした!!
オリエンタル・ハイブリッド種のこのユリ、ソルボンヌという
品種にそっくりです。そのものではないでしょうか。
土に紛れて運ばれてきたのか、鳥さんに運ばれてきたのか。
あるいは種が?種が舞い込んで育ったのだとしたら、花が咲くまでに
何年もかかっていますよね。そう思うと愛しい(^^)
ようこそわが家へ、の思いがけないお客様。
また元気を取り戻して咲いてくれるといいですね。

投稿: ポージィ | 2010/09/16 12:59

ポージィさん こんにちは~

ポージィさんが写すと高砂ゆりもなにやら神々しくさえ見えますね
我が家ではバカユリといって見向きもされていません
かわいそうですね

奇形が三割も!
気候か土壌か、それとも両方かしら
いずれにしても怖いことですね

投稿: glenn | 2010/09/16 16:12

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

アハハ~ glennさんのお宅では相変わらずバカユリの扱いなんですね(^^;)
私も生えてきたのを全部そのままにはしてあげないんですけど、
あのものすごい種の数にしては芽が出てくるのは少ないと思います。
自然淘汰と私の魔の手を逃れたものだけが咲くことが出来ます(笑)

そうなんです、今年はやけに奇形が多くてびっくりしました。
除草剤は撒かないけどハナモモの根元にアブラムシ除けのオルトランを
撒きます。それがいけなかったのかしら?それともやっぱり気候のせいか。
来年はどうなるかまた様子を見てみたいです。そのためには
出来るだけ抜かずに残しておいた方がいいかもですね。

投稿: ポージィ | 2010/09/16 16:50

あれれ、これはどうしたことでしょう。。
暑さのせいなら困ったことですね。
ほどほどに暑くなって、ササッと秋になる、これが理想ですね。

投稿: ふくやぎ | 2010/09/16 22:19

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

わが家のお客さんになって以来の異変です。って大げさですが。
暑さのせいかもしれませんが、その前の春の低音と日照不足の
影響も結構大きかったかなと思っています。
猛暑の影にかすんでしまいましたが、今年は春も異常気象で
野菜が高騰したりしましたものね。
異常続きの今年。この先は穏やかにいって欲しいですけれど
なんとなぁく 嫌な予感がします…

投稿: ポージィ | 2010/09/16 22:48

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49314126

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリの事情 2010:

« ふるふる 風船蔓 | トップページ | 垣根越しにこんにちは »