« ヨモギとセイタカアワダチソウ | トップページ | ひっそりと秋 »

2010/10/20

イタドリ だったのかな?

     10月の初めに川沿いを歩いたときにも初めましての出会いがありました。
           もしやもしや、あなたは「イタドリ」さんですか?
      葉焼けの上にいっそ芸術的と言えるほどの虫食いの葉も多数あり。
       花もだいぶくたびれて、厳しい時を経てきたのが感じられました。
        (door写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧になれますchick
 
 
 101003itadori5 101003itadori4
 
            全体像               虫食い被害の少ない葉
 
 
 101003itadori6_up 101003itadori2_up
 
              トリミングして花部分をアップにしてみました
 
 
 101003itadori6 101003itadori3
 
                              カメラを向けられ逃げるカナブン
 
 
     イタドリは、他のブロガーさんのお写真では何回か拝見してきましたが
  実際に会ったことは無く…。この場所に一株(ひとかたまり)だけ生えていました。
    イタドリならば、雌雄異株とのことで、これは雄株の雄花のほうですね。
         この場所を歩くのはずいぶん久し振りだったのですが、
     もう少し早く来ていたら、もっと初々しい姿を見られたかもしれません。
 
   それにしても、イタドリは肥沃な土地では2mにもなる大型の多年草とのこと。
      でも私が出会ったこの株は草丈60cmほどで茎も細いものでした。
       そんなこともあってイタドリで合っているか全然自信なしです。
                 来年また会えるるかな…?

 
  「イタドリ(虎杖)」:タデ科・イタドリ属(ソバカズラ属)
 
 
……………………………………………………………………………… * * * * *
 
お隣空き地の笹に「タケノホソクロバ」(調べましたよsweat01)の幼虫が大発生したらしく、
先週末からわが家の玄関周りにその幼虫=体長1~2cmの毛虫がウロウロウロウロ…
時には糸引いて目の前にツーと下りてくることも bearing
その笹はうちの門の辺りに密接。見ればいるいる。たくさんの毛虫が笹の葉食べてる。
うちには笹も竹もないのに何でこっちに来るの!?その笹を食べてればいいじゃーん!
毒毛虫だそうで、神出鬼没なのでうっかり素手で鉢植えに触れることもできません。
早くみんなどっかへ消えてくれ~~ぃ crying
 

|

« ヨモギとセイタカアワダチソウ | トップページ | ひっそりと秋 »

コメント

おはようございます!

はい! イタドリに間違いありません。
以前 私の記事にお会いしたことがありませんってコメントされていらっしゃいましたよね。
出会えてよかったですね。
ちょっとしたところに群生しています。
マメコガネに出会えましたね。
リンク貼らせていただきますね。

http://hana0142406107subaru.blog81.fc2.com/blog-entry-135.html

あらあら~ 毒毛虫がお庭にも入ってこられたのではたまったものじゃないですね。
困ったものです。
庭いじりをされる時には充分にお気をつけられてくださいね。
お隣さん 退治してくれないのでしょうかね。

投稿: fairy ring | 2010/10/20 09:22

イタドリですね。
野草は環境によって草丈が随分違ってきますよ。
大きくなるときは1m2mにもなるのに小さいときは2,30cmしかならないときもある。
それでも花を咲かせて種をつけるのが野草の逞しさ。

投稿: 平家蟹 | 2010/10/20 09:52

ポージィさん、こんにちは。イタドリですか。ネットで調べたら、スカンポと言って、食用になるらしい。炒め物や漬け物にすると美味しいとも書いてありました。この、スカンポという名は子供の頃聞いた覚えがあります。多分生でも食べられるでしょう。もちろん、春の茎が柔らかい時期のことでしょうが。
毛虫の大発生ですか。それも毒があるとなると始末に困りますね。庭いじりは、ゴム手袋が必要でしょう。いまは、なりを潜めていますが、昔毒蛾が大発生して難儀したことがあります。洗濯物を外に干せなかった時代があります。

投稿: polo181 | 2010/10/20 14:07

イタドリの花はきれいですね。
あまり近くで見た事がないので、こんなにきれいな花とは知りませんでした。

今年は暑かったので、どんな花も元気が無いですね。
元気があるのは虫たちです。

この毛虫、悪そうな姿していますね。
毒を持っていそうな顔をしています。
今、退治をしておかないと、来春また発生するのでは。

投稿: ロッキーママ | 2010/10/20 15:21

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
おぉ~ イタドリで間違いなしですか。ついに会えたんですね、私も。
リンクもありがとうございます。fairy ringさんの美しいイタドリの
お写真を改めて拝見しながら、こういう時期もあったんだなぁと
もっと美しかったであろう頃に思いを馳せました。
カメラに逃げいていったのは、マメコガネ。そういえば、fairy ringさんの
別の記事で拝見しましたね。

毒毛虫、どうしてうちのほうへ来るんだか。まったく~
まだ蛹になるような時期でない小さなものから大きなものまで何十匹も。
お隣の空き地は放置状態。退治するとなるとうちで殺虫剤撒くか、
1匹ずつ潰すしかないですね。やっぱ止めときます、作業中に刺されそう…


◆平家蟹さん、ありがとうございます ♪

平家蟹さんにもお墨付きをいただき、ありがとうございます。
そうですね、今身近で見られるセイタカアワダチソウでも、
草丈30cmくらいから3mくらいまで見かけます。
イタドリも生育環境でずいぶん変わってくるのですね。
そしてその環境で精一杯の生を全うするのですね。
今のところ、これが唯一実物を見たイタドリなので、大きく育ったものに
出あったらまた判らないかもしれません(^^;)


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、イタドリで間違いないとお墨付きをいただきました。
そうですね、イタドリは食べられるそうです。山菜として、かっては今よりも
ずっとよく食べられていたのではないでしょうか。

隣接した笹に毒毛虫の大発生。こんなことは越してきて以来初めてです。
暖かかった10月のせいでしょうね、きっと。
まだ食べられる笹は残っているのに、何を思うのか辺りを這い回って
うちの玄関周りにも次々にやってくるのです。来るな~
蚊に刺されても腫れて相当痒い思いをするのに、毒毛虫になど刺されたら
たまったものではありませんから用心深くしています。

poloさんはお庭で毒蛾大発生のご経験が?うわぁ…あれは毛虫だけでなく
成虫にも毒があるのですよね。すごく大変なご経験をされましたね…
もう発生しませんように。うちの近所でもご免です。

投稿: ポージィ | 2010/10/20 16:05

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

初めての出会いとなりました。他のブロガーさんのところで拝見した
お写真ではもっと白くて綺麗で… この株のはずいぶん傷んでいました。
でも、面影は十分うかがえますね。

花たちは、元気そうに見えるものもやっぱりちょっと元気がないですね。
今年の気候によっぽど一生懸命頑張っているのでしょうね。
一方こういう暑かったり残暑が長い年は、虫の害が増えますね。
何度も繁殖できるからでしょうか。

毛虫の画像、ご覧になりましたか~ 薄い色の長~い毛が生えていて
いかにもって姿ですよね。退治するには相当殺虫剤を撒かないと…
ガサゴソやっているうちに刺されそうで気が進みません。
でも毛虫たちが姿を消して毒毛が雨で洗い流された頃には笹を短く切って
おきたいです。よその土地のですが放置されているのでうちでやらねば…

投稿: ポージィ | 2010/10/20 16:22

こんにちは。
イタドリ(スカンポ)子供の頃、これをポンと折って、
皮をむいて食べたりしましたよ。
野に行くとどこにでも見れました。
ちょっぴり、遠い日々を懐かしく思い出させる植物です。

「タケノホソクロバ」・・・・リンク先で見せていただきました。
こんなのが居たらたまりませんね。
見るだけで、体中がモゾモゾしてくる感じです。
今年の猛暑のえいきょうでしょうか。
自然界に、いろんな変異が起こっているようで不気味ですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/10/20 17:14

イタドリは近所の境川沿いで見ることが出来ます。
雄花、雌花というようなことを知り始めた4年前に観察したことがあります。
海軍道路の車道わきにもたくさんあって、どれも50~60cmぐらいと背は低いです。
幼虫の大量発生は嫌ですね。早くいなくなるよう祈っています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/10/20 17:18

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
子供時代に食べられたこともある懐かしの植物なのですね。
私は食べたこともなく食べられることも知らないままきました。
そもそも、子供時代に見た覚えもないですし…
群生しているところもあるようですが、実際に目にしたのは
これ↑が初めて。雄株だけでしたが、そのうち雌株も生え、
そうしたらだんだん増えていくかもしれませんね。

タケノホソクロバ、ご覧くださいましたか。
成虫はどうってことないのですが、幼虫は毒を持っているそうで…
こんなのが何匹も毎日玄関周りを徘徊しています(涙)
うっかり触れて刺されたらたまったものではありません。
以前残暑が長く厳しかったとしには、ご近所でチャドクガが大発生
したこともありましたから、このタケノホソクロバも気温の高さの
影響かなと思います。10月に入っても暖かい日が続いていましたから。
今日も奄美地方で豪雨ですね。今年の気象はほんとにどうしてこうも
極端なのでしょう。異常続きで不気味ですね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんには以前見せていただいたことがあるのを覚えています。
海軍通り沿いのも50~60cmほどですか。背が小さいのも珍しくないのですね。
そちらの境川沿いにはあるのですね。私が見たのはこれが初めてで、
うちの近辺の境川沿いでは見かけなかったのです。この↑株は上流から
流れてきた種がここで芽吹いたのかしら?この先はだんだん増えて
見かける機会が増えていくかもしれませんね。

幼虫の中でも毒毛虫の大量発生は嫌さの度合いがビューンと跳ね上がります。
おーちゃんも一緒に祈ってくださってありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2010/10/20 19:55

「イタドリ」本体は見ても花は見たことなし。

少し離れた所の川沿いの土手に、群生したところがあったのですが、花の前にきれいに刈り取られてなくなっていました。

はじめて見ましたけど、本体に似合わず真っ白な愛らしい花ですね。
いい香りがしそうだけど?

来て欲しくないものが進入してくるなんて、ほんとに嫌ですね。

投稿: 夢閑人 | 2010/10/21 10:22

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

夢閑人さんは、イタドリはご存知なのに花をご覧になる機会が…
群生していたものがそのまま花をつけたら、さぞかし綺麗な光景が
見られたでしょうに、残念ですね。致し方ないことですけれど。
私が出会ったこのイタドリの雄花はもうだいぶ傷んでいましたが、
他の方のお写真で拝見したもっと瑞々しいイタドリの花は
白くてとても可憐で美しかったです。
そんな姿をお互いに目の当たりに見てみたいものですね。
花の香りはどうでしょう、この傷んだ花からは特に香っていませんでした。

毒毛虫はまだ玄関周りに侵入してきています。もう1週間近く…
早くいなくなって欲しいです。
 

投稿: ポージィ | 2010/10/21 14:46

タデ科なのですね。
な~んか花のアップを見ていたら、
今年もうまく撮れなかったサクラタデに見えてきたbearing
こちらの里山にも咲きます。
今 何か撮ったはずと写真を見てきたら
じゃらじゃらした種でした。
でも種も花のようでした。(意味不明^^)
毒毛虫ですか~~
イヤですね、気になりますね。
なんとかしたいわね・・・。

投稿: 池田姫 | 2010/10/21 15:41

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

イタドリもタデ科ですね。初めての出会いでした。
タデ科同士、サクラタデとも似たところあるかも~
可愛さではどうしても負けちゃうと思いますが。
姫さまは雌株の実が生ったのを撮られたんですね。
ネット上の写真でしか見た事がありませんが、「じゃらじゃら」って
感じ、よーく分かります。ヘラヘラが付いていて花みたいでも
ありますね。ジャラジャラ実の姿も見応えありますね。

毒毛虫退治は殺虫剤か潰す、ってことになるのでしょうが、
どんどん(延べ何十匹も!)来るので、いちいち踏み潰すのも
いやでしょ~~? 割り箸でムンズと捕まえてはお隣の空き地へ
投げ込んでますが、それらもまた這い戻ってきているかも。
(空き地にはだぁれも入らないので大丈夫。そもそも空き地の
 入り口にうじゃうじゃたかった笹があるんですし)
根本解決にはやっぱり殺すしかないんでしょうね。はぁ~

投稿: ポージィ | 2010/10/21 18:12

おはようございます。sun
ぎゃぁーーーーーーー、見ちゃいました。sweat01dash

投稿: 福 | 2010/10/22 09:39

◆福さん、ありがとうございます ♪

こんにちはcloud

あぁ~~ リンク先開いてしまわれたんですねsweat01
しかも スクロールして下のほうまで見ちゃった coldsweats02
もうしばらくご訪問いただけないかと思いましたが
次の記事に来てくださってますね。よかった…confidentホッ~3

投稿: ポージィ | 2010/10/22 14:54

なんとイタドリはお初でしたか!
仰るように雄花ですね。
春に新芽を採取して料理を試みたのですが、失敗してしまいました。
皮むきがしんどかったのが、いまは懐かしいです。

投稿: noodles3 | 2010/10/25 15:07

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

お返事コメントの順番が前後してすみません。

そうなんですよ~ 意外かも知れませんがイタドリ初おめもじでした。
一株きりでそれも雄株。来年以降どうかして雌株も出現すれば、
珍しくなく見ることができるようになるかもですね。
新芽の料理にチャレンジされたのですね。
皮むきでしんどい思いをされたのに失敗でしたか。
失敗は成功のもとと言いますが… またチャレンジしようという
お気持ちはありますか?しんどいからもうヤメかしら?

投稿: ポージィ | 2010/10/25 15:43

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49655846

この記事へのトラックバック一覧です: イタドリ だったのかな?:

« ヨモギとセイタカアワダチソウ | トップページ | ひっそりと秋 »