« 香りの便り 金木犀 2010 | トップページ | 再会と初めまして »

2010/10/13

芙蓉の顔(ふようのかんばせ)

  美人の例えにもされる「フヨウ」の花。
  「芙蓉の顔(ふようのかんばせ)」とは「芙蓉のような美しい顔立ち」の意味ですね。
  そう思って改めて見ると、これまで以上に純情可憐に見えてきて。
  そんな「フヨウ」の花に改めてカメラを向けてみましたが、ちゃんと美人さんに撮って
  あげられたかどうか。 色んなお顔を並べてみました。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
         100921fuyou1
 
         100921fuyou6
 
 
 
         100922fuyou1
 
         100922fuyou2
 
 
 
         100922fuyou5
 
         100922fuyou8
 
         100922fuyou11
 
 
 
           100909fuyou2
 
 
 
         100926fuyou_white2
 
      今年、fairy ringさんの記事で初めて知った白花のフヨウの存在。
        私も会うことができました。清楚な美しさに惚れ惚れです。
     (fairy ringさん、勝手にリンクさせていただきましたがお許しください) 
 
 
 
    皆さまにとって、美人さんのお顔はありましたか?
 
 
    「フヨウ(芙蓉)」:アオイ科・フヨウ属
 

|

« 香りの便り 金木犀 2010 | トップページ | 再会と初めまして »

コメント

おはようございます。
「芙蓉の顔(ふようのかんばせ)」・・・・
なるほど、どれも美人に撮れていますね。

芙蓉の花、今、綺麗ですね。
この花は、随分長く咲くのですね。
近所に、8月に撮影してアップした芙蓉の木があるのですが、
それが、一旦終わったと思っていたら、先日また、以前以上に、
見事な花を咲かせていました。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/10/13 09:18

リンク ありがとうございました~
白いフヨウに出会われたのですね。
清楚でいいでしょ! 

今年は咲きだすのが遅くって近所のフヨウも今頃 たくさん見かけますが 去年ほどの勢いがないように思いました。
底紅のフヨウそうでないフヨウもあるようですね。
こちらにも掲載されている底紅の方がより美しい気がします。
順光もいいけど逆光の透過光が美しいですね。
木洩れ日がちらほらしている姿 好きです。
果実も大好きです~
今 いっぱいできています。

投稿: fairy ring | 2010/10/13 09:40

金木犀の香りが届きました~
より繊細に描写されて思い出も多い雰囲気にひたりつつ、今日の芙蓉はさらに美しくも逞しい姿でもあります。
よくいろいろな場所に健気にいつも美しい花を沢山につけて元気をいただくお花。
一つ一つはなかなかのもの、多く咲くために軽んじられることもままありなん、華やかさで中華民国(古い)のイメージも多少感じられるのですが。
散った後の面白さもなかなかですね。
私はコスモスと遊んできました。

投稿: 玲 | 2010/10/13 11:09

6枚目,ちょっと横顔のべっぴんさんです.芙蓉は今が見頃なんですね.
この時期,金木犀の香りを思い出します.秋の青い空とセットになって.
こちらでも黄葉が始まっているのですが,ここの所バタバタとしていて写真を撮りに行く暇がありません.季節の変化が激しいので,気づいた時にはもう冬かも.ポージィさんの写真で,ゆっくりした日本の四季の移り変わりを楽しむことにします.

投稿: LiLA管理人 | 2010/10/13 12:12

ポージィさん こんにちは

つぼみもいいけど、白も捨てがたい・・
後姿も儚げだし・・とまぁ、気の多いことlovely

どの花も美人ですわ

投稿: glenn | 2010/10/13 14:58

たしかに美人ですよね。
透けるような花びら、色も上品ですし。

ポージィさんは、今年初めて白花に出会われたのですね。
白花は清楚で気品がありますよね。

フヨウの花は好きですが、イモムシもフヨウの葉が好きなんですよね。
そこが困るかな。


投稿: ロッキーママ | 2010/10/13 15:08

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
美人の誉れどおり、ちゃんと別嬪さんに撮れてますでしょうか。

芙蓉の花は長い間綺麗に咲き続けてくれますね。
うちの辺りでも8月の後半頃から咲き始め、9月に一時寒かった後
少し元気がなくなりましたが、今また元気に綺麗に咲いています。
鎌ちゃんのご近所の芙蓉も同じような様子なんですね。
もう少し秋が深まるまで、この美しい花姿を楽しませてもらえそうです。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

勝手にリンク貼ってしまってすみません。ありがとうございます!

そうなんです、あれからこの写真のものと、通りがかりの道沿いのお宅の
お庭のものと、2ヶ所で白い芙蓉に出会いました。
お写真で初めて拝見したときも素適だぁ~と惚れ惚れしましたが、
生で見てもやっぱり素適でした(^^)

ご近所のフヨウは今年は元気がイマイチですか?猛暑がこたえたかしら。
うちの近所のは、8月後半から咲き始め、9月の一時的な低温で少し元気が
なくなりましたが、このところまた盛り返してきています。
今しばらく頑張ってくれるといいですね。

底紅でないピンクのフヨウというのはこれまた会ったことがありません。
底紅のほうがより美人さんですか?いつか会うことがあったら比べてみます。

光が透ける感じでのフヨウの姿、私は今回初めて撮ったように思います。
やっぱり綺麗ですね~ 
果実のインパクトある姿もいつまでも楽しませてくれますね。
産毛フェチの私としては、あの毛が柔らかいともっと嬉しいんですが(笑)


◆玲さん、ありがとうございます ♪

こちらのキンモクセイの便りも、玲さんの元に届きましたか。
よかったです(^^) 撮るのにはなかなか手強い花ですね。

フヨウは春からぐんぐん大きくなって次々に花を咲かせる。
仰るように逞しさのある花ですね。夏の後半から秋半ばまで
次々に咲いて。あまりに咲くので軽んじられることもあり?
そうかもしれませんね。うちの近所では、鳥さんに運ばれた?種から生えた
野生のフヨウもちょこちょこ見かけます。フヨウは古典的美人の類で
しょうかね。玲さんのコメントを拝見しながら、今なぜかふっと
京劇の役者さんの化粧の顔が浮かびました(^^;)
はい、フヨウのもこもこの実も長いこと楽しませてくれますね。

玲さんはコスモスと?もしかしたら、ひたち海浜公園へでも
いらしたのでしょうか?それともご近所で?楽しみでーす。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

6枚目のやや横顔、別嬪しゃんに撮れてましたか。ありがとうございます。

芙蓉の花は8月後半から咲き始めて今なお花盛り、11月頃まで
楽しませてもらえる花期の長~い花ですね。
金木犀の香り、今年も楽しませてもらいました。10/2に香り始めて
10/9の雨でほぼ終わり。もう少し長く楽しませてもらいたかった。
毎年ながら名残惜しいです。

もう黄葉が始まっているんですね。アスペン?お忙しそうですが、
せっかくなのでお写真も撮れるといいですね。
でもバタバタと忙しくしていると本当に季節があっという間に動いていきます。
そちらでは冬の訪れが早いですから気づいたら冬、もあり得るかも…
って、それって寂しいですね。
私のアップする花は、いつも半月やひと月遅れなので(^^;)
実際の季節以上にゆったりした変化をお楽しみいただけそうです(笑)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

うふ それぞれの花姿にいいところを見つけてくださって
glennさんはお優しいですheart
芙蓉たちも喜んでいると思います。
芙蓉の美人の誉れを何とか傷つけずに撮ってあげられたようで
ホッとしました。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

美人さんですね(^^)
これまで、近所の芙蓉であまり光に透けた姿を見る機会が
なかったのですが、今年はいくつか見られました。
こんなに透けるんですね。光が透けると輝きが増して感じられます。

そうなんです、シロハナとの出会いは今年が初めてだったんですよ。
写真で拝見して会いたいなぁと思ったら、願いが叶いました。
清楚で美しいですね。ピンクがあるから白の清楚さがより際立つ
のかなともおもいました。

あうっ それがあるんですよね。フタトガリコヤガの幼虫。
うちの近所の芙蓉たちにもたくさんついてます~(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2010/10/13 16:20

ポージィさん、こんにちは。fairy ringさんの部屋も覗いてきました。とても綺麗に撮ってありました。説明もわかりやすくて、フヨウに親近感を感じるようになりました。正直、鳥ばかり追いかけているので、フヨウが咲いていても気づかずに通り過ぎているのでしょう。
まず第一に、脈というか筋というか、縦に細かく走る線がとても綺麗ですね。それに花全体を撮らずに部分的にカットした撮影法がとても効果的です。一日花ですね。パット見た目にはハイビスカスに似ているなと思いました。それに、枯れた後に種が出来る状態が出ていましたが、これまたとても綺麗です。花に匹敵すると言えば言い過ぎですが、これも鑑賞の対象に十分なると思いました。

投稿: polo181 | 2010/10/13 16:39

芙蓉のかんばせにふさわしくきれいに撮れていますね。
フヨウは雌しべがツンと高い鼻のようで花を引き立てているように思います。
近所のそばまつりを見に行ったかえりにスイフヨウが咲いていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/10/13 18:07

すべてがとても美人に撮れています。
撮ったポージィさんが重なっているのでしょうか?
この優しいタッチは、僕には到底行き着かない境地だと思いました。

投稿: noodles3 | 2010/10/13 18:18

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
fairy ringさんのブログも見てきてくださったのですね。ありがとうございます。
美しい写真を撮っていらっしゃるでしょう。観察も細かく、
説明も素晴らしいです。poloさんが書いてくださったfairy ringさんの
記事へのお言葉の数々、見てくださるといいな。

夏~秋の他のアオイ科の花たち同様、芙蓉も一日花ですね。
でも次々に咲くので一つ花がずっと咲き続けているようにも見えます。
また、花だけアップで見ると、フヨウ、ムクゲ、ハイビスカスなど、
驚くほどよく似ています。
poloさんは見逃していらっしゃいましたか。鳥撮りへ行かれる道筋には
ないのかもしれませんね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

芙蓉の顔の言葉に相応しく撮ってあげられているでしょうか。
ありがとうございます。
そうですね、カーブを描いて上を向いている雌しべが特徴的ですね。
あの変化が花を引き立ててより魅力的に見せているのかもしれません。
私は何回も見ているうちに、だんだん振り上げた象の鼻に見えてきました。

もう毎年恒例の蕎麦祭りの時期なのですね。今年もお蕎麦を食べられました?
帰りにご覧になった酔芙蓉の酔い加減は如何だったでしょう?


◆noodles3さん、たくさんのコメントをありがとうございます!

全て美人さんに撮れていますか?ありがとうございます。
いえいえ、私は美人じゃないですから(笑)
やっぱりモデルがよいのですね。陽射しも素適な演出を
してくれましたし。
それがnoodlesさんが仰ってくださる優しいタッチにつながったのかな
と思います。嬉しいです♪
 

投稿: ポージィ | 2010/10/13 20:16

私の一番は、二枚目のつぼみちゃんです。
これ、いいですね。
つぼみは必ずとりますです。

投稿: ふくやぎ | 2010/10/13 22:51

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

蕾ちゃん、いちばん美人さんの座獲得~
ありがとうございます。
この蕾ちゃん、いかにも
こりゃ将来美人になるぞーって予感します。

そうそう、ふくやぎさんは蕾は必ずの方でしたね♪

投稿: ポージィ | 2010/10/13 23:23

光が透けているのが綺麗~
うーん ポージィさんが撮ると全部べっぴんさんだなshine
私は蕾が好きです
自分がちっこいから大きな花は苦手なのかも(^o^)

☆ご報告☆
キンモクセイ 咲きましたよ(*^^)v

投稿: miki | 2010/10/14 17:05

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

光が透けてるの、やっぱり綺麗ですよね~ べっぴんしゃんheart01
今まで花の真正面から見る機会がほとんどだったのが、今年はたまたま
いい具合に光が差し込んでる花に出会えて嬉しかったです。
mikiさんが気に入ってくださった蕾ちゃんも、やや逆光気味で
初々しい感じが強調されたかしら?可愛かったです。
芙蓉は私にとっても、ちょっと大きいなって感じる花ですけど、
薄い花びらがふわっと軽やかに咲くので重苦しくないのがいいですね。

おっ、お庭の金木犀がついに開花宣言ですね。
広島からの香りの便りも受け取りに行かなくっちゃnote

投稿: ポージィ | 2010/10/14 18:08

キバナコスモス。蝶や蜂がたわむれるいい写真です。
金木犀、芙蓉の顔も拝見しました。
あらためてよく見ると芙蓉ってほんと美人ですね。私も
何度となく写真撮っていますが、あらためて写真写りのいい顔だと
認識しました。この花には、やはり「可憐」という言葉が
ぴったりのようですね。
ますます好きになりました。

投稿: 茂彦 | 2010/10/15 09:46

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

キバナコスモスと虫たちの写真、ありがとうございます。
のどかで幸せな光景でした。

茂彦さんは芙蓉の花をお好きでいらしたんですね。
古典的な美人かなという気がしますが、そこがまた魅力ですね。
そうそう、つんとした美人じゃなく可憐なんですよね。
長い長い間変わることなく愛され続けているわけはこんなところにも。
さらに好きになられるきっかけとなったのでしたら、そんな嬉しい
ことはありません(^^)

投稿: ポージィ | 2010/10/15 20:29

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49576526

この記事へのトラックバック一覧です: 芙蓉の顔(ふようのかんばせ):

« 香りの便り 金木犀 2010 | トップページ | 再会と初めまして »