« 芙蓉の顔(ふようのかんばせ) | トップページ | ヨモギとセイタカアワダチソウ »

2010/10/15

再会と初めまして

しばらく前、9月の末ヒガンバナを見に行った日のことです。
10ヶ月近くも開けて久し振りに行った「泉の森」でしたが、ほんの少し歩いたら
同行の夫が疲労困憊だったので、ここで昨秋以来の再会を果たせた花は一つ。
でも、初めましての花との出会いもありました。
      (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
       100926izuminomori1
 
         緑はまだまだ青々としているけれど、頭上には秋の空
 
 
100926izuminomori4sen_ninsou1 100926izuminomori5sen_ninsou2
 
      去年の9月に出会った同じ場所で、今年も咲いていた「センニンソウ」
   再会を果たせました。 そういえば去年はこの場所でトラ猫とも会ったのでした。
       髭の仙人になるころ、また行けたらいいのだけれど。無理かな。
 
         「センニンソウ(仙人草)」:キンポウゲ科・センニンソウ属 
 
 
 
                  そしてこちらが初対面の花
 
       100926izuminomori8nihonhakka1
 
            草丈30cm位  水辺に近い土手に群れていて
                たくさんの虫が吸蜜に来ていました
                この写真にもセセリチョウの仲間が
 
 
100926izuminomori12nihonhakka5 100926izuminomori9nihonhakka2
 
                
       小さな薄ピンクの花が葉の脇にたくさん集まって咲いていました
 
 
       100926izuminomori10nihonhakka3
 
             「ニホンハッカ(日本薄荷)」:シソ科・ハッカ属
               ではないかと思うのですがどうかしら?
              足場が悪くてあまり近寄れずちょっと残念
 
 
 
          100926izuminomori3cameraman2
 
          カワセミ狙いのカメラマンたちがずらり  変わらぬ光景
              美しいヒスイ色のカワセミ 見られました
 
 
         100926izuminomori22cat1
 
               帰ろうと戻った駐車場にいたニャンコ
       まさか…3年前、初めて訪れたときに私の手をかじったニャンコ?
            寛いでいたので近寄らずそっとしておきました
 
 
 
       今度行けるのはいつかな。自分ひとりで行けばいいのでしょうけれど
       家の近くの散歩以外はなぜだかまだ一人で行く気になれていません。
       共有したいのかも。 いやいや単にお尻が重いだけかも。
 
 

|

« 芙蓉の顔(ふようのかんばせ) | トップページ | ヨモギとセイタカアワダチソウ »

コメント

一人で行けないお気持ちよくわかります~
近所でもぶんといっしょに行った場所は・・・
旦那様 お疲れになってしまわれたのですね。

センニンソウ 今年は何年か前にいただいた苗の花が初めて5つだけ咲きました~笑
ヒゲになるといいのですが・・・

アップルミントかと思ったらニホンハッカなのですね~
園芸種の同定はできません~~

カワセミのギャラリーはすごいですね~
大砲がいっぱい!
プロカメラマン顔負けですね。
暇なおじさんたちの多いこと!笑

ニャンコさんはもしかしたら? なんですね~

投稿: fairy ring | 2010/10/15 09:27

こんにちは。
センニンソウ・・・・去年、私も出会ったのですが、句が浮かんだのは今年です。
肝心の写真が見つからないので、未だ作品になっていません。
こうしてアップで見ると、仙人の名にふさわしい姿ですね。

「ダンギク」かと思ったら「ニホンハッカ」ですか。
そういえば、葉が全然違いますね。

カワセミ狙いの皆さん、いいレンズを持っておられますね。
私なんか、とても、こんな仲間に入れそうもないです。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/10/15 12:46

懐かしい~!
ニホンハッカだ。
子供の頃実家の庭にありました。
でも、今日の写真見てダンギクだと思ってしまいました。
今はニホンハッカは見つからないですよね。

自然な所を飛ぶカワセミは見てみたいです。

投稿: ロッキーママ | 2010/10/15 14:56

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

元々出不精な上ところに拍車がかかってます。
夫はこの数ヶ月深夜残業と休日出勤続きでへとへとで…
この日もちょっと歩いたら「疲れた」を連発。帰りの車の運転中
寝そうになって途中で代わりました(汗;)

お庭でセンニンソウの花が咲いたのですね。センニンソウにとって
記念すべき初開花の年に。何年もかかるものなのですねぇ。
5つのうち幾つ仙人になるかしら。

あれこれネット検索をして、ニホンハッカかなぁと思うのですが、
自信はありません。ニホンハッカは在来種だそうですから、
当たっているなら貴重なものを見られたのかもしれません。

鳥撮りさんのスポットでは大砲がずらりの光景をよく見かけますね。
団塊世代の方々が退職なさって、ますますアマチュアカメラマンが

増えそうです。立派な機材を揃えてのカメラマンさんたちは
やはりおじさま方が圧倒的多数ですね。なぜかシャッターを押すタイミングが
みな一緒。違う瞬間を撮りたいと思う方はいないのかしら?と不思議です。

はい、ニャンコさんはもしかしたら、で確信はありません。
初めて行ったとき駐車場にいた猫にちょっかい出したら、
すり~と顔を擦り付けた後ハグググと噛まれたんです(^^;)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
出会いから1年、温め熟成して生まれた句ですね(^^)
写真は埋もれてしまっていますか。出てくるといいですね。
この白い花も仙人を彷彿とさせますが、実ができると
長い毛が
ふわふわ出てきて、仙人の髭の様ということでこの名が付いたそうです。
この仙人はお爺さんなんですね~

段々に咲く様子はダンギクを思い出させられますね。
でもダンギクよりずーっと地味な印象です。

カワセミ狙いの皆さんの機材は皆さんすごいですよ。
近寄りがたい雰囲気です(笑)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ニホンハッカ、ご実家のお庭にあったのですか~
それは懐かしいですよね。
私は初めて見ましたが、今では珍しい花になってしまって
いるのですか。セイヨウのハッカ(ミントたち)の方に
押されてしまっているんですね、きっと。
ロッキーママさんもこの咲き方からダンギクかと思われたのですね。
私はダンギクにも会ったことなく、写真で知るばかりですが、
ダンギクのほうが華やかですね。

人が入り込まないような自然の中の池や川でのカワセミを見る機会が
あるといいですが、なかなか難しいかもしれませんね。
ここのは、広い池の端から端へサーッと低空飛行で滑るように飛んだり、
待っているカメラマンさんたちを尻目に池から繋がる川のほうへ
行ったりしています。
 

投稿: ポージィ | 2010/10/15 15:35

ニホンハッカですか?
なんだかお団子のように花がつきますね。
このにゃんこちゃん、優しそうな良い顔をしているではありませんか。
憂いを感じますね。
ポージィさんの手を噛んだの?smile
3年前とはにゃんこも生きる術を知っているようですね。
姫も昭和記念公園で気になるにゃんこがいるんだけど、
先日は会えず・・・
元気だといいのですが。
このにゃんこを見たら思い出しました。
ちょっと似ているの。

投稿: 池田姫 | 2010/10/15 17:32

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ネット上の画像をあれこれ見比べた結果、ニホンハッカではないかと…
ちょとと自信がありませんが(^^;)
お団子のような花の付き方はキンモクセイとも一緒ですね。
木本と草本でずいぶん違うのに。

ニャンコちゃんはこの後目をつむって居眠りしてました。
こういう香箱座りをするのはリラックスしているときだそうですwink
ハググ…と手を噛んだニャンコと同じかどうかは分からないんですけど、
場所は同じところです。そのとき2匹いたんですよ。

姫さまも気にしてるニャンコがいるんですね。三毛にゃんですか?
まだまだ暖かいし、たまたまいなかっただけで、
きっと元気にしていますよ。次は会えるといいですね。

投稿: ポージィ | 2010/10/15 20:13

ポージィさん、こんばんは。カメラの砲列を見て笑ってしまいました。この私もあの中にいてもおかしくない、ただし、カワセミだけは一対一で出会いたい。戸隠のアカショウビン撮りなどは、おそらくこのような格好だったのでしょう。団塊の世代が大量に退職して、大金を持って、高級カメラを買う。そして川や山へと出かける。悪くないですね。
ご主人が疲労困憊とありましたが、夏ばてだったのですか。それとも足が弱っているとか。。
山野草と再会と初めましてが出来てよかったですね。センニンソウは私も知っております。どうやら、貴女は目立たない花にスポットライトを当てているように思えます。最後の三毛猫、これはノラではなくて、どこかの飼い猫でしょう。とても可愛らしい顔をしております。でも、ネコは好きではありません。

投稿: polo181 | 2010/10/15 21:31

泉の森でニホンハッカを見つけられたのですね。
泉の森で見られる植物の中に入っているようですが、私はまだ会っていません。
水辺に近い土手ということで場所が分かりそうなので、そのうち会いに行きたいです。
カメラの砲列の写真1枚に1000万円以上は含まれていそうですね。下世話ですみません。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/10/15 21:46

流れから、、、ポージィさんによるカワセミが、、、

無かった。。

私も実は一度だけ見たです。
カワセミ。

投稿: ふくやぎ | 2010/10/15 23:03

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
この頃は少し野鳥がいそうな公園ではたいてい大砲レンズ装備のカメラマンさんたちを
見かけますし、花目的の立派な一眼レフカメラの方たちもたくさん見かけます。
退職後に趣味を楽しむのはとてもいいこと。ただし、poloさんがたまに
嘆いておられるような、自然への畏敬やモラルの欠けた行いをする方がいるのだけは
いただけません。何かに関わる人数が増えるとどうしてもその中でモラルに欠ける
人数も増えてしまうのが残念です。

夫の疲労困憊は、6月末から関わっている仕事のせいです。深夜残業と休日出勤の
連続で、睡眠不足と精神的ストレスが重なってへとへとになっているのです。

センニンソウはご存知でしたね。目立たない花にスポットライト…
どちらかというとその傾向が強いかもしれません。華やかな園芸植物も嫌いじゃ
ありませんが、どちらかというと大人しい花のほうが好きなんです。
三毛ニャンコは飼い猫でしょうか。近くでこんな風に寛いで見せたのですから
人馴れしていることは確かですね。
あらら poloさんはハッキリとした犬派でいらっしゃるようですね。
私はどちらも好きです~


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

やはりこれはニホンハッカで合っているのでしょうか。
見られる植物例の中に入っているのですね。おーちゃんが会っていらっしゃらない
と仰るのが不思議なくらい目立っていました。シラカシの池に南に向かって
張り出している木のデッキがありますよね。あのデッキの左側手前にあたる池の際です。
池の縁の道へ繋がる橋の手前右側ともいえますか。斜面に生えていました。
おーちゃんがいらしたときもまだ咲いているといいですね。

うふ すごく立派なカメラ機材がずらりと並んでいますものね。
総額にしたら相当いきますよねー すごい! クラクラ~
 

投稿: ポージィ | 2010/10/15 23:05

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

アハハ 私のカワセミ写真期待されちゃいました?
過去にボケボケをアップしたことありますよ~
うちのカメラじゃ10倍ズームを目いっぱい使っても
芥子粒ほどの大きさにしかなりませぬ。
だからよっぽど近くでじーっと なんてチャンスでも
ない限りは…ね。

意外でしたよ、カワセミにお会いになったことが
1度きりでいらしたとは。

投稿: ポージィ | 2010/10/15 23:26

ご無沙汰しました。
神出鬼没、突然お邪魔します。

すっかり秋らしくなってきましたね。
天高く、澄み切った青空がやってきます。
紅葉の便りも届くようになりました。
これからは散策にいい時節です。
大いに野山の散策を楽しみましょう。

「ニホンハッカ」目にするのは珍しくなりました。
まだあるのですね。
昔はよく沼地や栽培してるのを見かけましたけど、今は
メントールも科学的に合成されて殆ど目にしなくなりました。

カワセミ撮りののカメラマン、皆さんすごい望遠レンズを付けていますね。
殆どが年配の人。年代格差を感じます。

投稿: 夢閑人 | 2010/10/16 11:19

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。お久し振りです~(^^) お元気でいらっしゃいましたか?

あまりの猛暑に「秋はないかもしれない」などとも言われていましたが、
ちゃんと秋になりましたね。10月は少し気温高めですが、それでも
仰るように北の方や山の方からはチラホラ紅葉の便りも届いていますね。
歩くのには良い季節になりますね。

ニホンハッカ、私は初めて見ました。夢閑人さんは、かってはよくご覧に
なったのですね。そうですか、栽培され利用されていたのですね。
合成されたものが使われるようになって栽培が廃れてしまったのですか。
この頃見かけるのは西洋系のハッカ=ミント類がハーブガーデンなどで
育てられているのがほとんどですね。

カメラマンさんたちの装備すごいですよね。これだけ趣味にお金と時間を
注ぎ込める皆さん、幸せな方たちだと思います。

投稿: ポージィ | 2010/10/16 14:52

ポージィさん、こんにちは。ハードワークと睡眠不足、さらにストレスなどで疲労困憊しているときは、妻である貴女の役割が大切になってきます。
①家にいるときは、リラックスできるよう配慮すること
②消化の良いバランスのとれた食事を工夫してお出しすること
③ぬるめの(せいぜい39度)お湯を楽しめるようにすること
④脳内出血や心筋梗塞を予防するためにビタミンEとD、それにカルシウムの摂取に努めること
⑤決して貯め込むことなく、愚痴をさらけ出すこと(ご主人が)
⑥その気があれば、軽めの体操をすること
以上を続ければ、急場を凌ぐことができます。私は、365日の間一日も休まず働いたことがあります。心臓発作も体験しました。大量の鼻血を出したことがあります。鬱で精神科のお世話になったことがあります。
参考になるかなぁ。

投稿: polo181 | 2010/10/16 16:54

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
昨日は休めましたが、今日は出勤していきました~。

実体験に基づく貴重なアドバイスをありがとうございます。

③以外はだいたいできていると思いますが…完璧かどうかは怪しい(^^;)
お風呂はこれまで気温が高かったことや、少しでも睡眠時間のほうを
長く確保したいことからシャワーで済ませてしまったいます。
本当はぬるめのお湯にゆったり浸かって心身ともにリラックスは
とても良いことなのですけれど。

それにしてもpoloさんは365日休みなしで働かれたことがおありとは…
絶句してしまいました。お身体にも心にも大きな負担がかかられましたね。
壮絶な時期をすごされたpoloさんが、今現在、ご健康で鳥撮りを楽しんで
いらっしゃることを心から嬉しく思います。

大いに参考になります。お心遣い本当にありがとうございます。

投稿: ポージィ | 2010/10/17 09:01

センニンソウ、危うく撮り逃すところでしたが、先週末一輪だけ咲き残っていたものを、なんとか撮ったところでした。

ハッカですね。
僕は未見ですが、水辺だし間違いないと思います。
ヤマハッカと比べ、花の密集度が多いですね。
近寄れたら、葉を一枚ちぎって嗅いでみれるとよかったですね。疲労困憊の旦那さんも壮快にリフレッシュできたでしょうし。

投稿: noodles3 | 2010/10/19 16:45

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

まだ咲き残っているセンニンソウがありましたか。お撮りになれて
よかったですね!暖かかった10月に感謝♪

ネットをうろうろして色々な画像を見比べた結果、ニホンハッカらしい
と結論付けました。花は節ごとにびっしりでした。
そうですね、触ってみられればハッカの香でもっと確信を得られましたね。
夫に香でリフレッシュもしてもらえたかも。
実際には帰り途、ちょっと走ったら眠くて眠くて状態で
運転交代しました~

投稿: ポージィ | 2010/10/19 17:06

秋の空、雲の形が面白いですね。これが秋の雲なのですね。
カメラマンがずらり、何ともすごい光景。初めて
見ました。しかも、皆さんすごいカメラを据えて。
ご主人疲労困憊だったとか。心配ですね。
帰られてから大丈夫だったですか?お大事に。

投稿: 茂彦 | 2010/10/24 19:58

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

こんな風な雲は秋だけでなくても見られるかもしれませんが、
夏はやはり積乱雲ふうの雲が多いですから、筆で刷いたような
雲には秋を感じました。
こういう大砲のようなレンズ搭載のカメラがずらり並ぶ光景、
初めてご覧になりましたか(^^)鳥撮りの方たちに多いですね。
すごいですよ~~ 皆さんお金かけていらっしゃいます。
夫のご心配ありがとうございます。
深夜残業と休日出勤続きで、この日は2週間ぶりの1日きりの
休みだったと思います。やはり週に最低1日は休めないと。
先週今秋は週に1日は休めていますので、だいぶ違う気がします。

投稿: ポージィ | 2010/10/24 22:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49604117

この記事へのトラックバック一覧です: 再会と初めまして:

« 芙蓉の顔(ふようのかんばせ) | トップページ | ヨモギとセイタカアワダチソウ »