« Happy Halloween ♪ | トップページ | なぜか引かれるクコの花 »

2010/11/01

マルバルコウソウ fence

 今年はわが家のハゴロモルコウソウは楽しめたけれど、マルバルコウソウは見られ
 そうにないと諦めていたのですが… 10月初めに川沿いを歩いたところ、部分的に
 少しばかり設けられたフェンスが、すっかりマルバルコウソウ・フェンスになっている
 のに出会いました。 こんなに旺盛なマルバルコウソウを見たのは初めてでしたよ。
       (heart写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
       101003marubarukousou6
 
                 マルバルコウソウのフェンス
  
 
 
       101003marubarukousou11
 
      これ以上巻き上れない上辺では横に這ったりお互い巻き付き合ったり
 
 
 
       101003marubarukousou15
 
       花のアップ  色は違いますがハゴロモルコウソウとよく似ています 
 
 
 
       101003marubarukousou10
 
        フェンスの途中で咲く花  名前由来の丸みを帯びた葉も綺麗
 
 
 
       101003marubarukousou5
 
       実も、あちこちにたくさんできていました  朝顔の実に似ているの
 
 
 
       101003marubarukousou17
 
               陽射しの透けた後姿もなんてきれい
 
 
 
       101003marubarukousou8
 
                 綺麗だねぇ  可愛いなぁ
 
 
 
 かって、江戸時代末期に観賞用として渡来したマルバルコウソウですが、その後
 野に飛び出し現在では観賞用としては見向きもされないばかりか、ときには畑で
 旺盛にはびこる厄介者という扱いになってしまいました。
 人の心や生活の都合などで扱いもコロコロ変わって、気の毒なのは植物です。
 
 畑ではびこるのは困るかもしれませんが、ここでなら構いませんよね。
 可愛いマルバルコウソウは、ハゴロモルコウソウの片親ですが、こちらには野趣も
 感じられ、それも魅力の一つだと思います。 来年もまたここで会えますように。
 
 
    「マルバルコウソウ(丸葉縷紅草)」:ヒルガオ科・ルコウソウ属
 
 
 「ハゴロモルコウソウ」は先だってアップの
 こちらの記事を見てくださいね。→「ハゴロモルコウソウ 紅に咲いて 2010」 
 
 
  追記:10月末、近くの抜かれてすっかり消えていたマルバルコウソウも
      何本かが草丈20cmくらい伸びてきて花を咲かせていました。
      汗を流して草取りされた方には申し訳ないですが、
      地面近くに点々と咲いた朱の花はやっぱり可愛かったです♪
 
 

|

« Happy Halloween ♪ | トップページ | なぜか引かれるクコの花 »

コメント

こうきれいに咲いていると無機質なフェンスも
素敵に様変わりしますね。
アップのも光を受けて輝いています。
素敵heart04
小さな可愛いらしい花で好きです。
私も自由きままなルコウソウを見ていたけど
撮れずじまいでした。
まだ咲いてるかしらね?

投稿: 池田姫 | 2010/11/01 10:53

マルバルコウソウは野趣味がありますね。
先日 線路にはいつくばう様に咲いていたのをみました。
こんなに立派なのは初めて見ましたよ。
緑の葉と赤い花 遠くからでもとても目立ちそうですね。
種子をいただいてくればよかったのに~~
我が家の近所には白いマメアサガオが咲いているところがあります。
以前種子を蒔いたら 我が家にも芽が出て毎年咲いています。
透過光を受けた花 輝いていますね。

投稿: fairy ring | 2010/11/01 12:28

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

はい、黒い網のフェンスも案外いいアクセントになって
お互いに素適にし合ってました happy01
陽射しもたっぷり当たって、巻きつくものもあって、
マルバルコウソウさんたち、いい場所を見つけましたよね。
おかげでこちらも素適な姿を見せてもらえてラッキーnote
野に咲く小さい可愛らしい花、気づかずに通り過ぎてしまう方も
多いと思いますが、あるときその可愛らしさに気づくと
もう放っておけなくなりますね。

マルバルコウソウ、まだ咲いていると思いますよ。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

一度は人に飼いならされた(?)過去は持つものの、
やはり野生の血は消せなかったということでしょうか。
逞しさも野趣味も、ルコウソウ・ハゴロモルコウソウより
たっぷりですね。

私がいつも近くで見ていたのも巻きつくところがないので地面を這ってます。
おまけにすぐに抜かれるのでいつも短くて…(^^;)
この↑場所のはたまたま巻きつけるフェンスがある場所にたどり着いて、
ラッキーでしたよね。伸び伸びと気持ち良さそうに茂っていました。
そうそう。ほんと遠くからでもよく目立っていて、気づいたのは
川の反対岸からでした。橋を渡って見に行きました~
種ね…よっぽど貰ってこようかと思ったのですが、来年もフウセンカズラと
ハゴロモルコウソウを育てるとしたら、もう巻きつかせてあげるところが
ないなぁと思ってやめてきました。
fairy ringさんのお宅のマメアサガオはご近所で自生しているものから
貰っていらした種からだったのですね。

陽射しの透けたお花はほんと、美しく輝きますね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/11/01 13:50

ポージィさん、こんにちは。マルバルコウソウとハゴロモルコウソウの花の色は違っても形はよく似ています。ただ、葉っぱが全然違いますね。マルバのほうは確かにま~るくて、ハゴロモのほうはほっそりしていますね。「縷々ご説明致します」と国会で聞きます。このルルの縷の字は、実は糸のように細いという意味ですね。細い蔓でもってどんどん上へ伸びてゆくことから○○縷紅草と名が付いたのでしょう。(またまた理屈っぽくてすみません。私は昔から何故なのかと理解しないと頭に入らないのです)
写真としては、何と言っても上から2番目のがピカイチです。一年草だから、種が自然に落ちてそれが来年育つのを期待する。来年も元来よく育つのを期待したいです。

投稿: polo181 | 2010/11/01 13:52

このオレンジの花は小さいのに、とても目立ちますね。
遠くからでもすぐにわかります。
また実も目立ちますよね。

ただ、すごい繁殖力ですぐにフェンスを埋め尽くしてしまいます。
秋になってフェンスに絡んだ蔓を取るのは大変ですよ。

投稿: ロッキーママ | 2010/11/01 15:02

今年は出逢えていません。
ヴィヴィットと花色、ハート型の葉。
文句のつけようがありません。
羨ましい・・・

投稿: noodles3 | 2010/11/01 15:42

二つ続けたら早口言葉のような名前だぁhappy01

花は朝顔に似てると思ったら実までも、、
だけどオレンジが夏っぽくはないかな
そう言えば 子供たちが小学1年生の夏休みの宿題に
朝顔の観察がありましたcute
うちのフェンスも朝顔まみれになってましたっけ(遠い目)
当時はデジカメもなく
わざわざ写真を撮る習慣もなかったのが残念です

投稿: miki | 2010/11/01 15:45

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
マルバルコウソウとハゴロモルコウソウの花色を見比べてくださいましたか。
色は違いますが花形はよく似ていますね。でも葉の形はまるで違います。
マルバルコウソウはハゴロモルコウソウの片方の親なのですよ。
もう片方の親はルコウソウで、もっと細い細い葉、星型の花色は
ハゴロモルコウソウと同じような色。ハゴロモルコウソウは両親の
特徴を明らかに受け継いでいるのがよく分かります。
話がそれましたが、ルコウソウの「ル」は仰るとおり「縷」で意味も
仰るとおりですね。由来などを知ることで覚えられるというのは
私もそう感じるので分かりますよ。

上から2枚目の写真を気に入っていただけましたか、ありがとうございます。
誰の迷惑になるでもない場所ですから、来年もここで伸び伸びと育って
花を咲かせてくれることを祈っています(^^)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ほんとによく目立ちますね。小さいな花なのに遠くからでもこの朱色が
パーッと目に飛び込んでくる感じです。ここのも、歯和の反対岸を
歩いていて見つけましたよ。

何しろ実がたくさんですから、繁殖の数も半端じゃないでしょうね。
ここは川岸を歩く方の安全のために一部だけ設置されたフェンス。
川岸をお掃除する方には厄介かもしれませんが、毎年咲いて欲しいです。
秋になって取り外す蔓の頑固さはハゴロモルコウソウで毎年経験してます。
も、鋏でバシバシ切ってしまいます~
 

投稿: ポージィ | 2010/11/01 15:59

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

お会いになれていませんか。
はびこっているところではかなりらしいですが、
でも、どこにでもあるかといったらそうでもないですものね。
かなり気に入っていらっしゃるようですね。
私も思いがけない出会いでした。
noodlesさんもわかりませんよ。

って、この前のママコちゃんのときも同じような
やり取りをしましたね(笑)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

マルバルコウソウルコウソウハゴロモルコウソウ
せっかくですから親子3者並べて早口言葉にしましょうhappy01

同じヒルガオ科同士(属は違いますが)、花も実もよく似ていますね。
ルコウソウのお仲間たちの花の直径は3cmくらいなので大きさも違いますが。
わぁ、お子さんたちのアサガオ観察のためにフェンスに絡ませて。
たくさん育てられたんですね~note
アサガオフェンス、見事だったでしょうねcutecutecute
デジカメ写真に手軽に残せなかった分、ご家族皆さんの
心に素適な思い出として焼きついているんだろうなと思いますconfident
 

投稿: ポージィ | 2010/11/01 16:13

こんばんは。
そういえば、今年は、毎年見る場所で、マルバルコウソウを見かけませんでしたよ。
やはり、今年の異常な暑さのせいなのでしょうか。
>ときには畑で旺盛にはびこる厄介者・・・・
こんな可愛い花なのにね。
厄介者といえば、今年は、マメアサガオ、ホシアサガオなども見かけません。
あの可愛い花たち、どこへ行ってしまったのかな。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/11/01 18:46

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。

あらら?
鎌ちゃんの身近なところでは、今年お見かけにならなかった
植物がいくつかあるのですね。
マルバルコウソウもマメアサガオ、ホシアサガオも
みんなヒルガオ科で可愛い花を付けますね。
暑さで(大阪は残暑もとても長かったですよね)生長の
サイクルが変わってしまった?発芽できなかった?…
あるいは厄介者かもしれないけれど、顔馴染みになった
可愛い花たちが見られないのは寂しいですね。

投稿: ポージィ | 2010/11/01 19:49

こんばんは。
マルバルコウソウにとって格好の金網があったものですね。
のびのびと蔓を延ばした様子がうかがえます。
ハゴロモルコウソウはしっかりした赤色ですが、マルバルコウソウの柔らかな色の方が野趣がありますね。
うちの近所でもところどころで横に広がっています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/11/01 20:07

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
このマルバルコウソウたちは良い場所にたどり着きましたよね。
私も地面で横に這うのしか見た事がありませんでしたから、
このマルバルコウソウたちの伸び伸びした様子にはこちらも気持ちが
よくなりました。おーちゃんのご近所でも、やはり横に伸びるしか
ないのですね。
マルバ~の方が野趣があると、おーちゃんもお感じですか。
どこでそう感じるのかなと思っていたのですが、なるほど、
花色によってそう感じるところが大きいのかもしれません。

投稿: ポージィ | 2010/11/01 22:02

ハロウインかぼちゃに少しだけ似ているこのマルバルコウソウの花の色が好きです。
江戸時代の観賞用が今は家であまり鑑賞されずにいるのは残念なことですね。
繁殖力が強すぎたからでしょうか。
今年は我が家でも楽しめました。


投稿: tona | 2010/11/02 11:22

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あぁ~ そうですね!
こういう濃いオレンジ色のおもちゃカボチャもありますね(^^)
綺麗で豊潤な感じもするいい色ですね。オレンジ色って私にとっては
なんだか美味しそ~~な色に見えます(笑)

観賞用だったものが顧みられなくなってしまった植物はまだ他にも
いろいろあるようですね。原因はなんでしょう。次々に新しいものが
生み出されると、それまでのものがつまらなく思えてしまうというのも
あるかもしれませんね。tonaさんのご推測のように繁殖力が強すぎる
というのも理由のひとつかもしれません。私などは手をかけずとも
勝手にどんどん元気に生長してくれるもののほうがいいですけれど~

tonaさんは今年はお庭でも楽しまれたのですね。ハゴロモルコウソウと
マルバルコウソウの種の取り分けは成功されたでしょうか?

投稿: ポージィ | 2010/11/02 11:58

ブログを始める前には、さほど興味のなかった植物、
こうして皆さんのを拝見しますとなるほど!
と感心します。

私のブログは、月と帆船専門?になるはずだったのですが。。

投稿: ふくやぎ | 2010/11/02 22:06

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

野草の花や植物の可愛さ・面白さに気づいてしまったら最後。
いやでも向こうから撮ってとばかりに目に飛び込んでくるように。
気づいたら自分から探すようになってます。
まぁ、ここは最初から植物&クックちんメインでしたが。
おや、ふくやぎさんは月と帆船専門を目指していらしたんですね。
確かにその二つには力の入り具合が違います。
でも、それだけじゃ勿体ないです。素適なお写真撮られるのですし、
視点も楽しいですし。色々見せていただけてよかった。

投稿: ポージィ | 2010/11/02 22:38

種を取り出してみましたが、マルバルコソウもハゴロモルコウソウも全く同じらしくて(葉があんなに違うし、花の色もぜんぜん違うのに)、とうとう選別できませんでした。
もしかして、マルバルコウソウの種が1つもなかったとか考えられますね。来年どうなることやらです。
気にかけていただいてありがとうございました。

投稿: tona | 2010/11/03 15:07

◆tonaさん、ご再訪ありがとうございます♪

やはり種になってしまうと見分けが付かないほどそっくりなのですか。
花や葉があるうちに、目印を付けておかないといけないですね。
来年本葉が出てくるまでドキドキ。ちょっとワクワクも(^^)

投稿: ポージィ | 2010/11/03 16:14

このブログの清々しい雰囲気に乱入するがごときで大変恐縮ですが、ポージィさん、お見舞いに来てくださりありがとうございました。少し気持ちが楽になりました。できるだけ早く退院できるように努めます。

投稿: 点滴男 | 2010/12/04 17:15

◆点滴男さん、ありがとうございます ♪

点滴男なんてHNなんですもの、一瞬『すわっ いたずらコメントか!?』
と思いましたよ。すぐ分かってニヤニヤしながら拝見しましたが(^^)
早速コメントくださってありがとう! 真面目~なブログですけど、
よかったら今後も暇つぶしに覗いてくださいね。

お久し振りの再会がお見舞いなんて形になってしまいましたが、
顔色もいいし表情も穏やかだし、で安心しましたよ。
心配しすぎずゆったりした気持ちでいてくださいね。
その方が治りも早いと思います。

投稿: ポージィ | 2010/12/04 18:20

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/49681172

この記事へのトラックバック一覧です: マルバルコウソウ fence:

« Happy Halloween ♪ | トップページ | なぜか引かれるクコの花 »