« 初冬でも咲いてます | トップページ | どちらのイヌホオズキさんで? »

2010/12/20

草紅葉

12月初め、近くの川沿いや田んぼの畦で「草紅葉(くさもみじ)」を探してみました。
「草紅葉」とは、『秋、草の紅葉すること -広辞苑-』  (そのまんまだヮ…)
       (maple写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmaple
 
 
101201fumei1_1 101201fumei2
 
        名前の分からない2種。左の葉はヨモギに似ていますが…
       どちらも厚く硬さを増したような葉が、濃く赤く色付いていました。
 
 
 
101201ineka2 101201ineka3
 
                イネ科の何か2種の紅葉と黄葉
 
 
101201suiba 101201ooinunofuguri_2
 
 「スイバ」(多分)は赤・黄・緑のまだら      「オオイヌノフグリ」 紅葉じゃない?
 
 
 
101201oozisibari 101201kosendangusa
 
        「オオジシバリ」             「コセンダングサ」渋い銅色
 
 
 
           101201kuzu
 
                   「クズ」は黄葉
 
 
 
 101201enokorogusa2 101201inutade
        「エノコログサ」               「イヌタデ」
 
 
 
草紅葉、如何でしたか? 今回、ハッ!ドキッ!とするほど鮮やかなものはあまり
ありませんでしたが、それでもなかなか綺麗でした。 もっと鮮やかに紅葉する
草たちはまだまだ他にも色々あるはずですが、この日は見つけられませんでした。
                                   (いずれも12/1撮影) 
 

|

« 初冬でも咲いてます | トップページ | どちらのイヌホオズキさんで? »

コメント

おはようございます!
草紅葉 大好きです。
イネ科の植物はとても美しいです。
紅葉も美しいけど 足元の草たちもまけじと紅葉していますよね。
ノゲシなども赤紫色になって美しいです。

いよいよ冬がやってくるのですね~ はぁ~
今日は暖かいけどクリスマス寒波がやってくるとか。

投稿: fairy ring | 2010/12/20 09:32

知人が尾瀬へ行って草もみじがきれいだったと言っていましたが、家のまわりでもいろいろ見つかるのですね。
葉の形で草の名前を知るのは大変で、紅葉しているなで終わってしまいます。
いろいろ見せていただいてありがとうございます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/12/20 11:07

草紅葉という言葉、確かポージィさんのところで
知ったのよね。
ゲンノショウコみたいなアメリカなんとかいう植物とかね。
あっ これはクイズじゃありませんbearing記憶が曖昧なだけ。
イネ科の植物のは数年前に紫や黄色やとてもこの世のものとは
思えないのに出会いました。
足元の身近な植物たちも紅葉していますね。
キツネノマゴもきれいですよ。

投稿: 池田姫 | 2010/12/20 13:07

足元がこれ程紅葉しているとは思いませんでした。

見慣れているものをその部分だけ切り取ると、思いもかけないものが見れるのですね。

スイバはたくさんありますが、「あっ、スイバだ」だけで、紅葉まで見ていませんでした。

今から散歩に行くので、観察してきますね。

投稿: ロッキーママ | 2010/12/20 13:30

ポージィさん、こんにちは。

ご無沙汰致しました。
過去記事5つも拝見しました。秋から冬の植物、花たちが素敵な撮影で輝いていますね。
私なんて思いもつかない見方に感心しきりです。
植物で綴る詩人の趣です。

今回も素敵な草紅葉の数々、お花と同様に美しいのですから不思議です。
たくさんのお写真で目覚めた思いでもあります。
ここまでとことん愛でることができる私たち日本人は幸せが1つ多いような気がします。

投稿: tona | 2010/12/20 13:56

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
草紅葉、お好きでいらっしゃいましたか~やっぱり(^^)
イネ科は思いのほか(と言っては失礼かもですが)美しいですね。
うちの辺りでは無理ですが、イネ科の紅葉や黄葉が野原を染めている
様子を写真で見た事がありますがステキでした。

あぁ そうそう、ノゲシは紫になっていますね。今回見つけられ
なかったのですがアカザも綺麗ですね。
ずっと緑で頑張る植物たちもいますが、そうでないそはそろそろもう
みんな枯れ草色になっていきますね。寂しいなぁ…


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

尾瀬の草紅葉… 綺麗でしょうね。湿原が一面染まっている様子など
この目で見てみたいです。
紅葉と言えば木々のものが中心で目線が上へ向かいますが、
足元の紅葉も捨てたものではありませんね。時折り本当に美しいものに
出会えることもあります。
今回いちばん綺麗だったのは、最初の2つの不明の草とエノコログサでした。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

あら そうでしたか。よく覚えていてくださいましたね。
ゲンノショウコに似たのはアメリカフウロですねwink
そうそ、あれも綺麗に紅葉します。このときは見つけられませんでしたが。
同じく紅葉でアカザも綺麗ですね。これも見つけられませんでした。
イネ科の素晴らしい紅黄葉の草原をご覧になったことがあるんですね。
いいなぁ… 私も見てみたいです。幅1mとかの小規模じゃないのを(笑)
キツネノマゴも綺麗ですか。これは見た事がありません。
その気になって探すとまだまだ色々ありそうですね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

その気になって探すと、足元にも意外と紅葉する草たちがあって
楽しいです。一株のうちの1枚2枚だけが見事に染まって他は緑のまま
ということもありますね。今回見つけたスイバとオオジシバリは
そんな状態でした。

お散歩中に足元の紅葉との出会いはおありだったかしら。
ハッ!ドキッ!とするような草紅葉とお会いになれますように。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)お帰りなさい。早速のご訪問ありがとうございます。
それもお留守の間の記事を全部見てくださったなんて、とっても嬉しいです。
「植物で綴る詩人」は私には過分なお言葉ですが、とても素適な表現ですね♪
tonaさんのその表現こそ詩的でいらっしゃいます~

仰るとおりですね。四季のある国に暮らして、その様々な変化を
感じ取り愛でることのできるというのは、幸せなことですね。
そうできる自分が嬉しくもあります。
「幸せが一つ多い」これも素適な表現ですね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/12/20 15:19

ポージィさん、こんにちは。私は、草紅葉や草黄葉を楽しむような、あるいはそれに目を向ける、心の余裕がありませんね。バリバリと踏んづけて野山を行きます。やっぱりポージィさんは、お花をやっているだけあって、目の付け所が違います。第一、枯れてしまっている植物の葉っぱを見てその名が言えること自体凄いなぁ。
そんな中、セイタカアワダチソウの枯れ草だけはわかります。それは、その種をベニマシコがよく食べるからです。笑 近日中にそれを探して歩かなければなりません。綺麗な画像が欲しいのです。

投稿: polo181 | 2010/12/20 16:12

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
興味関心の度合いの違い、ということなるんでしょうね。
でも私は草紅葉にも目を奪われますし、蝶や小鳥がいればそれにも
関心が向きますよ。カメラ機能や根性が追いつかなくて撮影は無理ですけれど。
おそらくpoloさんも踏みしめて歩きながら心のどこかでは美しさを
認識していらっしゃるだろうと思います。

あはは 枯れている植物から名前を言い当てるのは私も極限られた
よく知っているものしか無理ですよ。今回も分からなかったものが
4つもありました。セイタカアワダチソウは枯れてもよく分かりますね。
その背高君の種をベニマシコがよく食べるんですね。
ペロやんはひとまず置いておいて、ベニマシコを求めてお出かけ予定ですか。
鮮やかな紅色の小鳥さんと、お会いになれるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2010/12/20 17:18

どうしても立派な木ばかり探すので、こんな何気ない日常にはハッとさせられます。
さすがですね。ありがとうございました!

投稿: ふくやぎ | 2010/12/20 22:14

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

パッと目に付くのは木々の紅葉ですものね。
草紅葉も本当はもっとハッ!とする美しいのがあるのですが、
今回はそういうのは見つけられませんでした。
でも綺麗ですよね(^^)

投稿: ポージィ | 2010/12/21 08:20

おはようございます。
ご心配いただいて有難うございました。
何とか、今日から復活です。

「草紅葉」・・・・私も、俳句をやるようになってから、
この美しさに、改めて目が向くようになりました。
自然の営みというのは、そんな目で見つめると、どんなものでも美しいものですね。

草紅葉ではありませんが、今、我が家の庭で美しいのが、紫陽花の紅葉です。
シランの葉は、もう落ちてしまいましたが、これもひと時楽しめました。

さていよいよ押し詰まってきましたね。
伏せって遅れていたことを、取り戻さなくてはなりません。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/12/21 09:47

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

お加減良くなられましたか?安心しました。

草紅葉(くさもみじ)という言葉も美しいですし、
足元で色付いている草の葉たちもとても美しいですね。
俳句や写真ブログをきっかけに、自然の美しさの細部にも
気づくことができるようになったこと、嬉しいですね。
子供の頃から、自然が好きとは思っていましたが、
細かいことにも目が行くようになったのはブログを始めてからの
ことで、感謝しています。まだまだ新しい発見もあって楽しいですね。

鎌ちゃんのお庭のアジサイの黄葉、しばらく前にお写真で
見せていただいたあれですよね?あまりに綺麗でびっくりするやら
感動するやらでした。シランの黄葉も素適でしたね。

ついに今年も残り10日ですね。でも、どうぞ無理なさいませんように。
私もこの1週間ほど頭痛に取り付かれていて辛いので、
無理はしないことにしています。

投稿: ポージィ | 2010/12/21 15:29

地味な足下の野草たちの紅葉、よく探されましたね冬至を迎え、段々足下から緑色が消滅していきますね。またうららかな春が来ることは知っていても、寂しい気がします。

投稿: noodles3 | 2010/12/22 13:04

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

もっと探せば、もっとたくさんあると思うのですが、
このとき見つけられたのはこれだけでした。
みんな綺麗ですよね。
冬至ですねぇ。でも寒さはこれからが本番。
仰るとおり枯れ草色と裸木に、くすんだ緑ばかりが
目に付く季節の到来です。
気持ち的にも身体的にもいちばん苦手な季節で、
春めいてくるまでの間に、何度か「もう嫌だ~!」と
叫びたくなることがあります…(^^;)

投稿: ポージィ | 2010/12/22 17:46

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50244211

この記事へのトラックバック一覧です: 草紅葉:

« 初冬でも咲いてます | トップページ | どちらのイヌホオズキさんで? »