« ススキ八景 | トップページ | つやつや同士 »

2010/12/13

七ツ木神社のイチョウ

今年の秋「も」、とうとうどこへも紅黄葉見学に出かける機会が持てないまま過ぎて
行きましたが、庭のささやかな黄葉、家の近くのちょっとした紅黄葉を見られたので
それなりに満足しています。大好きなイチョウの黄葉も近くの神社で楽しめましたし。
 
その、七ツ木神社には鳥居をくぐる辺りに大きなイチョウの木が何本か植えられて
います。時折りバッサリ剪定されて樹形が乱れ黄葉も楽しめない年もありますが、
今年はのびやかに空に向かった枝いっぱいの黄葉が美しかったです。
 
独り見上げて楽しんできました。よく晴れた12月初日のことでした。
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますconfident
 
 
          101201nanatugizinzya_ityou4
 
 
       101201nanatugizinzya_ityou6
 
 
       101201nanatugizinzya_ityou7
 
 
       101201nanatugizinzya_ityou10
 
 
       101201nanatugizinzya_ityou9
 
 
          101201nanatugizinzya_ityou3
 
 
12月1日に見たとき、完全に黄葉し終わって、絶えずはらりはらり舞い落ち続ける
木もあれば、まだ黄葉途上で緑の残る葉がたくさんの木もありました。
あれから10日あまり。 先行していた木はもうすっかり裸木になったことでしょう。
これからだった木も、もうあらかた散り終わる頃かもしれません。
 
昨日、車で通り過ぎながら眺めた隣町の並木のイチョウも、すっかり葉を落とした
ものから、ただいま落葉中のものまでいろいろでした。
 
ささやかでも、いっときでも、今年も楽しませてもらえたことに感謝です。
 
 

|

« ススキ八景 | トップページ | つやつや同士 »

コメント

おはようございます。
私も、今年はとうとう、紅葉見物に行けず終わってしまいました。
わずかに、ことのついでに、大阪御堂筋の銀杏並木を歩いただけ。
私も、一人見上げて楽しんできました。
青空を背景に輝く銀杏の黄葉は、例えようもなく綺麗ですよね。

そうこういっている間に、師走も間もなく折り返しです。
大掃除、年賀状書き、忘年会、医者通いと慌しいです。
来週は、3日連続、通院します。

投稿: 鎌ちゃん | 2010/12/13 09:05

イチョウ 私もほとんど見ていません。
たまにあると撮るくらいでした~
切り取り方が難しくって・・・
今日 イチョウをアップしようかな~? なんて考えていたのでまさにタイムリーでした。
こちらで 満足してしまいそうです。
今日から寒くなりそうですね。雨も降ってきました。
いよいよ冬将軍のお出ましでしょうか・・・
ポージィ さんは冬の寒さが苦手のようですが 私は暑いより寒い方が楽だと思ってしまいます~
体は寒さであちこち固まってしまいますが 温めたり 重ね着をすればすむことで あの暑さはどうしようもありませんもの~ 笑

投稿: fairy ring | 2010/12/13 11:05

イチョウの葉が緑から黄色に変わる時、季節が変わるのを感じます。
もう散ってしまって、寒々しい姿に冬だなと思います。

イチョウの葉は、季節の変化を感じる葉です。

投稿: ロッキーママ | 2010/12/13 11:19

素敵なイチョウの黄葉をご覧になれて良かったです。
まだ青々としていてこういう時もきれいですね。
1番残念なのは上が寂しくなっている時。
それは下にあるからまた良いにはいいけど
やはり木としてはね~bearing
ギンナンは生っていませんでしたか?
今日はまた寒いですね。
今までがあったか過ぎたの?gawk

投稿: 池田姫 | 2010/12/13 13:47

色を変え葉を落としてしまう期間って本当に短い間ですが,それだけに毎年この時期が楽しみですよね.
今年の秋は色々と忙しく,恒例のアスペンの黄葉は遠巻きに見るだけでした.ポージィさんの写真を見て,やっぱり無理してでも山に見に行けばよかったなとちょっと後悔しています.

投稿: LiLA管理人 | 2010/12/13 14:54

こんばんは。
七ツ木神社はサバ神社の関係で前に訪ねたことがあるので懐かしいです。
イチョウの木が黄葉して見事ですね。
行ったときは6月だったのでイチョウの印象が残っていませんでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2010/12/13 17:02

いやあ、グラデーションマニアの僕にも嬉しい写真の数々。街や自然の中や銀杏が身近にあるのは、四季を感じるうえでも幸せなことですね。
舞い落ちた枯葉が、カラカラと風邪に舞うのも冬景色の醍醐味です。

投稿: noodles3 | 2010/12/13 17:05

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
そうですか、鎌ちゃんも今年は紅葉を見るのを目的のお出かけの機会は
お持ちになれなかったんですね。でも大阪御堂筋の銀杏並木と
ご近所のと、ご自宅のと、お楽しみになれたのはよかったですよね(^^)
私も一緒です。

青空バックにお日さまの光に輝くイチョウの葉…本当に綺麗です。

ついこの前、師走に入ってしまった…と焦っていたのに、もう間もなく半分。
師走は何かしらと忙しないですね。どうしてなんでしょう。
鎌ちゃんもお忙しそう。病院に3日連続は疲れそうです。
風邪などを貰ってこないようお気をつけくださいね。忘年会を
気持ち良くお楽しみになるためにも。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
好きな紅黄葉は色々あるなかで、イチョウの黄葉には昔から何故か
強い憧れがあっていちばん好きなんです。木も足元も黄色く染まっている
様子が特に好き。近くの神社で何とか見られてラッキーでした。
切り取り方は難しいですね。
私の拙い写真ではとてもご満足とは程遠いと思いますよぉ…
機会がありましたらぜひfairy ringさんのとられたイチョウも
ご披露くださいね。

今日は冷たい雨になりましたね。でも明日はまた1日だけ気温が高くなるとか
通過した低気圧に向かって南の暖かな空気が吹き込むんでしょうか。
体が付いていけなくなりそう。
fairy ringさんは暑さより寒さのほうが楽でいらっしゃるのですね。
私も暑さもだるくてしんどいですが、寒いのは体も気持ちも拒絶反応を
起こしてしまいます。世間では暑いより寒い方がいいという方のほうが
多数派のようですね~


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

紅黄葉する木々の葉が緑から次第に変化していく途中は
まさしく季節の変化そのものですね。
そちらではもうイチョウもすっかり散ってしまいましたか?
こちらはまだしっかり残っているもの、すっかり散ったものが
混在しています。
すっかり散ってしまって裸木が並ぶさまは、寒々としていかにも冬ですね。
赤ちゃんイチョウが顔を覗かせるようになるまで何ヶ月、ですね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

おかげさまで、何とか見ることができました。
誰もいない神社の入り口で、しばし仰向いてイチョウの色とりどりの
黄葉のなかに心をたゆたわせてきました。

そうですね。できれば木にも黄葉が残っていて地面も黄葉で覆われた、
黄葉のサンドイッチの中に身を置けるのがいちばん感動的ですね。
木がすっかり裸になってしまっていてはやっぱり寂しいです。
ここのイチョウは皆雄株のようですね。ギンナンが生っていたことは
一度もないと思います。

今日は寒いですね。でも明日はまたボン!と気温が上がるようですよwobbly
そんでもってまた寒くなる… 極端な気象、なお健在です。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

すっかり辺りが冬枯れてしまう前のひと時の彩りは、自然からの
かけがえのない贈り物ですね。どの季節もかけがえがないに変わりはない
のですけれど、この後続く厳しい季節の前だけによけいに強く感じる
のかもしれません。
ちょっと思っていたんですよ、今年は可愛い形のアスペンの黄葉を
見せていただけないな、って。お忙しくて遠くからしかご覧になれ
なかったのですね。それは残念でした。でも、来年の楽しみが倍になる
と考えておきましょうか。
 

投稿: ポージィ | 2010/12/13 17:27

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
そうそう、前にいらっしゃいましたね。覚えています。
6月だとイチョウの葉は緑緑していて、他の木々と同化してあまり
存在を主張していませんね。それがこうして黄葉してくると
がぜん存在感が増します。以前、ばっさり切られた年はこの黄葉が
見られずガッカリでしたが、今年は楽しませてもらえて嬉しかったです。


◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

noodlesさんもグラデーションお好きなんですよね、私もですが~(^^)
完全に黄色く染まっている木、途中の緑がかっているもの
黄色がかっているもの、色んな段階を見ることができて嬉しかったです。
グラデーション、本当に綺麗ですよね。

仰るとおりで、暮らしているそばや街中にこうした黄葉するイチョウ
などがあることで、季節の移り変わりがぐっと身近になると思います。
かっては、もっと近くにも大きなイチョウがあってそれは素適だった
のですが、落ち葉の始末の関係なのか何だったのか、根元から伐られて
消滅してしまったものがあります。悲しかったですよ。
もう何年にもなるのにいまだに胸が痛みます。
そう、枯れ葉が風に舞う姿も寂しいけれど風情がありますね。
2~3週間前、夜遅く駅に夫を迎えに行って車を停めていたとき、
街灯に照らされながら欅の枯れ葉が雨のように降り注いできたのですが、
あれも感動的でしたよ。別世界に誘われるかのようでした。
 

投稿: ポージィ | 2010/12/13 17:40

ポージィさん、こんばんは。いま、年賀状を書いているので、大変遅くなりました。書いているのではなくて、パソコンで作っていると言った方が正しい。
貴女のような植物派にはとても申し訳ないのだけれど、葉っぱは実に厄介なものでした。貴重な鳥を発見しても、その鳥のすぐ前に葉っぱ一枚あると、もうお手上げです。ピントが撮れないのです。(老眼のためオートフォーカスを使用)
でも、これは些細なことでして、私は一度だけ黄葉に感動した経験があります。それは八ヶ岳の管理事務所前にある、2,30本の銀杏です。毎年水抜きに11月頃行くのだが、既に散ってしまっていたり、10月に行くとまだ青々としている。一体全体何時行けば良いのだろうとやきもきすることがあります。でも確かに一度だけ、黄金に輝く黄葉に圧倒されました。モミジの紅葉も良いけれど、私はやはり銀杏を一番に上げます。

投稿: polo181 | 2010/12/13 21:02

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
お返事遅くなりました。年賀状作りお疲れ様です。
私も今年はプリントゴッコを諦めてパソコンで作ったのですよ。
拙いものですが、例年通り年明けにはブログ上でもご挨拶代わりに公開予定です。

木に止まっている鳥を取るとき、手前の1本の枝、1枚の葉にピントが合ってしまって
どうしても鳥にピントが合わない!これは私も経験があります。
鳥に限らず植物もですよ。すぐ近くに寄れるときばかりではありませんから。
それに私もオートフォーカスを使っています。マニュアル機能も一応ついているものの
そんなに効果もないし面倒でついついオートフォーカスに頼っています。

常に移り変わりを観察していられる場所で無いと、なかなかドンピシャリの時期の
紅黄葉に行き合わせるのは難しいですね。その年の気象によっても時期が変わりますし。
八ヶ岳でそのドンピシャリに出会われたことがおありですか。
さぞかし綺麗だったでしょうね。何十本もの美しい紅黄葉が固まっている様
というのは未見です。いつかぜひそういう光景も見てみたいと憧れています。

投稿: ポージィ | 2010/12/14 09:06

ポージィさん おはようございます

これは見ごたえのある銀杏の木ですね
銀杏の輝く黄葉はまさに黄金色ですね~

お隣の市にある某宗教団体の広大な敷地の間に走る道路沿いにある
銀杏並木が黄金色に輝いているのを車窓から眺めたのが
今年の唯一の銀杏見物です
駅前の銀杏並木は毎年、ブツブツに切ってしまうので
越してきてから20年以上にもなるのにちっとも大きくなりません

神社にはなぜか銀杏の木がありますよね~
それも特大状態で・・^^

投稿: glenn | 2010/12/14 09:36

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

この3年くらい剪定が入っていないので、大きく立派な姿での黄葉を
楽しませてもらえました。来年はそろそろバッサリかしら…
お日様の光が当たっていちばん輝くのはやはりイチョウの黄葉ですね。
まさに黄金色。大好きです♪お金じゃなくてイチョウの黄葉がですヨ。
まぁ お金も大好きですが~(^^;)

glennさんは車の中から、銀杏並木の黄葉を楽しまれたのですね。
某宗教団体が管理しているのかしら。自然に近い樹形で管理されている
銀杏並木というのを目の当たりで見たことがないので憧れます。
隣町の銀杏並木は、glennさんの街の駅前の並木と一緒で毎年ブツブツに
切られてしまっています。太い幹だけを残してブツブツですよね。

たしかに神社やお寺には特大の銀杏があることが多いですね。
大銀杏といえば、鎌倉は鶴岡八幡の大銀杏をいちばんに懐かしく思い出します。

投稿: ポージィ | 2010/12/14 11:34

こんばんは。
落葉樹はもうあらかた裸ん坊になってしまいましたね。
イチョウの紅葉(黄葉)は、落葉樹の中でも一番しんがり。
最後に目の覚めるような黄葉を見せてくれますね。
妙高にも「銀杏通り」という通りがあり、それは見事なんですよ。

投稿: ロココ | 2010/12/14 21:51

銀杏の並木っていいですよね。
ちょっと黄昏時に。。。
ら、来年こそふくやぎも。。。

投稿: ふくやぎ | 2010/12/15 00:04

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

冬への季節がひと足もふた足も早い妙高では、もうすっかり落葉して
冬の景色に様変わりなんですね。
こちらは、はだかんぼうになった木もあれば、まだまだ色付いた葉を
残している木と両方あります。
そうそう、イチョウは春の芽吹きも遅めですが黄葉も遅めですね。
紅黄葉たちは、晴れた日はもちろん、薄暗い日でも自ら輝きを放って
いるように見えませんか。イチョウの黄葉もぱぁっと辺りを明るく
してくれますね。妙高の「銀杏通り」も明るく輝いたことでしょうね。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

イチョウ並木、好きです~
でも、お隣の町の並木は毎年黄葉を見る間もなく
パッツンパッツンに伐られてしまって(;_;)
いつかどこかで、のびやかに育ったイチョウの並木を
存分に楽しんでみたいです。
黄昏時に… あぁーそれもいいですね。
来年、楽しみにしています(^^)
 

投稿: ポージィ | 2010/12/15 09:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50288464

この記事へのトラックバック一覧です: 七ツ木神社のイチョウ:

« ススキ八景 | トップページ | つやつや同士 »