« 胡蝶蘭 | トップページ | 春を待つ »

2011/01/17

春咲き山茶花

昨年11月に初・体験で作った「新春寄せ植え盆栽」の山茶花が、今年になって
ついに花開きました。高さ30cmほどの山茶花の苗木には「美濃の誉」という名札が
ついていましたが、体験講習の時点ではまだ蕾が固く、色は咲いてのお楽しみ。
 
色が見えるようになった蕾が、じわじわとほころび、ついに開花する様子を見てやって
ください。「美濃の誉」はなかなか初々しい美人さんでしたよheart
       bud(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
101231sazanka_minonohomare2 110104sazanka_minonohomare1
         < 12/31 撮影 >              < 1/4 撮影 >
 
 
          110104yoseuebonsai1
                      < 1/4 撮影 >
 
 
110105sazanka_minonohomare1 110105sazanka_minonohomare3
                       < 1/5 撮影 >
 
 
110106sazanka_minonohomare1 110106sazanka_minonohomare5
                      < 1/6 撮影 >
 
 
可愛いピンクの花でした。いちばん花は全開になって直径約6cm。椿の花のよう。
 
調べてみると「美濃の誉」は春咲き品種、丸い花弁で抱え咲き、雄しべはツバキの
ような「筒しべ」、小輪、花期は12-3月、花には香りがあるものだそうです。
なるほど、どおりで… 咲いた時期にも花の形にも納得です。
 
 
 
110108sazanka_akiti3
 
   おまけ
 
   お隣の空き地の「サザンカ」
 
 
   よく見かける赤に近いピンクです
 
 
∞∞∞・∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞・∞∞∞∞∞・∞∞∞
 
わが家の辺り、今朝は今冬いちばんの冷え込みで、外のメダカの池には硬い氷が
張り、チューリップのプランターは霜柱で盛り上がり、プランターのビオラはくたりと
うなだれていました。
16年前も寒かったですね。阪神淡路大震災。あの大災害時の6000人を超える、
そしてその後さまざまな災害で犠牲になれた方々のご冥福を改めてお祈りします。
今なお苦しんでいる方々がいらっしゃることも忘れてはいけませんね。
 

|

« 胡蝶蘭 | トップページ | 春を待つ »

コメント

おはようございます。
「新春寄せ植え盆栽」の山茶花、咲きましたか。
盆栽にふさわしい、美しい山茶花ですね。
名前が「美濃の誉」とは、また格調高いですね。
ポージィさんのお宅にはピッタリでしょう。

我が庭の山茶花は、空き地の山茶花と同じかと思います。
メジロが、蜜を吸いにやってきていますよ。

昨日から、本当に底冷えですね。
そうそう16年前のあの朝もそうでした。
未だに、あの恐怖は消えません。
明日は、そんな思いの句をアップしようかと思っています。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/01/17 10:40

折り紙を開くように、花びらが開いていくのですね。
可愛いピンクと雄しべの黄色が新春にふさわしいです。

今朝は寒かったですね。
土曜日の夜から、昨日の午前中まで雪が降り、畑や屋根が真っ白です。

16年前の早朝、何気なくつけたテレビに、家が崩れ家が燃えている映像が飛び込んできました。
「どこ、何があったの」
あの時の映像は、今もくっきりと心に残っています。

投稿: ロッキーママ | 2011/01/17 12:17

なんてかわいらしいピンクなんでしょう。
私の大好きな色ですheart04

みなさん16年前のことを書かれていますが、
私もその日の朝のことはくっきりとおぼえています。
胸が締め付けられます。
天災は防ぎようがありませんが、
被害を小さくすることはできますよね。
まさか自分は、と思わず
備えることが大切だとおもうこの頃です。

投稿: koko | 2011/01/17 12:26

あの盆栽のサザンカが咲いたのですね~
しべの形を見て 一瞬 ツバキみたい! と思いました。花弁もツバキによく似ています。
やはりサザンカの方なんですね~
ツバキとサザンカ とてもよく似ていますが しべが根元で合着しているかどうかも識別ポイントですものね。
大きな違いは花弁の落ち方ですね。1枚1枚落ちるのがサザンカ ツバキは首からボトン!
後は葉の違いとか咲く時季とか細かいところはいろいろ!
上品なピンクですね~
カリンの花のような色合いでしょうか?
よくある公園のマゼンタカラーのはどうも苦手です。って ラストにありましたね。^^;

投稿: fairy ring | 2011/01/17 15:07

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、綺麗に咲きました(^^)
花の大きさも小ぶりの品種のようで、盆栽向きなのでしょうね。
「美濃の誉」とは素敵な名前です。私は織田信長の正室、濃姫を
思い出しました。いえいえ、わが家は格調高さとは無縁ですから、
美濃の姫君はとんでもないところへ来てしまったと戸惑っているかと…(笑)

鎌ちゃんのお宅の山茶花は、お隣の空き地のものと同じですか。
山茶花らしい山茶花ですよね。メジロさんたちにとっては嬉しいお花。

大阪にお住まいの鎌ちゃんは、大震災の当事者でいらっしゃいますから、
離れたところに住む私たちの想像はるかに超える恐怖を味わって
いらっしゃるのですね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

折り紙が開くように… ほんと、そんな感じですね。
ちょうど暖かだったときに、3日でふわりと全開になりました。
他の蕾も続くかと思いましたが足踏み状態です。
可愛い色の取り合わせは明るく新年向きだと思います。

そちらも雪が降りましたか。さぞ寒かったでしょうね。
こちらは相変わらずの乾ききった冷たさです。

大震災のニュースを知った状況、わが家もロッキーママさんと
まったく同じような感じでした。あのときの、始めは情報も混乱していて
はっきりと事態が分からなかったこと、だんだん明らかになっていった
被害の映像、ショックとともにまざまざと思い出しますね。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

kokoさんのお好きなピンクの色合いでしたか。
見ていただけて良かったです。可愛い色の花が咲いて嬉しかったです。

あのすさまじい被害の映像は脳裏に焼きつきましたね。
仰るとおりで、天災は防げないけれど遭遇したとき被害を小さくすることは
可能です。どこか遠くの出来事といった感覚や、根拠のないうちのとこは
大丈夫だろうという思いはその妨げ。わがやももう一度見直して
気持ちを引き締めねばと思います。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

はい、可愛いのがふわりと咲きました。
やっぱり椿?と思われましたよね。私もです。
調べてみましたら、間違いなく、椿のような特徴を持つ春咲きの山茶花の
品種と分かりました。園芸品種ですから、椿の血も混じっているかも
しれませんね。サザンカとツバキの見分け方をありがとうございます。
私も一生懸命覚えようとしたこともあったのですが、当てはまらないことも
ある、とかサザンカとツバキの交配種も生み出されている、などの
記述を読むに付け、熱意がすっかり冷めてしまいました(^^;)
この「美濃の誉」ははっきりしていたので助かりましたが。

「カリンのような色合い」 あ、かなり近いと思いますよ!
そうそう、fairy ringさんはマゼンタカラーが~~(^^;)
お隣の空き地のサザンカはまさにそれで、とてもサザンカらしいサザンカ。
咲き終わると花びらもばらばらに散っています。
 

投稿: ポージィ | 2011/01/17 15:53

サザンカが咲きましたか?
なんだか椿とサザンカがほんと頭を悩ませてくれますcatface
今 良く生垣などで見られる赤っぽいのは冬椿と表示があり、
サザンカのように花びらが散りますね。
もう頭痛くなりそうなことは深く考えまいsmile
今朝は冷え込んだようだけど(朝が遅いgawk
それから昭和記念公園に行ったのですが、午前中は風もなく暖かかったの。
春を感じました。
節分草も少し咲いていました。

投稿: 池田姫 | 2011/01/17 16:18

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

小ぶりで可愛い色のが咲きましたよ~
山茶花と椿の区別、子供のころは自然とついていたと思うのですが、
このごろは「はて、これはどっち?」というのが増えた気がします。
私も深く考えるのやめました。
この山茶花は「美濃の誉」って名前が付いていたので調べてみたら
椿みたいに咲く山茶花でした。どんな散り方をするのかな~
(いちばん花がまだ頑張っていて散っていないんです。)

今朝は寒かったですよ。昼近くなってもまだ氷が張っていました。
でもこんな日は日中は暖かくなるんですよね。
昭和記念公園も暖かでしたか。あら、もう節分草が?
節分まではまだ半月ありますが、春が近づいているのですね。

投稿: ポージィ | 2011/01/17 17:37

「美濃の誉」、命名された方にとってこの花はきっとそんな存在だったんですね。shineこの厳寒の時期でも山茶花や椿は、しっかりと首を上に向けて明るく咲いてくれているのでいつも励まされます。happy01そして、時々、お礼を言いたくなるときがあります。confident

投稿: 福 | 2011/01/17 18:18

◆福さん、ありがとうございます ♪

うんうん、そうですね。誉そのものであるのでしょうねconfident
花の少ない季節に華やかに咲く山茶花や椿、明るく目立ちますね。
そうですか、福さんはこれらのお花から励ましをもらって
いらっしゃるのですね。そういう方も多いでしょうねnote
そばを通りかかったとき、そっと、お礼の言葉をかけてください。
気持ちが伝わる気がしますwink

投稿: ポージィ | 2011/01/17 19:48

寄せ植えしたときに蕾だったのが無事咲いてくれると嬉しいですね。
しかもなかなかの美人さんに見えます。
最近の寒さもお部屋の中に置けば安心ですね。
残りの蕾もきれいに咲いてくれることでしょう。
阪神淡路大震災の後すぐに瓦礫の街を歩く機会がありました。明日は我が身かもしれません。
教訓にするとともに犠牲になった方々のご冥福をお祈りします。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/01/17 20:04

ポージィさん、こんばんは。1月11日の盆栽を見ると、なるほど主木の山茶花には緑のつぼみはついているけれど、何色かさっぱりわかりません。
その後、定期的に写真に収めてこの日を待っていたのですね。そのような計画性は私にはありません。お恥ずかしいながら、その時その場の美を感ず式です。
まあ、現在はペロやんの観察を続けていて、画像も日付順に記録してあることはありますが。どのように、発表しましょうか。あっ!モズ、エナガ、ジョウビタキの雌の写真を頼まれていたけれど、その後一切会わないのです。もうしばらくお待ちください。

投稿: polo181 | 2011/01/17 20:20

だんだんに開いていくのが可愛いですね。
こういう風に見たことがないので感動です。
神秘を感じますよね。

投稿: ふくやぎ | 2011/01/17 22:52

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

寒菊も山茶花も固い蕾でしたから、まず寒菊が咲きやがて少しずつ
山茶花の蕾に色が見えてきたときは嬉しかったです。
いちばん花が咲いたころは暖かく花びらがふっと解けかけたら
一気に開きました。その後も全開のまま保っていて、他の蕾は
寒くなったからかなかなか咲かないまま足踏みしています。
玄関扉の内において、少しだけ寒さから保護しています(^^)

大震災直後の街を…おーちゃんはそのようなご経験をされたのですね。
私のように映像で見ただけよりはるかに強烈な生々しい有様が
焼きついておいででしょう。地震国日本では、いつどこで大きな地震が起きるか知れず、本当に明日はわが身かもです。
教訓にし備え、せめてものご供養にすべきですね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
そうなんです。体験講習で寄せ植えしたときはもちろん、しばらく
立っても緑の固い蕾のまま、何が咲くのかさっぱり分からないままでした。
(「美濃の誉」を検索して調べてみることもしませんでした)
やがて色が覗いてきてピンクと分かり、咲いてみたら可愛らしい
小ぶりの椿のような咲き方をする山茶花であると判明。
こういう過程を楽しめるのは手元にあればこそですね。
べつに計画的にそうしているわけでもないのですが、だんだん育って
いく様子などを記録しておいてまとめてアップすることは時々しますね。
poloさんも、今年の冬のペロやんとの交流は、立派な観察記録に
なることでしょう。初めてあったころと春旅立ちのころと比べると
違いがはっきりと分かるかもしれませんね。

あ、リクエストを覚えていてくださいましたか。
いつかお会いになることがあったら、そのときよろしくお願いします。
 

投稿: ポージィ | 2011/01/17 23:04

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

段々の変化は、ふくやぎさんはいつもお月様で
ご覧になってますね。
こちらは花ですが、神秘的な感じは共通点していますね。
おちょぼ口のような姿からふわっと咲く様子、
3日の間の出来事でした。可愛かったです(^^)
その後も咲いた姿を保ってますよ~

投稿: ポージィ | 2011/01/17 23:06

あら~ん、可愛い♪
丸みを帯びてふくよかで、色も艶やかでありながらお上品で素敵じゃないですかぁ
名前も誇らしげでいいですね。
まだ蕾が幾つも。。。
しばらく楽しめますね。
って10日ほど経ってるけどもう全部咲いちゃった?

16年経つけど、当時の映像は全てがあまりにもショッキングすぎて今もいろんな光景が脳裏に焼きついてます。
被災された方々ならなおさらでしょうね。

投稿: ちょびママ | 2011/01/17 23:25

これが春咲きのサザンカなのですね。
近くの以前お話しした大学の山茶花園には咲く時期で分類していました。この「美濃の誉」は記憶にありませんが、素敵な名前、美濃国の1番誉れあるサザンカという意味かしら。
花にも美人さんがいるのですね。色も形も最高です。

17日というと大震災と、この頃テレビで放映する前に反応します。昨日はご主人や子供全員を失ってしまった方の涙がとても気の毒で見ていられませんでした。
そのあとで結婚記念日だと思い出すようになりました。

投稿: tona | 2011/01/18 08:47

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

うふふ 最大級のほめ言葉をいただいちゃって、山茶花ちゃん
嬉しはずかしで頬を染めちゃってますよ。って元々ピンクで
よくわかんないですけれど(*^^*)

いちばん花の開花から10日あまり。それがね、あれから変化無しなんです。
いちばん花はそのまんま、他の蕾は少しほころびかけたところで足踏み。
寒くなったせいでストップしてしちゃったみたい。
このまま落ちてしまったりしなければ、長ーく楽しめそうですヨ。

ニュースで流れる映像に呆然としてしばらく言葉も出ませんでしたよね。
生々しくてショッキングで脳裏にしっかり焼きつきました。
実際に直面された方々はいかばかりかと思います。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

そうそう、以前山茶花園へいらしたのでしたね。山茶花も秋に咲くものから
春に咲くものまで、花期の範囲が広いですね。
きっと春咲きにも色々あるのでしょうけれど、美濃の誉もそのひとつでした。
この子は美人さんですね。私は織田信長の正室となった、斎藤道三の娘
濃姫を思い描きました。

tonaさんいとっては喜びの記念の日と、大震災の日ということで
二重に忘れ得ぬ日となっていらっしゃるのですね。
16年というとはたからは長いようですが、当事者の方にとっては
悲しみや傷は今も生々しく、今は普通の生活をしていたとしても、
そのすぐ脇には消えることなくあるもの…ですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/01/18 09:06

ポージィ家では、正月中この山茶花に和んでいたんですね。
それにしても寒いですね。
春の息吹がしこかしこで感じられる日々ですが、こう寒いと咲いている冬の花々に脱帽するとともに、勇気をもらえます。

投稿: noodles3 | 2011/01/18 18:34

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

そうですね、ちょうど年が明けてからの数日でふわりと咲きましたから
その過程を大いに楽しませてもらいました。可愛い~と目を細めつつ(笑)

寒いですねー 外の水に氷が張り、お風呂の窓の結露がバリバリに
凍っていました。明日は少し緩むのでしょうか。
こんなに寒くても凍りもせず平然と咲いているスイセンや、
凍ってくたっとなってもよみがえるパンジーなど、みんなすごいですよね!

投稿: ポージィ | 2011/01/18 19:52

山茶花と椿の違いがよくわかりませんσ(^^;
うちの庭にあるのは椿ですよね?(ポージィさんに聞いてどうする)
さざんか、、と聞くと さざんかの宿 の歌が出てくるのは
やっぱ私は昭和の女ですね(^o^)

今年になってからのポージィさんの記事を遡ってみると
清楚で落ち着いた花の様子が正に冬なんだなぁと感じます
春や夏の華やかさとは違う 静かな雰囲気が素敵だなぁと。。

投稿: miki | 2011/01/18 21:25

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

山茶花と椿の違い、いちお、見分け方のポイントがいくつかあるんですが
この頃では当てはまらないものも多いらしくて、もう深く考えるのは
放棄しました。多分なんとなく~でいいや、って(おいおい ^^;)
mikiさんのお宅にあるのは… はて?椿ってことにしときましょう。
いや、もとい!今、雪をかぶってたのをもう一度ちゃんと拝見して
きました。あれは山茶花ですね。うちのお隣の空き地に咲いているのと
同じ種類かと思われます(^。^)

アハ 実は私も山茶花の記事を書きながら頭の中を流れていたのは
大川栄策さんの「さざんかの宿」でした。咲いてさびしいさざんかの宿~♪

今年に入ってからの私の記事、同じものを取り上げたのが
それぞれ2回。内容が乏しくて(全然外を歩いてません 汗;)
お恥ずかしいのに、そんなふうにいっていただいて恐縮です。
でも確かに冬は春や夏とはやっぱり違いますね。
赤く咲いても冬の花…♪ですね。

投稿: ポージィ | 2011/01/18 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50547628

この記事へのトラックバック一覧です: 春咲き山茶花:

« 胡蝶蘭 | トップページ | 春を待つ »