« 春の花で | トップページ | 動物園からこんにちは - その1 - »

2011/01/31

啓翁桜

立春を間近にして、今朝はこの冬いちばんの冷え込みを更新しました。
寒い朝ですね。外のメダカ水槽の氷も最高厚。
  
日本海側の地域ではまだ大雪が続き、鳥インフルエンザは多発、火山まで噴火、
灰は降り注ぎ、国内でも海外でも政情不安定は続き… 
社会も気候も穏やかな年になりますように、との願いは1月だけでガラガラと崩れて
いく感です。
 
でも、寒さは明日以降はだんだん緩むようす。2月以降へ希望と祈りをつなげよう、
そんなことを思いながらの、今日、1月最後の日です。
サッカー・アジア大会では選手の皆さん大活躍、見事な優勝でしたしね!
 
……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
さて、フラワーデザインのレッスンで「啓翁桜」(←たぶん ^^;)を使いました。 
桜は丈夫で、水に挿しておくと蕾だったものもちゃんと花が咲いてくれます。 
今回も、残った小枝を水に挿しておいたらちゃんと咲き始めました。
花によっては、蕾までなかなか咲いてくれないものもありますが、みんな咲いて
くれるととても嬉しいものですね。
 
昨年もご紹介したような気もしますが…可愛い桜の花の表情をご覧くださいね。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
       110121keiouzakura1
 
              直径5mm 長さ30cm ほどの小枝です
 
 
 
110121keiouzakura5 110122keiouzakura
 
 
110121keiouzakura6 110121keiouzakura7
 
 
 
 
       110121keiouzakura4
 
           花の直径は 1.5~2cm ほど  薄いピンク
 
        
 
「啓翁桜」とは九州の久留米市の方の手により「支那(実)桜」と「(小)彼岸桜」の
交配から生みだされた桜です。
  (系統によって若干違いがあるかもしれません)
本来は3月下旬~4月上旬ころに咲きますが、江戸時代、江戸城に生花を納めて
いた花卉商によって生み出された冬に咲かせる手法を生かして、今では山形県の
特産となっているのだそうです。 
気候条件を利用した促成栽培で12月下旬~3月に咲くよう調整して出荷されて
います。 秋早い時期から気温の下がる北の地ならではなのでしょう。 
こうした手法は結構古くから行われていたのですね。
 
この促成栽培、簡単に言いうと、一定期間寒さにあたって花芽の付いた桜を
刈り取って暖かい場所で管理し、蕾が膨らんでから出荷するのだと思います。
  
ひな祭りのころ店頭に並ぶ花桃も同じような様な手法が用いられていますね。
以前TVで、刈り取った花桃の枝を室(むろ)と呼ばれる場所に入れ、温度・湿度に
細心の気を配りながら管理する様子を紹介しているのを見たことがあります。
  

|

« 春の花で | トップページ | 動物園からこんにちは - その1 - »

コメント

おはようございます~!
今朝 寒いですね。
昨日は都内でも雪がちらつきました。
空は抜けるような青空なのでなおさら寒さが見に染むような・・・
ケイオウザクラ 先日スーパーで売られていました。
花柄が長いのもあるようですが 売られているのは短く 垂れて咲いていないので サクラらしさはあまりないのですが この時季に咲くサクラは貴重ですよね。
寒い時季に咲くサクラは色が濃いですね。
今日 カワヅザクラが咲いているかどうかこれから見に行ってこようかな~! って思っていたところです。
去年は 2月初めには咲き始めていたのです。
挿し木もきくそうですので 試してご覧になってはいかがでしょう。

投稿: fairy ring | 2011/01/31 09:58

色も姿もかわいいですね。
淡いピンクがかわいいです。
春への憧れって感じですね。

風邪をひいて熱が出てしまいました。
早く暖かくなってほしいです。

投稿: ロッキーママ | 2011/01/31 12:21

ポージィさん こんにちは

今朝は寒かったですね~snow
家の中にスノーマンが住んでいるようでした

啓翁桜っていうのですか~
ほんのりとピンクに染まって愛らしく、又優美ですね
久しぶりに見始めた連続ドラマで「冬のサクラ」というのがあるのですが
山形で冬に咲く桜を見るところがありました
あの桜は啓翁桜だったのですね!

噴火にインフルエンザ、寒波、洪水と地球が壊れていくのでしょうか
子供や孫の時代にはいったいどうなるのかと不安でたまりません

投稿: glenn | 2011/01/31 14:00

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
寒かったですね。外のメダカ水槽の氷はお昼になってもとけなくて
つまみ出しました。昨日の東京の雪は夜のニュースで見ましたよ。
結構降ってましたね。今日の日中、空気はまだ冷たいですが、風は弱く
穏やかに晴れ上がりましたね。明日からは少しずつ気温が上がっていくとか。
やっと冬型が緩むのでしょうか。

fairy ringさんも啓翁桜をご覧になったのですね。スーパーにもありましたか。
確かに花柄が短く枝から直接咲いている感じです。梅や桃みたいな咲き方。
花柄の長いのもあるのですね。
あぁ、もう川津桜の便りも聞こえてきていますか。明日から2月ですものね。
ご覧になっていらしたかしら。また見せていただけますね、きっと。

啓翁桜は挿し木もつきやすいと、私も何かで見ました。
バラの茎をズボッと挿しておいてついたように、これもつくかしら。
寒いと無理かな。ほんとに試してみようかしら(^^)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

小ぶりの優しい花がとても可愛いくて、
「春への憧れ」…まさに仰るとおりの雰囲気です。

あらら 先週の東京行きでお疲れになったかもしれませんね。
疲れると免疫力下がりますし、東京は人も多いですし。
確か年末にも発熱でダウンされたばかり。
無理なさらず大事になさって早く直してくださいね。
 

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
部屋の中にスノーマン(^^) ほんとそのくらい寒かったですね。
今も暖房してある部屋から出ると空気がひんやりです。

今の時期にお店で売られている桜はたぶん啓翁桜だと思うんです。
小振りの花ですが、ピンクが優しくて可愛らしいです。
枝も、細くてもちゃんと横縞の桜らしい光沢のある皮で綺麗ですよ。
私は見ていませんが「冬のサクラ」というドラマ、放送中ですね。
それに山形の桜が登場したんですか。啓翁桜だったのかもしれませんね。

そうそう、ニュージーランドの洪水被害などもありましたね。
地球が壊れていきそうな不安、感じますね。
自分にできることはなんだろうと思いつつ、暖房をしっかりつけて
便利にお湯を使う生活をやめられません…(-_-;)
 

投稿: ポージィ | 2011/01/31 14:43

室内ならではの明暗のコントラストが素敵ですね。
ガラスの花瓶に射した光がにくいです。
明日は僕も冬の桜たちを更新予定です。

投稿: noodles3 | 2011/01/31 17:18

啓翁桜は春に先駆けて室内で楽しむ桜なのですね。
江戸時代からの特産品とは知りませんでした。
サクランボは西洋実桜でしょうか。
山形は実も花も日本一の栽培地なのですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/01/31 18:51

今晩は。
寒いですね。
我が出身地、福井県南越前町の、今庄や湯尾では、
観測史上、最多の積雪を記録しました。
越前市の我が実家も、依頼して、屋根雪降しが終わったそうで、
ひとまず安心というところです。
未だに、列車内や、車の中で、足止めを食らっている人も多いようで心配です。

そんな中で、一足早い桜の便りをいただきました。
可愛い桜の花の表情、嬉しいですね。
この先、大きな災害や犠牲もなく、厳しい時期を乗り越え、
嬉しい桜の季節を迎えたいものです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/01/31 18:59

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

明暗やガラスに射した光に気づいてくださいましたか。よかった~(笑)
窓からテーブルの上の一部分に斜めに射しこんだ陽射しを
意識して撮りました。

レッスンのメインで使った部分も、玄関で花盛りを迎えています。
冬に咲く桜、春とはまた違う愛おしさを感じます。
noodlesさんのお会いになった冬の桜も楽しみにしています。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

仰るとおりですね。本来なら春になってから咲く桜を、暖かい環境に
置くことで一足早い花を楽しむもの。しっかり楽しませてもらいました。
私も江戸時代から行われていたことには驚きましたし、山形が特産、
ということも初めて知って、なんだか縁を感じました。
さくらんぼ栽培が盛んな地ならではなのかもしれませんね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
福井県の記録的大雪のニュース、先ほど見たところです。
すごい積雪になってしまいましたね。
雪下ろし中の事故などにあわれる方が80代の方も何人かいらして、
高齢でありながら屋根に上らねばならない現実にも心を痛めています。
道路で立ち往生はまだ続いていますね。自衛隊に災害派遣要求がだされたとか。
ご心配なさっていたお母様のところ、屋根の雪下ろしをしていただけましたか。
ちょっと一安心ですね。
ほっとされたところで可愛い桜の花を見ていただけてよかったです。
明日以降は少しずつ寒気も後退するようです。
ほんとうに、もうこの先災害も犠牲もありませんようにと祈ります。
 

投稿: ポージィ | 2011/01/31 20:00

本当にあちらこちらで自然災害が起こっていますが、大変な思いをなさっている方々に心からお見舞い申し上げる次第です。

この啓翁桜、毎年購入していますが、今年は未だでした。もうそんな時期なんですね。notes
もともとは福岡県の久留米で生まれた桜の種類だったそうですが、いつの日か山形が特産地となってしまったようです。以前お花屋さんでこの話をしたところ、お花屋さんがとても感激していたのを記憶しています。いい時にこのお花をアップしてくれました。good明日から少し暖かくなる予報です。lovely早速お花屋さんへ探しに行ってきます。cherryblossom

投稿: 福 | 2011/01/31 20:27

火山爆発、豪雪、鳥インフルエンザと痛ましいです。
そんな時にサッカーはどの試合も接戦が多かったですが、優勝してとても愉快な気分です。

啓翁桜って大船の植物園にありましたか?
思いつきを言ってすみません。

野菜だけでなく、いつの間にかお花もこうして促成栽培をしているのですね。
花桃は旧暦で生活しなくなった地方では、促成栽培のお陰で節句に飾れるわけですね。
今日は今年1番に桜を見せていただきまして、ありがとうございました。

投稿: tona | 2011/01/31 20:58

ポージィさん、こんばんは。平穏な新年をと祈ったのはついこの間。それが、平穏どころか、雪害と火山灰。ロシアでは自爆がありエジプトでは不穏な動き。例年の様にあわただしく一月は終わってしまった。二月に期待しましょう。
貴女の写真を見て、桜の美しさはさることながら、冒頭の器の美しさには驚きました。花の色と全く一致しております。一体感がありますね。もともと美的感覚の鋭い人だから、ごく普通のことなのかもしれませんが、斜め上から撮るという手法はこの際最も優れた点だと思います。

投稿: polo181 | 2011/01/31 21:50

昔の人の知恵と根気には敬服します。
今よりもっと寒かったでしょうに、そんな工夫が有ったのですね!

投稿: ふくやぎ | 2011/01/31 23:17

◆福さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
地域によっていろんな気候があるのは当たり前とはいえ、
このごろは一つ一つが激しかったり極端だったりすることが多いですね。
そうなると災害になってしまう。これ以上続きませんようにと祈ります。

啓翁桜、毎年買っていらっしゃいますか。この桜だけ活けておいても
様になりますしやさしい桜色に心和みますね。
そうそう!啓翁桜という品種は久留米で生み出されて、生み出した人の名前が
付けられたのですね。私は早く咲かせる手法が編み出されたことと
啓翁桜の生まれと現在の特産地とごちゃ混ぜに書いてしまっていますね。
失礼しました。生み出されたのは久留米、その桜の特徴と気候条件を
うまく組み合わせて早い時期に楽しめるように商品として発展させたのが山形、
ということになるのかもしれませんね。そしてそこには江戸時代に生み出された
手法が使われていた、と。ということで記事を少し書き直しました。

お近くのお花屋さんにも、きっともう出回っていますね。
今日は日中暖かくなるそうで、ぽかぽか日差しの中でsunshine
啓翁桜も伸びやかに開花が進みそうですcherryblossom


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

本当に次から次と苦しめるようなことが起きますね。
楽しいニュースももっと多いといいのですが。

私は、大船植物園で玉縄桜は見たことがあるのですが…
検索してみましたら大船植物園で撮りましたと啓翁桜の写真をアップしている
方のページがヒットしました。あるみたいですね(^^;)

よくよく周りを見回して見ますと、商品として出回っているものは
温室栽培やら促成栽培など、人の手で操作されていないものは
無いのではないでしょうか。野菜でも果物でも花でも。
すべてが自然のままだったら、現在の地球上の命はとても養っていけませんね。
花も、自然のサイクルのままに咲くのがいちばんなんでしょうけれど、
気持ちを和ませてくれるのには一役も二役もかってくれていますね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

日本でも世界でも、よくまぁ次々と…と思うほど様々なことが起きますね。
地球も人の心も溜め込んできた不満がぶすぶすと噴き出ているかのようです。
どうかよい方向へ行ってくれますように。

写真をほめていただいて恐縮です。最初の写真のガラスの器の色は、
光の加減や、桜やテーブルの色が少し映りこんだことによるものなんですよ。
光があたる場所は意識しましたが、そのほかはカメラさんのおかげ。
可愛いく写し取ってくれました。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

寒い冬の生活に、少しでも早く春を取り込んで愛でることで
乗り切りやすくという気持ちが工夫を生み出したのでしょうね。
今のような温室など無い時代に、どうやって温度調整などを
したのでしょう。
江戸時代から促成の手法が工夫され編み出されていたことに
感心もしましたが、人の心は同じなんだなとも思いました。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/01 09:31

年を重ねるとともに桜が好きになってきました。
昔は、あのむせかえるほどに咲き誇る姿がどうにも好きになれなくて。。。
でも今はそのパワーに感動さえします。
桜が好きになったら、桜の種類の何と多いことかと驚き。。。
桜が苦手なままだったら、どの桜を見ても、ただの桜で終わってただろうなぁって思います。
前置きが長くなりましたが(^^ゞ
啓翁桜、少し遠慮がちに花びらを広げた姿がとっても可愛いですぅ♪
今の時期、家の中でプチ花見ができること、幸せに思わないといけませんね。

投稿: ちょびママ | 2011/02/01 13:44

桜を見たらもう春って感じ。
素敵ですね。
桜といえば去年、大きな桜の木が1本切られているのを見ました。
そこはちょっとした並木なのですが、その木はクリーニング屋さんに近く
また小さな公園の入り口にあって、察するにじゃま?
切るにはまあ1日仕事としても、これまでになるには
どれほどの年月がかかったことでしょう。
その桜の枝を貰って来ました。
蕾がいっぱいついていてうちで咲いてくれました。
切るにしても咲かせてからじゃ遅かったのかしら?
桜の無念さを思いました。
(あら、ごめんなさい、ちょっと思い出したもので)
その枝はまだとってあるんですよ。

投稿: 池田姫 | 2011/02/01 15:52

◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

年とともに変化するってことありますね。
私は若いころはあまり分からなかった、渋系の良さを感じられるように
なってきたかな。可愛い可憐けいだけでなく。
桜も、ソメイヨシノが断トツに好きだったのが、このごろは山桜も
すごく好きになっています。
年とともに変化して前は苦手だったものが好きになるって、感動できるものの
幅が広がるということで、素敵なことですよね。

桜は春にわーっと咲くイメージが強いですけど、まとめて植えられたから
余計そういうイメージになったのかもしれませんね。
木全体があふれんばかりに花をつけたとしても、孤高の1本桜だと
またイメージが違うものなのかも。そういう桜もいつの日か見てみたいです。

啓翁桜、早くに咲かせる桜だからなのか、小振りの花が可愛いですよ。
これもおそらく山形から届いたものなのでしょう。一足早く春を感じて
希望をつないでもらおうという温かな心から生まれた桜と、感謝です(^^)


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

本当に冬に咲く桜もあるけれど、やはりイメージとしては春ですね。
優しい色の小振りの花がとても可愛いです。

古い桜の木が切り倒されるのをご覧になったのですか。お辛かったですね。
見通しが悪いなど邪魔だから、安全のため、防犯上の問題、その他…
色々理由はあれど長い長い年月そこに息づいてきた木が切られるのは
何度見ても嫌なものですね。
枝をもらっていらして花を咲かせてあげられたんですね。
そしてその枝は今でもとっていらっしゃる。木のよいところはそこですね。
生物学的には死んでしまっても、形を変えて生きながらえられる。
木は木材などにしても呼吸をして生きていますし。
私も花材として使った枝物は、飾り終えた後もとっているものが多いです。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/01 16:13

年が明けても相変わらずすべてがアブノーマルな世の中。とうとう火の神様が怒った。
鳥インフルエンザに噴火と宮崎は2重の一大事。
火山灰はとにかく経験から始末が大変。
すべてを駄目にしてしまう。

自然界で育つ植物までが、人間の都合で操られるのは
あまり好きではありません。
夏野菜などはこの頃全く季節感はなく、所謂旬の感覚が無くなりました。

さて、屁理屈親父のぼやきはこれくらいにして、
日本の国花、桜にも沢山の種類があるのですね。
これも人間の仕業でしょう。
華やかなものもいいが、飾り気のない純朴な「山桜」
がまた好きです。

前の雑木林にもあります。
毎年、クヌギやコナラの新緑に隠れて、人知れず咲いています。
誰が折ったか、小さな小枝が落ちていました。
水に挿すと、蕾が咲きました。
「貴様と俺とは同期の桜・・・」
昔を思い出します。
古い人間です。

投稿: 夢閑人 | 2011/02/01 18:06

昨日の朝も雪で道路が凍結して車は使えず
徒歩出勤しました
こちらは連日、朝は零下ですよ(T_T)
2月に入り昼間だけは少し暖かくなってきたような、、
でもまだ油断はできません
3~4日前から実は風邪を引いてしまいました
それでも夜中のサッカーは表彰式まで観たというアホです(^o^)
暗いニュースが多い中 日本が明るくなった瞬間でもありました
ポージィさんとこは 春が訪れてますねぇ
うちの庭の梅も咲いてます
は~るよ来いnoteは~やく来いnote

投稿: miki | 2011/02/01 18:27

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

世の中、自然界も人の世界も一向に穏やかになりませんね。
危惧を覚えることだらけです。
夢閑人さんは火山灰の洗礼も受けておられるのですね。桜島でしょうか。
今回の新燃岳の噴火は長引く可能性もあるとか。心配です。

自然のサイクルのまま残っているものもたくさんありますが、野菜などは
自然のサイクルからは離れているものがほとんどというほどになりましたね。
旬がわからなくなっています。でも一方ではそうしないと食料不足に
なるのかもしれないのかもしれません。栽培される花たちも季節先取りですね。
お花屋さんに並ぶ花は、年が明けたら春の花がいっぱいです。

桜の種類は数え切れないほどあるようですね。人の手によるものもあれば
自然交配のものもありだそうです。夢閑人さんは山桜がお好きですか。
私は若いころはソメイヨシノ一筋でしたが、年とともに山桜など
控えめなものもどんどん好きになってきました。
桜は強くて、折られても一部がつながっていれば水を吸い上げ花が咲きますし、
水に挿したとき小さな蕾だったものもたいてい咲いてくれますね。
内に秘めたる強さのような気がしてそんなところにも惹かれます。
戦時と結びつけられたのもそんなところにも一因あるのやも知れませんね。


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

こちらも昨日・今日は氷点下で氷が張っていましたが、昼間は暖かく
なりました。冷え込みは毎年ながらそちらのほうが厳しいですね。
雪もよく降りますし。まだしばらく油断はなりませんね。
足元にもお体にも気をつけて… と思ったら、風邪を引いて
しまわれましたか。なのに思い切り夜更かしされたんですね~~
コラコラangry その後ちゃんとお体休められましたか?
まぁでも、あの快挙で気持ちは明るくなりましたね(^^)

うちはこうした花材で春を感じますが、庭は真冬のままです。
そうだ、プランターのビオラが凍りながらも可愛く咲いてくれてます♪
もう間もなく立春。春は名のみの~ じゃなくちゃんと来てくれるといいですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/01 23:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50683938

この記事へのトラックバック一覧です: 啓翁桜:

« 春の花で | トップページ | 動物園からこんにちは - その1 - »