« 春を待つ | トップページ | Happy Birthday to クックたん »

2011/01/21

春を呼ぶ

1月初旬とある公園にて 春を呼ぶ
 
          (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧くださいtulip
 
 
 
       1109_46
 
     あまたあるスイセンたちに先がけて咲く「ニホンスイセン」の別名は「雪中花」
       白と黄色からなる花は 寒中にありながら日溜りの温もりを感じさせる
                  春を呼び込む花なのだなと思う
 
 
 
 
       1109_42
 
                池には元気いっぱいの「カルガモ」たち
         水の冷たさなど意に介していないように見える彼らだけれど
                 春を待ちわびる思いは同じだろうか
 
       1109_45
 
 
 
 
       1109_18
 
                人は早くに花を咲かせて春を呼び込み
                温室には常夏のパラダイスを出現させる
 
       1109_12
 
 

|

« 春を待つ | トップページ | Happy Birthday to クックたん »

コメント

おはようございますsun
お天気になりました。sun 明日もお天気です。sun
やりたいこと目白押しです。

「春を待つ」「春を呼ぶ」、ふ〜ん、いいですね。good
上のお写真からは、そんな声が聴こえてきます。earchicktulip

今月上旬、今年初めての日の出を拝みにいった帰り、近くにニホンスイセンが咲いている土手がありました。寒い中太陽の陽射しを一杯浴びている姿を見て、「寒い中にもどこか温もりを感じる花」と思っていました。cameraを撮ってみたんですけれど、うまく撮れませんでした。bearing また行ってみたいと思います。ヽ(´▽`)/

投稿: 福 | 2011/01/21 10:06

今日もいいお天気!
乾燥していますね~
水遣りしてもしても・・・

春を呼び込んでくれるお花たち! いいですね~
池も凍っているのでしょうが カモタチは元気元気!
まだまだ水温む春には遠いのでしょうが 温かい気分にさせていただきました~
カルガモの周囲の水は春のように温んでみえます。

投稿: fairy ring | 2011/01/21 10:32

結構面白い話でしたよね。

投稿: 月姫同人誌 | 2011/01/21 10:54

おはようございます。
ニホンスイセンの別名「雪中花」、この響きがいいですね。
風雪にじっと耐えて咲くこの花、雪国の人の生き方に通じるものがあります。
もっとも、私なんか、離れて長いので、随分軟弱になりましたけどね。

のどかな冬日和で、カルガモたちも気持ちよさそうですね。
もうチューリップも咲いているんですね。
大寒を過ぎて、これから、徐々に春に向かっていくのでしょうか。
そんな兆しを感じる、今日の日和です。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/01/21 11:20

スイセンは本当に"春"を感じる花ですよねconfident
あたたかな日差しに、
池で泳ぐカルガモたち・・・
まるでもう春が来たかのようですねheart04

でもまだまだ寒い日は続きます。
風邪などひかないよう、
頑張りましょうねwink

投稿: ハーバル | 2011/01/21 11:38

前の記事に続き、春を感じさせていただいて
寒い寒い毎日の中、ほっこりとさせていただきました。
青い空以外、
私がとる最近の写真は色味が少ないですが
それもしかたありませんよね~。
早くカラフルな春を迎えたいものです。
あ、でも花粉がたくさん飛ぶんでしたよね。
うむむむ

投稿: koko | 2011/01/21 12:28

チューリップの開花には、ちょっと複雑ですね。
早く見たいと思う気持ちと、無理に咲かせたら可愛そうという思いと。

嫌でも春は来るし、春になれば花は咲きます。
ワクワクしながら咲くのを待つのが、心豊かだと思います。

投稿: ロッキーママ | 2011/01/21 14:19

水仙の白いのホワイトペーパーでしたっけ?
あれも咲いていました。
パンジーやビオラって強いですね。
顔に見えるので「あんたたち元気ね~」と心の中で^^
ポージィさんはチューリップを見てどう思ったかしら?
気持ちはわかるけど花屋じゃないのですから。
咲く時期が来たら咲く・・・そういうのが好きです。catface
でもほとんどの人が「あっ チューリップlovely」と思うのでしょうね。

投稿: 池田姫 | 2011/01/21 16:27

◆福さん、ありがとうございます ♪

わぁ~ 今日は待望のsunでしたか。良かったですね!やりたいと思って
いらしたこと、色々できましたか?あれもこれも、と思うと時間が短く
感じられますね。しばらく安定した晴れが続きますように。
こちらは反対に少し降ってくれないと乾きすぎで…(^^:)

春を待つ 春を呼ぶ ちょっとカッコつけちゃいましたね。でも声を
聞き取ってくださってありがとうございます。
福さんもニホンスイセンをご覧になって「温もり」をお感じになったのですね。
白い部分が真っ白ではないというのも理由かもしれないですね。
私もまた会いたいです。できればもっと近くで見たいなぁconfident


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

晴れ続きですね~ からっからで、ドライアイの目が痛みます(;_;)
冬にお日様の陽射しがたっぷりなのは嬉しいのですが、こうもからっからでは
外で生きてる生き物たちがかわいそうですよね。

春を呼び込んでくれる花たち、他にも色々ありますね。
fairy ringさんがアップなさっていたソシンロウバイも梅も。
私は今年はまだ蝋梅も梅も遠目にしか見ていないので、近くで見たいです。

カモさんたちは元気いっぱいですね。鳥インフルなどに罹りませんように…
そうなんです、このとき3時近くの逆光の陽射しが、水を
温ませて見せていました(^^)


◆月姫同人誌さん、ありがとうございます ♪

初めまして。
「春を呼ぶ」というコミックや小説などの作品があるのでしょうか。
ごめんなさい、このブログ記事のタイトルは何かの作品とは無関係の
単なる言葉として書いたもので、「春を呼ぶ」という作品は
読んだことが無いのです…


◆鎌ちゃんさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
「雪中花」いいですよね。
鎌ちゃんは故郷が雪の多いところだけに、いっそうお感じになるものが
あると思います。長く寒い冬に耐える雪国の暮らし。今年の冬は
一段と厳しい戦いに耐えていらっしゃいますね。頭が下がります。
離れて長い年月が経っても、きっと鎌ちゃんの中には粘り強く我慢強い
気質が脈々と息づいていらっしゃると思います。

この日は暖かな日で、カルガモたちも人ものびのびとしていました。
大寒を過ぎましたが、もうしばらく寒さは続きそうですね。
でも日の長さに春近しを感じます。


◆ハーバルさん、ありがとうございます ♪

やっぱりスイセンに春を感じていらっしゃるのですね。
寒い中に群れ咲いていると、な花たち自体が日溜りのようですconfidentshine
この日は暖かな日だったので、公園で遊ぶ人もカルガモも
みんなのびのびとしているようでした。
気持ちよかったですよ。翌日ガクンと寒くなりましたが…

やっと大寒が過ぎたところ。立春まで約2週間ですね。
ハーバルさんもどうぞお気をつけて(^^)
私も気をつけます、ありがとうございます。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

この季節に咲いている春の花たちはみんな冷蔵処理などで早く咲かされた
ものですものね。咲いてみたら外に出されて、あまりの寒さに戸惑って
いるかもしれません。
仰るようにちょっと複雑気分。人は野菜でも観賞用の花でも
みんな操作してしまいますが、本来は自然のままのサイクルの中で待ち、
ついに芽が出た花が咲いたと気候の変化とともに季節を感じてこそですね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ニホンスイセンと同じく寒咲きで白いスイセン、ペーパーホワイト、
ガリルがありますね(両者の違いはよく知りません~)。
あれも綺麗ですね。真っ白なだけに清楚さが際立ってます。
もう長いこと見たことありません…見たいなぁ。

パンジーやビオラの花期は驚異的に長くて、しかも寒さに強いですね。
そうなるべく、改良が重ねられたのだと思います。
うちのプランターにもビオラを植えましたが、冷え込むと凍って
色も変わってくたっとなるのに、ちゃんとよみがえるんですから驚きです。

この時期に花屋さんやこうした公園で見られる春の花たちは、
冷蔵処理で季節を勘違いさせられて咲いたものなんですよね。
人間がそういう操作をしている植物は、もう山のようにあって…。
でもやっぱり複雑気分ですよ。咲いてみたらあまだまりに寒くて
震え上がっているんじゃないかしらと可哀想に感じます。
多くの人は季節先取りが好きなんですよね。
 

投稿: ポージィ | 2011/01/21 18:07

1番最初に咲く日本水仙は本当に寒い中元気で、気品があります。
これは「雪中花」というのですか。雪の中でも咲く花のイメージでしょうか。うまい命名ですね。

カルガモだってやはりポージィさんと同じ気持、春を待ちわびているように思えます。

ビオラは本当に逞しいです。霜や氷にやられてもお昼ごろには復活ですもの。そして6月頃まで咲いているのですから、驚嘆します。

投稿: tona | 2011/01/21 19:44

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ニホンスイセンは秋には葉を茂らせ、早いものは年末から咲き始めますね。
年が明けてからはあちこちで花を見るようになり、いちばん寒い時期に
見事に咲き誇ります。仰るとおり気品ある姿ですね。
雪中花は私も素敵な命名だと思います。

うふふ カルガモもやっぱり春を待ちわびているでしょうか。
そうですよね。彼らだってやっぱり春や秋のほうが暮らしやすいですものね。

ビオラやパンジーの強さにもほんと驚き感心しますね。
あんなに柔らかな草花が凍りながら、よく復活できるものです。
花期がとても長いのもすごいですね。長すぎて夏の花に変えられずに
やきもきするほどです(笑)

投稿: ポージィ | 2011/01/21 20:09

お写真からもう春は間近に来ているように感じます、
(雪など降らないでしょうから)明るい春色、ウデでしょうか、待ち望んでいるからでしょうか。
少し公園など散策してみると確かに感じられるでしょうね。
私はまだ歩いておりません、車でフィトネスやらレッスンやらお買いものくらい。
段々足が重くなっていくみたいで焦ります。
明日は東京でカメラ仲間と合流し皆さんと街撮りなど
楽しんできます。

投稿: 玲 | 2011/01/21 20:14

◆玲さん、ありがとうございます ♪

この公園へ行ったのは成人の日の前日、とても暖かくなった日でした。
いつもどおりしっかり着込んでいったら暑くなったくらい。
公園で遊ぶ人も池のカルガモたちも、前記事のミツバチも、
みーんなリラックスしているようでしたよ。
時期はずれでも「小春日和」と呼びたくなる日でしたから、写真も
何となく春めいて見えるのかもしれませんね。

この日に公園へ行ったきり、その後は近所すら歩かない日が続いてしまい
すっかり運動不足&ネタ不足に陥っています(^^;)

玲さん、明日は東京ですか。撮影小旅行、久し振りでいらっしゃいますね。
天気予報は晴れ!(もうずっとですが 笑)楽しんでいらしてください♪

投稿: ポージィ | 2011/01/21 20:54

ポージィさん、こんばんは。貴女の部屋には一足先に春がやってきましたね。スイセンが咲き、カルガモが遊び、チューリップが開いている。
森の中でペロやんと対話をしていると、日一日と陽の差し込む時間が長くなるのが分かります。
庭にある、鳥の水飲み場の氷も段々と薄くなってきました。
もう少しの我慢ですね。一番下の写真は何の花ですか?

投稿: polo181 | 2011/01/21 21:10

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
この公園へ行った日はとても暖かな日で、本当に春近しと感じられました。
その翌日にはガクンと寒さが来たのですが、このときの写真を開くと
部屋の中には春がやってきます。
今週は月曜がいちばん冷え込んで、その後はじりじり気温が上がったような
気がします。関東は晴れ続きですから、日が長くなったのも実感できますね。
いま少し春の兆しを感じられるようになるまで、あと少しの辛抱ですね。

最後の写真は、花壇に植えられていたパンジーです。たち位置から撮ると
花壇の土がたくさん見えるので、しゃがみこんで絨毯のように見えるように
撮ってみました。

投稿: ポージィ | 2011/01/21 21:29

えっ?
もうチューリップですか?
あの、結局は早い春が来るのでしょうか。。。

投稿: ふくやぎ | 2011/01/21 23:57

おはようございます。
留守中もコメントいただきありがとうございまいsた。
花たちが春の近さを感じさせてくれますね。
日本海側は冬まっただ中で春は遠かったです。狭い日本ですいぶん違うものですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/01/22 10:04

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

チューリップは秋に植え込んだ球根が冬の寒さに一定期間さらされた後
花を咲かせるためのスイッチが入るという性質を持っています。
真冬に咲いているチューリップは、秋に冷蔵庫で一定期間冷やすことで、
人為的に早くスイッチを入れ早く咲かせたものなんですよ。
普通に秋に植えられたものは季節が本当に春になってから咲きます。


◆横浜のおーちゃん、こちらにもありがとうございます ♪

お帰りなさい。
厳冬の真っ只中に旅していらして、こちらとの差を実感して
いらっしゃいますね。南関東は乾燥しすぎではありますが、
暖かな太陽の恵みを毎日感じられるありがたさをしみじみ感じます。
今年の日本海側は雪がすごいですから、真っ白く覆われた景色の中で
春は遠いですね。雪の下では静かに春への準備が進められているでしょうか。
 
 

投稿: ポージィ | 2011/01/22 13:22

ポージィさんへのコメントにはsunがいっぱい!本当に羨ましい限りです。
雪中花は一番好きなスイセンです。派手さはないけれど、凛とした品がありますよね。
チューリップはホームセンターや園芸店にはいっぱい咲いているけれど・・・どうしても持ち帰る気にならない・・・今は雪と戦う毎日です。coldsweats01

投稿: ロココ | 2011/01/23 21:06

「春を~~」が続きました。
シリーズ化するってのはどうでしょう(笑)
次は「春を感じる」とか。。。なんてね。

季節先取りはファッションだけにして欲しいかな~
自然のまま、開花の時期が早かったり遅かったり
そういうのをじれったく思うのも楽しかったりするもの。

うちの近所の池のカルガモさんは
渡りのカモさんたちと仲良くしてるせいか
暖かくなって皆旅立っていくと何とな~く寂しそうに見えます。

投稿: ちょびママ | 2011/01/24 00:54

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

はい、こちら神奈川は申し訳ないくらい晴れ続きです(^^;)
今朝方早い時間に、いったいいつ以来?の雨がほんのちょっぴり降ったようです。
お湿りにもならない程度でしたが。
ほんと乾ききっていて、ご近所の方が畑が砂漠のようと嘆いてみえました。
でも寒い季節にお日様のぬくもりがあるのはありがたいことですね。

毎日のように雪かきをされ、足元に気を配りながら歩いていらっしゃる
のでしょうね。青空が顔を見せるのはたまのこと… 想像すると、うぅぅ~

私が生を受けたのは山形県。5歳ころまで東北暮らしで、その後は
愛知・神奈川とずっと太平洋側暮らし。記憶にある山形の冬は背丈より高く
雪が積もり軒先には長ーいツララが。愛知生まれ愛知育ちの両親は辛かった
ろうと思います~ 今のように暖房もお湯もすぐ使えるような生活じゃ
ないですし、母の発病にもつながりましたし。

そんな中で、気分だけでも一足早く春を味わいたいと願う気持ちも分かりますし、
一方、植物たちを人為的に操作することに違和感を覚えもします。
ずるいようですが、どっちも分かるなーと思っちゃいます。

雪との戦い、くれぐれもお気をつけくださいね。


◆ちょびママさん、ありがとうございます ♪

いやいや シリーズは2回こっきりでおしまいです。とても続かない~(笑)

ちょびママさんも、花を操作しての季節先取りはちょっと…でいらっしゃる。
私にもそういう気持ちはあるので分かりますよ。
今年は早いね、遅いね、って細かく目を向けながら感じる季節の変化。
いいものですよね。 といいつつ、フラワーデザインや生け花の世界では
年が明けたとたん、チューリップ、スイートピー、桜… と、春の花が
あふれてます~~ 矛盾してますね(^^;) 
でも、季節はまだ冬で寒いけど、気分だけでも早く春を感じていたいの、
という気持ちもわかるんですよぉ。冬季鬱的になる場合など、
春の明るい花の色彩は救いにもなりますしね。どっちもわかる、が本音。
ちょっとずるいかしら。
 
ご近所のカルガモさんたち、渡り鳥たちとも仲良くしてるんですね。
春になって、にぎやかだった池がガラーンとなると、寂しそうに見えますよね。
このところ、各地で鳥インフルエンザで死亡した鳥たちの報告が続いて、
養鶏場でも発生し。鳥さんたちみんなの無事を祈ります。

投稿: ポージィ | 2011/01/24 09:26

太平洋側に暮らす我らには、お馴染みの春の目覚め。気温が低くても陽光の強弱を動植物たちは微妙に感じとっているかのようです。

北海道や北陸は雪景色でしょうから、僕らは感謝しなければなりませんね。
いまの時期、花を追いかけていていつもそう思います。

投稿: noodles3 | 2011/01/25 15:54

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

同感です。
冬場、太陽の恵みをたっぷりと受けられる太平洋側に生きる動植物は、
温もりと同時に季節の僅かな移り変わりもつぶさに感じ見ることができます。
今冬は日本海側の地方で例年以上に雪深くなっていて。
雪の下でも春の準備がなされているかもしれませんが、それを
目にすることができるとできないでは違いますものね。
太陽の光と青空もまたしかりです。
寒さとどんより暗い空にめっぽう弱い私も、しみじみと感謝しています。

投稿: ポージィ | 2011/01/25 17:39

一年間を通して、一番好きな季節は?と問われれば、
「春」という答えが一番多いかもしれません。
でも、考えようによっては、今の時期がほんとは
一番いいかもしれません。
「冬来たりなば春遠からじ」。厳しい冬が来れば
春はすぐそこに。希望が持てます。
春を待つ木々、草花など、それぞれに美しいですね。

投稿: 茂彦 | 2011/01/26 09:17

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

私も一年でいちばん好きな季節は「春」と答えます。
何しろ寒いのは大の苦手なものですから。
出も茂彦さんが仰ることも分かる気がします。
必ず訪れると分かっている美しく輝く季節を待つワクワク感
というのでしょうか。楽しみを待つ心持ですよね。
一見木々の緑もくすんだ色に見えますが、近寄ってみれば
新芽や蕾の準備がされていて、そういう姿には心打たれます。

まだ寒い日が続きそうですが、茂彦さんのおかげで冬を少し楽しめそうな
気持ちになれました(^^)

投稿: ポージィ | 2011/01/26 14:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50610906

この記事へのトラックバック一覧です: 春を呼ぶ:

« 春を待つ | トップページ | Happy Birthday to クックたん »