« 里山の春の兆し | トップページ | 花菜ガーデン・冬のバラ園 -その1- »

2011/02/18

真冬の「花菜ガーデン」の花たち

ひと月近く前、1月23日、平塚の「花菜(かな)ガーデン」へ行ってきました。
正式名称は「神奈川県立 花と緑のふれあいセンター」、昨年3月オープンです。
 
何もこんな寒い花の少ない時期に行かなくても、とも思ったのですけど、初めて
なので空いている時期に下見ということ(^^)  
ニホンスイセンは咲き終わり、パンジーたちすら寒さに当たってヨレヨレになって
いましたが、見るものもあって、私なりに楽しんできました。 その様子を3回の
シリーズでご紹介しますね。あ、でも生き生きと美しい花を期待しないでください。
こういう姿も楽しんでいただけたらな、という思いをこめて。
       (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます)
 
 
 
       Kana17senninsou1
 
               予期せぬ思いがけない出会いでした
          「センニンソウ(仙人草)」:キンポウゲ科 の実ですね?
         蔓バラの足元をぐるり取り囲んでからからに乾いていました
            ふわふわの綿毛が仙人のひげに見えるかな?
 
 
 
       Kana16yanagihanagasa
 
   これも「何ぞや?」ですね(^^;)  「ヤナギハナガサ(柳花笠)」:クマツヅラ科
     こんもりと丸く花をつけることがほとんどですが…花期の終わりごろに
      ついた小さな塊の蕾が咲かずにドライになったか あるいは実か?
 
 
 
       Kana28buddreaja
 
              「ブッドレア」:フジウツギ科  花後の姿
       花が咲いていたときそのままのカーブを保った枯れた花穂たちが
               お日さまの光に輝いて揺れていました
 
 
 
       Kana33sazanka2
 
                 「サザンカ(山茶花)」:ツバキ科
       枯れても姿を保っていた山茶花の花  後ろの花盛りの花と比べて
 
 
 
 
       Kana27hidokei2
 
 
 
 
       Kana36skimma2
 
                「ミヤマシキミ(深山樒)」:ミカン科
               蕾がいっぱい   春には咲くのでしょう
 
       Kana37skimmia3
 
               赤い実をつけているものもありました
        実を見るのは初めて  思ったより大きな粒で 直径 7~8mm
 
 
 
       Kana40sakurazimadaikon
 
                      「桜島大根」
          最後に野菜を一つ  花ガーデン ですからね(^^)
             初めて実際に見ましたよ 大きいですね
         土から見えているところでも直系20cmくらいありました
 
                 ( いずれも 1/23撮影 ) 
 
 
 「花菜ガーデン」点描シリーズの1回目は以上でお終いです。
 つまらなかった~ というご感想もあるかもしれませんが、ご容赦のほどを
 次回と次々回は「花菜ガーデンのバラ園」をご紹介します。 
 ただし、「1月の」 バラたちですよ~smile
 
 

|

« 里山の春の兆し | トップページ | 花菜ガーデン・冬のバラ園 -その1- »

コメント

おはようございます。
どの花も、今はまだ、冬枯れ状態なんですね。
その状態に、美しさを見る・・・・
なるほど、こんな目線、感性が必要ですね。
私が気にいったのは、最初のセンニンソウです。
ふわふわの綿毛、あのセンニンソウが、こんな姿になるんですね。
名前の由来が、ここで解りましたよ。

枯れた山茶花の花、これも、さすがの目線ですね。
私なんか、目もくれないと思うのですが。

「桜島大根」・・・・名前はよく聞きますが、実物はまだ見たことがありません。
さすがに、でっかそうですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/02/18 09:27

花菜ガーデン 大人気のようです~
他のブロガーさんも何人かいらっしゃってます。
お近くなんですか?
いいですね。

枯れた姿大好き!
どれも本当に素敵です。
センニンソウ 我が家のは少しだけでしたが ここのはみごとですね。
ブッドレヤのも見たことがあります。
ミヤマシキミの雄株だけ我が家にもあります。
花だけしか咲きませんが・・・・
この赤い実はモチノキ科の植物ですね。
サクラジマダイコン 植えられているの初めて見ました~
すごいですね。
つまらなくないですよ~~ 楽しませていただきました。

投稿: fairy ring | 2011/02/18 10:57

花菜ガーデン、すてきな所ですね。
行ってみたいです。

冬枯れの花々は、和の風景ですね。
侘び、寂を感じて、自然の神秘に触れたみたいです。

センニンソウがすてきです。

投稿: ロッキーママ | 2011/02/18 11:08

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
この日は1月23日、春の兆しはまだまだという感じでした。
でも、花のほとんどない時期だからこその、枯れた姿の
美しさを
楽しむことができたんでしょうね。
意図的に枯れた花がところどころ残してある感じがしたのですが、
管理している方たちも同じ思いなのかなと思いました。

センニンソウは、この姿でバラの株元をぐるりと取り囲んでいたんですよ。
思いがけず前々から見たいと思っていた姿を見られて感動でした。
すてきですよね。鎌ちゃんにも気に入っていただけて良かったです。

桜島大根はやっぱり実物はご覧になったことありませんか。
私も初めて。でっかかったです~(^^)
「大きなかぶ」を思い出しますね。


◆fairy ring さん、ありがとうございます ♪

ほぉ~ 大人気なんですか、花菜ガーデン。
お知り合いのブロガーさんで行っていらっしゃる方多いですか。
私も仲間入りしちゃいましたね(^^)
同じ県内ですが、わが家からは特に近いというわけでもないです。
車で行っても公共機関で行っても1時間位といったところでしょうか。
公共機関だと電車2本にバスを乗り継いで。もっと近かったらと思います。

うふ fairy ringさんは枯れた後の姿も大好きでいらっしゃいますよね。
公園や植物園というと隅々まで綺麗に手入れがされているところもありますが、
ここでは、意図的にところどころこういう花後の姿なども残してあるのでは?
という印象を持ちました。そういうのいいですね。勘が当たっているといいな。

お庭にミヤマシキミがおありなんですね。お花だけでも可愛いですよね。
フラワーアレンジメントで、蕾の状態を使ったことがありますが、
小さな実のようでそれも可愛かったです。
この赤い実がついているのも同じ場所に植えられていて、「ミヤマシキミ」の
プレートが立っていたのでミヤマシキミの実だと思ったのですが、
モチノキ科の別物でしょうか…?

桜島大根、迫力がありました(笑)

楽しんでいただけてよかったです~


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

なかなか良いところでしたよ。四季折々でどんな姿を見せてくれるか、
また行ってみたいと思いました。

冬枯れの姿は、仰るように侘び寂の日本的な美の感性と
いえそうですね。年中こういう姿ばかりではやはり寂しいですけど、
こういう美の世界も大切にしたいものです。

ここのセンニンソウは見事でした!プレートが立っていませんでしたし、
バラ園で、あるバラの株元をぐるり取り囲んでいましたから、
自然に生えたものだったのかもしれません。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/18 14:26

寒い時期でも,見て楽しい植物たちがこうやって待っててくれるんですね.綿毛に思わず,むむってなりました.今年の秋冬は,あまり綿毛探検しなかったです.

それにしても,最後,桜島大根とは.「みんなで抜いてみよう」イベントはありませんでした?

投稿: LiLA管理人 | 2011/02/18 14:35

ポージィさん、こんにちは。名前になじみがあるのは、センニンソウ、ブットレア、サザンカ、シキミ、大根です。感性の問題になってくると、私は落第です。
花菜ですから、大根が入ったのでしょうが、まず王様は京都の千枚漬けでしょうね。次は、オデンで十分煮込んだ大根は好みの一つです。続いて、家庭料理の鰹と大根、それにショウガを入れて煮込んだ煮物、これが第三位でしょうか。桜島大根は食べたことがありません。
ところで、日時計はどのような意味があるのでしょう。真南を指していますね。

投稿: polo181 | 2011/02/18 14:35

冬枯れの植物園、それでも何もない雪山よりはずっとマシですね~coldsweats01
ミヤマシキミはには毒があるとか・・・だから食べられずに残っている?
ロココは深山でこれにそっくりなのを見つけましたが、分布からするとツルシキミのようです。
最後の桜島大根、さすがロココの足も負けそうですcoldsweats01

投稿: ロココ | 2011/02/18 17:07

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

冬枯れていて何にもなーいと思っても、よく見ると結構楽しめますね。
むふふ 綿毛フェチのLiLAさん、センニンソウの綿毛が気になられましたね。
今シーズンあまり探していらっしゃらない?禁断症状は出てませんか?

桜島大根があったのは、キッズファームのコーナー内でしたよ。
収穫イベントってのもたまにあるようで、この日はプチトマトの収穫体験
っていうのをやってたみたいです。参加しないじゃいましたけど。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
枯れた姿は全然面白くない方もいらっしゃれば、そういう姿も綺麗と
思う方もいらっしゃり、感じ方は色々ですね。

この花菜ガーデンにはフラワーゾーンとアグリゾーンとがあります。
桜島大根はアグリゾーンの中、キッズファームのコーナーにあったものです。
他には白菜が並んでいるところもありましたよ。
京都の千枚漬けはカブと思っていましたが大根の場合もあるのでしょうか。
おでんの煮込まれた大根、美味しいですね。魚との煮込みはpoloさんは
鰹とですか。私は義母の作ってくれる鰤大根が好きです。
桜島大根は私も食べたことがありませんが、大根の中でも特に美味しいとか。
食べてみたいものですね。

日時計には深い意味はありません(^^;)
バラ園の中に置かれていて面白いなと思ったので撮っただけです。
記事の途中にこの写真を入れたのは、箸休め程度の意味合いです。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

一面雪に覆われてしまったらこういう姿も見えませんね。
そういう場合は雪の煌きや綿帽子をかぶった木々などを愛でるしか
ないかしら。雪の少ない地域では見られない美しさを見出し、雪解け後の
爆発的な春を楽しみに…ということになりますね。

ミヤマシキミは有毒だそうですね。鹿などに食べられるのを免れるとか。
赤い実はどうなんでしょう。鳥さんに食べてもらいたくてこんな美味しそうな
実をつけているのではないのかしら?この毒に平気な鳥というのも
いるかもしれませんね。
ロココさんはツルシキミというのをご覧になったんですね。
ミヤマシキミを検索していたらそちらもヒットしました(^^)

桜島大根、地面に隠れているいちばん太いところは直径40~50cmだそうですよ。
ロココさんの倍くらいあるんじゃありません?
 

投稿: ポージィ | 2011/02/18 18:17

いい場所が誕生したのですね。
今は花が少ないようですが、花後の姿を見せていただくと、春以降かなり楽しめそうですね。
ヤナギハナガサのように何だろうなと思わせてくれるのも想像力をかきたてられていいですね。
花だけでなく菜つまり農の部分があるのも興味深いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/02/18 20:19

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

オープンから1年近く経ってやっと行ってみることができました。
なかなか良いところでしたよ。おーちゃんも仰っているように
春以降が楽しみだなぁと思いながら回ってきました。
花後の姿が残してあると、色々想像を巡らせられるのもいいものですね。

そうなんです。観賞用の花だけでなく農場のコーナーもあって
興味深く感じました。白菜はまだごろごろ収穫を待っていましたよ。
普通の細長い大根は収穫跡が見られました。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/18 23:04

↑ 失礼いたしました。
ミヤマシキミの果実ですね。
我が家には雄株しかないので花だけで 果実を見たことがなかったもので・・・^^;

投稿: fairy ring | 2011/02/18 23:39

ちょっとずつの春が嬉しいです。
私も明日は、春を探しに行きたいです。
梅は。。。まだまだでしょうが。

投稿: ふくやぎ | 2011/02/18 23:53

◆fairy ringさん、ご再訪ありがとうございます ♪

いえいえ、ありがとうございます。
モチノキ科の実に確かによく似ていますものね。
それに、花からするとなんだか大きな実。
私は蕾しか実際に見たことがなかったのでこの大きな実に
びっくりでした(^^)


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

今回は枯れた花中心でしたが、そんな中にも
春を感じてくださいましたか。
ふくやぎさんはどんな春を見つけていらっしゃるでしょう。
梅は偕楽園ですか?早咲きの品種は別として、
梅林全体が花盛りになるのはもう少しでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/19 10:28

「花菜ガーデン」は何か調べているときに、バラをUPされている方がいるので知りました。
新幹線に近いところのようですね。
神奈川県立ということですが、大船フラワーセンターより広いですか?

私は枯れ姿からは名前が全然わからないのですが、わかるとまた植物の世界が広がります。
桜島大根の巨大なことにはびっくりです。

投稿: tona | 2011/02/19 19:30

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

「花菜ガーデン」ご存知でしたか。オープンからまもなく1年を
迎えようとしている新しい施設ですね。アクセスマップを見ると、
そばを新幹線が通っているようですが、実際に見て回っている間
新幹線も高速道路も意識することはありませんでした。
大船フラワーセンターとどちらが広いか… うーん、どうでしょう。
私の感覚では大船のほうが広いかしら?ちょっと調べてみます。
大船フラワーガーデン:63900平方メートル
花菜ガーデン:92000平方メートル      でした。
花菜ガーデンのほうがうんと広いですね!私の感覚のいい加減なこと!
でも、どうしてそう感じたのかなぁ。
花菜ガーデンのほうが開けた空間が多いのかもしれません。

ここは名前の札が立ててあるものが多かったので、枯れ姿でも
分かりやすかったですよ(^^)また、ところどころわざと
花後の姿を残してあるようにも感じました。

桜島大根はやはり大きいのですね。顔を出しているところで直径20cm
くらいあったと思いますから、土の中のいちばん太いところは
どれくらいあったのやら。重そうですね!

投稿: ポージィ | 2011/02/19 20:37

素敵な被写体を見つけられて、~仙人草など出会いたいものです、お花を前に撮ったことがありましたが、
余所なのでそのまま出会うこともなく、こんな素敵に変身するのですね。
撮る方も素敵なのですが。
お髭と云えば翁草にも、やはり見た目のネーミングが
ぴったりです。
いろいろと写されてきて楽しそうですね。

投稿: 玲 | 2011/02/20 21:17

◆玲さん、ありがとうございます ♪

真冬のガーデン、何か見つけられるか不安に思いながら向かったのですが、
思った以上に色々出会いがあって楽しめました(^^)
私も仙人草のふわふわにはずっと会いたいと思っていたので
これも嬉しかったです。大株でしたよ~ 花も可愛いですけど、
ふわふわもこんなに素敵なのですね。
そうそう。玲さんのお庭の翁草も花もふわふわも共に素適。
これらのふわふわの姿はどちらも白髭を連想させるのですね。
最も現代は、白髭を蓄えている方は滅多にいらっしゃらないようですが。

投稿: ポージィ | 2011/02/21 08:59

またまたまとめて拝見しました。

「里の婚礼」
こんな場所での婚礼、いつまでも記憶に残るいい思い出になりますね。
出席者の皆さん、いい顔しています。
初の共同作業がお餅つき。そして見学者にまで紅白の
お餅を配って。嬉しいですね。

St.Valentine's Day
素晴らしい作品です。こんなアレンジメントもらったら、
有頂天になること間違いなしでしょう。

「里山の春の兆し」
そういえば、こんな里山の風景、しばらく見てないです。見てみたいです。

「真冬の<花菜ガーデン>の花たち」
またまた素敵なカメラワーク。素晴らしいの一言です。

投稿: 茂彦 | 2011/02/21 20:00

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

ひとつひとつ、丁寧に見て下さってありがとうございます。

古民家での婚礼は、最後の写真撮影の場面でしたが、それでも
素晴らしい時間に立ち会えて本当によかったです。
皆さんいい顔していらっしゃいますね。とても思い出深いお式に
なったこと間違い無しです。
この婚礼のあった古民家の周りに、「里山の春の兆し」
のような
場所があるのです。ほっとできる空間です。

バレンタイン・デーのアレンジメントに嬉しいお言葉、有難うございます。
でも、自分ではちょっと不満の残るできでした(^^;)

花菜ガーデンでは、真冬ながら色々面白いと思えるものを
見つけることができてよかったです。こんな花後の姿にも
自然の造形美があることを、広く知っていただきたいと思っています。
 

投稿: ポージィ | 2011/02/21 20:57

ブッドレアって紫のもこもこちゃんだったかしら?
こういうふうになるんですね、驚き!
サザンカのドライがまた葉っぱまで紅葉したかのように。
お正月にそこらで掠め取ってきた藪椿が今ドライなんですよ。smile
少し開いたけどもう開きそうもなく、でもこのまま捨てたら悪い・・・gawk
それで取っておいたら花の色もさほど変化せず、葉っぱもまだ緑。
花を持ったらほろほろといっちゃいそうですが。
このサザンカもそうかな?
儚げな美しさでもありますね。

投稿: 池田姫 | 2011/02/22 15:55

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ブッドレアはもこもこちゃんですね。色は紫、ピンク、白、黄色
などがあるんじゃないかと思います。
花が咲いているときのほぼそのまんまのような形ですよね。
あの中に種が入っているのかな~~
このサザンカのドライは芸術品ですよね。シックで素敵でしたよ。
うふふ 藪椿を掠め取っていらしたんですか?
それがほぼそのまま、まだ保っているんですね。嬉しいですね。
そっと触らずに、どうぞいましばらくそのままで…
こちらのサザンカは、あれから雨も雪も降って風も吹いて、
きっとほろほろ散ってしまったんじゃないかと思います。
はい、儚く。

投稿: ポージィ | 2011/02/22 16:26

冬の公園も独特の風情がありいいですよね。
いまの時期、特に樹形が美しく、夏より好きです。

それにしても桜島大根!
たくさんあったのですか?

投稿: noodles3 | 2011/02/24 21:41

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

私には、枯れた後の姿のものをわざと一部残してあるように思えました。
おかげで冬ならではの姿を楽しめて嬉しかったです。

葉を落とした木々は樹形を楽しめるというのも、冬ならではですね♪

桜島大根はアグリゾーンのキッズファームに植えられていましたよ。
残っていたのはたしか4株くらい。実物を見るのは初めてでした。
土の中のいちばん太いところは、相当なもんでしょうね!

投稿: ポージィ | 2011/02/24 23:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/50708400

この記事へのトラックバック一覧です: 真冬の「花菜ガーデン」の花たち:

« 里山の春の兆し | トップページ | 花菜ガーデン・冬のバラ園 -その1- »