« 春を咲かせよう! | トップページ | フラワー・デモンストレーション -その1- »

2011/03/31

夢 -諦めない- 希望

皆さま、惑星探査機「はやぶさ」を覚えていらっしゃるでしょうか?
幾多の困難を乗り越え昨年6月に見事地球への帰還を果たした「はやぶさ」は
まだ記憶に新しいことと思います。
その「はやぶさ」の帰還カプセル展示と映画の上映が市の文化センターで行われ、
3月27日に見に行ってきました。
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnight
 
Leaflet Hayabusa_back_to_the_earth
 
             いただいた展示と映画の案内リーフレット
 
 
展示ではカプセルのレプリカや実物、搭載電子機器、パラシュート、写真などを
見ることができ、7年もの旅をして還ってきたカプセルに労いの気持ちで向き合い
ました。
 
映画は「HAYABUSA BACK TO THE EARTH」帰還バージョン で、
全天周映画すなわちプラネタリウムを見るドーム状のスクリーンでの上映でした。
「はやぶさ」の冒険軌跡を追っています。全体をさらりと描いていますが、最後近くで
カプセルを切り離したはやぶさが燃え尽きる場面では涙が出そうになりました。
 
 
The_earth_from_hayabusa Img_0004
 
      「はやぶさ」が燃える直前に撮って送ってきた地球の写真と軌跡
 関連グッズの販売会で、唯一残っていたクリアファイルに印刷されていたものです
    これらの売上金はすべて被災地への義援金に充てられるとのことでした
        (大きめ写真でもちょっと見えづらいですがご容赦ください)
 
 
Sn3g0202 Sn3g0203
 
                   カプセルの実物大模型
   コマのようなお釜のような…  隣に16キロの重りが置いてあり、重さ体験も
      18リットル入りの灯油のポリタンクを持ち上げたのに近い重さです
 
 
Pct_main_hayabusa1 模型写真左
 滑らかな球面側がはやぶさの
 外側に向いてついていました。
 
 模型写真右側のおへそのような
 部分から「イトカワ」から採取した
 かけらがカプセル内へ
 
 微細粒子が1500粒採取
 されていたそうですね。
 (右写真はJAXAから拝借)
 
 
「はやぶさ」の地球とイトカワとの往復は、多くの人の知識と知恵と技術と、
夢と希望と諦めない気持ち、冷静な判断が集結して、見事帰還に漕ぎ着けました。
昨夏、多くの人が味わったこの感動を、いまこそまた新たに感じ力としていきたい
ものです。
 
  

|

« 春を咲かせよう! | トップページ | フラワー・デモンストレーション -その1- »

コメント

ま~ 興味深いものをご覧になられたのですね。
はやぶさについては あまり興味がなかったのでよくわかりませんが 7年もの旅を終えて無事に地球に帰還できた時は 日本中の人々が感動を覚えましたね。

このような人間の知恵と叡智とを是非ともこの原発の収束に向けて力を発揮してほしいです。
でないと日本経済はおろか 世界中が不況になってしまいそうです。
政府のすることはあまり理解できませんが(何でも後手に回ったり 横のつながりを持とうとしないせいなのでしょう)世界中の国々が心配して見守って 協力を惜しまず参加してくれているのでなんとかなってほしいです。

投稿: fairy ring | 2011/03/31 12:19

こんにちは。
「はやぶさ」の話題、久しぶりです。
日本の科学技術の結集たるあの快挙には感動しました。
いいものをご覧になられてきましたね。
己自身は燃え尽きながら、あのカプセルを持ち帰った姿、
今、危険を顧みず、原発事故に向き合っている、自衛隊員、消防隊員など、
関係者の姿と重なってきます。
どうか、この高度の技術力を持って、原発事故の、一日も早い終息を願いたいものです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/03/31 12:41

諦めない事、希望を持つ事、「はやぶさ」にはいろいろな事を教えられました。
そして日本の技術のすごさ。

今の困難な時も諦めない事が必要ですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/03/31 15:09

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

全国を回っているはやぶさの帰還カプセルの展示が、たまたまこの3月に
わが市であったのですよ~ 計画停電があったりで本当に開催される?
と思ってましたが開催されていて、見に行ってきました。

度重なるトラブルで予定より倍近い年月が掛かったけれど帰還を果たした
はやぶさの軌跡は、今の日本の人々にとっても大きな勇気になるかと。
今回の災害も原発事故も、世界中が関心を持ち協力を申し出てくれていますね。
ありがたいことです。世界中の頭脳と技術とが集まって、きっと良い
知恵が生まれてくると信じています。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
日本中が感動したはやぶさの帰還から早くも9ヵ月半ですね。
ニュースにもほとんど上らなくなりましたが、全国を回っているようですよ。

度重なるトラブルにも、プロジェクトメンバーは諦めなかった。
知恵と技術を駆使してでき得ることすべてを試みた結果が世界初の快挙に
結びつきました。
いま、頑張っていらっしゃるすべての方々の希望になればと思います。
世界中からも知恵と技術を携え応援に駆けつけてくれていますから、
なんとか原発という怪物を制御収束できることを祈っています。
  

投稿: ポージィ | 2011/03/31 15:12

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ほんとうに、はやぶさは大きなことを教えてくれましたよね。
予定の倍近い年月を掛かって満身創痍になりながらも帰還を成し遂げた
すばらしさ。あの感動を思い出したらきっと勇気と希望が湧くと思います。

今の日本にはとても大切なことだと思います。
世界中が手を差し伸べてもくれているのも本当にありがたいことですね。
世界中の知恵と技術で乗り越えられることを祈っています。
 

投稿: ポージィ | 2011/03/31 15:17

おっ、はやぶさ 感動しましたね~あの時は。
いい催し物を見てこられましたね。
私も見てみたい。こちらではしないのかなぁ。
で、調べたら5月3日~5日に富田林のすばるホールでするらしい。
富田林か、ちょっと遠いけど出かけて見るのも悪くないかも。
行けたらぜひとも行きたいです。

はやぶさの感動は、JAXAの方々の執念があってこそのですよね。

投稿: あまもり | 2011/03/31 19:01

まあ、そちらでも見られたのですか!
あの感動もこの所のことで霞んでしまいました。
この日本の技術の凄さは想像もつかないほどです。
しかし管理が悪かったり隠したりすると、あまり適当なたとえではなかったですが、原発事故のようなことになるのですね。
これを拝見して、希望を捨ててはいけないなあとふと思ったりしました。

投稿: tona | 2011/03/31 19:49

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

感動しましたよね~
昨年の夏の頃のニュースで、映画を見た人たちが感情移入して観て
「泣けてしまいました」と言っているのを聞いて半信半疑だったのですが、
私もウルッと来てしまいました。
そちらでは富田林という場所で開催されるんですね。
いらっしゃれるといいですね。こちらでは整理券くばって
時間ごとに区切って見学という形をとっていましたよ。映画も時間ごとの
チケットを券売機で前もって買ってその時間に行く、という形でした。

そうなんですよね。JAXAのプロジェクトチームの方々の諦めない執念が
あの成功と感動を生んだのですよね。
今の日本は(特に原発事故の収束)絶対に諦めちゃいけない状態ですね。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

あ、ということはtonaさんもそちらでご覧になったのですね。
市内の歩いてでも行ける隣町での開催ということで行ってきました。
ほんとに…昨年の中でいちばんというくらいに輝いていた出来事でしたが
今年の相次ぐ災害とこのたびの大災害ですっかり霞んでいましたよね。
希望を捨てずに頑張ったからこその素晴らしい帰還という成功に結びついた
はやぶさのプロジェクト。今の日本も希望を失って投げ出すようなことだけは
決してしてはいけないと強く思います。

日本は技術は素晴らしいのですよね。原発にしても。
けれど、危険なものを扱っているという意識が欠けていたことと、
危機対応の訓練も甘かったといえそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/03/31 20:16

ポージィさん、こんにちは。表題が、夢 諦めない 希望となっています。
この言葉はまさに被災地の人々のみならず、私たち日本人全体にいま最も必要だと思います。
いま現地では、幾千幾百万の悲しみや嘆きや憤りが渦巻いていることでしょう。しかし、時計を巻き戻すことはできません。前へと進むしかないのです。その時、この三つの言葉が必要となります。

投稿: polo181 | 2011/04/01 15:20

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

夢と希望を諦めない
今、前へ進んでいくためには大切なことですよね。
はやぶさの帰還カプセル展示会と映画を見に行って、
次々と起こるトラブルにも、決して諦めなかった
プロジェクトメンバーたちのこと、そしてそれに応えて
予定の倍近くかかっても見事使命を果たしたはやぶさの感動は、
改めて被災された方々にとっても希望と力を与えてくれるのでは
ないかと思いました。

投稿: ポージィ | 2011/04/01 19:06

ほんと。。。
お釜のイメージですね。
ちょっと親しみが持てる感じです。
日本の先進技術、これを今、生かしてほしいですね。。

投稿: ふくやぎ | 2011/04/01 23:52

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

かまどでご飯を炊く昔のお釜、あのイメージですね。
着陸のときの、即座に跳ね返らずちょっと沈む感じはお手玉を
参考にしたとも聞きましたよ。
ますます親しみを感じますね。最新式ばかりでなく昔からのものも
ちゃんと生かされてる。でも技術はすばらしい。
柔軟性と先進技術、海外からの協力もありますし、これらを生かして
なんとかベクトルを良い方向へと向けてほしいです。

投稿: ポージィ | 2011/04/02 11:08

「はやぶさ」のカプセルや映画をご覧になれてよかったですね。
最近いろんなイベントが中止になりますが、節電などに協力しながらも活性化していくことが必要なように思います。
「はやぶさ」を成功させた日本の力をもってすれば震災復興も原発収束も必ず出来るに違いありませんね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/04/02 20:15

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

計画停電が休止でイベントは予定通り行われ、見ることが出来ました。
整理券が配られ混乱無く大勢の方が見ることが出来ていましたよ。

おーちゃんの仰るとおりですね。震災発生直後は被災していない私たちも
ショックを受けていましたが、このまま国全体が自粛して経済も沈滞して
しまっては、復興にかけるお金も元気も回らなくなってしまうかもしれませんね。
被災された方々にも気持ちのリフレッシュのために娯楽は必要ですし。
節電、義援金、ボランティアなどそれぞれの出来ることは継続しつつ、
日本全体が元気になっていかないといけない気がします。

海外からの応援の方々も来てくれていますし、日本自身の高い技術力も
ありますから、きっと復興も原発事故収束も成功させられますよね。
 

投稿: ポージィ | 2011/04/02 21:11

今頃コメント失礼しますcoldsweats01

実は、夫のほうの甥っこが、
大学院時代に開発にかかわっていたらしいです。
所属していた研究室の教授のお手伝いだったみたいです。
JAXAに就職することもできたようですが、
その開発があまりに大変だったので辞めたとか。
でも、結局就職した先も仕事は大変のようで・・・・
ま、逃げると追われるってことでしょうか?
はやぶさが世間をにぎわせていたときには、
ローカルテレビに甥っ子も映ったらしいです。
開発中の昔の映像ですが。
イケメンだからなあ・・・ありますよね、そういうのsmile

投稿: koko | 2011/04/05 14:15

◆kokoさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。その後いかがお過ごしですか?
少しずつでも平常に近づきつつあると良いのですが。

おや なんとなんと 甥っこさんがはやぶさの開発に関わりが
おありだったとは。そしてTVにもその開発当時の映像が流れたと。
それじゃ、帰還のときの想いは人一倍だったでしょうね。
開発はそんなにも大変だったのですね。でもとても良い経験を
されました。きっと、現在のとっても大変なお仕事でも当時の大変さを
経験したことが生きていますね。
TVに流れたのはイケメンだから?あらまぁ拝見したかったです(笑)

投稿: ポージィ | 2011/04/05 17:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51238365

この記事へのトラックバック一覧です: 夢 -諦めない- 希望:

« 春を咲かせよう! | トップページ | フラワー・デモンストレーション -その1- »