« フラワー・デモンストレーション -その1- | トップページ | 慎ましやかに春への賛歌 »

2011/04/07

フラワー・デモンストレーション -その2-

-その1- に続きまして、3月6日 横浜のはまぎんホールで開催されました、
ローラン・ボーニッシュ氏のフラワー・デモンストレーションのご紹介です。
-その1- では、ロビーに飾られていた作品をご紹介しましたが、-その2- では
舞台上のデモンストレーションで作られた作品です。
 
約2時間の間に、ブーケ4つとアレンジメント2つの 計6作品を作られましたが、
終了後にロビーで人にもまれながら撮った写真は、2作品が思い切りブレブレで
何となく色が分かるだけという有様になってしまいましたから、残念ながら4つのみ
ご紹介です。 (ribbon写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
       110306_18
 
            自然な雰囲気を表現した印象派的なブーケ作品
          ブーケの中心には鳥の巣と卵が置かれているんですよ
 
 
 
       110306_20
 
      ふんだんなグリーンとたっぷりの花、それに華やかなリボンも入った
               とっても贅沢な籠のアレンジメント
 
 
 
       110306_19
 
             流木と花をあわせた近代的なデザインのブーケ
       全体に白系でまとめられていますが多種類の白が使われています
 
 
 
            110306_22
 
             バラをふんだんに使った ウェディング・ブーケ
 
 
 
        このほかに、アンティークな雰囲気の脚のある器に活けられた
   野の風景的なアレンジメントと、個性的な花と葉を合わせたインテリアブーケの
      2作品が作られましたが、その2つがブレブレでご紹介できず…(涙)
 
 
 
作品を作りながら、フラワーアレンジメントの歴史的な背景などいろいろな話をされた
のですが、音声が小さめで、私の耳ではほとんど聞きとれなかったのが残念…
                (主にフランス語 通訳の方がついていらっしゃいます)
 
でも、久し振りのフラワー・デモンストレーションをたっぷり観られて楽しかったです。
現在私が所属しているフラワーデザインスクールで勉強しているデザインは花材が
少なめですから、これだけふんだんに花材を使うデザインを見るのも久し振りでした。
ひとつひとつの作品にいったい何本の花が使われているのか…。
贅沢に花を使った作品もときには作ってみたいものですが、お金の問題ありです。
 
第一線で活躍されるデザイナーさんの作品、お楽しみいただけたでしょうか。
以上でお終いです。
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
昨日久し振りに少し散歩をしてみました。辺りにはヒサカキの刺激的な香りが満ち、
コブシ、ハクモクレン、レンギョウが咲き、ハナモモ、シモクレンは咲き始め、
田んぼのあぜにはオオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ、それに
トウダイグサがたくさん咲いていました。桜も咲き始めていました。
早くも背の高いイネ科の草たちも葉っぱをぐんぐん伸ばしていましたよ。
いつの間にか春はこんなに進んでいたのですね。
暖かくのどかな春を楽しんできました。
いつも咲くのが遅いわが家のハナモモも今週中には咲き始めそうです。
 
 

|

« フラワー・デモンストレーション -その1- | トップページ | 慎ましやかに春への賛歌 »

コメント

やっぱりウェディングブーケに目がいってしまいます。
もう、自分のウェディングは終わってしまったのに。笑

お花は本当に人の心を元気にさせてくれますね!
動物もそうだけど。

世の中がざわざわとして
なんとなく春を満喫できないような
気分でいますが

閉じこもっていても仕方ないので
我が家もちょっとずつ
近場のお出かけを計画しようと思ってます。

投稿: SAKURA-MOCHI | 2011/04/07 08:39

春は桜花、花を謳歌。花はやっぱりいい。
そんな季節なのに何か重苦しい。

火事はすべてを灰にしてしまうが、津波は生のまま持ち去ってしまう。
一生の思い出、ウェディングブーケを流された人もいるのでは。
沢山の人たちが、かけがえのない大事なものを失くされたと思います。
諦められないが、諦めざるを得ない。

今沢山の人たちが被災地を訪れ、物心両面のサポートをしています。
少しづつ見え始めた復興への足音。足運びは遅くとも前に向かって進んで欲しい。
やがて桜も咲くでしょう。日本人の心の花。少しは癒されると思います。

ところで、散歩道もすっかり春の景色に変わりつつあります。木々の芽も(^・^)を出し始めました。
白木蓮の白い花が目立ちます。
小学校の桜も満開になりました。
やがて新しいランドセルを背負った新一年生を迎えます。
「がんばれ!にっぽん」です。

投稿: 夢閑人 | 2011/04/07 12:32

ブーケを見ると嬉しくなりますね。
どれも豪華です。
流木のブーケ、素敵ですね。
色も柔らかくて綺麗ですね。

トップの写真は線の美しさ、他のは大きな花の組み合わせの美しさ。
どれも素敵です。

投稿: ロッキーママ | 2011/04/07 14:56

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

そうでしょうねー(^^)
SAKURA-MOCHIさんのお式、まだついこの前のことのようですもの。
一生一度の素晴らしいイベントですし♪

「元気と癒し」はお花と動物に共通していますね。
どちらも個性はあるのだけれど無垢で無心(邪念のない意の)で
一生懸命そこにあることが元気と癒しに繋がるのかもしれません。
美しく可愛くもあるし。
ほんと、気持ちがざわざわした感じがおさまりませんし、
それは世間も同じですね。自分にできる支援をすると同時に、
経済をまわしていくこと、支援する人たちが元気でいることもまた
大切なことですよね☆


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

花いっぱいの春は希望と生命力に満ち満ちた季節ですね。
夢閑人さんのお散歩コースでも、春爛漫ですね。

なのに、せっかく咲き始めた桜も心底楽しめないような、そんな心の
重さを感じます。けれど、だからこそ花を愛でてそこからエネルギーを
いただくこととましょう。
桜は手折られた枝からでも水だけで美しく花を咲かせる木。
今春見る桜はことのほか象徴的にも思えます。被災され大変な想いを抱えて
それでも前へと歩を進めていこうとしている方々も土地も、
やがてまた美しい花を咲かせられる日が、きっと必ず訪れますね。

気持ちをひとつにして  がんばれ 日本!  ですね。

投稿: ポージィ | 2011/04/07 15:07

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ブーケはやはり喜びや晴れがましさといった明るい気持ちと
繋がるだけに嬉しくなりますね。
どんなドレスが似合うんだろうと想像をかきたてられたり…。
流木を使ってのブーケというのも面白いですよね。
どれも豪華でかつ斬新さもあって素敵でしたし、色の濃い花を使った
ものでも、どこか優しさが感じられるような気がしました(^^)


投稿: ポージィ | 2011/04/07 15:17

ブログの障害を直していたら時間が経ってしまって・・・訪問が遅れました。
ほんとうに困りましたが 記事と皆様のコメントが残っていたのでほっとしました。

2時間の間に6作品も作られたのですか~
すごいですね。
どれも 艶やかで心がうきうきしてきそうですね。
白い花と流木が好きなので3番目の作品に目が行きました。

投稿: fairy ring | 2011/04/07 17:39

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

あ もうひとつのブログ復活ですか?ご自分で直されたとはすごいです。
記事やコメントが残っていたとのこと、よかったですね。
ブログをしていて心配なのは、やはりせっかくの記事やコメントが
何かの拍子に無になってしまうことです。もうたくさんになってしまって
自分の手元に収め切れませんし。

経験を積んでいるプロのデモはすごいですね。下処理はされていますが
長さを切るのはその場でですし、話をしながら作るんですものね。
しかも使うのは大量の花で作品は大きい。抽選で当たった方にプレゼント
されたんですけど、相当重かったろうと思います~~ 特にアレンジメント。

fairy ringさんは流木もお好きでしたか。ならば白い流木と白い花の
組み合わせの3番目は、やっぱりいちばんの注目株ですね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2011/04/07 18:19

どれも素敵ですが1枚目のがいいですね。
ここでまた様々なアイデアの作品を鑑賞させていただきました。
どこからこんなアイデアが湧くのでしょうか。
プロって流石なんですね。
たくさんのお花で作るのはお金の問題あり、全くそのとおりですね。貧乏性の私は反応してしまいました。
ポージィさんのフラワーアレンジメントのたくさんの記事では、なんでも花材になることを知りました。

投稿: tona | 2011/04/08 10:14

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

この4つの中で、tonaさんは最初のがお好きですか。実は私もです。
芽吹きかけた木の枝や春の草花たちがふんだんに使われた自然の中から
切り取ってきたような様子が気に入っています。
アイデアはどこから湧くのでしょうね。私も知りたいです(笑)
たくさんの花材を使うのはお金がかかる!ですよね~
私は月2回習いに行っている花の教室の月謝と花材にお金がかかるので、
普段は自分で全然花を買わない生活です(^^;)
それで、展示会に出すときですら、ついつい家にあるものをリサイクルして
使えないかとまずそこから考えてしまいます。
でも仰るように、しようと思えば何でも花材になるのですから、
自由な発想・アイデア次第なのでしょうね。あぁ、やっぱり天から
降りてくるアイデアがほしいです。
 

投稿: ポージィ | 2011/04/08 12:13

その1の作品が庭園の雰囲気を醸し出していますね。
その庭園ロビーから中へ一歩入ると豪華絢爛な花束が・・・。
あれ?作品の雰囲気が全然違うなぁ、とこれが私の印象ですが、
一番最初の作品に庭園ロビーの雰囲気が残っているでしょうか。
二番目の作品のリボン、ちょっと和風な感じがしますね。

そうそう、四月四日の新聞で初めて知ったのですが、
つくばのJAXAの建物、かなりひどい被害を被ってたんですね。
長い間培ってきたデータやサンプルのほとんどが失われたとか。
はやぶさが命をかけて持ち帰ったカプセルの微粒子も今は分析もできないと。
(通常の30分の1しか電力を供給してもらえないから)
今回の地震は宇宙開発にも支障をきたしたようですが、
ポージィさんの記事タイトルの
「夢 -諦めない- 希望」は
JAXAのみなさんへのエールとして頑張ってほしいと思っています。

投稿: あまもり | 2011/04/08 16:28

◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

その1、その2、とそんなふうに見てくださったのですね。
その1の方はロビーのような広い場所に飾るもの、その2は部屋の中に
飾るものとしての違いもあるかもしれませんね。といっても、その2の
作品たちもわが家に飾るには大きすぎますけれど(^^;)
ブレブレでご紹介できなかった野の風景風のアレンジメントは、その2の
最初の作品に通じるものがありましたよ。
2番目のアレンジメントのリボンは、ちらと見えている部分を見ると
たしかに和風にも見えますね。金糸使いの豪華なリボンのようでしたshine

JAXAのこと、私も新聞記事で読みました。内容を拝見するに同じ記事かも。
ほんと、はやぶさのときと同様、これからも「夢 -諦めない- 希望」を
胸に頑張っていって頂きたいと思います。

投稿: ポージィ | 2011/04/08 17:53

昨年、お名前は失念しましたがパシフィコでフラワーデモンストレーションを見せていただいて楽しかったことを思い出しますが、
花材の数も時間もたっぷりで素晴らしいものだったのでしょうね。
作品の写真を見せていただいて、それが容易に想像出来ます。
ご近所の花たち、こちらも同じような感じです。
きょうはトウダイグサの群生を見ました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/04/08 20:59

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうでしたね。NFDの展示会に足を運んでくださったとき、
デモンストレーションもご覧いただけたのでした。
やはり一度ご覧になっていると、花のデモンストレーションがどんな
ものか分かりますから、出来上がった作品からもイメージを膨らませて
いただけるのですね(^^)
プロの手仕事的なものを見るのはどんなものでも興味深く楽しいですね。
私も久し振りに楽しかったです。それにしてもたっぷりの花材で
ため息ものでした。

おーちゃんのご近所でも花たちの咲き進み具合は似たような感じなのですね。
トウダイグサも群生をご覧になられましたか。明るい緑がかたまっていると
ひときわ明るく輝いて見えますね。
うちのハナモモは、結局7日のうちに咲き始め、昨日今日次々と咲き続けています。
 

投稿: ポージィ | 2011/04/09 19:23

私も、アレ以来、久々に撮ってみました。
ちょっと気持ちにゆとりみたいな。。
でも、、、、

あ、きれいな桜でした。
よかったら、見てやってください。。

投稿: ふくやぎ | 2011/04/10 00:01

◆ふくやぎさん、ありがとございます ♪

あ、カメラを手にちょっとリフレッシュに出てみられましたか。
いいことですね。後ほど拝見にうかがいます~~
きっと素敵な桜を撮られたに違いありません♪

強烈な余震がありましたね。
今回の震源地は1ヶ所でしたが、なんだかまだまだ安心
できないんだなぁと思い知らされた感じでした。

投稿: ポージィ | 2011/04/10 16:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51065669

この記事へのトラックバック一覧です: フラワー・デモンストレーション -その2-:

« フラワー・デモンストレーション -その1- | トップページ | 慎ましやかに春への賛歌 »