« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »

2011/04/29

コゲラ sweet home

4月20日の朝、なにげなく2階の窓からお隣の空き地を見下ろしたときのこと、
近くの木でコゲラがちょろちょろ動き回っているのに気づきました。 空き地には
電信柱くらいの太さで5メートルくらいの枯れ木も立っているのですが、
そこに新しそうな真ん丸い穴が開いているのにも気づきました。 見ているうちに
コゲラがするりとその穴の中に! あらららっ そこに巣を作ったの??
全然気づいていませんでした。
 
何年か前、やはり同じ木に1度巣を作ったことがありましたが、その後上のほうが
腐って背が低くなってしまったのです。 今はもうあまり高さもないし枯れてからも
長いこと経っているけれど大丈夫なのかしら?と、ちょっと心配です。
どうか無事巣立つまで親子が守られますように。
 
目いっぱいズームで手持ち撮影。鮮明には撮れませんでしたがご覧ください。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
    110420kogera1
 
       最初見つけたとき、こんな感じでした。どこにいるか見えるかな?
 
 
      これより下↓の写真は、いずれもトリミングして大きくしてあります。
 
 
    110420kogera2_cut
 
 
 
    110420kogera3_cut
 
 
 
    110420kogera5_cut
 
 
 
    110420kogera4_cut
 
 
 
    110420kogera8_cut
 
 
 
    110420kogera6_cut
 
 
 
    110420kogera7_cut
 
 
 
可愛いですねー。 コゲラは小さな、キツツキのお仲間の小鳥です。
1階の窓からだと、他の木の枝に隠れて見えませんが、2階の窓からは真っ直ぐ
穴を見ることができるのです。 これからまだ見られるかなー 楽しみです。
日がな一日2階の窓に張り付いているわけにはいかないけれど…
 
 ( 以上 4月20日 記 )
 
 
 
    110421kogera3
 
      餌をあげ終わった後 巣から出て行く前に用心深く辺りをうかがって

 
 
その後、雨の日も風の日も親鳥が交代で餌を運んでいるのを目撃しています。
可愛い♪
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/04/27

萌え出ずる

春は芽吹きが美しい季節でもありますね。柔らかそうで艶やかで、初々しくって
食べちゃいたい感じ restaurantsign02 少しばかり撮ったものを並べてみました。
       (shinebud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclovershine
 
 
 
    110410itadori_me2
 
                  「イタドリ」  4/10撮影
 
 
 
    110417hikitigawasinnsuikouen_mukuge
 
                  「ムクゲ」  4/17撮影
 
 
 
    110417hikitigawasinnsuikouen_sugina
 
                  「スギナ」  4/17撮影
      うまく写し取れませんでしたが、針葉樹林みたいに見えました
 
 
 
    110417natutubaki4
 
                 「ナツツバキ」  4/17撮影
 
 
 
    110420mizuki_tubomi
 
          新芽ではないけれど…「ミズキ」の蕾  4/20 撮影
 
 
 
    110420kuri1
 
        ご近所の栗畑で いちばん「大きな栗の木」  4/20 撮影
 
 
 
他にもたくさんありますがこんなところで。
成長期というのはどんな生き物でもぐんぐん大きくなるものですね。
見ているとしだいに心の内が喜びやパワーに満たされてくるような気がします。
 
*……… *……… *……… *……… *……… *……… *……… *……… *
 
夫への温かいお見舞いをありがとうございました。昨日、今日は鎮痛剤漬けで
出勤していて、今日の午後ペインクリニックへ相談に行ってみる予定でいます。
親身に話を聴き相談に乗ってくれるドクターだといいのですが。
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011/04/25

花桃おとめ 2011

今年は蕾の膨らみ始めるのが遅かったわが家のハナモモですが、去る4月7日、
ついに開花となりました。 (ちなみに昨年は3/26、一昨年は3/30)
開花後は暖かな日が続いたこともあってどんどん咲いていきましたよ。
今年もたっくさん花が咲いて豪華になりました。 
 
ただ、背景のこと枝振りのことなどいろいろあって(←言い訳)、写真は難しい
ですね。今年は全然良いのを撮ってあげられませんでした。
そんなこんなですが、恒例の今年のおとめたち、見てやってください。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
       110406hanamomo_tubomi2
 
       4月の訪れと同時に色が見え始めた蕾はみるみる膨らんで…
                    ( 4/6 撮影 )
 
 
 
       110407hanamomo_kaika3
 
       4/7 今年の開花宣言となりました。 いちどに5輪咲きましたよ。
                    ( 4/7 撮影 )
 
 
 
       110408hanamomo
 
                    ( 4/8 撮影 )
 
 
 
       110410hanamomo1
 
 
       110410hanamomo3
 
                    ( 4/10 撮影 )
 
 
 
       110412hanamomo3
 
 
       110412hanamomo1
 
                    ( 4/12 撮影 )
 
 
 
ときおりメジロやシジュウカラが訪れ、忙しくお食事をしていましたよ。
 
4/23 の雨で今年の花の時期は終了。今、ぐんぐん葉が展開しつつあります。 
 
 
*……… *……… *……… *……… *……… *……… *……… *………*
 
夫の坐骨神経痛が悪化して、今朝は一時的に立つこともままならないほどの
痛みに襲われてしまいました。その後座薬と飲み薬の鎮痛剤で何とか歩くことは
できるようになりましたが、今日は会社にはいけませんでした。
こんな状況ですので、コメントのお返事やご訪問が滞るかもしれませんがお許し
くださいませ~
        

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011/04/22

咲くかな? -ジャノメエリカ編-

あれは先一昨年の1月だったかしら? 小さな円錐形の苗木だった君との出会い。
背丈30cmくらいなのにピンクの小さな花を枝いっぱいに咲かせていたっけ。
 
その君を連れ帰って玄関前のプランターに植えたけれど、一昨年は1輪も咲かず、
昨年は3輪だけ。 
可愛い円錐形だったかっての姿とは似ても似つかぬ姿に育ったね。カンカン当たる
夏の西日にも負けず、四方八方めちゃくちゃに枝を伸ばして背丈も1mを超えたね。
君は実はじゃじゃ馬娘だったと知ったよ。(放任してるからね ^^;)
 
さて今年は? 冬に小さな粒々がたくさんあることに気づいたけれど…
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
110111zyanome_erica_tubomi1 110111zyanome_erica_tubomi_up
 
                  このたくさんの粒々は蕾かな? 
                     2011.1.11  撮影
 
 
 
 
110223janome_erica1 110223janome_erica3
 
                  うん たしかに蕾  咲くかな?
                     2011.2.23  撮影
 
 
 
 
            110304erica3
 
                 花茎が伸びてきたよ もうじきだね
                      2011.3.4  撮影
 
 
 
 
       110318erica2
 
                      咲き始めたよ!
                    2011.3.18  撮影
 
 
 
 
       110323janome_erica2
 
                    2011.3.23  撮影
 
       110323janome_erica1
 
 
 
 
       110330janome_erica2
 
                    2011.3.30  撮影
 
       110330janome_erica6
 
 
 ありがとう confident
 
 
 「ジャノメエリカ(蛇の目エリカ)」:ツツジ科・エリカ属  南アフリカ原産
                     花の中心にのぞく黒い葯を蛇の目に
                     見立てた名前
 
 
 
4/22 現在も満開の状態を長く保ったままで、木全体が淡いピンクに染まっています。
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011/04/20

今年のお花見 2011 -その2-

前記事に続きまして、今年のお花見で見て撮ってきた桜の様子のご紹介
-その2- です。 -その1- では遠くからの様子をまとめましたが、今日は
ズーム撮りしたもの中心で。 見てやってください。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
    P4100097_2
 
 
 
    P4100105
 
 
 
    P4100108
 
 
 
    P4100116
 
 
 
    P4100091
 
 
 
4月10日の昼下がり、お天気は花曇。川の向こうとこちらを、橋を渡ってぐるり見て
帰り際になったら少し日が射してきました。
曇り空の下の満開の桜は静かな華やかさといった風情でした。
花を愛でながらの散歩に言葉は要りませんね。
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/04/18

今年のお花見 2011 -その1-

今年の桜の開花は例年より少し遅めでしたが、4月に入ってから満開になって
入学式と cherryblossom のパターンが復活。新一年生と桜、良いですね。
桜の花びら散る中、まだ解けない緊張で胸をどきどきさせながら通学した
新入生のころを思い出しました。
 
今年のわが家のお花見は、境川沿いの歩いて20分か30分ほどの所のものを
見に行ってきました。一昨年、クックdogと最後に行ったお花見がそこでしたよ。
4月10日、花曇の空の下、のんびり散歩がてら見て撮ってきた様子を2回に分けて
ご紹介させていただきます。
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcherryblossom
 
 
 
       P4100079_bokasi
 
 
 
       P4100084
 
 
 
       P4100088
 
 
 
       P4100118
 
 
 
       P4100085
 
 
 
… というわけで -その1- では、人の動きもある遠くから見た様子をまとめて
みました。 -その2- ではぐっと花にズームしてみましょう。
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011/04/15

ヒメオドリコソウの園

すぐ近くの小さな栗畑では、この3~4年、春になると木々の足元を埋め尽くすように
ヒメオドリコソウが花咲かせます。毎年窓から眺めてきましたが皆さんにもお見せ
したくてとうとう写真を撮ってきてしまいました。(無断侵入 汗;)
せっかくびっしり生えているから、なるべく踏まないよう地面の見えている場所を
爪先立ちで歩いてパチパチッと何枚か。すぐに引き上げてきました。
それではご覧ください、花園を。
        (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
       110328himeodorikosou2
 
 
 
       110328himeodorikosou3
 
 
 
       110328himeodorikosou5
 
 
 
       110328himeodorikosou6
 
 
 
       110328himeodorikosou10
 
 
 
       110328himeodorikosou11
 
 
 
  「ヒメオドリコソウ(姫踊り子草)」:シソ科・オドリコソウ属  ヨーロッパ原産
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011/04/13

珍し色のラナンキュラス

しばらく前の花のレッスンで使った花材に、珍しい色のラナンキュラスが入って
いました。 グリーンにうっすら赤っぽい色を筆で刷いたような素敵な色。
暖色系の花色にも寒色系の花色にもよく合って、両方のつなぎ役も果たしそう。
ぐっと寄って撮ってみました。
切花のラナンキュラスのシーズンはお終いになりました。記事アップがすっかり
遅くなりましたが、せっかく書き起こしていたものですから…sweat01
       clover(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
       110308ranunculus6
 
 
       110308ranunculus2
 
 
       110308ranunculus1
 
                   1本を角度を変えて
 
 
 
       110308ranunculus4
 
           もう1本  上のと似ていますが形が少し違うかしら
 
 
       「フレジス」「セロン」といった品種ではないかと思いますがはて?
 
 
          ラナンキュラスは色も形もいろ~んなものがあります
                ふわっ と咲く姿が魅力的です
 
           「ラナンキュラス」:キンポウゲ科・キンポウゲ属
               和名「花金鳳花(ハナキンポウゲ)」
 
 
 
【おまけ】
      トップの写真の隅に写っているカーネーションも素敵な色でしたよ。
 
 
       110308carnation1
 
               こんな感じ  深い味わいの色です
 
             「カーネーション」:ナデシコ科・ナデシコ属
          (ちなみに まぁるい紫のは「ギリア」という花です)
 
 
 
 毎度のことですが、これからも遅ればせながらアップが続きそうです(^^;)
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

2011/04/11

慎ましやかに春への賛歌

3月、フラワーデザインの先生のお庭に咲いた、春の花をいただきました。
うつむいて咲く姿が印象的な、「クリスマス・ローズ(ヘレボラス・オリエンタリス)」と
「バイモ」。 うつむいて咲く姿が慎ましやかにも恥ずかしげにも見え、お日様に
向かって目いっぱい花開く春の花たちとはまた別の魅力を感じます。
部屋に飾ったものを撮りました。見てやってください。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
       110322christmasrose
 
               深みのある落ち着いた花色が美しい
 
       「ヘレボラス・オリエンタリス」: キンポウゲ科・クリスマスローズ属
 
 
 
 
            110322baimo2
 
        細い葉の先端は巻きヒゲ状になっていて、お互い絡み合うことも
 
 
       110324baimo3
 
          花(萼)の外側は薄黄緑色、内側には濃い色の模様が
                  別名「編み笠百合」の所以
 
            110322baimo3
 
 
            110322baimo1
 
                   素朴な器に投げ活けにして
          (左側の蕾はスカビオサの蕾です  他で使った残り ^^)
 
                 「バイモ(貝母)」:ユリ科・バイモ属
 
           「バイモ」の花言葉は「謙虚な心」だそうです  ピッタリ
 
              謙虚な心はいつでも忘れずにいたいものです
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011/04/07

フラワー・デモンストレーション -その2-

-その1- に続きまして、3月6日 横浜のはまぎんホールで開催されました、
ローラン・ボーニッシュ氏のフラワー・デモンストレーションのご紹介です。
-その1- では、ロビーに飾られていた作品をご紹介しましたが、-その2- では
舞台上のデモンストレーションで作られた作品です。
 
約2時間の間に、ブーケ4つとアレンジメント2つの 計6作品を作られましたが、
終了後にロビーで人にもまれながら撮った写真は、2作品が思い切りブレブレで
何となく色が分かるだけという有様になってしまいましたから、残念ながら4つのみ
ご紹介です。 (ribbon写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
       110306_18
 
            自然な雰囲気を表現した印象派的なブーケ作品
          ブーケの中心には鳥の巣と卵が置かれているんですよ
 
 
 
       110306_20
 
      ふんだんなグリーンとたっぷりの花、それに華やかなリボンも入った
               とっても贅沢な籠のアレンジメント
 
 
 
       110306_19
 
             流木と花をあわせた近代的なデザインのブーケ
       全体に白系でまとめられていますが多種類の白が使われています
 
 
 
            110306_22
 
             バラをふんだんに使った ウェディング・ブーケ
 
 
 
        このほかに、アンティークな雰囲気の脚のある器に活けられた
   野の風景的なアレンジメントと、個性的な花と葉を合わせたインテリアブーケの
      2作品が作られましたが、その2つがブレブレでご紹介できず…(涙)
 
 
 
作品を作りながら、フラワーアレンジメントの歴史的な背景などいろいろな話をされた
のですが、音声が小さめで、私の耳ではほとんど聞きとれなかったのが残念…
                (主にフランス語 通訳の方がついていらっしゃいます)
 
でも、久し振りのフラワー・デモンストレーションをたっぷり観られて楽しかったです。
現在私が所属しているフラワーデザインスクールで勉強しているデザインは花材が
少なめですから、これだけふんだんに花材を使うデザインを見るのも久し振りでした。
ひとつひとつの作品にいったい何本の花が使われているのか…。
贅沢に花を使った作品もときには作ってみたいものですが、お金の問題ありです。
 
第一線で活躍されるデザイナーさんの作品、お楽しみいただけたでしょうか。
以上でお終いです。
 
 
.。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。..。.:**:.。.
 
昨日久し振りに少し散歩をしてみました。辺りにはヒサカキの刺激的な香りが満ち、
コブシ、ハクモクレン、レンギョウが咲き、ハナモモ、シモクレンは咲き始め、
田んぼのあぜにはオオイヌノフグリ、ホトケノザ、ナズナ、タネツケバナ、それに
トウダイグサがたくさん咲いていました。桜も咲き始めていました。
早くも背の高いイネ科の草たちも葉っぱをぐんぐん伸ばしていましたよ。
いつの間にか春はこんなに進んでいたのですね。
暖かくのどかな春を楽しんできました。
いつも咲くのが遅いわが家のハナモモも今週中には咲き始めそうです。
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011/04/04

フラワー・デモンストレーション -その1-

かれこれ1ヶ月前のことになりますが… やっと記事にしました。
 
3月6日、NFD(日本フラワーデザイナー協会)の神奈川県支部総会&付帯事業に
参加して、ローラン・ボーニッシュ氏のフラワー・デモンストレーションを観てきました。
 (ローラン・ボーニッシュ氏については → こちら をご覧くださいね)
会場は、横浜みなとみらいの「はまぎんホール ヴィアマーレ」。私は桜木町駅から
歩いていきました。 (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
       110306_8
 
          はまぎんホールの入り口  中に受け付け待ちの行列が
 
 
 
 
      以下は、ロビーに飾られていたフラワー・アレンジメントの作品です。
             受け付けに並ぶ前に急いでパシャパシャcamera
  確認しそびれてしまったのですが、これらもローラン・ボーニッシュ氏の作品かナ?
 
 
       110306_10
 
 
110306_9 110306_11
 
 
110306_12 110306_13
 
 
       110306_15
 
 
          野の中の風景を切り取ってきた風の印象派的な作品や
       ロココ調的装飾性に富んだものなど、いろいろなタイプの作品でした。
   どのタイプの作品にも明るさや花たちへの愛や優しさが感じられる気がします。
 
        どれも大きいですよ。 最初の作品の幅が1m30cmくらい?
             縦長のもので2mくらいあったと思います。
              
 
 
デモンストレーション中は写真撮影はせず、あとでロビーに置かれた作品を撮影して
きたのですが、そちらは -その2- でアップさせていただくことにして、-その1- は
以上でお終いです。
 
 

| | コメント (17) | トラックバック (0)

« 2011年3月 | トップページ | 2011年5月 »