« 今年のお花見 2011 -その4- | トップページ | 咲くかな - レンゲソウ編① - »

2011/05/09

ああ無情  -コゲラのその後-

110419hahakogusa1
                     「母子草」
 
先日4/29にアップしたコゲラちゃんの続報です…
あの記事のコメントで少し触れているのですが、ちょうど記事をアップした当日から
スズメが2~3羽コゲラの巣の近くにいつもいるようになり、コゲラの親が追い払って
いたのですが、しだいに形勢逆転。スズメがコゲラの親を追い払うようになり、
ときにはコゲラの巣の中にまで入り込むようになりました。
そしてついにコゲラの親が姿を見せなくなり、5/6、誰にどうやって運ばれたのか
わが家の敷地内にコゲラの雛のなきがらが落ちているのを見つけました。
やっと羽が生え始めたばかりの雛が1羽。 
 
可哀想に…あの sweet home は悲しい結末で終わってしまいました。
ついにコゲラを追い払ってしまったスズメたちが、そこを自分たちの巣にしたのか
していないのか、その辺りは今のところよくわかりません。
それにしても、コゲラの作った巣をスズメが乗っ取るなんてことがあるとは…。
本当に残念です。
 
110413rengesou2
                      「蓮華草」

|

« 今年のお花見 2011 -その4- | トップページ | 咲くかな - レンゲソウ編① - »

コメント

おはようございます。
うわ~~、雀って、そんな残酷な一面があるのですか。
最近、雀の数が激減しているとか。
彼らにとっての住環境の悪化が原因とか。
野生の動物にとっての、生存競争の厳しさを改めて知る思いです。

それにしても、ポージィさんの、彼らを見守る優しい目線を、改めて感じます。
コゲラがどこかで、新しい巣を作り、生きていることを願いたいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/05/09 09:39

あらら~ それは可哀想でしたね~
スズメははなから巣を乗っ取るつもりだったのでしょうね~
これにめげずに新しいスイートホームを作って子育てをしていることを願います。
ハハコグサの黄色とレンゲの紫が美しくはもっていますね~
莢 だいぶ大きくなってきて光にすかすと中の種子が見えるようになってきましたよ~
いつ収穫するのでしたっけ?
秋に蒔くのですよね?

投稿: fairy ring | 2011/05/09 11:39

えっ~雀ってそんな事をするのですか。
残念でしたね。
来年に期待したいですね。

レンゲソウ、咲いていたのですか。
今年は近くの田んぼが津波の被害にあい、レンゲソウを見る事が出来ませんでした。
津波に遭わなかった田んぼは田植えが終わり、カエルが大合唱しています。

投稿: ロッキーママ | 2011/05/09 14:06

ポージィさん こんにちは!

コゲラさんのsweet homeは地上げ屋、ではなくスズメに
乗っ取られたのですか・・
世知辛いというか、自然は厳しいのですね
ヒナが可哀想ですが、新しいところでまた巣を作っているといいですね

昨日、息子の家の玄関ポーチにツバメがせわしく出入りしているのを発見
どうやら巣を作っているようです
ポーチが汚れるけど、息子はワクワクするね~と大喜び
フーは怖がって勝手口から出入りしてます
どちらが子どもだかわかりませんわ??coldsweats01

投稿: glenn | 2011/05/09 14:25

あーあ,乗っ取られてしまったんでしょうか.
それとも縄張り争い?
折角育ち始めた雛なのに残念です.町中にあっても,動物や鳥たちは厳しい自然の摂理そのままを生きてるんですね.
うちでは昨年のロビンの巣をそのまま残しています.また同じ場所で抱卵しないかなという期待を込めて.もちろんこの卵だって,いつがらがら蛇に襲われるか分からない環境です.

投稿: LiLA管理人 | 2011/05/09 15:04

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
スズメは気の強い小鳥だそうですから、こんなこともするんですね。
スズメの住宅難の話は私もTVでみました。うちの辺りだとまだ
瓦屋根で軒のあるお宅もあるんですが、コゲラの巣がよっぽど良く
見えたんでしょうか。
自然界は厳しいですね。親コゲラたちがせっかく餌を持って
戻ってきても巣に近寄ることさえできない様子を見るのは辛かったです。
なにもできなくて。

コゲラたち、またどこかで新しい巣を作って、今度こそうまくいくよう
祈っています。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

巣を乗っ取ったスズメたちが、ちゃんとそこで自分たちの子育てをしていれば
まだコゲラたちも浮かばれるのですが、今のところそういう様子は
見られないのですよ。無情です。
ほんとうに、どこか別のところで新たに巣作りして今度こそ…と祈ります。

レンゲソウ、うちのも実がいっぱい付いて草自体はもう終盤の姿です。
「黒くなったら収穫して乾かしておき、秋に取り出して蒔く」とカードに
書かれていたので、去年はそのようにしましたよ。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

びっくりですよね。そんなことをしたのですよぉ…
見ていて辛かったです。
もうあそこへは戻ってこないかもしれません。枯れ木でどんどん侵食
されていると思うので。残念です~ 

レンゲソウは、以前薬師池公園でいただいた苗からとった種を蒔いて
育てたものです。近いうちに記事をアップしますね。

お近くの田んぼでも津波被害があったのですか。塩害で今年は田植えが
できませんね。被害を免れた田んぼでカエルたちの合唱が聞けるのが
とても貴重な声に聞こえそうです。来年はすべての田んぼで、レンゲソウや
稲が健やかに生長していく様子を見られますように。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
地上げ屋と同じくらいの嫌がらせとしつこさでしたよ。
スズメは気の強い鳥だといいますから… スズメ同士でも
巣の乗っ取りをするそうですし。それにしてもコゲラが汗水たらして
木をつついて作ったことを思うと可哀想でした。途中まで育った雛も
死んでしまいましたし。乗っ取りスズメ、乗っ取ったからにはちゃんと
使いなさいよーと言いたい所です。
コゲラのカップル、今度こそもっといい場所を見つけてくれていると
よいのですが。

なんと、息子さんのお宅にツバメが巣作りを?わぁいいですね!!
ツバメガスを作ると縁起が良いと言われて歓迎されていましたよね。
確かに糞が落ちて汚れますが、ちょっとした工夫でなんとかできそうですし。
あれぇ フーちゃんは怖がっちゃっているんですか?
そのうち巣に顔を並べている雛たちの姿を見たら{可愛い~」って
変わるかもしれませんね。
 

投稿: ポージィ | 2011/05/09 15:10

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

しばらくはコゲラの姿だけだったところに、やがてスズメたちが現れ、
ときにはコゲラの巣の中にまで入り込んでいたので乗っ取り目的かなぁと
思っていたのですが、縄張り争いだったのかもしれませんね。
スズメは仲間内でも巣の乗っ取りをすることがあるそうですが。
割りと低い場所だったので蛇のことは気にしていたのですが、
別の思いがけない厳しい結末になってしまいました。自分でどうしようもない
雛は哀れですね。

そうそう、LiLA管理人さんのお宅ではロビンが。今年も戻ってきて
くれるといいですね。そして無事に巣立って欲しいです。
コゲラがこんな結末だっただけに一層強くそう願います。

投稿: ポージィ | 2011/05/09 15:17

ジルの家には毎年ツバメが来るんですよ
門を入って玄関ドアの上なので 普通の鳥は気が付かない場所です
コゲラも目立たない所だったら こんなことにはならなかったのかなぁ
それにしても小さな鳥達の世界も厳しいですね
そのツバメも何羽か生まれても
中には巣の下に落ちる雛もいるそうです

投稿: miki | 2011/05/09 16:06

あれまぁ、とんでもないことになってしまいましたね。我が家では、スズメを”飼っていて”毎朝餌をあげています。彼らほど横暴で情け知らずな鳥は知りません。我がちに餌場に集まって啄むのですが、気に入らない個体は徹底的に排斥されます。そのやり方は、非常に残酷です。その子のために別の餌場をつくってあげても、それをも占領してしまうのですよ。スズメは人に懐きませんね。野性が強いのでしょう。
哀れ、コゲラが殺されてしまいましたか。残念ですね。
スズメは、屋根の軒先に巣を作りますから、コゲラの巣を乗っ取ることはしないでしょう。おそらく、テリトリの問題だったのだと思います。

投稿: polo181 | 2011/05/09 16:37

こんにちは。
なんだか残念なお話です。
スズメは人の近くに住む鳥ですから、
コゲラちゃんたちはもっと森に巣を作った方がいいのかもしれませんね。
私は最近、新幹線の高架橋下に作られたツバメの巣に
スズメが入っていくのを見ましたよ。
これも乗っ取り?

投稿: koko | 2011/05/09 17:57

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

まぁ!ジルちゃんたちのうちには毎年ツバメが来るんですか?
いいですねぇ。可愛い様子を見られて。
玄関ドアの前に立って見上げないと巣があるとは分からない場所ですか?
それはいい場所に作りましたね。たしかにコゲラの巣はうちの窓からも
丸見えの位置ですから、他の鳥などからも丸見え。
場所もいけなかったのですね、きっと。
いい場所に作られたツバメの雛も落っこちてしまえば、巣立ちまで行くのは
難しいかもしれない… ほんと厳しいものですね、自然界はなにかと。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

餌をめぐってもそこまで激しい排斥をするのですね。
スズメはとても気の強い鳥で、仲間同士でも巣の場所を取り合って
激しい喧嘩をする様子をTVで見ました。それには軒のある家が減ったなど
スズメ界の住宅難も関係しているようですが…。それでコゲラの巣を
乗っ取ろうとしているのかと思ったのですが、その後スズメの姿を
あまり見ませんから、poloさんの仰るようにテリトリーの争いだったのかも
しれませんね。それにしても食べるものも違うでしょうに何もあそこまで
しなくてもと思います。残念です。


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
家も子供も失って…って、厳しい恐ろしい自然の摂理を
身近で目撃してしまいました。残念です。
コゲラたちは市街地の公園などあるていど大きな木があるような場所でも
見かけることのできるキツツキの仲間なのだそうです。
そういう場所にも生活の場を求めたのですね。
その結果がスズメとのテリトリー争いなのかもしれません。
両親が交代で子育て(餌運び)を市ながらの攻防ではスズメに軍配と
なってしまったのでしょうね。
kokoさんはツバメの巣にスズメが入っていくのを目撃されたのですか。
うわぁ… そこのツバメも可哀想な運命になっているかもしれませんね。
スズメたちが巣を作れるような瓦屋根で軒のある人家が少なくなって
いることも問題なのかもしれません。
 

投稿: ポージィ | 2011/05/09 18:55

生き物の世界は熾烈ですね。
スズメはそんなに攻撃的なのですか。
親コゲラは少し学習してつぎは襲われない工夫をするものと期待します。
母子草で始め蓮華草で締めくくられたのは意味がありますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/05/09 20:14

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

自然界の生き物たちが、まったく何事もなく無事平穏に一生を終えるのは
ごくまれなことなのかもしれませんね。
厳しさを目の当たりにしてしまいました。
スズメの攻撃は執拗でしたよ。気が強いとは聞いていましたが
思っていた以上で驚きました。
巣も雛も失ったコゲラの夫婦、きっと次はもっと条件の良い場所で
巣作りをすることでしょう。そう祈っています。

あぁ、この二つの花を選んだ意味に気づいてくださったんですね。
嬉しいです。名前表記もわざと漢字にしました。

投稿: ポージィ | 2011/05/09 23:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51605531

この記事へのトラックバック一覧です: ああ無情  -コゲラのその後-:

« 今年のお花見 2011 -その4- | トップページ | 咲くかな - レンゲソウ編① - »