« コゲラの巣 その後 | トップページ | 今年の「ナガミヒナゲシ」 »

2011/05/27

たんぽぽ

風や鳥に運ばれた種から芽生えるのを、結構そのままにしているわが家。
タンポポも何年か前にやってきてうちの住人になったのでした。
そんなにたくさんではありません。 庭に1株、家の横に1株。
それ以上増えずにいますが、一度根付いたこの2株は強い!ときには踏みにじられ、
ときには引きちぎられ、寒さ暑さにさらされても、屈することなく必ず復活してくる
逞しさに驚かされ感心しています。
       (leo写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
        110404tanpopo
 
      まだ寒かったころ 地べたに張り付くようにして咲いていました
 
        110404tanpopo_cut

         咲き始めの姿  花びらってたたまれていたんですね
     タンポポは英語では dandelion フランス語からきているそうです。
       黄色の花を雄ライオンのたてがみに見立てたのかと思ったら、
             ぎざぎざの葉っぱに牙を連想したのだそう。
 
 
110510tanpopo_watage2110510tanpopo_watage3
 
              タンポポの種って芸術作品ですね
 
       地べたに張り付いて咲いても、実をつけると茎を伸ばします
            風に乗って種が飛んでいきやすいように
        わが家から旅立ったタンポポの種も、どこかで根付いて
                花咲かせているでしょうか
 
 
 
今日はこれからフラワー展の搬入に行ってきます。まずは前期作品を鑑賞して、
それから前期作品搬出の後の搬入。帰りが遅くなりますのでいただいたコメント
へのお返事は明日以降になると思いますがお許しくださいませ。
ご訪問は数日お休みさせていただきます。
 
あいにく今日から雨がちのお天気が続くようです。展示会にいらしてくださる
ご予定の皆さまどうぞお気をつけて、また、無理なさらないでくださいね。
 
 

|

« コゲラの巣 その後 | トップページ | 今年の「ナガミヒナゲシ」 »

コメント

たんぽぽの綿毛は、思わず触れて見たくなるほど魅力がありますね。
うちの網戸にたくさんへばりついています。
となりの空き地がたんぽぽ畑になっていましたから。

これから活け込みですか。
突然雨が降って、すぐ止むを繰り返していますから気を付けて。
明日見に行きます。楽しみです。

投稿: ロッキーママ | 2011/05/27 13:12

タンポポの冠毛を見ると何故かほっとしますね。
見つけるとつい撮ってしまうタンポポです~

美しいお写真ですね~
デジイチでも充分にその腕を生かすことが出来ると思いますよ~ 如何ですか?

お花の活けこみにいらっしゃるのですね~
雨が降ってきそうなので お気をつけて行っていらっしゃい!
台風のせいで 大雨にならないといいのですが・・・・
お仕事終わられたら また お訪ねくださいね。

投稿: fairy ring | 2011/05/27 13:54

ポージイさん、こんにちは。タンポポの生命力は半端じゃないです。
先日も書きましたが、インターロッキングでがっしりと固められた玄関先、水もしみ込めないだろうと思うほど
タイトに押し合っているブロックの間からなんとあのタンポポが生えてくるのです。
しかも、そのサイズは通常の半分くらいです。吸い上げる水が極端に少ないからでしょうか。
ぺんぺん草よりはましだけれど、やはりみっともないので、息子に全部とって貰いました。
ところが、またまた芽をだしてきています。お手上げです。貴女のように愛でることができる場所ではありませんので。。

投稿: polo181 | 2011/05/27 15:28

おお!
今年も、その季節ですか!
滞りがちなのはこちらの方。
またすてきな報告を待っていますとも~

投稿: ふくやぎ | 2011/05/27 23:40

今晩は!
タンポポはヨーロッパでは書かれているとおり、Dandelian の名前で、若い葉を食べる野菜ですよ。happy01
一度硬くならないうちにさっと茹でて、サラダに混ぜてみてはいかがでしょう。club
スカンポの仲間もソレルと言って若いうちにフランスでは、酸味を味わってサラダにするようですよ。wink
フラワー展盛会だと良いですね。delicious

投稿: プロフユキ | 2011/05/28 01:31

おはようございます。
タンポポは可愛いですが、庭に根付くとなるとなかなかの厄介者ですね。
どんどん、増えるので、生えてきたら、雑草として抜いております。
ポージィさんは、そんなタンポポにまで優しい目を向けられていますね。
幸せなタンポポです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/05/28 07:09

例年より12日も早梅雨入りで、お日さまの輝きを見る日が少なく損した気分の今年です。
お花の方も開花が遅れているというのに、雨だけは早く今年の初夏はどのように展開するのでしょう。

タンポポのように強くなりたいと思うほどに麦踏のように踏んでも絶対に息絶えませんね。
花はまさしくライオンのたてがみですが、刃のギザギザからきたネーミングとは!
庭に一輪でも根付いたらそっとしてあげたい気持ちですが、来てくれません。

投稿: tona | 2011/05/28 08:37

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

タンポポの綿毛、見つけたら触れたくなりますね。
しばらく前、道路で前を歩いていた親子連れが立ち止まり、男の子が
一段高くなった花壇の中へ。横を通り過ぎながら見たら、男の子は
しゃがんで花壇の中のタンポポの綿毛に一生懸命息を吹きかけていました(^^)
ロッキーママさんのお宅のお隣のタンポポ畑は今は綿毛畑ですか。
網戸にいっぱいくっつかれるのはちょっと迷惑な面もありますが、
観察できるチャンスでもありますね(^^;)

昨日の搬入は、雨に遭わずに行くことができてラッキーでした。
帰りは10時過ぎて、そのとき最寄り駅から自宅までだけ傘をさしました。
今日は一日雨で。こんな日に行って下さっているのですね、有難うございます。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

タンポポの花も綿毛も子供時代の懐かしさに通じるものがあるのでしょうか。
ほっとすると仰るお気持ち、よく分かります~ 見ると我知らず微笑んでます。
写真きれいですか?ありがとうございます。デジイチの世界、憧れますが、
高い買い物なのに宝の持ち腐れになりそうでなかなか踏み切れませぬ(笑)

昨日は、最後の最後、最寄り駅から自宅までで傘をさした以外は
雨を免れました。ラッキー♪
明日の搬出は行きも帰りも雨でしょうね、きっと。作品は小さいのに
荷物は大きいので嫌ですが、帰りは壊れてもいいという分気楽です。

月曜からまたブログ巡り再開させていただきますね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
一度しっかり根付いたタンポポは強いですね。poloさんのお宅のは
そんなにも狭い隙間に根付いたのですか。あらま…
狭い隙間に根付いたら、見えているところを取ってもまたしばらくすると
出てきますね。上だけ引っ張っても根を残して切れてしまいますから。
残しておいてあげられる場所ではないのですか。
ブロックを一度全部どけて掘り返して根から取り除かないと
タンポポとの戦いは終わらないのでしょうね。
人もタンポポもお互い難儀ですね…


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

毎年5月に開催されているマミフラワーの展示会。
もうそんな時期です。1年早いですね。
出すか出すまいか迷ったんですけど、出すことにしました。
懐が痛いです~~
来週からまたブログ巡りも復活いたします。
でも、記事内容は過ぎ去った春で。その後はどうしましょ。
私もお出かけしていないので。


◆プロフユキさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
タンポポの葉が食べられる野草で、タンポポコーヒーなんていうのもある、
ということまでは知っていましたが、ヨーロッパでは想像以上にポピュラーな
食べられている野草なのですね。うちの庭に出てくるのはサラダにするほども
葉っぱがないのですが… 若芽がいいのですね。

スカンポ=イタドリは、先だって新芽の写真をアップしたところ、
食べたことがあるとコメントしてくださった方が結構いましたが、フランスでも
食べられるのですね。ソレルというのですか。なんだかお洒落に聞こえます(^^)

フラワー展の応援有難うございます♪


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
可愛いタンポポ。でも生えては困るところに根付かれると取っても取っても
出てくることになりますね。根っこまでとるのが難しいせいで。
うちのは種を飛ばしても今のところ増えてこないんです。
それでさも優しげな顔して眺めていますが、あっ踏んじゃった!なんて
しょっちゅうですし、増えてきたら容赦なく抜いてしまうと思います。
偽善者な私です(^^;)


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

まるで梅雨みたいなお天気、と思っていたら本当に早い入梅になって
しまいましたね。日照不足と湿気で植物たちにもうどん粉病など増えそうです。
どうもこのごろは自然が厳しい顔を見せることが多いですね。

タンポポはほんとうに強いですね。踏まれてもちぎられても。
そうとわかっているので、こちらもあんまり気にせず踏んづけたりしてます(笑)
tonaさんのお宅にはまだ来ませんか。どんどん増えるという話も聞きますが
あれだけたくさんの種が飛んでいながら、うちでも増えないのです。
たまたま種が落ちたときの条件なのでしょうかね。
Dandelianネーミングが葉と牙を結びつけてというのは意がでしたし、
予想が外れたのが残念な気もしました。
 


投稿: ポージィ | 2011/05/28 14:22

タンポポの花は上を向いているのに、種についた綿毛は下を向いているのもあるのですね。
これは一緒に歩く仲間の一人が教えてくれた不思議です。
そのうち、どうしてなのか観察してみたいです。
どんな草木もそうかもしれませんが、こんなにたくさん種が飛んでも芽生えるのは一部なのでしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/05/28 20:47

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

あ、言われてみれば確かにそうですね。綿毛は下向きもある…
おーちゃんのお仲間も観察が鋭くいらっしゃいますね。
綿毛になって、ひとつひとつがしっかり風を受けられるよう、
種がくっついている部分がぐうっと曲面を描くように広がるのかしら?
だから綿毛は球体に広がれる?おーちゃんのご観察結果をお待ちします。
仰るとおりですね。たくさんの種ができても芽生えるのはほんの一部。
あるいは、そんなに芽生えられるとは限らないからこそたくさん実るよう
進化してきたのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2011/05/28 22:57

日曜に悟郎さんと展覧会に伺いました。
マミさんの息子さんが、元神奈川県知事松沢さんを接待していました。そういえばポージィさんの作品のコーナー中にタンポポの綿毛をモチーフにした作品がありました。
ポージィさんの作品への感想は、たぶんアップされるであろう報告時期にコメントしますね。

投稿: noodles3 | 2011/05/31 20:45

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あの雨の中、いらしてくださったのですね。ありがとうございました。
ほぉ、元知事・松沢さんがいらしていましたか。川崎家は広く色々な方と
お知り合いで交流があるようです。
タンポポの綿毛の作品、ありましたね。あの作品を作られた方は、
もうずっとタンポポの種をテーマの作品を作り続けていらっしゃるのだそうです。
一昨年のクィーンズカップで一番の賞を取られた方です。
明日にでも展示会の記事をアップします。どんな感想をいただくのか
怖いです~~

投稿: ポージィ | 2011/05/31 22:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51719591

この記事へのトラックバック一覧です: たんぽぽ:

« コゲラの巣 その後 | トップページ | 今年の「ナガミヒナゲシ」 »