« ドクダミ 美しく | トップページ | テーマからの発想 »

2011/06/20

夏椿(ナツツバキ) 2011 -その1-

今年もナツツバキの咲く季節が訪れました。 毎年見ていただいていますが、
今年の姿も見てやってくださいね。
わが家の貴婦人さん、今年もたくさんの蕾をつけてくれたんですよ。嬉しい♪
今年のいちばん花は 6月10日 に1輪咲きました。(一昨年6月4日、昨年12日)
彼女の平年からすると、昨年に続いてやや遅めといった感じです。
今年は2回アップしてしちゃおうかな~ ということで今日は -その1- です。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
     110610natutubaki_tubomi
 
          2階のベランダから見下ろした様子  蕾がいっぱいです
                      ( 6/10 撮影 )
  
 
 
     110610natutubaki_first
 
         これが今年のいちばん花  ベランダからじゃないと見えない
                      ( 6/10 撮影 )
 
 
 
     110613natutubaki_tubomi
 
            可愛いふっくら蕾   右のは翌日の朝咲きました
                      ( 6/13 撮影 )
 
 
 
     110613natutubaki
 
       梅雨時に開花するから仕方ないとはいえ、終日雨に打たれる花は
         ちょっと可愛そう   朝咲いて夜には落ちる一日花ですから
                      ( 6/13 撮影 )
 
 
 
 
     110614natutubaki_kamemusi
 
            葉っぱで休憩していたのは カメムシにアブ (^^;)
             昨年はトカゲ(カナヘビ)が休憩していたっけ…
                      ( 6/14 撮影 )
 
     110614natutubaki_abu
 
 
 
 今日はここまでで。
 後日 -その2- ではもう少し違う表情をご紹介させていただこうと思います。
 
 
 「ナツツバキ(夏椿)」:ツバキ科・ナツツバキ属 別名「シャラノキ(沙羅の木)」
               花の直径は、わが家のものは6~7cm。
               外側の花びらにグリーンのぼかしが入っているものがあり、
               花びらの縁には細かく切れこみがあります。
               一日花で、朝咲いて夕方には形を保ったまま落花します。
               葉はやや厚みがあるものの、椿の葉ほどの厚みや
               光沢はなく、秋に紅葉・落葉します。 
 

|

« ドクダミ 美しく | トップページ | テーマからの発想 »

コメント

おはようございます!

ナツツバキ たくさんの蕾を持っていてうらやましいです。
わが家のは 今年は一つも蕾が見当たりません。
やっぱり鉢から地植えにしたのがいけないみたいです~
移植を嫌うようです。
でも葉っぱはたくさん開いているので 来年に期待します。
雨に濡れたナツツバキ 風情があっていいですね~
蕾も可愛い!
お客様もいっぱいで楽しそうです。

投稿: fairy ring | 2011/06/20 09:47

ポージィさん こんにちは~

昨日、夫と歩いていた時、シャラの木をみて
「椿みたいな花だね~」と夫が申しまして、私は得意げに
「ナツツバキっていうのよ。シャラともいうけど!」と答えました
今がシーズンですね~
沢山のつぼみ! もうかなり咲きましたか?
あ、次回のお楽しみかしら?^^
コロンとしたつぼみも愛らしい

投稿: glenn | 2011/06/20 12:33

うちの庭にも今、夏椿咲いてます!
今の家に引っ越してから今年で5年目になるんですが、初めて花を咲かせたんです♪
へぇ~こんな綺麗な花を咲かすんだぁ~と毎日愛おしく眺めてます。
暑い夏、白が涼しげでいいですよね。

投稿: tomona | 2011/06/20 13:23

こんにちは。
ナツツバキ、たくさんの蕾をつけていますね。
そうか、一日花なのですか。
さればこそまた、儚さを漂わせる美しさがあるのですね。
一輪一輪から、儚げな雰囲気を感じますよ。
雨の中に咲き、儚く、雨に散っていく花・・・・
「雨に咲く花」という歌を歌います(笑)
 ♪およばぬことと 諦めました
  だけど恋しい あの人よ
  儘になるなら いま一度
  ひと目だけでも 逢いたいの♪

投稿: 鎌ちゃん | 2011/06/20 13:26

美人な花ですね。
すごいたくさんの蕾が付くのですね。
蕾も気品があるし、花も美人だしお庭にあると良いですね。
雨に打たれた花も綺麗ですよ。
今日は久々に太陽が出て暑いです。
今日はたくさん咲いているでしょうね。

投稿: ロッキーママ | 2011/06/20 15:12

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
fairy ringさんのお宅のナツツバキ、今年は蕾が付きませんでしたか。
鉢植えから地植えになって、今はじっとそこに馴染むことに
エネルギーを費やしているんですね、きっと。
しっかり根付いたら、毎年たくさん咲くようになりますね。
わが家のも、こんなにたくさん咲くようになったのはこの3~4年です。
来年以降が楽しみですね。

雨に濡れた風情もなかなか素適なんですけれど、開花から散るまで
強い雨に打たれるだけの花はちょっと可哀想な気がします。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
わぁ 昨日お二人でご覧になって話をされたばかりだったんですね。
シーズンですね。うちの近くでは、ナツツバキの開花の少し前から
ヒメシャラも咲き始めています。
咲き始めてから10日。もうかなり咲きましたよ~
足元には落花がたくさん。(落ちるとすぐ茶色くなっちゃいます)
でもまだ当分楽しませてもらえそうです(^^)


◆tomonaさん、ありがとうございます ♪

tomonaさんのお庭にも植えられているのですね。シンボルツリー?
今年が記念すべき初開花ですか~ それは嬉しいですね!
私は貴婦人と呼んではばからないのですが(笑)、ほんと綺麗な花ですよね。
楚々とした風情も梅雨時を爽やかに演出してくれますし。
最後の一輪の落花まで楽しんでくださいね(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、おかげさまで今年もたくさん蕾をつけてくれました。
うちの庭は日当たりが悪くて枯れてしまうものも多いのですが、
ナツツバキは何とか気に入ってくれて、この3~4年ぐんと花付きが増しました。
一日花ならではの儚さ… ありますねぇ。
4月に蕾が見えてきてから2ヶ月してやっと咲いたと思ったら
もう散っていく。しかも雨の仲に咲き雨に散っていくのですから。
「雨に咲く花」知りませんでしたが、ほんと夏椿を思い描いて
歌ってもぴったり当てはまりますね。
素適な歌を有難うございました。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/20 15:17

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

去年に続いて今年も、植えてから最高の蕾の数のような気がします。
枝も伸びますから、すっかり根付いて木の調子がいいのでしょうね。
日当たりがいまひとつの庭の環境が、ナツツバキにとっては乾きすぎずに
良いのかもしれません。
花は美人さんですよね。毎年見るたびほれぼれとしています。
仰るように雨も陽射しもよく似合います。

そちらでは今日は陽射しが出ましたか。こちらは明るめの曇りでしたが、
しばらく前から弱い雨が降り始めました。曇り一時雨の予報どおりです。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/20 15:22

こんなに蕾があったら長いこと楽しめそうですね。
この花はとっても好き!
花びらがまたなんとも言えずheart02
ちょっと緑っぽい?
茶室にも似合いそうです。あればなぁ~って、花もないですけど~happy02
雨に似合うのは紫陽花くらいでしょうか?
雨の時に咲いてしまうとね・・・これも定めでしょうか。
夏椿と言っても夏真っ盛りじゃなかったのね?

投稿: 池田姫 | 2011/06/20 16:17

ポージィさん、こんにちは。平家物語の「沙羅双樹の花の色。聖者必衰の理を表はす」にある沙羅の樹ですか?
お釈迦様の涅槃の時に四隅に沙羅があったとか・・
だとしたらとても高貴な樹なのですね。見たことがありません。まったくお恥ずかしい。
2階のべらんだから写すくらいだからかなり大きな木なのですね。花が一日花とは、聖者必衰に通じます。
直径が6~7㎝もあるのですね。かなり見応えのある花でしょう。我が家にも椿はあります。真っ赤な花を咲かせます。花びらを拾い集めて大皿に浮かべて楽しみます。

投稿: polo181 | 2011/06/20 16:53

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

姫さまもお好きですか(^^) 私も大好き~heart04
はい、夏椿ですが毎年梅雨時に咲きますよ。初夏の花ですね。
去年は、7月の初めまで楽しめました。今年も多分そのくらいは。
そうそう、真っ白なんですけど、うちのはそのうち1枚にだけ
薄緑の丸いぼかしが入っているんです。よそのはどうか知りませんが。
そのことや花びらのふちの細かい切れ込みとか、とにかく
あそこが良いここが良いと愛でております(笑)
茶室にももちろん似合うでしょうね~ でも、一日花ですからね。
朝のうちの茶席に限定で使わないとhappy02


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
別名の「シャラノキ」も「沙羅双樹」と呼ばれることがあることも、
実はとても紛らわしいものなのですよ。
ここに書くのは長くなって大変なので怠慢してリンクを貼らせていただきますね。
http://www.hana300.com/natutu.html
こちら↑のページの中ほどの説明をお読みください。

というわけで、夏椿はお釈迦様とは無関係の木です。けれど梅雨空の下に咲く
儚い一日花は仏教の無常とつながるものはありますね。そんなことから
お寺に植えられていることも多いのかもしれません。
とても美しい花です。けれど一日で落花し、落ちればみるみるうちに
土へと帰していきますから、冬から春に咲く椿でpoloさんがされるように、
花びらを水に浮かべて愛でる間も与えられません。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/20 17:31

蕾がいっぱいで楽しみなナツツバキですね。
ナツツバキは白い花も素敵ですが、丸い蕾にも惹かれます。
カメムシやアブばかりではなくカナヘビまで葉っぱに上がってきましたか。
食べ物になる虫が多いと知っているのでしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/06/20 20:36

ふと気が付くと夏椿の季節なんですよね~、ポージィさん家のは蕾がスゴイですね。
「ロココの庭」のはなぜか持ち主に似ずスリムで・・・こんなにビッシリ蕾を持ったことがない・・・。
この樹が欲しくて欲しくって・・・それも株立ちにするのが夢でした、まだバラに夢中になるずっと前の話しです。
そして通販で小さな苗を購入しました、なのに・・・なのにですよ、主人が雪囲いの時に一本立ちになるように剪定しちゃいまして・・・気が付いた時には後の祭りcoldsweats01 チョット悲しいweep けれど、花は清楚でとても気に入っています。
ポージィさん家のイッパイ咲いた写真、早くみたい!!

投稿: ロココ | 2011/06/20 20:59

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

今年もたくさん蕾をつけてくれて、しばらく楽しませてもらえそうです。
蕾にもご注目いただきありがとうございます。
最初に顔を出したころから咲く直前の約2ヶ月間、蕾の変化していく
様子も楽しめます。咲く直前の真珠のような姿も魅力ですね。
色んなものが集まってきますね。蜂もよく来ています。
が、今日は来て欲しくないお客さんがいてショックでした。
ゴマダラカミキリが2匹もいたのです。幹の中に卵を産みつけられたら
枯らされてしまうかも知れません…
せっかく記事もアップして幸せ気分でいたのに水を差されました。


◆ロココさん、ありがとうございます ♪

梅雨入りと時を同じくして咲き始めるナツツバキ。
今年もたくさん蕾をつけてくれました。これだけ多いのは昨年からです。
木が充実してきたんでしょうね。植えてからもう10年以上経っているはず。
最初の何年かはわずかしか咲かない年もありましたよ。
でも今日、ゴマダラカミキリが2匹もとまって皮を齧っていたのです。
ショック こんな花付きは見納めかもしれませんcoldsweats02

ロココさんのお庭のナツツバキももう咲きましたか?もう少し後でしょうか。
あらら…株立ちしたてにするはずが一本立ちしたてに変身しちゃいましたか。
雪で枝が折れてはいけないと気を遣ってくださったのでしょうね。
でもがっかりされましたね(^^;)
でも、そうですね、樹形はどんなであれ花は同じく素適です。
ばらばらと咲くので枝いっぱいに満開の写真は難しいですけれど、
次回はもう少し咲き進んだ様子をアップできると思います。

投稿: ポージィ | 2011/06/20 23:01

おはようございます。
お庭にナツツバキがあっていいですね。
気品があります。
通りすがりの家に昨日もきれいに咲いておりました。
ご近所のはだめになりかけていたのですが、今年は1つも咲いていません。
ということは難しいのでしょうか。

投稿: tona | 2011/06/21 08:04

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
狭い庭に何を植えようと、散々悩んで迷った末に選んだのがナツツバキでした。
何年間かは花数も少なかったですけれど、この2~3年はぐんと増え、
愛しい思いで眺めております。
病害虫も少なく難しくないと書かれていたからこそ選んだのですよ(^^)
でも西日などカンカン当たって根元が乾燥しすぎは厳しいようです。
うちの庭の日当たりの悪さもいいのかもしれませんね。

でも、昨日は心配の種を発見してしまいました。ゴマダラカミキリが
2匹もとまっていたのです。あれが卵を産み付けて幼虫が中にもぐりこんだら
枯らされてしまうかもしれません。大きくなりましたが株立ちで、
それぞれの幹も枝もほっそりしていますし…
庭の中でいちばん愛している木だけに、今とても心配です。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/21 09:18

写真で見るのと実物は大分イメージが違いました。
そうです!僕も先日出会いがあったのです。
一枚の花弁に色が差すところが、なんとも可愛らしいですね。あと花弁のフリルも素敵でした。
ポージィさんちのは俄然花付きが良いですね。
蕾は時間差で開くのでしょうね。一日花ですから。
一斉に咲いたらさぞ素敵だろうなあ、なんて思ってしまいます。

投稿: noodles3 | 2011/06/21 18:58

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

あらら? これまで実際にはご覧になったことありませんでしたか。
写真と実物とのイメージの違い… 悪い方ではなかったようですね。
そうなんです、1枚にだけ入る緑のぼかしや花弁のフリル、
若い蕾(←ご紹介していませんが)ころんとした大粒真珠のような蕾、
どれもが可愛くて… って、まるで親ばかですね、私(^^;)
うちのは去年と今年、最高に花付きがよくなっています。
仰るように開花は時間差ですが、ピーク時は同時にいくつも咲くので
結構華やかです。

投稿: ポージィ | 2011/06/21 20:13

夏の話題ですね。。
いまさら桜を出している場合では無いみたいですね。。

投稿: ふくやぎ | 2011/06/21 23:44

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

私にしては珍しく旬の話題ですよ~
なにせ、窓から手が届くほどの目の前に咲いていますから。
 
過ぎし日の桜もよいものですよ。
花の真っ盛りに見るのとは一味違う感慨があります。
これ本音ですからね(^^)

投稿: ポージィ | 2011/06/22 08:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51957779

この記事へのトラックバック一覧です: 夏椿(ナツツバキ) 2011 -その1-:

« ドクダミ 美しく | トップページ | テーマからの発想 »