« 今年の「ナガミヒナゲシ」 | トップページ | 蝶よ花よ鳥よ »

2011/06/01

マミフラワーデザイン展 2011

5月26日~31日に前・中・後期の6日間開催された「マミフラワーデザイン展」、
無事閉会となりました。 私も中期の自分の番が終わった後はホッとして少々
気が抜けた状態になっています。 皆さま応援ありがとうございました。
 
    110529_2
                    ウェルカム フラワー
 
 
    110529_4
            本部の先生方の手による「花くばり」の作品
      (「花くばり」=自然素材使って花をとめ、全体の調和を考えた作品)
 
 
 
  それでは恒例、自作品をお披露目させていただきます~
  今回の展示会は、「花くばり」「花をまとう」「植物のオブジェ」の3つのテーマに
  分かれていて、私は「植物のオブジェ」の中の-小さな空間- へ出品しました。
       (tulip写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
    110529_16
                      -小さな空間-
         私のスペースは 真ん中 W25cm×H55cm×D33cm の縦長
         両面見なので向こうの作品、向こうの向こうの作品も見えます
 
 
         110527_
         花材:ドウダンツツジ、角材、アスパラガス・プルサーモス
 
        搬入・展示直後の写真なので、実際に見ていただいたときは
       アスパラガスの巻き付き方が自然に変わっていたかもしれません
 
 
         110527_6
                       部分アップ
 
 
  最初に考え始めたころは自分の中のテーマをはっきり形にしたものでしたが、
  検討を重ねるうちにだんだん削ぎ落とされ、最終的にこんなのになりました。
  ドウダンツツジと木材のキューブの積み重ねによるささやかな主張のみですが、
  見てくださった方それぞれの感性で、自由に何か感じていただければと
  思っています。
 
 
 
    110529_13
        本部の先生の手による植物のオブジェ(ナチュラルアート)
 
 
  
                      かくして終わったのでした。 開放感
 
 
  写真を撮っても構わないということで喜んでいたのですが、またまたカメラの
  (というかXDピクチャーカードのかな?)調子が悪くなり、あまり撮れず残念
  でした。
 

|

« 今年の「ナガミヒナゲシ」 | トップページ | 蝶よ花よ鳥よ »

コメント

おはようございます!

素敵な空間ですね~
ドウダンツツジの枝をこのように使われるとは・・・
アスパラガスの茎がまたなんともいえないいい味を出しています。
ポージィ さんの発想には いつも驚かされます。
感性を研ぎ澄まされていらっしゃるのでしょうね。
素敵です!

投稿: fairy ring | 2011/06/01 10:02

こんにちは。
とても前衛的な空間ですね。
こういう発想ができる人の頭の中の構造ってどんなのだろうと、
覗いてみたくなりますよ。
ドウダンツツジ・角材・アスパラガス・プルサーモス、
これらが、どこでどのように使われているのでしょうね。
芸術を解しない私の素朴な疑問です。

とにかく相当な精力を注がれただろうことは解ります。
ご成功おめでとうございました。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/06/01 12:33

会場の空調の関係でツルものは変わってしまいますよね。
でも素敵でしたよ。
今回は全体的に涼しげな素材、花材でしたね。
ポージィさんの作品のそばの壁にあった葉を使った作品が勉強になりました。
良い機会をいただき、ありがとうございました。

投稿: ロッキーママ | 2011/06/01 12:38

おもしろいですねー.角材と枝と,かつて生きていた素材が形を変えて構成されて,それがまた全体で生命を作っているようです.
途中の木材をハンマーでコンっと叩くと,だるま落としとして遊べるんですね.

投稿: LiLA管理人 | 2011/06/01 13:48

ポージィさん こんにちは~

昨年とはまたがらりと違った雰囲気で
こういうポージィさんもあるのかぁと驚きました
会場ではあまり感じなかったのですが、
大きな写真で見せていただくと「危うい均衡」という言葉が浮かんできました
白木と茶に絡まるグリーンがとてもきれいでした

銀ブラは雨だったのでできませんでしたが、震災以来
はじめての東京で楽しませていただけました
ありがとうございました^^

投稿: glenn | 2011/06/01 14:49

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
小さな空間、なかなか面白かったです。それぞれの方によって
いろいろな演出があって(^^)
ドウダンツツジの枝で作ったキューブを面白く感じていただけて良かった。
実は思ったより強度が出なかったのが誤算でしたが(^^;)
いえいえ、感性はちっとも研ぎ澄まされてはいないのですが、
今回はたまたま思いつきました。
アスパラガス、ありがとうございます♪


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
前衛的にお見えになりましたか(^^)
マミフラワーデザインでは結構造形が多いので、私の今度のくらいだと
普通かなという感じですが、たぶん生け花の方をよくご覧になっている
鎌ちゃんの目にはあまり馴染みのないフラワーデザインかもしれませんね。
「花」を全然使ってませんしね。
花材のところ、「・」と「、」を区別しないで書いてしまっていたので
訂正しました。小枝を固めて作ったキューブがドウダンツツジ、
白木を切って面取りしてヤスリがけしたキューブが角材、
緑の細いグネグネした線がアスパラガス・プルモーサスの茎なんです。
ということで「植物のオブジェ」となります。
そうなんです~ずっごく時間がかかりました。お察ししただけて
労が報われました~(笑)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

今回は自然に変化していくのは良しとして、水もあげませんでした。
搬入の後と、搬出前ではやっぱりちょっと変わっていました。
こういう会場は乾きが早いですものね。

そうですね、やはり去年よりもう少し季節が進んだ初夏ということで、
皆さん使われる花材もそれらしいものが多くなったように思います。
私の近くの壁にあった葉を使った作品…とっさに思い出せずにいますが、
ロッキーママさんが参考になされそうなものだったのですね。よかったです。
こちらこそありがとうございました。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

かって生きていた素材が形を変えてまた生命を持つ。
いいこと仰ってくださいますね!
それこそ、マミフラワーデザインスクールが私たちに教えんとしていることの
大きな要素のひとつだと思います。もう少し完成度を高く作りあげられると
良かったのですが…
え? アハハ だるま落とし~ これでうまく落とすのは難しいですよ~
何せ微妙なとこでバランスとってますからね(^^)


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
雨の中遠いところをいらしてくださってありがとうございました。
そうですね、昨年は「可愛い」雰囲気だったのが、今年は花を使わず
何か危うさを感じさせるような。書いてくださったように「危うい均衡」って
感じがしますねー 実際、吊って支えてました(^^;)
私の別な顔、見られてしまいましたね~(笑)
グリーンの線、効いていましたか?良かったぁ。
こちらこそ、本当にありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/01 15:51

不安定だけどバランスをとっている
緊張感が感じられますsign03
自然界とリンクしてる感じflair

ドウダンツツジの枝を固める作業sweat02
緻密な手作業はなんとも
細やかな性格が表れてますねcatface

投稿: hanahanakz | 2011/06/01 16:53

お疲れ様でした。
難しいですね、いや、難しく考えちゃいけないんですよね。
アートかしら?
奥が深いというか・・・
ポージィさん、何にしようか考えるに頭が痛くなりませんでしたか?
あっ そう言う人にはできないってことね^^
芸術作品を見るようです。
ウェルカムフラワーがなぜかほっとします。
私ってかなり遅れていますね。

投稿: 池田姫 | 2011/06/01 17:59

えっ・・・ドウダンツツジって?
小枝を集めて四角く固めた茶色のが・・・そうですか?
あっら~、また今までの作品と雰囲気が違いますね~。
でも面白い。
確かに向こうの向こうまで見えます。
微妙なバランスを保った先に見える向こうと向こうの向こうは
二次元(画像)を通して見せる三次元の世界ですね。
それにポージィさんの作品の色合いと向こうの色合いに違和感がない。

プフ、LiLA管理人さんのだるま落としには大笑い。

過去記事のコゲラと雀のバトル、二つとも読みました。
クマゲラの「ダーウィンが来た」、私も見ていました。
野生の世界は生きるか死ぬかの世界。
揺れ動いたポージィさんの心が野生に対しての優しい理解に落ち着いたのを知り感動しました。さすがポージィさんらしいと。
今回の作品にコゲラの巣を重ねてしまいました。

投稿: あまもり | 2011/06/01 18:05

フラワーデザイン展 ご苦労様でした。smile
作品拝見しました。何となく、普通のフラワーデザインと思っていたので、ちょっと驚きました。delicious
植物素材を使った造形美なのですね sign03

ドウダンツツジと白木のブロックの組み合わせが、不安定そうな中で組み合わされ、アスパラの枝がそれを取り仕切っているようで、面白く思いました。happy01

ブロックを安定化させるのと、eye アスパラの張りを期間中持たせるのは eye、大変ではなかったですか?sign02

投稿: プロフユキ | 2011/06/01 18:20

◆hanahanakzさん、ありがとうございます ♪

ご感想をありがとう~~
不安定さの中のバランス 緊張感 自然界とのリンク
なるほどぉ 色々感じてくださって嬉しいです(^^)

性格的にも生活も決して細やかじゃないのに、
なぜか作るものは細かいものを作りたくなるんですよぅ。
変だ…笑


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

今回の私の出品は「植物のオブジェ」のコーナーでしたからね~
こういうのはフローラルアートと言い方もすると思います。
何か感じていただいても、言葉にするのは難しいかもしれませんね。
こういう作品には(^^;)
あら、何にしようかどんな風にしようか考えるのは思い切り頭痛いですよー。
搬入のときもした後も頭痛め続けてます。もうどうしようもないのに(笑)
会場にはちゃんとお花を使った「花くばり」のコーナーもあったんですよ。
姫さまはお花が使われたデザインの方がお好きなのでしょうね。
私は元はお花をたくさん使ったものが好きでしたが、だんだん
造形も面白くなってきました。


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

今回は植物のオブジェのコーナーへの出品を選んだので、こんなのになりました。
花を一切使わずここまでシンプルなのを作ったのは初めてです。
面白く感じていただけて嬉しいです。頑張って枝を固めた甲斐があった(笑)
両面見の展示台とは聞いていましたが、向こうの作品、向こうの向こうの作品まで
見通せることまで考えが行っていなくて、搬入に行ってみてへぇ~と
面白く思いました。私のは色がこんなだから、他の方のとも喧嘩しませんね。

ウフ だるま落としには笑えましたよね。

以前の記事も読んでくださってありがとうございます。
ダーウィンが来たもご覧になってたんですね。私は毎回は見てないんですが
あの時はたまたま見られて、クマゲラがコゲラとあまりに重なってびっくりでした。
自然界の厳しさは頭ではよく分かっているつもりなのですが、コゲラに愛着を
覚えてしまった後で乗っ取りと雛の死を見ることになって、さすがに動揺しました。
でもやっぱりありのままを受け入れるしかありませんね。
それが地球の自然界の掟なのですから。

あぁ、ほんとだ。私の作品の危ういバランスが、コゲラの巣にも繋がりますね♪


◆プロフユキさん、ありがとうございます ♪

ご感想をありがとうございますhappy01
今回、3つのコーナーの中から植物のオブジェのコーナーへの出品を選び、
こんな作品となりました。まったく花を使わない作品は初めて作りましたよ~

なるほど、アスパラの存在をそのように感じてくださったのですね。
皆さんが感じてくださること拝見すると勉強になりますし楽しいです。

ブロックは、枝を固めたものが予想以上に強度が無くて苦労しました。
結局、底面固定だけでなく上からてぐすで吊って支えています。
アスパラの張りは、丸2日何とか持てば良し、として乾くに任せました。
少し巻き付き方が変化しましたが、何とか持ってくれました~ ホッsweat01
 

投稿: ポージィ | 2011/06/01 19:16

たった二つの花材というシンプルな構成に力強さを感じました。
ドウダンツツジのブロックを作るのは時間がかかったでしょうね。
どれもいい写真になっていますね。
私がお邪魔した時は、鑑賞する人が多くて複数の作品を一つの画面に入れることが出来ませんでした。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/06/01 19:28

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃん、あらためてありがとうございました。
シンプルなところに力強さをお感じいただけたとのこと、
最初に考えたところから削っていってシンプルにしたことが功を奏した
のですね。良かったです。
はい、ドウダンツツジのブロック作りは結構根気のいる作業でした。
おーちゃんがいらしたころはかなり混んでいましたか。土日はいつもかなり。
自作品の写真は、搬入のその日に撮ってきたものですし、
本部の先生方制作のお花は、たまたま人が途切れたとき撮ることができました。

でも、少し撮ったらカメラが記録カードを拒否し始めてしまって…
はてこれからどうしようと悩んでいるところです。

投稿: ポージィ | 2011/06/01 21:44

気が抜けてしまわれた・・そうでしょうね。
本当にこんな立派な展示会に出品されるということは、実力ある方でも大変なことですね。
大役を果たされ本当にお疲れ様でした。

どんな植物をも素材にして、そこには主張もあって、芸術家でもあって、とても普通の感覚では表現できません。見ごたえありました。素晴らしかったです。

カメラの調子が悪くなってしまわれたそうで、残念でしたね。カメラってどんな時でも調子悪くなると身体の一部が具合悪くなったようで困ります。

投稿: tona | 2011/06/02 08:24

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

本部のスタッフの方々に比べれば、自分の作品にだけ頭を悩ませていればいい
一出品者の私など、楽なものなのでしょうけれど、なにせ東京まで出かける
という、それだけで疲れてしまうヒトなので…(^^;)
皆さんの作品を、見たようで見ていない状態の私ですが、それでも
皆さんの発想の豊かさや工夫にはいつもながら驚き感心させられると同時に
植物を観察することの大切さを教えられます。ついつい忘れて、なかなかできない
のですけれど。

カメラやパソコンが不調になるとほんと嫌ですね。もう切っても切り離せない関係。
仰るように身体の一部のような感じです。

投稿: ポージィ | 2011/06/02 09:31

6月に入りましたね。cloud

今年もやって参りました「マミフラワーデザイン展」。virgo楽しみにしておりました。
まぁ、ステキ! "The Arts" heart04

どのようしたら、このような発想が生まれるのでしょうか! good
素晴らしいです!やはり、ポージィさんらしく繊細そして力強さある作品ですね。お見事! crown(何だか、偉そうにコメントしていますね、私って(ノ∀`) アチャー)
仕上げるのが大変だったのではないですか?達成感とお疲れと、しかしながら、もしかしたら、頭の中は、来年の作品のことをお考えだったりして?
ステキなものを見せて頂いて有難うございました。happy01


投稿: 福 | 2011/06/03 09:19

◆福さん、ありがとうございます ♪

6月ですね。早くも1年の真ん中に来ました。
こちらの6月は4月の気温でスタート。今日からは気温が上がってくるようで
ほっとしています。暑くなったらなったでふぅふぅ言うのですけれど。

楽しみにしてくださっていたのですか。ご感想をありがとうございますhappy01
ちっとも偉そうになんてことないです~ シンプルなのに作るのにやたらと
時間がかかりましたですthink なぜか細かい作業を入れてしまう私。
面倒くさがり屋なのになぜなんだか??
今年の展示会は全体的にナチュラルアート的作品の多い展示会となりました。
震災の影響などもあってのことだったかもしれません。
え、来年の作品ですか? いやいやdollarこちらの問題がありますから
来年も出品できるかどうかは不明です…
でも、こうした展示会にはやっぱり刺激を受けますね。あれこれ妄想だけは
頭の中でうごめいているようですhappy02

投稿: ポージィ | 2011/06/03 09:37

こんばんわ~
今回の作品は最初チョット戸惑ってしまいました
フラワーデザイン展ていったら・・・
「色とりどりの花がイッパイ!」って言うイメージだったので・・・
ドウダンツツジ?アスパラガス??エッどこ??なんて・・・coldsweats01
アップの写真でやっと納得happy01 
デザインとしてはとてもステキなオブジェですね。

投稿: ロココ | 2011/06/03 23:14

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
ですよね~ 戸惑われるのももっともです。
花を一輪も使わなかった今回の私の作品。木工作に見える(^^;)
フラワー展といっても、この頃では生花を使った作品だけでなく、
植物素材を使ったフラワーアート作品的なものも増えています。
フラワーデザインってすごく範囲が広いなーと思います。
そのうち今度は細分化され始めたりして。私は花をたくさん使ったのも
こういう造形的なのも好きなので、そうならないで欲しいですけど。

投稿: ポージィ | 2011/06/04 09:19

いつも、頑張ってますね~sign03

お疲れ様でしたheart04

私は、発想が貧困なので・・・感心するばかりですlovely

凄いね~

子供にいつも言われます「おかさんの友達って、凄いひとばかりだけど、お母さんは普通だね~」ってsweat01

この前もみゃおが中日新聞にデカデカと写真付で載るしsign03

私も、みんなみたいに頑張ろうって、少し張りきろうとおもってますgood

投稿: はるみ | 2011/06/08 18:42

◆はるみさん、ありがとうございます ♪

ありがとう~happy01
今回は出品をどうしようか散々迷ったのだけど、結局出す決心を。
出したければ出せるのだけど、作品はどうだったのやら…coldsweats01
はるちゃんの発想が貧困? そんなことないでしょ。形が違うだけで
はるちゃんも素適な発想発揮しているし頑張っている人でもあると思ってます。
身内の点数つけは辛いのだ。
でも、他の人にいい刺激を受けて頑張ろうと思うのはいいことだよね。
私もいろんな人からたくさん刺激をいただいてますwink

投稿: ポージィ | 2011/06/08 19:51

当日大盛況で、一つひとつの作品をじっくり観るが困難なほどでした。
質素で繊細な作品で、直接お会いしたことがあいのに、実にポージィさんらしい作品だなと思いました。悟郎さんとも共通の感想です。
アスパラガスの使い方がユニークで、関心しました。このジャンルは僕も作れそうな気がします。
楽しそうです。

投稿: noodles3 | 2011/06/09 19:01

◆noodles3さん、たくさんありがとうございます ♪

お天気悪い中見にいらしてくださったこと、あらためてありがとうございました。
ドキドキのご感想もありがとうございます、嬉しいです。
お二人ともポージィらしいと感じてくださいましたか。
いろいろな雰囲気のものを作ってきましたが、自分の意に染まないものは
作らないわけで、そうするとやはり自分らしいものになるのでしょうね。
去年も積み上げた器作りにすごく時間が掛かりましたが、今回も
小枝のキューブつくりと角材キューブの面取りやすりがけにすごく時間が
掛かりました。面倒くさがり屋なのにどうして細かいことを考え付いて
しまうのかわれながら不思議です(笑)

植物を使ったオブジェ、皆さんそれぞれの発想が面白かったり、
感心させられたりですね。
noodlesさんも何かぜひ。デザインにお詳しく絵画をなさっていらした
noodlesさんがどんな発想をされるのか興味津々ですヨ。

投稿: ポージィ | 2011/06/09 19:55

ご無沙汰してます。
相変わらず素敵な作品を作られていて、勉強になります。
展覧会、是非拝見したいと思っていましたが、都合で行けず残念でした。
mixiも見ていただいてありがとうございます!
反対になかなかコメントもできずすみません。

また展覧会などの際は是非お知らせ下さいね。
またそのうち、お会いしたいです♪

投稿: ともな | 2011/06/11 08:56

◆ともなさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。お久し振りです~
いえいえ、こちらこそご無沙汰してしまっています。
大変な目にもあわれましたが、ひとつひとつ乗り越えて
いらしているともなさんに力強さを感じています。

展示会作品ご覧いただいてありがとう。
遠いしお子さんもいるしと思って、個人的には連絡もしないでしまいました。
ドライやプリザーブドも含め、花をまったく使っていない作品で
ちょっとびっくりされたかもしれませんね。
記事では自分の作品しかご紹介できていませんが、色んなのがあって
面白かったですよ。当たり前ながら、今回もとてもマミフラワーらしい
展示会だったと思います。

なかなかお会いできないままですものね。いつか必ず!(^^)

投稿: ポージィ | 2011/06/11 10:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51808337

この記事へのトラックバック一覧です: マミフラワーデザイン展 2011:

« 今年の「ナガミヒナゲシ」 | トップページ | 蝶よ花よ鳥よ »