« マミフラワーデザイン展 2011 | トップページ | 森の春 »

2011/06/03

蝶よ花よ鳥よ

今日から3回、過ぎていった春を懐かしんでください。
といっても、北の地方では今がちょうどこのくらいの季節と気温、というところも
ありますね。長い日本列島ですから。 記事アップが遅いことの苦しい弁解。
 
……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ………
 
4月の下旬、隣市の公園で見かけました。
       (tulip写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
 
       110424_2wakakehonseiinko2_cut
 
         桜の花をしきりに食べていたのは… ワカケホンセイインコ
 
 
       110424_1wakakehonseiinko1_cut
 
                        なにか?
 
 
 
 
       110424_27nodisha2
 
          ノヂシャ(オミナエシ科・ノヂシャ属)にとまっていたのは
 
 
       110424_26nodisha1_cut
 
                       ベニシジミ
 
 
 
 
       110424_5seribahiensou2
 
                足元をスィーッと飛んでいったのは
 
 
       110424_6seribahiensou3
 
           セリバヒエンソウ(キンポウゲ科・デルフィニウム属)
        なんで「飛んで」なのか? それはね 芹葉「飛燕」草だから(^^)
                ちなみに属名のデルフィニウムは
           蕾の形がイルカに似ていることから付けられたそう
                こちらはスィーッと「泳いで」ですね
 
 
 
  飛ぶものつながりで集めてみましたが、ちょっと無理があったかしら。
  
  ノヂシャは昨年近くの川沿いで初めてであった花。昨年の記事は→コチラ
  セリバヒエンソウは数年前に初めてであって以来、ファンになった花。
  今年も会えてよかったです confident
 

|

« マミフラワーデザイン展 2011 | トップページ | 森の春 »

コメント

こんにちは。
ワカケホンセイインコ・・・・
へ~~、これが放し飼いにされて、公園で生活しているのですかね。
飼育されているのでしょうか。

ベニシジミ・・・・上手に撮られましたね。
小さな蝶なのに、鮮明に模様が見られます。

セリバヒエンソウ・・・・
初めて見ました。
燕が飛ぶようなイメージなのですね。
私もファンになりそうです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/06/03 12:12

野生のインコですか。
逃げ出したインコが野生になっているのかな。
でも、なんか違和感がありますね。

ヒエンソウの蕾、イルカに見えます。
初めて知りました。
かわいいですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/06/03 13:44

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ワカケホンセイインコは、ペットが逃げ出して野生化して増えたものだと思います。
東京で繁殖して大きな群れになっていると聞いたことがあります。
神奈川の方にも来ているんですね。このとき見たのはこの1羽だけでしたけれど。

ベニシジミは数回シャッターを押した内1枚だけまともに撮れました。
あとはぼけぼけで。そんな1枚は記念にアップしなくては(^^)

セリバヒエンソウは帰化植物だそうですが、この見た感じは和風で通りますね。
フラワーアレンジメントでデルフィニウムはよく使う好きな花ですが、
その原種のような姿も、この花のファンになった理由の一つかもしれません。
実はこのところ毎年アップしていて、鎌ちゃんにも見ていただいているのですが、
まだそちらへは飛んでいっていないようですね。実際に見ていただける日が
くるといいですね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ワカケホンセイインコは、逃げ出したのが野生化しているのだと思いますよ。
以前東京で大きな群れを作っていると見聞きしたことがあります。
今でも群れでいるのかしら??神奈川にもいるんですね。
桜に南国系のインコ、違和感ありますね(^^;)

セリバヒエンソウの蕾、デルフィニウムの蕾、イルカに見えますね。
私はツバメの姿の方はなかなか重ねられませんでした。
蕾も花もなかなかの可愛さです(^^)
 

投稿: ポージィ | 2011/06/03 15:57

わあ、噂には聞いておりましたが、このインコにお会いになりましたか?
しかし逞しいものですね。
ガビチョウのように茶色だと目立たないけど、こちらはどこか南国を彷彿とさせます。
まだベニシジミに会えていないんですよ。
オレンジを早く見たいです。
今日は過ごし易いけど、昨日までは寒いくらいでした。
灯油があとすこ~しあるんです。
使い切らないとならないんだけど、今年は大事に大事に使っていますbearing

投稿: 池田姫 | 2011/06/03 16:23

東京近辺でワカケホンセイインコが繁殖しているのを川崎に住んでいらっしゃるupplainさんから何度も見せていただいたことがあります。
巣は早稲田の杜あたりとか、これはテレビ情報ですが。「なにか?」これ最高(^o^)
ポージィさんをじっと見つめてますね。
随分カメラ慣れした目線だぁ~。

あの小さな小さなノヂシャをこんなに綺麗に撮ってあげて。真っ白ですね。
淀川のノヂシャは少し青っぽいというか、紫がかった薄い青色の花が多いです。

足下をすーっと飛んでいったセリバヒエンソウ。
ツバメと見るか、イルカと見るか。
う~ん、陸地だからやっぱりツバメですかね。
今、淀川ではツバメがいっぱい飛び交っています。
あまりにも早いので写真にはぜ~ったい撮れませぬ。

投稿: あまもり | 2011/06/03 17:29

ワカケホンセイインコは 小石川植物園や牧野庭園で 見かけました。
ユリノキなど花ごと落としているのも・・・
これ以外にもいろんなインコがいるようです。
ノジシャ このあたりにはないんです~
それにベニシジミも見かけないんです~
セリバヒエンソウはみかけるのですけどね。

投稿: fairy ring | 2011/06/03 18:06

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

会ってしまいましたよ~ ワカケさんchick
そうそう ガビチョウも逃げ出したのが繁殖して増えちゃったんでしたね。
ワカケさんは色もいかにも南国の鳥という感じで目立ちます。
よくぞまぁ、日本の気候に馴染んで自力で餌探しもして子孫を増やしてきたと
逞しさに驚きます。

え、もうあんなにたくさんの蝶とお会いになっている姫さまなのに、
ベニシジミとはまだですか。そういうこともあるんですね。
でもまぁ、そのうちにお会いになれますよ。慌てずお待ちください。

昨日までは寒かったですよね~ 4月の気温でしたもの。
うちは、今回の前の寒さの戻りのときに灯油を使い切りました。
この先はどうでしょうね。姫さまの灯油を使い切るためにはもう1度
寒の戻りがあった方がいいけど、6月ですものもうよして欲しいとも思いますsmile


◆あまもりさん、ありがとうございます ♪

川崎の方に繁殖している様子を… そうですか。東京から始まって
どんどん周辺に生息地を広げているのでしょうね。でも真冬も郊外より
ちょっと暖かそうな東京の中心地の方が冬は越しやすいでしょうね。
なにか? の顔しているでしょう~~(^^)花をくわえたままこっち見て。
10倍ズームで撮ったのですが、絶対に人の手の届かない場所とわかっている
からか悠然としていました。

淀川にもノヂシャがあるんですね。私が見たのは、去年のも今年のも
よーく見ると微かに青みがかった白かなぁ?という感じでしたが、
そちらのはもう少し青味や紫味がはっきりしていそうですね。綺麗だろうな…
その淀川にはツバメもたくさんいるんですね。いいなぁ。
ツバメも好きな鳥なんですけれど、近所ではほとんど見かけないんです。
あのスピード感、姿、巣の雛の可愛らしさ、いいですよね♪
もう少しいてもよさそうと思うんですけれど。
でもまぁこの小さな飛燕をみられたので良しとしましょう。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

ワカケさん、やっぱり東京ではあちこちで繁殖して暮らしているんですね。
神奈川でもあちこちで見られるようになってきているようで。
逞しいものですね。ヒヨちゃん同様選り好みせずになんでも食べるのかも
しれませんね。ユリノキの花も花ごとですか。ここの桜もでしたよ。
おやおや…、ほかにも逃げ出して繁殖したインコがいるのですね。

ん~ ノヂシャやベニシジミはお見掛けにならないけれどセリバヒエンソウは
よくお見掛けになる。うちの近所では逆です。ばらつきがありますね。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/03 20:11

飛ぶものをいろいろ集められて楽しいですね。
インコが桜を美味しそうに食べているところは昨年目撃しました。
大和に深見神社というのがあるのですが、ここの大ケヤキにたくさん住んでいます。
セリバヒエンソウの姿は洒落ていますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/06/03 21:08

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

飛ぶものつながり、ちょっと苦しかったですけど認めていただけてヨカッタ(^^)
そうそう、おーちゃんは前にインコをご覧になっていますね。
やはり桜を美味しそうに。私が見たときは1羽だけで食べ放題でした。
あらま 大和にもたくさん住んでいるところがあるのですね。
そのうち、家の近くでも見かけるようになるかもしれませんね。
大きな木が無いとだめでしょうけれど。
セリバヒエンソウは色も形も好きです。お洒落ですよね。
元々、切花のスプレー咲きのデルフィニウムが好きでしたから、
こちらも即好きになりました。

投稿: ポージィ | 2011/06/04 09:14

広島、冷たい長雨が続いたかと思ったら昨日から夏日です
なんか爽やかな春はあったっけ?って思うぐらい
寒い、の次は 暑い になりましたよ
今朝の散歩で畑を通ったら沢山の蝶が飛んでました
シジミ蝶とモンシロ蝶が仲良く飛んでたけど
カメラには納められなかったです
ポージィさんは花だけでなく、生き物を撮るのがホント上手だなぁ(^_^)

↓フラワー展 おつかれさまでした
角材を見て この前マゴが遊んでた木の積み木を思い出してしまいました(^_^;

投稿: miki | 2011/06/04 13:17

◆mikiさん、ありがとうございます ♪

夏日ということは25℃以上ですね。こちらも今日は夏日かな~
今回の前…5月の21日ころに気温が高くなったとき、街頭インタビューに
答えていた人が、「この頃日本は四季じゃなくて二季になってきましたからね」
って言ってたんです。mikiさんのコメントを拝見しても寒いの次は暑いで
まさに二季。心地よい時期がほんと少なくなりましたね。
mikiさんもたくさんの蝶をご覧になりましたか。蝶の飛ぶスピードって
思いのほか速くて、私は目がついていけません。
たまーにとまってじっとしていてくれるのを撮れると小躍りしたいくらい
嬉しいです。いっぱい撮っている方はどうやって撮っているんでしょ。

フラワー展、ありがとうございます。
うっふっふ 考えている途中の段階ではもっと積み木みたいなときが
あったんですよ。『いくらなんでもこれじゃただの積み木だヮ』と思って
デザインを変更したんですけど、積み木イメージも残ってましたね~
だるま落としを思い出された方もいましたよんsmile

投稿: ポージィ | 2011/06/04 17:42

ワカケホンセイインコというのですね。
単に緑色のインコと呼んでいました。
世界的にもペットが野生化したと言われていましたが、インド、スリランカに分布していたのだそうですね。
声も大きいらしいし、なんだかとても強そうな鳥ですね。まだ見ておりません。
ベニシジミと飛燕となかなか洒落ています。

それにしても飛べるなんていいですね。
あんな小さな蝶が何千キロも移動するなんて!信じられません。こんなに食べる私はもっと歩いてもいいのではと飛ぶ彼らから力を得ようとするのですが、何しろ大根足は重くて歩めません。

投稿: tona | 2011/06/04 21:12

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ワカケホンセイインコ、東京から周辺に住処を広げてきたようですが、
ご覧になっていらっしゃらないのですね。神奈川にも結構いるらしいですが
私も初めてでした。他の種類のインコも野生化してしまったのがいる
そうですし、他の違う種類の鳥でもいるようですね。侵略的外来種に
指定されているものもいるようです。

人間にとって空を飛ぶことはいつの時代も夢ですね。飛行機など飛ぶ手段は
色々ある現代でも、自ら行きたい方向へ自由に飛ぶことは不可能で憧れます。
子供のころ3~4回飛ぶ夢を見たことがありましたっけ…
腕をぱたぱたさせて飛んでいましたよ~(笑)
渡りをする蝶もいるのですよね。あの小さな体ですごいと思います。
代謝の仕方などが人間とは違うとしか思えません。
え~っ tonaさんが足が重くて歩きが足りないなどとと仰ったら、
私など完全に根が生えてます。もっと歩かなくてはいけないのは私こそですね。

投稿: ポージィ | 2011/06/04 23:06

このインコ、野鳥ですか??

あ、展示のお花、拝見しました。
私のか細い?頭でも、それとなく伝わってきます。
ありがとうございます。

投稿: ふくやぎ | 2011/06/04 23:44

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

このインコは、野生だと思いますよ。
もともとは人に飼われていたのが逃げ出し、うまく適応して
繁殖しているんだそうです。
桜と南国チックなインコ、日本人にはちょっと不思議な取り合わせですね。

展示会記事もご覧くださってありがとうございます。
か細い頭だなんて何を仰いますか~(^^;)
ふくやぎさんならではの感性にもちょっぴり何がしかお伝えすることが
できたようでほっとしました(笑)

投稿: ポージィ | 2011/06/05 09:53

<マミーフラワーデザイン展2011>
tonaさんから折角チケットを送っていただいたのに、
どうしても都合がつかず、デザイン展に行くことが
出来ませんでした。本当に申し訳なく思っています。

<蝶よ花よ鳥よ>
ワカケホンセイインコ
随分立派でしかも大きなインコのようですね。
ネットで調べたところ、東京でも野生化が伝えられて
いるとか。
全長40センチにも達するそうですから、かなり
大型の鳥ですね。

投稿: 茂彦 | 2011/06/06 19:07

◆茂彦さん、ありがとうございます ♪

フラワー展のことはどうぞお気になさらないでくださいね。
お気遣いいただいてしまってかえって申し訳ありません。

ワカケホンセイインコの野生化は、かなり前にTVで東京で群れを作っている
様子を見たことがありました。でも、こうして目の前で見ると、あらためて
野生化した群れがじわじわと生息範囲を広げているんだなぁと実感させられます。
私が見たときは高いところにいたのですが、それでも大きく感じました。
これだけの体を維持していくために、花以外に何を食べているのでしょうね。

投稿: ポージィ | 2011/06/06 19:42

ノジシャ。
正に今年初めて悟郎さんと見つけた花。
昨年の記事、何故か僕はコメントしていませんね。
写真で観るのと実際でこれだけイメージの違う花も珍しいと思います。
それだけ極小で、あとで「ノジシャ」って知ったときは名前は聞いたことがあるのに、何故いままで出逢わなかったのか?ほんとうに不思議な思いがしたものです。

投稿: noodles3 | 2011/06/09 19:05

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

ノヂシャはお二人とも今年初めての出会いでいらしたのですか。
人の手で育てられていたのが逃げ出して、だんだん広がってきたのかも
しれませんね。あるいは他の草に埋もれる前の一時しか見られなくて、
たまたまそのタイミングに出会っていなかっただけなのか、はたまた
小さすぎて見落としていたのか…
小さな花なので写真はぐっと近寄って撮ることになって、そうすると
実際より大きな花のようなイメージになりますね。

私は去年見つけた場所では再確認できずじまいでした。
すっかり気に入ったのでこれからもずっと存在していて欲しいのですけれど。

投稿: ポージィ | 2011/06/09 20:03

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51632577

この記事へのトラックバック一覧です: 蝶よ花よ鳥よ:

« マミフラワーデザイン展 2011 | トップページ | 森の春 »