« 気分は‘お絵かき’ | トップページ | 夏椿(ナツツバキ) 2011 -その1- »

2011/06/17

ドクダミ 美しく

今の季節、そこかしこでドクダミが白く美しい十字の花を咲かせています。
お隣の空き地でも、わが家の玄関前から見下ろす位置に咲いていて、出入りのとき
目を向けては楽しんでいます。その一重のドクダミたちの開花に遅れること数日、
わが家の鉢植えの「八重ドクダミ」も咲きました。
      club(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
           110606yaedokudami
 
 
     110606yaedokudami1
 
 
           110606yaedokudami3
 
           今年わが家で咲いた「ヤエドクダミ」のいちばん花です
                      ( 6/6 撮影 )
 
 
 
     110606dokudami2
 
 
           110606dokudami4
 
 
 
               雨に濡れた姿もしっとりと美しいですね
            濃い葉色と白い花が互いに引き立てあっています
 
      ドクダミはにおいがちょっときついですが、切ったり折ったりしなければ
       たいしたことありません。 一輪挿しに一本活けるだけですてきです。
 
 
      「ドクダミ」:ドクダミ科・ドクダミ属  
             文中で「白い花」と書いていますが、実際には白いのは
             総苞(花や花序の根元のところで蕾を包んでいた部分)で、
             小さな黄色が集まった部分が、雄しべと雌しべからなる
             本来の花となります。
             八重では総苞と花序が何段も重なっているように見え、
             一重では4枚の総苞の上に棒状の花序があります。
 
 

|

« 気分は‘お絵かき’ | トップページ | 夏椿(ナツツバキ) 2011 -その1- »

コメント

まだ見た事が無い八重のドクダミ。
綺麗ですね。
ドクダミとは思えません。
これなら増えても抜いたりしないのに。
うちのは残念ながら、ぜんぶ一重です。

投稿: ロッキーママ | 2011/06/17 15:21

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

一重のドクダミも清楚だと思いますよ~(^^)
でも八重は独特の可愛さ綺麗さがありますね。
どちらも放っておいたらどんどん増えるのが悩ましいところ。
私も庭に出てくるのは申し訳ないけど抜いちゃいます。
そして八重には窮屈さに耐えてもらっています(^^;)

投稿: ポージィ | 2011/06/17 16:22

こんにちは! happy01
ドクダミには八重もあるのですね。知りませんでした。happy02
切らなければにおいはきつくないとのことでしたが、wobbly 自然での匂いはやはりシングルのものよりは穏やかですか? bearing

投稿: プロフユキ | 2011/06/17 16:35

八重のドクダミすてきですねsign03

妹の家はドクダミ畑で抜いても抜いても
生えてきて厄介ですが
花が咲くと大量なのでそれは見事ですwink

もちろん一重ですが・・
厄介物ですがさわやかな花姿なので
花の時期だけ抜かないでいますcoldsweats01

投稿: hanahanakz | 2011/06/17 17:00

◆プロフユキさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
八重のドクダミ、初めてでいらっしゃいましたか。
一重とはまた違った味わい。ちょっとドレスアップした感じでしょうか。
香りは一重と八重で違いはないと思います。
切ったり傷つけたりすればどちらも強烈です~coldsweats01
私はもうけっこう慣れちゃいましたが、それでも一度にたくさんの
濃厚なのを嗅ぐのは遠慮しておきたいです。


◆hanahanakzさん、ありがとうございます ♪

野っ原だったころはドクダミ群生のイメージではありませんでしたが、
現在はドクダミ畑になっているんですかeye
増えますもんね~ 地下でどんどん増えるから抜いても簡単には
なくなりませんね。でも一面に花が咲いたところはやっぱり素適。
白い花が爽やかclovercute。今、ちょうどその素晴らしい時期なんですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/17 17:53

雨にドクダミや紫陽花が美しく輝いていて、雨に似合うことを強く感じます。
八重のドクダミの花は一重のドクダミのように目立ってないようですが、どの部分が花なのでしょうか。
1番上の丸い部分?その下の点々とした黄色の部分?その下の3段くらいある一番上の方のですか?
すみません。教えてください。

投稿: tona | 2011/06/17 19:39

八重ドクダミの姿はドクダミとは思わせないものがありますね。
私は鼻が悪いのでドクダミの臭いが全く気にならず、あちこちに蔓延っている花を楽しんでいます。
お隣に斑入りドクダミがあり、聞くと我が家から嫁入りしたものらしのですが、我が家のはかなり前に姿を消しています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/06/17 20:06

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

こんばんは、お帰りなさい(^^)
今日も小雨が降り続きましたが、紫陽花やドクダミがしっとりと
美しさを放っていましたね。
ヤエドクダミは、私はまだその辺の道端などでは見かけたことがありません。
うちのは花の先生から分けていただいたものですが、その前はどこから
だったのかは聞き忘れたままでいます。
ヤエドクダミの花の部分は、白い総苞の間、間に点在する黄色の部分です。
一重が円錐状にまとまっているのに対して、八重は何段にも総苞と
サンドイッチ状についている感じですね。
この八重の写真では、まだ粒々で花開いていませんでしたね(^^;)


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ヤエドクダミは1枚1枚の総苞の大きさが小さく、どことなく透明感があり、
円錐状に積み重なっていることから、私はドレッシーに感じています。
綺麗ですね。
においは見る分にはすぐ横を通っても全然気になりませんね。
庭に生えてきたのをゴメンねと抜く(ちぎる?)と匂いますが、
1~2本では大して気になるほどでもありません。
おや、おーちゃんのお宅からお嫁入りして行った斑入りドクダミが
今ではそちらだけになってしまいましたか。
もしかすると、おーちゃんのお宅のも残っているけれど斑入りではなくなった
だけかもしれませんね。というのも、わが家のツルニチニチソウが、
元々斑入りだったのが現在緑一色の葉が圧倒的多数になっていますので、
そんなこともありかなと思いました。
 

投稿: ポージィ | 2011/06/17 20:57

ポージィさん、こんばんは。恐らく去年も同じ事を書いたかも知れませんが、私はドクダミ茶の作り方の”名人”です。花が咲く前に、群生地に行き、カマで刈り取って大きな袋に詰めて持って帰ります。おふろの湯船に水を張りその中でジャブジャブ洗います。一年分の茶葉を作るので、それはそれは大量です。
ある程度水を切ってから家中に新聞紙を3重くらいにして敷き詰めます。それの上に、このドクダミを並べるのです。不思議ですね、三日でカラカラの状態になります。でも、保存を良くするために一週間は乾燥させます。その間はホテル住まいです。家中の部屋がドクダミに占領されるからです。
大阪の叔母は深刻な腎臓病だったので、和漢薬として常用していました。三食いつもこの煎じ茶を飲んでいましたから、それはそれは大変な量です。
だから私はドクダミの香りは全く気になりません。むしろ、好ましく思うほどです。その叔母も7年前に89才で亡くなりました。89才まで生きることが出来たと言えます。親戚中で嫌われ者でしたが、私は母の次に好きな人でした。この人のお陰で今の私の生活があります。
ドクダミの花から、私ごとで紙面を埋めてしまいました。ついでに、お付き合い願いましょう。
雨続きで私は”失業”中です。ふと立ち寄った電気屋でボイスレコーダーを見て買ってきました。日記代わりに思いついたことを録音するのがその時の目的でした。
それが、なんとicレコーダーで、音楽をパソコンを通じて録音できる機能がついていました。ですから、近くの図書館でCDを借りてきては録音して、いまこの瞬間もブラームスを楽しみながらキーボードを打っております。
楽しみが一つ増えました。喜ばしい限りです。

投稿: polo181 | 2011/06/17 22:15

ポージィさん、こんにちは!
八重のドクダミというもは初めてみました。
これもとても綺麗ですね~。
ドクダミは乾燥させるとあの匂いはなくなりますね。
お茶もとても美味しいです。
花もこうしてみると綺麗ですね。

投稿: Sanae | 2011/06/17 22:39

同じドクダミでも一重と八重とでは 全く違う植物のように見えますね。
八重の花は好きではないのですが ドクダミは別物のように思います~~!

雨に濡れた風情もいいですが お日様を受けて咲いている姿も好きです。
やっぱり鉢植えにしていらっしゃるのですね~
すごく増えるようです~

投稿: fairy ring | 2011/06/17 23:17

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

叔母様のためにドクダミを採ってきて乾燥させ、ドクダミ茶をお作りに
なられたお話はうかがっていますが、ここまで具体的には初めてです。
ほんとうにたくさん作られたのですね。毎日毎日一年飲むに足るだけの
量ですものね。深刻な腎臓病を抱えられながらも89歳のご長寿をまっとう
されたのは、poloさんのドクダミ茶のおかげもかなりあるのではないでしょうか。
叔母様は感謝してくださっていたことでしょう。
においというのはけっこう慣れるものですね。私も少しだったら平気です。
さすがに家中ににおっていたら気分が悪くなりそうですけれど。まだそこまで
慣れる環境にいたことはありませんから。

雨が続きますね。鳥撮りにお出かけはお休みやむなしですね。
でも、このお休みが新たな楽しみを見つけられるきっかけとなりましたか。
良かったですね♪


◆Sanaeさん、こちらにもありがとうございます ♪

Sanaeさんも八重のドクダミは初めてでいらっしゃいましたか。
綺麗ですよね~ 私も初めて見たとき感動しました。
それを思いがけなくいただいてわが家で楽しめることになって
またまた感動でした。一重の方も両方好きなんですよ~(^^)

そうですね、乾燥するとあの香りはなくなりますね。
お茶は美味しいと思われますか?私は飲むのは苦手です。
義母が飲んでいて少し味見をしたことがあるのですが。
後に残るものではないので、慣れれば大丈夫とは思いますけれど。

投稿: ポージィ | 2011/06/17 23:20

◆fairy ringさん、有難うございます ♪

そうですね。ただ一重と八重というだけでなく別品種のようです。
一重は素朴で明るい元気な子。八重はちょっと深窓のお嬢様系?
総苞が小さめなこともあってエレガントに見えます。

このところ雨が多いので濡れている姿をよく目にしますが、
晴れの陽射しのもとに十字の白い花が輝いているのも素適ですね。
どちらも似合う花なのでしょう。
ヤエドクダミをいただいたとき、増えちゃうどうしようと思っていたら、
鉢植えにすればとアドバイスしてくださった方がいて、言われてみれば
そのとおり、と。以来ドクダミにとっては窮屈でしょうけれど、
鉢の中だけで我慢してもらっています(^^)

投稿: ポージィ | 2011/06/17 23:25

ポージィさん こんばんは~

八重のドクダミは近所のお家に咲いていました
すぐにポージィさんの記事を思い出しましたよ
教えていただいていなかったら、すぐにはドクダミって
わからなかったでしょう

この季節どこでも目につきますが、
やはり、八重の花は少ないですね
一ヶ所でみる他はみたことがありません

投稿: glenn | 2011/06/17 23:32

◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)

ご近所にありましたか、八重のドクダミ…
うちの鉢植え八重ドクダミをご紹介するようになってから何年になるかしら。
定番の一つですっかり覚えていただいてしまいましたね。
葉っぱだけのときは八重も一重も一緒で変わらず、蕾がでてきて初めて
違いが分かります。でも、私も他では全然見たことないです。
せっかくなので絶やさないようにしなくっちゃ。
水やり以外何にもしてあげていませんがもう少し気を遣った方がいいかな(^^;)

投稿: ポージィ | 2011/06/18 09:33

臭くてしつっこくはびこる「ドクダミ」
でも花が咲くと、つい振り返る。
我が家の庭にも、いつの間にか許可なく
知らん顔して顔を出している。
あまりはびこると「痛い目にあうぞ!」

家主のそんな気も知らず、今日も梅雨空のもと
咲いている健気な奴。
今日もじっと見る。

投稿: 夢閑人 | 2011/06/18 15:49

◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

詩が生まれましたね!(^^)

そう、いつの間にか顔を出しています。少しくらいと思って多目に
みていると、いつの間にかあっちでもこっちでも顔を出してきます(^^;)
でも花は清楚で愛らしいですね。
梅雨時の暗い空の下でも白く輝いていて、辺りを明るくしてくれます。
そういえば梅雨時の花は白い花がけっこうたくさんありますね。
いま、庭ではナツツバキも白い花を咲かせているところです。

投稿: ポージィ | 2011/06/18 18:01

最近、このドクダミの白とトキワツユクサの白は
ペンキのような白だと思いました。
夜もこの白は輝きを失わず、地上の星ぼしのようです。
八重はどこから来たんでしたっけ?
どの家も別格のようですね。

投稿: 池田姫 | 2011/06/20 16:28

あ、珍しく先を越されました。
今年は僕も思いがけない光景を眼にしました。
ご期待下さい。

投稿: noodles3 | 2011/06/21 18:54

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

アハハ 珍しく先行しましたよね(^^)
思いがけない光景、ですか?
わぁ、どんなのでしょう。とっても楽しみです。
ワクワク

投稿: ポージィ | 2011/06/21 20:07

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

うゎ~ん、ごめんなさい!!
姫さまのコメントに気づかずすっ飛ばしてしまっていましたね。
姫さまのお返事コメで知って慌ててこちらに戻ってきました。

ペンキのような白、ですか。白の存在感が強いということかしら。
夜目にもはっきり見える白。なるほど、と思いました。
夜行性の動物の目のように光をしっかり集められる構造なのかしら。
暗い中、白く浮かび上がる十字の花たちは星々ですね☆☆☆
でも昼間見ると光が透けて透明感もありますね。
八重は突然変異でしょうか?八重になる花たちは、雄しべが花弁に
変身して八重になるといいますから。
でも実は私も八重ドクダミの由来は知らないのです。

投稿: ポージィ | 2011/06/24 10:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51914141

この記事へのトラックバック一覧です: ドクダミ 美しく:

« 気分は‘お絵かき’ | トップページ | 夏椿(ナツツバキ) 2011 -その1- »