« 一夜の宿 | トップページ | いざ 夏へ! -その2- »

2011/07/04

いざ 夏へ! -その1-

6月22日・夏至の日。梅雨の晴れ間の暑い日盛りに散歩に出ました。
この時季の植物の勢いはすごいですね。2週間ほど散歩しない間にすっかり様子が
変わって見えました。夏草たちは背が高かったり蔓を伸ばすものが多いので、
よけいにその勢いを感じるのでしょうね。エネルギーがみなぎっているようです。
 
そんなことを感じながら歩いた中、さぁ夏が来るぞ、と感じたものにカメラを向けて
きました。 -その1- -その2- に分けてご紹介させていただきますね。
       (sun写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
         110622hangesyou3
 
         「ハンゲショウ(半夏生)」:ドクダミ科・ハンゲショウ属
                         別名「カタシログサ(片白草)」
 
    近くの畑入り口で。 今年は数が減ったみたい…でも見られてよかった
     ↑この写真は小さな蕾が出てきたところ  まだ葉も緑のままでした
 
 
         110622hangesyou1
 
            夏至を過ぎしばらく経ったころに花を咲かせます
           私が見つけたのは咲き始めたばかりのころでした
 
 
 
         110622hangesyou4
 
            これが花の姿  うん、たしかにドクダミに似てる
       葉が白く変化して花びらの役目をし、咲き終わると緑に戻るそうです
 
    (七十二候のひとつ「半夏生」とは、夏至から11日目に当たる日とのこと。
     太陽暦では7月2日ころで、カレンダーによれば今年は 7/2 です。)

 
 
【おまけ】
         110622kasiwabaazisai2
 
   「カシワバアジサイ(柏葉紫陽花)」:アジサイ科(ユキノシタ科)・アジサイ属
 
       1枚目写真の横に顔を覗かせているカシワバアジサイです(^^)
    ハンゲショウもカシワバアジサイも、緑と白の組み合わせが爽やかです
 
 

|

« 一夜の宿 | トップページ | いざ 夏へ! -その2- »

コメント

おはようございます。

先日の半夏生の日にハンゲショウをアップしようかと思ったほどです~
近所の水場でもなんでもないところに一株だけ植栽されているんです。
やっぱりハンゲショウの魅力は水辺に群生しているところなんでしょうね~~
以前 不忍池で見て感動したことがあります。

鎖のような風情が好きなんです~
葉っぱも美しいですよね。
白繋がりで白いアジサイもいいですね。
涼を感じましたよ。

投稿: fairy ring | 2011/07/04 09:18

 伸びる伸びる。夏の強い日差しにも負けず伸びるのは
雑草だけ。

 庭の草取りも、こう暑ければついつい億劫になる。
明日明日と思ってる間に、瞬く間に一面の雑草。
遂にたまりかねて除草剤を撒いた。
茶色っぽく枯れるのは見栄えは良くないが。
 
 中でもつる性の草はしつっこい。
「ヘクソカズラ」
 でも、可憐な花を咲かせるとついつい置いてしまう。
一瞬の仏心か。
 きれいな花を「きれい」と思うとき、
あなたの心は美しいのだ…と、
ある僧侶に教わったことがあったっけ。


投稿: 夢閑人 | 2011/07/04 11:16

涼しそうですね。
ハンゲショウは清楚な感じで大好きです。
うちは庭に植えたら発育が悪く、今年は無理みたいです。
やはり環境が合わないです。
秋には一部を鉢植えにするつもりです。

今日は暑いですね。
風が強く窓を開けられず、エアコンを入れました。

投稿: ロッキーママ | 2011/07/04 11:58

ポージィさん こんにちは~~

暑い上に強風で、家に帰ったら雑巾がけかぁ~と
ちょっとうんざりしております

ハンゲショウもカシワバアジサイも涼やか
緑と白の組み合わせは目に涼しいです

雑草は伸びること、伸びること!
もう藪蚊が多くて草取りもままなりません
家で手を焼いているのは、ヤブカラシです
(ウィキペディアでみたら、大変なことがかいてありました~
暑くても、取らなくてわcoldsweats02


投稿: glenn | 2011/07/04 14:53

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
そうでしたか。お写真お持ちなんですね。私はfairy ringさんの記事で、
2日が半夏生だったことを思い出しました(笑)
それと、記事の中にタコを食べると云々の事書かれていましたよね。
コメントに書き忘れたのですが、そうと知らないまま、偶然2日に
タコを食べていた私です。

半夏生の自生地は少ないそうですね。水辺で群生する半夏生ですか。
見てみたいものです。私が見られるのはここの植えられたものが唯一です。
花開く前の姿、確かに鎖にも見えますね。編まれた紐のようにも。綺麗ですね。

涼を感じていただきありがとうございます。


◆夢閑人さん、ありがとうございます ♪

伸びますね!乾いた地面でも暑い日ざしでもものともせずに。
すごいエネルギーだと思います。
人間はそんな時草取りは先延ばしにしたくなります。私もです。
そうするうちにもどんどん伸びて…

蔓草は1本ずつが長いですし絡みつきますからね。お隣の空き地でも
クズとヒルガオとヤブガラシ、それにヤブマメの蔓たちがすごいです。
あ、ヘクソカズラもありましたね。花はそれぞれみな可愛いのですけれど。
花好きの夢閑人さん、可愛い花を見ては抜くのもためらわれますよね。

除草剤といえば、お庭で撒かれるときは十分注意していらっしゃると
思いますが、散歩コースでも撒かれていることがあるかもしれません。
撒いたばかりは草も緑で気づきにくいです。リキちゃんが薬剤のかかった草を
パクリとしたり、踏んづけた足裏を舐めたりしないようお気をつけくださいね。
先日のリキちゃんの症状が気になっています。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

こういう植物を見ると涼しさを感じられますね。
ロッキーママさんはせっかくお庭に植えられたのに環境が合いませんでしたか。
やはり土も気象も町田とは違うので合う合わないいろいろあるのですね。
来年からは鉢植えでよく育ってくれるといいですね。

こちらも風が強いです。このところ地面が乾いているので、部屋の中が
砂埃でざらざらになってしまいました。
窓を開けられずにこの暑さは耐えがたいですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/07/04 15:19

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
今日は熱風が吹いていますね~ 部屋の中ざらざらになりました(^^;
私はお手軽にクイックル・○イパーでささっでヨシにしちゃいましたが
ちゃんとサッパリはしません…。お仕事でお疲れの後ではイヤですね。

ハンゲショウとカシワバアジサイ、この場所では並んで植えられていて、
しかも頭上にはキウイの棚。良い雰囲気でした。目から涼感得られるのは
人ならではでしょうか。

草取りは暑さだけでなくやぶ蚊との戦いですよね。分かります~
私も仕方なく作業するときは気合いいれて完全防備です。
あらら、お庭にヤブガラシが入り込みましたか。あれは根がすごいんですよね。
うちもフェンスのすぐ向こうから太くて長いのが木を這い登っていましたsweat01
地中でも地上も元気なヤブガラシ。彼らに庭を乗っ取られるわけにはいきませんね。 

投稿: ポージィ | 2011/07/04 15:33

ハンゲショウって、いつもその白い葉っぱが気になって、生えてくる所など出会えると嬉しいものです。
ところが葉に気を取られて、花まで見届けないという、抜けている私です。
葉の白いのは、山道を歩いているとマタタビがそうなんですね。ところがマタタビの花も見たことがないです。ネットで見ますときれいな花ですね。

投稿: tona | 2011/07/04 20:34

こんばんは。
今年はまだちゃんと白くなったハンゲショウを見ていません。
もう花も咲いたのですね。
泉の森にもあるのですが、まだ残っているでしょうか。今週後半にでも覗いてみます。
カシワバアジサイは花序の粋尾が凄いですが、ハンゲショウの傍でひっそりと咲いているかのような風情もいいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/07/04 21:20

この記事にTBさせていただきました~

投稿: fairy ring | 2011/07/04 22:33

暑いです、、、
だからといって、ビールの飲み過ぎには注意ですね。
メタボが気になるお年頃です。。

投稿: ふくやぎ | 2011/07/04 23:29

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ほんと面白い作戦ですね。まるで葉の上から何か塗ったみたいな
白くなりようは見事な変身ぶりです。
人もこの白くなった葉に引きつけられますね。でも花は小さいですし
虫のように蜜を求めてもいませんから、あまり気づけないですね。
咲き進むにつれて花穂が立ち上がって目立つようになるそうですが、
私は自分ではそういう姿にお目にかかっていません。
トラックバックしてくださったfairy ringさんのところで、小さな花の様子、
花穂が立ち上がった様子をご覧いただけますよ。

マタタビも同じ作戦をとっているのですねぇ。ブログのお写真で拝見した
ことがあるだけで、実物には会ったことがないのですが見てみたいです。
緑の葉茂る山の中の白い葉は、まさしく花が咲いたように見えるでしょうね。


◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ご近所で唯一見られる場所へ行ってみたところ咲いていました。
今頃満開を過ぎているかもしれませんね。
泉の森にもあるのですか。この位の季節も行ったことがなく知らずにいました。
咲いているといいですね。

そうですね。カシワバアジサイはたいてい大型のボリュームたっぷり。
ここのはこじんまりして、お互いに引き立てあっているようでした。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

ご再訪とTBありがとうございます。
よかった、成功していますね!


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

この夏はもうこのままずっと暑いままでしょうか。
せめて普通の暑さの夏であって欲しいですね。
猛暑や酷暑はごかんべんを~

ふふっ ふくやぎさんはビール好きでいらっしゃいますね。
やはり暑いときの冷えたビールはたまらなく美味しいものですか?
 

投稿: ポージィ | 2011/07/05 08:20

おはようございます。
半夏生は、ドクダミの仲間なんですね。
これ以外でした。

この半夏生とは別に、半夏という毒草があるそうですね。
この半夏が生じる梅雨の末期には、天地に毒気が満ちるとか。
その半夏が生じる日を、七十二候で半夏生というそうですが・・・。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/07/05 08:45

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
お加減いかがですか、よくなられましたか?

ハンゲショウはドクダミの仲間。私も初めて知ったときは
ちょっと驚きました。でも改めて花など見ると似ていますね。

鎌ちゃんが仰っているのはカラスビシャクですね。
生食はできないけれど、漢方の生薬にはされるとか…

「半夏生じる梅雨末期に天地に毒気が満ちる」
うわぁ おどろおどろしい響きです~~(^^;)
でも、実際そのころ(七十二候の半夏生のころ=梅雨末期)は、
大雨が降って被害が出ることが多いですね。
現に昨日も大雨で被害が出ていますし。
黒々と空を覆った雨雲、その空を引き裂く稲光、とどろく雷鳴、
轟々と流れる濁流… これらはまさに天地に毒気が満ちていると
いえるのかもしれません。

投稿: ポージィ | 2011/07/05 09:26

半夏生は半化粧としておぼえていました。はっぱ全面が白くなる場合もあるけれど、ほとんどの場合は、ほぼ半分だけ白くなる。のと違いましたか?
ドクダミ科だったのですね。ドクダミは抜いても抜いても負けずに生えてくるから、その性質は半夏生の同じでしょうか。
カシワバアジサイは、名前は知っているけれど、実物を見たことがありません。白と緑かぁ、やっぱり夏の色ですね。
ただ今、夏風邪に悩まされております。ノドが痛くて咳が出る。微熱があって体がだるい。こんなことは、ここ数十年一度もありませんでした。いよいよ免疫が落ちてきたか。

投稿: polo181 | 2011/07/05 14:23

お暑うございます。
ビワの花とは初めて拝見、なかなかな物ですね。
蝶々がくっきりと良いですね、私も撮りたい!大好きです。
白とグリーンのもの、涼しげで半夏生は最たるもの、
ステキですねやはり光と影の按配で素晴らしいものになっていますね。
暑いのに弱いこれからどうしようかしら、10日と17日に
あるものに挑戦中、練習もしないと、なかなか身体に入ってこないなど
今本当は、大変な時でもあり、忙しくもあり、お年のせいもいろいろありますからね(笑)
ご主人様のご都合が変わりその辺も大変ですね、若さで一頑張りお願いいたします。

投稿: 玲 | 2011/07/05 14:40

あつ~い~gawk
家にいるから暑いのでしょうか?
雨がぽつぽつ来たーっと洗濯物を入れたら上がってしまった・・・sweat01
アタシが汗かいただけ^^
さて前置きはそのくらいにして
白くなっていないのによくハンゲショウってわかりますこと。さすが~!
字は半化粧が好きなんです。
だから葉っぱもちょうど半分白いのを探す・・・。
ところが今年の植物園ときたら
この植物そのものがあまりないっ!
なのでこちらで見させていただきました。

投稿: 池田姫 | 2011/07/05 15:49

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
「半化粧」でもよいですね。名前の由来に「半夏生のころ咲くから半夏生」と、
「葉の一部を残して白くなるから半化粧」の説があるそうです。
そして「葉の片面(表面)だけ白くなるから片白草」の別名があります。

ドクダミ科でした。試したことはありませんが、傷つけたりすると
やはりドクダミに似たにおいがするようですよ。
またドクダミと同じように地下茎で増えるようですが、ドクダミほど強いかどうか
どうなんでしょう。日当たりのよい湿地が適地だそうですし、自生地では
適地が減ってきてハンゲショウも数を減らしているという記述も見ましたから、
ドクダミのような適応範囲の広さと強さはもっていないのかもしれませんね。

カシワバアジサイ、最近は育てているお宅もずいぶん多くなりましたが、
実物はまだご覧になっていませんか。ちょっと意外でした。

あららら… また風邪を引かれてしまいましたか。先だって苦しまれた
ばかりなのに、お辛いですね。立て続けに引かれるようなときは、やはり
お体が疲れているなど無理がかかっているのかもしれません。
ご自愛なさって、しっかりお直しくださいね。お願いします。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

毎日暑い日が続きますね。
色々と見てくださってありがとうございます。ビワの花は面白いですが、
この暑さの中で見るとちょっと暑苦しいですね(^^;)
蝶はこんなふうにピクリともしないでいてくれるのと出会えると有難いですね。
年に1~2回あるかないかのチャンスで嬉しかったです。
玲さんにもまたチャンスが巡っていらっしゃいますよ~きっと!
やはり白とグリーンの取り合わせは見た目にとても爽やかですね。
一服の涼という感じです。

10日と17日、何かおありなのですね。練習が必要とおっしゃると…
あれかしらこれかしら(^^) チャレンジはよいことですね。応援しています。
こちらへも応援ありがとうございます。
玲さんのご主人さまのこともその後いかがでいらっしゃるかと気になっております。
 

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

家にいても外を歩いてもおあつうございます~
冷房の効いたところへお出かけすればいいのですが、お店とか。
今日、朝のうちはまだお天気が不安定でしたものね。よけいな汗をかかれましたか。
お疲れ様でした~sweat01

姫様は「半化粧」の方がお好きですか。艶やかな感じもして、
葉の白と白粉(おしろい)のイメージもぴったりですね。
舞妓さんの首筋の化粧を思い出しました。
半化粧にちなんでちょうど半分白いのを捜されるとは、こだわりの
半化粧でいらっしゃいますねぇ。
植物園でも数が減っていましたか。私が唯一見られるここも、
昨年より減っていましたよ。ほんの2~3株です。
 

投稿: ポージィ | 2011/07/05 17:42

ポージィさんとしては早々の夏の花登場ですね。

今年は地震や原発問題があり、多くの方々がこの夏の節電を心がけていたのではないでしょうか。
でもいざあの猛暑が襲ってくると・・・
「大丈夫だろうか?無理かも・・・」って方も多いのではないでしょうか。
同時にいかに電気と家電に頼っていたかを痛感するという。

なんと辛い年でしょう・・・

投稿: noodles3 | 2011/07/11 00:16

◆noodles3さん、ありがとうございます ♪

アハハ なかなかタイムリーな半夏生の登場でしたでしょ? たまには(^^)

長期予報の「気温高めの夏」どころか、今年も猛暑ですね。
熱中症で倒れる人がこんなに多いのは、いかに空調システムに守られ
体の調整機能が衰えてきているかの表れでもあるような気がします。
もちろん昔より高温になっているのですが、30℃くらいから熱中症多発に
なりますものね。汗をかいている姿がエチケット違反であるかのような
風潮もどうかと思います。大切な体温調整機能なのに。

ほんとうに、電気電気電気 なにもかもが電気に頼って生活してきたと
私も痛感しています。

投稿: ポージィ | 2011/07/11 08:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52055961

この記事へのトラックバック一覧です: いざ 夏へ! -その1-:

» ハンゲショウで涼しさを感じてください! [living for today...on the earth !]
今日は西日本と東日本とでは 極端に天気が違ったようです。 でも 暑いのに変わりはないです〜 関東は晴れてはいましたが 気温も湿度も高く 風も強かったです。 こういう時は 少しでも涼しげな画像を...... [続きを読む]

受信: 2011/07/04 22:27

« 一夜の宿 | トップページ | いざ 夏へ! -その2- »