« 光マジック | トップページ | 朝の「メマツヨイグサ」 »

2011/07/25

粧いのとき

アカバナ科・マツヨイグサ属のおふたかたに出会いました。
粧いそれぞれのおふたかたですが、どちらも可愛らしくも美しいです。
       (rouge写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますconfident
 
  
           110606hiruzakitukimisou4
 
           110606hiruzakitukimisou5_2
 
                「ヒルザキツキミソウ(昼咲き月見草)」
 
           名前どおり昼間にぽっかりふっくらした花を開いています
                ちょうどお昼時に撮りました(6/6撮影)
                    可愛らしいピンクですね
                    直径5cmほどの花です
 
 
           110517akabanayuugesyou3
 
           110517akabanayuugesyou4
 
                「アカバナユウゲショウ(赤花夕化粧)」
                        (5/17撮影)
 
     110606akabanayuugesyou
 
                        (6/6 撮影)
 
                    直径1.5cmほどの花です
        「アカバナユウゲショウ」は、最初「ユウゲショウ」の名前で知りました
     オシロイバナの別名「夕化粧」と区別するため「赤花夕化粧」で呼ばれることが
          多くなったそうで、そう知ってからは私もこちらで呼んでいます
           でも本当は「夕化粧」の名前が素適だと思ってもいます
          咲くのは夕方ではなく昼間から咲いていますけれど (^^;)
         濃い粧いの色は夕べからの方が似合うものかもしれませんね
 
 
 
 「ヒルザキツキミソウ」    共に
 「アカバナユウゲショウ」 : アカバナ科・マツヨイグサ属 北米原産の帰化植物
 
           (写真はずいぶん前に撮りましたが今も咲いていますね)
 

|

« 光マジック | トップページ | 朝の「メマツヨイグサ」 »

コメント

おはようございます!
今日は暑くなるのでしょうかね?
この時間 吹く風は心地よいですが・・・

アカバナユウゲショウもヒルザキツキミソウもどちらも可愛いですね。
白いアカバナユウゲショウもあるのですよね。
まだ見たことはないのですが・・・その方がユウゲショウの名前に相応しいかもしれません。
ユウゲショウといえばオシロイバナだと思っていましたが・・・
アサガオもユウゲショウというのですか?
初めて知りました。
朝に咲くのに夕化粧なんですね~

投稿: fairy ring | 2011/07/25 09:38

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
今のところまだあまり暑くないですね。でも最高気温予想は昨日より
高く出てました。どうなるでしょうね。

わゎゎ…ユウゲショウはオシロイバナの別名でしたね。どうして朝顔と
書いていたのやら。さらりと何気なくそのまま訂正させていただきました。
教えてくださって有難うございます(^^;)

つい先日、ピンクのアカバナユウゲショウに混じって白花が数輪咲いて
いるのを初めて見かけました。真っ白で素適でしたよ。印象変わります。
ちょっと車が多く危ない場所で風も強かったので、写真は撮らずに
きてしまいました。

投稿: ポージィ | 2011/07/25 09:58

おはようございます。
「ヒルザキツキミソウ」は、この時期見なくなりましたが、
「アカバナユウゲショウ」はまだ咲いています。
随分、花の時期が長いですね。
二つの花とも、増殖力が強く、どんどん増えて、楽しませてくれます。
それに、名前が魅力的ですね。
一句詠みたくなる花です。

昼咲いて、月を見れない月見草なんて、ちょっと可愛そうですね。

そうそう、ユウゲショウの名前はついていますが、お昼もしっかり咲いています。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/07/25 10:01

アカバナユウゲショウはこちらでも見かけます。
可憐な花で、思わず触れて見たくなります。

ヒルザキツキミソウも増えてますね。
わざわざ庭に植えている家もみかけます。
良くお墓に植えてあるのを見かけます。
この花も可愛いですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/07/25 12:16

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
お近くではヒルザキツキミソウは咲き終わってしまいましたか。
こちらではまだ両方咲いているのを見かけます。次々長く咲き続けますね。
ただどちらも、数年前より見かける数が減ってしまっていて残念です。
「雑草」として抜かれてしまうのでしょうね。彼らの増殖力を持ってしても
対抗できない勢いで(^^;)

昼咲いて月を見れない月見草 そうですね、ちょっと悲しいかも。
可愛らしさを前面に出すとどんな句が生まれるかしら(^.^)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ご近所でもお見かけになるのですね。この↑二つではアカバナユウゲショウの
方がよく見かけますね。うちの近所では引っこ抜かれてしまうことが多いですが、
この花のちょっとしたお花畑ができている様子は軽やかで可愛く素適でした。
そちらではヒルザキツキミソウをお庭やお墓に植えているお宅もあるのですね。
元はといえば、観賞用として輸入し栽培されていたものから野生化して
いったようですね。お庭に植えても今でも十分観賞に堪える気がします。
 

投稿: ポージィ | 2011/07/25 15:51

ポージィさん こんにちは!

暑さのぶり返し、結構堪えますね~sad

夕化粧とか半化粧とか、花の名前も粋ですね~
ちなみに私は朝化粧で夕方にはとれていますcoldsweats01

ヒルザキツキミソウはずいぶんはびこっていましたが
もう終わってしまいましたね
ポージィさんの手にかかるととても別嬪さんに映っていますね

投稿: glenn | 2011/07/25 16:02

涼しくなったりまた暑くなり出しました~
外に出たときにこの様な涼しげなお花を見ると嬉しくなりますね。
どちらも姉妹のようにどこか似ていますね、さりげなくひっそりと咲いているような、
いやなかなかの繁殖家なのでしょうか…
お散歩の時逢えたら私も撮りたいです、
また暑くなり出ることも少なくなるような、撮るものが無い!飢餓状態になっています(笑)
脳の活性化が急がれています、焦っても仕方がないのですが~

投稿: 玲 | 2011/07/25 18:33

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

3日ほど涼しい思いをしたら、台風前ほどの暑さの戻りでなくても、
なんだかとても暑く感じますね。この前までの暑さの疲れもありますしねgawksweat01

うふふ
私も朝化粧で夕方には取れてます。夕化粧で色っぽく?変身する気力は
もう残っていません~(笑)

アカバナユウゲショウもヒルザキツキミソウも、うちの近辺では
数を減らしつつあって、ちょっと残念に思っているんです。別嬪さんなのに。
そちらではどちらもたくさんご覧になれます?
ヒルザキツキミソウはもう咲き終わってしまったんですね。


◆玲さん、ありがとうございます ♪

一気に涼しくなったと思ったら、またじわじわと暑さが復活ですね。
暑さにもめげずに軽やかに咲く花にはワクワクしますね。
アカバナユウゲショウの方は特に増えるみたいですね。
うちの近所ではせっせと草取り隊の方が活躍されるのか、年々少なく
なってきているようですが。
玲さんもお会いになれますように。会われたらパチリとお願いします。

だんだん、咲いているお花の種類も減ってきたようですね。
どちらを向いても花花花だった春から初夏の季節が恋しくなります。
 

投稿: ポージィ | 2011/07/25 19:04

久しぶりにおじゃましました(ごめんです)
ヒルザキツキミソウは「ロココの庭」でも盛んに咲いています、美しい花ですよね。
なかなか繁殖力旺盛で、放っておくとどんどん増えます。
アカバナユウゲショウ、とてもかわいい花ですが
残念ながら妙高にはないかも・・・です。
関東以西で野生化していると、ウィキペディアの載っていました。

投稿: ロココ | 2011/07/25 22:34

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
ヒルザキツキミソウ、お庭でもたくさん咲いているんですね。可愛いですよね~
やっぱり繁殖力は旺盛なんですね。でもそういうものの方があまり気を使わず
数量調整させてもらえるので、私は好きです♪
うちの庭には残念ながらないのですけれど。
アカバナユウゲショウはお見かけにならないということで、私も検索して
よくよく見てみましたら、原産地は南米から北米南部で、世界中の温暖な
地域で帰化しているとのこと。寒さは苦手なんですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/07/26 08:33

ヒルザキツキミソウは素敵な色ですね。
優しげにほわんほわんと咲いています、倒れもしないで。
アカバナユウゲショウはこう見ると赤花という感じ。
あまり見比べることもないんですけど~smile
草取りにはこれらの花は残してあります。
得のある方達です。
そういえば貰って来たオモトの鉢に突如として草が出ました。
それはみるみる大きくなり、何かと思ったらハキダメギクでした。happy02
花後のあのふわふわも見ることができました。
うちでは幸せのハキダメギクと呼んでいました。何が幸せかは知らねど・・・。
オモトは同居人が居なくなってせいせいしているようです。

投稿: 池田姫 | 2011/07/26 17:10

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ヒルザキツキミソウの優しいピンクは、見る人の心も優しく
してくれそうですね。ほわゎ~んとheart01
姫さまが草取りされるところのヒルザキツキミソウやアカバナユウゲショウは
幸せですね。ちゃんと残してもらえて。
うちの近所の歩道などに生えているのは儚い命の子達もいますよ。

あはは オモトの根元にハキダメギク登場ですか。
ちゃんと綿毛になるまで見守ったんですね。
何か突然生えてきたときは、私もなんだろう?としばらく見守ります。
これはここでは困る…という方だったらゴメンと抜いちゃいますが、
そうでなかったら同居させておくこともしばしばです。庭でも。
オモトはやれやれ栄養を取られなくてすむとホッとしていることでしょうねsmile

投稿: ポージィ | 2011/07/26 19:22

夕化粧という名前は何か色っぽいものがありますね。
アカバナユウゲショウの和名はユウゲショウなのかもしれませんが、昼間から咲いていたり色合いからも夕化粧の風情はそれほど感じません。
オシロイバナもだいぶたくさん咲きだしました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/07/26 21:33

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

夕化粧 という言葉の響きは色っぽさを感じますよね。
夕方にはあらかた剥げてる私とは大違いです(笑)
アカバナユウゲショウは昼間から咲いているのになぜこの色っぽい名前が
ついたのか、命名者にお聞きしてみたいです。
昔はこの濃いピンクが夕べの化粧とのイメージと直結したとか
そういうことでもあったのでしょうかね。
はい、オシロイバナもたくさん咲き始めていますね。
うちのお隣の空き地では、今年は寒さの影響があったのか
芽吹きが少し遅く勢力も縮小したようですが、それでも育ってきたものは
毎日花を咲かせています。これから秋まで咲き続けますね。

投稿: ポージィ | 2011/07/27 08:02

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/51932290

この記事へのトラックバック一覧です: 粧いのとき:

« 光マジック | トップページ | 朝の「メマツヨイグサ」 »