« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »

2011/08/31

夏の黄色 - ヒマワリ -

盛夏に見つけた夏らしい花、第2弾はこの花を選びました。
 
夏の暑い陽射しや夏空にはなぜか 赤・黄・青 といった原色がお似合い。
夏の強さに負けていない色だからでしょうか。そして夏の黄色といえば「ヒマワリ」。
最近では咲く時期も品種も幅広くなったけれど変わらないイメージです。
ということで、「夏の黄色 - ヒマワリ -」登場です。
       (sun写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsun
 
 
         110717himawari2
 
 
 
    110717himawari7
 
                 たくさんの苞葉に包まれた蕾
            苞葉の枚数は花びらの枚数と同じほどだそう
 
 
 
    110717himawari9
 
               蕾を赤ちゃんとするならこちらは…
            こういう姿も渋い味わいがあっていいなと思う
 
 
 
    110717himawari10
 
           筒状花は外側から中心に向かって咲き進みます
         ハチさんに人気あり  この花にもいるのが見えるかしら
 
 
 
         110717himawari15
 
              「なんだかね ちょっと恥ずかしいの…」
 
 
 
         110717himawari13
 
              「お兄ちゃん 大好き~~(ぴとっ)confident
           「嬉しいけど顔のまん前に立たんといて~~bearing
 
 
 
    110717himawari4
 
 
                  ( いずれも 7/17 撮影 )
 
              「ヒマワリ(向日葵)」:キク科・ヒマワリ属
 
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
台風12号の進路が気がかりです。進み方が遅いしまだはっきりしませんね。
皆さまどうぞお気をつけください。
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011/08/29

夏のオレンジ色 - オニユリ -

立秋はとうに過ぎ、8月も終わりというのになんですが、盛夏に見つけた夏らしい
花の記事を4回ほどアップさせていただこうと思います。 まず今日は…
 
 
夏に咲くオレンジ色の花には何があるかしら? カンナ、ノカンゾウ、ヤブカンゾウ、
オニユリ、ノウゼンカズラ、ヒメヒオウギスイセン、えーとそれから?
今回は野生的な色姿のオニユリに代表してもらうことにしました。
       (sun写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
110724oniyuri3_2 110724oniyuri2_2
 
110724oniyuri5_2 110724oniyuri4_2
 
110724oniyuri6_2 110724oniyuri8_2
 
                  ( すべて 7/24 撮影 )
 
 
「オニユリ(鬼百合)」:ユリ科・ユリ属
             中国・朝鮮半島・日本各地などで自生
             オニユリにはむかご(茎や葉のつけねなどにできる、養分を
             溜めた小さな塊)ができるが、コオニユリにはできない。
             三倍体で種子ができずむかごと鱗茎で増える。コオニユリは
             種子ができる。 ヤマユリなどと共に鱗茎が食用とされる。
 
 
何年か前、クックとの散歩中に見つけて以来毎年この場所でオニユリを見てきて
いますが、少しずつ減ってきているようなのです。
今年は色も心なしか薄く感じたのは単に気のせいなのか、実際そうなのか??
 
目にする機会が減ってきているのが残念で、以前このオニユリのむかごを一つ
もらって帰って、ダメ元と他のものを植えている鉢の隅っこに埋めておいたところ、
ちゃんと芽が出てきました。
今年は花は咲かないけれど、むかごだけ3つできました。 土の中では少しずつ
百合根が育ってきているのかな。 掘り出して単独で植えないとですね。
咲いてくれるようになったら嬉しいけれど、庭で勝手に咲くタカサゴユリよりは
年数がかかるのでしょうと気長に(忘れながら ^^)待っています。
 
 
110726oniyuri_mukago
 
 
 
 
 むかごから生えた株にできたむかご
  

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/08/27

かわらない愛しさ

相変わらずの不安定なお天気。昨日も豪雨に見舞われたところがありました。
うちの辺りは土砂降りになってもほんのひとときのことで大丈夫でしたけれど、
東京や、わが神奈川県内でもずいぶんな降りに見舞われたところもありました。
この先、南海上にある2つの台風の動きも気がかりです。どうかもうこれ以上の
災害被害がありませんように。 今年は何度そう願っていることでしょう。
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
さてさて、今日はちょうどクックの命日です。
久し振りにクックを見てやってくださいね。過去にも見ていただいた姿ですが。
丸2年が経ちましたが、愛おしさが薄れることはありません。
 
 
         110717hirugao7_2
 
 
    20060408cook_up1_2
 
 
         110717hirugao2
 
 
    20070203mikaeri_cook_2
 
 
         110717hirugao1_2
 
          上のほう中央にある小さな光が ハートの形? up
            右下の方には、まるで蛍のような光もキラリshine 
 
         20090110_35tc6cut_2
 
 
    110717hirugao5
 
 
先日の山口県宇部市への帰省は飛行機で往復したのですが、帰ってくる日の
宇部空港で、到着した便から降りてきたばかりと思われるロングコート・チワワを
見かけました。毛色がクックにとてもよく似ていて、クックがそうだったと同じように
目を見開き耳を後ろへ引いて息ハァハァのパニック気味の表情をして、飼い主さんに
よじ登ろうとしていました。 真っ暗な中に置かれる飛行機は怖かったよね。
クックにも何度も怖い思いをさせてしまったね。ごめんね。
しばらく釘付けになって目が離せませんでした。
 
 
 
  「ヒルガオ(昼顔)」:ヒルガオ科・ヒルガオ属
 
 

| | コメント (13) | トラックバック (0)

2011/08/24

小さいの

club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
● ある晴れた夏の朝、細い草の葉に朝露が光っていた
 
    110724asatuyu1
 
              2mmか3mmの 小さな小さな朝露  
 
           110724asatuyu3_cut
 
 
 
 
● メタリックに輝いている虫もいた
 
    110725zingasahamusi
      ハゴロモルコウソウの葉裏にいた「ジンガサハムシ」
      あの~ 食べないで欲しいんですけど
 
 
           110716fusenkazura8_cut
             体長6~7mmのあなた だれ?
             「アシナガキンバエ」に似ているけれど違うようでもあり
             顔を見損ねたヮ
 
 
 
● 子バッタたちも増えてきた
 
    110725kobatta1
      褐色タイプの子「オンブバッタ」かな
 
 
           110725kobatta2
             こちらは緑タイプの子「オンブバッタ」
 
             どちらもハゴロモルコウソウの葉の上で
             この葉っぱは食べないでね 他にも草はあるからね
 
 
 
 
● そして子カマキリたちも生き残りをかけて頑張ってる
 
       110725kokamakiri
         子「オオカマキリ」かな?
         ちっちゃくても君らはしっかり睨んで威嚇するよね
 
         この格好を見ると言いたくなっちゃうな  もう古い?
         いいや 言っちゃおう イナバウアー!
 
 
 
                                     - 8月3日 記 -
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/08/22

「夜顔」の花はいつ開く

皆さまこんにちは。先日は残暑お見舞いと称しながら、逆に皆さまにお見舞いを
いただくような記事をアップして失礼しました。もう大丈夫です。有難うございました。
今日からまたよろしくお願いします。
 
さて、こちらは5日の雨の降り出し後から猛暑から一転肌寒い気温となりました。
雨も毎日降り続いてまるで梅雨時。明日辺りからまた夏の気温に戻るそうですが、
どうしてこう極端なんでしょうね。大きな気温変化は体にはストレスです。
暑さで疲れているところへのストレスで体長を崩されませんようご自愛くださいね。
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
山口県宇部市の夫の両親の元へ帰省中、ご近所の方から電話があり、
「夕顔の花が咲きそうだからよかったら見に来て」 と誘ってくださいました。
早速みなで見に行くと、濃い緑色のハート型の葉が旺盛に茂った中、
一輪の白い蕾が開きかけていました。 初めての出会いでした。
 
ご近所の方が仰ったように「夕顔」と呼ばれることも多いのですが、正確には
「夜顔(ヨルガオ)」で、「ユウガオ」は干瓢(かんぴょう)の原料になるウリ科の
植物の方になります。
      (spade写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnight
 
 
19:42 撮影
    110810yuugao1942_1
 
 
 
20:22 撮影
    110810yuugao2022
 
 
 
21:26 撮影
    110810yuugao2120
 
 
 
22:16 撮影
    110810yuugao2216
 
      「ヨルガオ(夜顔)」:ヒルガオ科・サツマイモ属  熱帯アメリカ原産
 
 
本当はもっと水平になるくらいに開くのですが、この日の晩、唯一咲いたこの花は
22:16 の↑状態が精一杯の開き具合だったようです。
夜空にはだいぶ真ん円に近づいた月が白く美しく輝いていましたから、もしも完全に
開いていたならば、合わせ鏡のような様子にも思えたかもしれません。 
白く美しい花でした。
翌朝6:00少し前に見に行ったときは、すでにくったりうなだれていました。 
                            (撮影はすべて 8/10 の晩です。)
 
今年まだ咲き始めたばかりとのことでしたから、今頃は毎晩いくつも大きく花開いて
甘い香りで虫を誘っているかもしれません。 
 
一方両親宅では、私たちが神奈川へと戻ってきた晩から「月下美人」が咲き始めた
そうです。 こちらも蕾だけでも撮ってくればよかったな。
例のハプニングでちょっと参っていたので気が回らず残念なことをしました。
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011/08/17

残暑お見舞い申し上げます

       110809yamori_cut
            宇部宅の窓にいた「ヤモリ」のシルエット
 
 
拝啓 
 
皆さま、ご無沙汰しております。暑い日が続きますがお元気でお過ごしでしょうか。
 
夫の長い夏休みも残すところ3日。 夫の両親の元への帰省も予定通り済み、
ゆっくり過ごしていましたが、二人とも思っていた以上に疲れがたまっているようで
まだまだ休み足りない気分です。夫の頑固な脚の痛みも少し軽減したにとどまり…
でも日々は飛ぶように過ぎていきますね。
夫は今日はとうに夏休みが終わっている本社での会議に出席のため出社です。
 
さてさて、山口県宇部市へは8/8~8/11の3泊4日で帰省してきました。
8日は立秋でしたが、暦の上での秋などどこ吹く風?とばかりに日本中を猛暑が
覆っていますね。 それでもあちらに滞在中は、ニュースで見る関東地方よりは
少しばかり過ごしやすかったように思います。
 
けれど、私、9日にhospital救急搬送騒ぎを起こして皆に心配をかけてしまいましたsweat01
炎天下でのお墓参りのあと、近くの親戚宅へお邪魔しているとき、
急にくらくらめまいがしたと思ったら手足と口周りが痺れて動かなくなってきて、
そのうち手がおかしな形にグッキと硬直し、お腹にも痺れが広がりまして…。
居合わせた皆さん、熱中症や脳の病気を心配してくださり、救急搬送されました。
 
こういう症状を、経験されたりご覧になった方はきっともうお分かりでしょうね。
私は初めての経験で知識もなく、何が起きているのか分かりませんでしたが。
病院では頭部CTスキャンと血液検査をし異常無しを確認後、ドクターの診断は
「強度の緊張によるヒステリー症の軽めのもの」とのこと。
帰宅後ネットで調べましたが、最近ではヒステリー症という言い方はしなくなって
きているそうで、ようは「過換気症候群」、よく言われるところの「過呼吸
だったようです。 
あまりの暑さで多少息がハァハァはしていましたが、それが過呼吸になっていた?
疲れや寝不足が引き金になったのかもですね。
 
病院で点滴してしばらく休んで帰宅しましたが、驚きの初体験のせいでか
血圧が190-110くらいまで上がっていてギョッとしました。
血圧はそれから徐々に下がってきて、現在いつもの私の平常に戻りましたが、
神奈川の自宅へ帰宅後は、それまでどこかへ押しやられていて自覚していなかった
疲れが吹き出てきた感じでパソコンを触る気力もなかなか起きず、皆さまにはすっかり
ご無沙汰してしまっているという次第です。 
 
そんなわけで、ご無沙汰しついでにあともう少し夏休みを延期させていただこうと
思います。 忘れられちゃいそうだ~~despair 
でもでも、再開後はまたどうぞよろしくお願いします。
 
そうそう、あちらでご近所の方が連絡をくださり、初めて「夕顔」の花も見たんですよ。
その様子もまたご覧いただきたいと思っています。しばらく先になりそうですがcoldsweats01
(「夕顔」と呼ばれることもありますが正確には「夜顔」です ^^; 8/20追記)
 
明々後日からはまた5時前起きだ~ それまでには何とか気力を取り戻さないと。
 
それでは皆さん、残暑厳しきおり、どうぞご自愛くださいませ。
 
                                           かしこ
 
 
   110811syouzi_kage
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011/08/06

夏休み

水曜日、長袖に厚手のジーンズ、ネット付き帽子に手袋、虫除けスプレーという
完全防備で草取りするも、ジーンズの上から2つ蚊に刺された。 ムゥゥ catface
金曜日、玄関前で蚊取り線香を焚いておいてプランター植物に水遣りする
わずかな間に4つ蚊に刺された。 ク~~ッ bearing
 
なんてことはどうでもいいですね。 コホンsweat01
 
8月4日から、一斉年休行使日を含めた長い夫の夏休みが始まりました。
19日までの予定ですが、本社と夏休みがずれているので、先に休みが明けた
本社から呼び出しがかかったりするかも??
 
それはともかく、相変わらず脚痛が酷くてやっとの思いで会社通いをしていた夫。
1年帰っていない山口の両親の元への帰省もできるか危ぶんでいましたが、
いちかばちかで4日ほど帰ってみることにしました。航空券も予約できましたし。
鎮痛剤漬けかなぁ… それとも案外気分転換になって改善されるかしら? 
良い方へ向かってくれることを願っています。
 
そんなこともありまして、今年も恒例の「ブログ夏休み」とさせていただきます。
再開日は未定ですが、夫の夏休み明けよりも前には再開したいと思っています。
しばらくご訪問もお返事コメントも滞ると思いますがお許しくださいね。
 
再開後、またどうぞよろしくお願いいたします。
ではでは、皆さま、どうぞお元気で happy01 /~
 
 
    110726americafuyou2
     (写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけます。 7/26撮影)
 
      「アメリカフヨウ(アメリカ芙蓉)」:アオイ科・フヨウ属  別名「草芙蓉」
                         アメリカ・アラバマ地方原産 多年草
 
 
          

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2011/08/03

野趣満載 - タケニグサ -

大型で野趣ある多年草「タケニグサ」が、今年も道端のあちこちで顔を出し、
梅雨明けの頃から咲き始めました。 初々しいタケニグサを撮ってきました。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
110710takenigusa4 110710takenigusa6
 
        歩道の植栽(草むらと化してます ^^;)に生えていました
      大きく育つと2m位になることもありますが、これはまだ70cmほど
          大きな葉はすでに私の手のひらを超えていました
 
 
 
         110710takenigusa1
 
 
110710takenigusa1_cut 110710takenigusa2_cut
 
     花が咲いていました  下段の2枚はトリミングして大きくしてみました
          たくさんある白くて細長いピロピロしたのは雄しべです
  大きめ写真もご覧くださいね  雄しべの葯と雌しべをなんとか見ていただけます
 
     蕾を包んでいるのは2枚の「ガク」で開花と同時に落下 花弁はありません
         一日花で雄しべもその日の終わりには落ちてしまいます
 
        朝7:30頃だったのでまだ初々しい姿を見ることができました
 
         花後にはやがて細長く平らな実がジャラジャラと生ります
 
 
         110710takenigusa5
 
 
                 ( いずれも 7/10 撮影 )
 
 
         「タケニグサ(竹似草、竹煮草)」:ケシ科・タケニグサ属
 
 
 
その後、実をつけている「タケニグサ」も撮影できました。
 
         110717takenigusa1
 
 
    110717takenigusa2
 
 
         110717takenigusa3
 
           光に透けて実の中に種らしき影も見えていました
 
                 ( いずれも 7/17 撮影 )
 
 

| | コメント (11) | トラックバック (0)

2011/08/01

取り合わせ

花レッスンで勉強した作品のご紹介です。「花遊び」を楽しみましたよ。
限られた時間で作った習作ですから、至らぬところはご容赦を。
       (clover真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますwink
 
 
その1.「同じ花同士」
 
201107073  一種類だけの花を生かすとしたら
 
  あなたはどう活けますか?
 
  私がいただいた花材は
  ガーベラ一種類
 
  花顔と茎を生かして
  こんな風に並べてみました 
 
  細い竹をアクセントに
 
 
  いろんな発想のデザインが
  生まれそうで面白いでしょ
 
 
 
 
その2.「石と花」
 
       2011060221111
 
       2011060221116
 
          石と花(植物)ってとても相性が良いと感じます
              自然界のもの同士だもの当然かな
  
       花材は、先生が持ってきてくださったお庭の花たちの中から
           バラ と 八重ドクダミ と オキザリス をチョイス
            トクサでフレームを作って空間の広がりを
 
 
 
その3.「ガラスとアルミワイヤー」
 
        201106211
 
        本物のガラスの器とアルミワイヤーで作った架空のビン
     アルミワイヤーで架空のビンを作るのはとっても楽しかったです♪
            軽やかで透明感にあふれ涼しげですね
 
          花材は またまた先生が持ってきてくださった
              お庭の花たちの中からチョイス
         いくつかグリーンばかりを挿しても爽やかそうです
                  道端の草たちでも
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2011年7月 | トップページ | 2011年9月 »