« こわもてサルビア | トップページ | 野趣満載 - タケニグサ - »

2011/08/01

取り合わせ

花レッスンで勉強した作品のご紹介です。「花遊び」を楽しみましたよ。
限られた時間で作った習作ですから、至らぬところはご容赦を。
       (clover真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますwink
 
 
その1.「同じ花同士」
 
201107073  一種類だけの花を生かすとしたら
 
  あなたはどう活けますか?
 
  私がいただいた花材は
  ガーベラ一種類
 
  花顔と茎を生かして
  こんな風に並べてみました 
 
  細い竹をアクセントに
 
 
  いろんな発想のデザインが
  生まれそうで面白いでしょ
 
 
 
 
その2.「石と花」
 
       2011060221111
 
       2011060221116
 
          石と花(植物)ってとても相性が良いと感じます
              自然界のもの同士だもの当然かな
  
       花材は、先生が持ってきてくださったお庭の花たちの中から
           バラ と 八重ドクダミ と オキザリス をチョイス
            トクサでフレームを作って空間の広がりを
 
 
 
その3.「ガラスとアルミワイヤー」
 
        201106211
 
        本物のガラスの器とアルミワイヤーで作った架空のビン
     アルミワイヤーで架空のビンを作るのはとっても楽しかったです♪
            軽やかで透明感にあふれ涼しげですね
 
          花材は またまた先生が持ってきてくださった
              お庭の花たちの中からチョイス
         いくつかグリーンばかりを挿しても爽やかそうです
                  道端の草たちでも
 
 

|

« こわもてサルビア | トップページ | 野趣満載 - タケニグサ - »

コメント

おはようございます。
妻は、嵯峨御流を習っていますが、そうした流派にとらわれない、
こうした斬新な花の観賞の仕方もいいですね。
どれもうっとりです。
特に、「花と石」なんか好きですね。
生け花ではあまり使われることないだろう、ドクダミ やオキザリスが
うまく配されていて、野趣味があっていいです。
「ガラスとアルミワイヤー」も斬新ですね。
ポージィさんの感性の絶えない広がり、素晴らしいです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/08/01 08:29

ガーべラって好きです。
茎の曲がっているものが特に!
ガーべラばかりを活けるのは難しそう。
下はどうなっているのですか?倒れてこないね。
架空のびんもおもしろいですね。
とても爽やかです。目の錯覚みたい・・・catface

今日の私の記事ですが、コマツナギではなく萩のようです。
失礼しましたsweat01

投稿: 池田姫 | 2011/08/01 11:33

ガーベラの1種活けは茎を見せるようにしますよね。
みんな、澄ました顔をしてて可愛いです。

石と緑の葉は良く合いますね。
ドクダミの使用は驚きです。

ワイヤーでビンの形にするのは難しそうですね。
でも、遊び心があって素敵です。

3作品とも都会の女性みたいな感じがしました。

投稿: ロッキーママ | 2011/08/01 12:12

いつもながら,おみごとです.花を美しくみせながら,それでいて遊びの楽しさがしっかりと伝わってきます.
一種類の花を,自分だったらどうするか?
うーん,さっぱり思いつきませんが,たぶん当たり障りの無い幾何学模様にしてしまいそうです.

投稿: LiLA管理人 | 2011/08/01 13:03

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
そうそう、奥様は生け花を習っていらっしゃるのでしたね。
嵯峨御流というのですか。歴史・由緒ある流派ですね。
私は生け花は、伯母が先生(池坊)にもかかわらず習ったことなく、
フラワーデザインのほうに興味を持ちました。
こちらの方が自由度が広いでしょうね。無限かもしれません。
生け花も自由花(?)などはそうなのかもしれませんが。

花と石の組み合わせ、気に入ってくださいましたか。
バラとドクダミにオキザリス。花の名前を文字だけで見ると合うとは
思えませんが、これがどうしてなかなかよく合ってくれました(^^)
ガラスとアルミワイヤーのビンは、何年か前初めて見たときから面白いなと
思っていたのですが、今回教えていただいて自分で作ってみて、やっぱり
楽しかったです。

こうして色々教わることで引き出しがひとつずつ増えていくのですね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ガーベラお好きですか。茎が曲がっているものはあまり売られていませんが
味がありますね。ゆるいカーブくらいだと時間と共にまっすぐになりますが~
今回は器の中に小さな給水スポンジをはめこんでそれに挿しました。
スポンジを使わないで立てる方法も色々考えられますね。

架空のビンは面白いですよね。そうそ、ちょっと離れると、本物とアルミと
区別がつかなくなります。
今、家で花無しで飾ってあるんですが、スッキリしていて夏向きです。

あ、萩でしたか。いえいえ、とんでもないです。
私は自分では全然分からないので…(^^)


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

生け花でも一種活けというのをなさるんですね。
ガーベラはすっと伸びた茎とその先に咲く丸い花が特徴ですものね。
その形を生かすとなると、やはり茎を見せたくなりました。
石と植物合いますね。ロックガーデンというのもあるわけだなぁと
思ったりもしました。
ドクダミ、驚きですか?マミでは使う方結構多いですが、生け花では
使われない花なのでしょうか。

都会の女性みたい、と思ってくださいましたか。すっきり感が
共通しているかもしれませんね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

この3つはあまり悩まず、楽しいと思いながら活けられたので、
そんな気持ちが伝わったのだとしたらとても嬉しいです。

一種の花をどう活けるか。手にとって見ている花の種類によって
変わってくるかもしれませんね。
うんと単純化して描く花の絵(○に|)のようなガーベラだと、やっぱり
幾何学模様のようなのが合うんじゃないでしょうか。
 

投稿: ポージィ | 2011/08/01 14:12

いろんな材料と自然のお花との組み合わせ
斬新で とてもおもしろそうです~!
淡い色のガーベラはとても優しそうな感じで細いタケがアクセント!
石とバラたちの組み合わせも面白いです。
こちらはトクサで縦を!
アルミワイヤーで作られたガラス風もどきのコップや花瓶 とてもいいですね~
以前にも書きましたが あらゆる可能性を秘めたもの創りといった感じがします。
センスの問題もあるのでしょうね。

ポージィ さんのはいつもとても素敵な発想から創られるので楽しみです。

投稿: fairy ring | 2011/08/01 14:39

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

それぞれの組み合わせ、楽しんでいただけて嬉しいです。
フラワーデザインは(特に今習いにいっているマミがかもしれませんが)、
仰るように、まさにあらゆる可能性を秘めているという気がします。
花が一種であったり多種多彩であったり、えっ?と思うようなものと
組み合わせを考えさせられたり、いろいろなことを教えていただいています。
あ、いえいえ、今回のは私の発想ではないのですよ。
最終的な活けたり並べたりのデザインは自分ですが、発想は教わるものです。
そうして教わっていくうちに、ひとつずつ引き出しが増えていくのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2011/08/01 15:23

暑中お見舞い申し上げます。virgo
大変長らく失礼しておりました。sleepy でも、毎日しっかりとお邪魔して拝見しておりました。club
人生においてまさか自分にこんなことが降り掛かるとは思ってもおりませんでした。thundertyphoonともかくなんとか乗り越えたいと忍耐の日々を送っております。flair前座が長くてすみません。
上段、ガーベラの連弾、ガーベラのメヌエットと申しあげたらよろしいでしょうか。いいですねぇ。good
ポージィさんの作品はどれをとっても生き物と別の世界のモノとの共存があります。clover どんな世界で暮らしていてもどこか通じ合えるもの、そんなものがあればいいなぁ、なんて考えちゃうんですけれどね。noodle

投稿: 福 | 2011/08/01 16:57

◆福さん、ありがとうございます ♪

暑中お見舞い申し上げますclover
どうされているかと気にしておりました。なにやら大変なお辛い渦中に
いらっしゃるご様子…何に見舞われていらっしゃるのかわかりませんが、
無事乗り越えていらっしゃれますよう、心よりお祈りいたします。

ガーベラの一種活け、気に入ってくださいましたか。音楽を感じて下さったとは
とても嬉しいです。直線ではなく曲線を描いたり、色々楽しめそうですね。

そうですね。どんな世界にいようと、お互いに通じ合うことができたら…leftright
私もそんなようなことを考えることもあります。
でも、普通そういうものはないからこそ、思いが深まり思いやるという
一面もあるのかもしれませんね。

こちらはこの数日過ごしやすい日が続きましたが、そちらは暑さが続いて
いるのでしょうね。どうぞご自愛くださいconfident
 

投稿: ポージィ | 2011/08/01 17:38

同じ花でも活ける人によって全く違ったものになるように思います。
知識や技術の裏打ちのもと、活ける人のセンスと花への愛情が素晴らしい作品を生むのでしょう。
石と花の相性の良さは野山など自然の中でも感じます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/08/01 21:09

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

仰るとおりですね。同じ花材に同じテーマでも、どう活けようかと
考えるのはそれぞれの人の自由。他の人の自分と異なる発想を見るのも
面白いものです。このときは私一人だったので他の方のを見ることは
できませんでしたけれど。

石と花の相性、おーちゃんも感じていらっしゃいましたか。
自然の中では普通に隣り合ってあることも珍しくありませんし、
しっくりきて当然なのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2011/08/02 08:28

こんばんは。

無事帰ってまいりました。
何気ないお花を美しく撮られていらっしゃるのを拝見しました。
ポージィさんにかかると花が魔法にかかってしまったようです。

そしてこの「花遊び」、とても楽しんでいらっしゃいますね。
架空のビン、いろいろな形のビン、素敵ですね。
お水が入っていないけれども、本当のビンのように見えます。
ポージィさんのセンスの良さがにじみ出ている作品群です。

投稿: tona | 2011/08/02 21:36

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。お帰りなさ~い(^^)
無事ご帰国安心しました。今回遠くて長かったですからさすがにお疲れにも
なったことでしょう。お疲れ抜けましたか?早速にご訪問ありがとうございます。

写真は光の演出やカメラに助けられているところ大ですが、楽しんでいただけて
嬉しいです。

はい、これらのお花、楽しく学んできました。
ワイヤーで作った架空のビンは目の錯覚も楽しいですね。
このデザインのアイデアは、マミの主宰・景太先生のものを、スクール生に
広く教えていただいたものなのですよ。

投稿: ポージィ | 2011/08/03 07:41

どれも、斬新ですが、素敵です!!
こうしてみると、
お花の世界もアートの世界なんだなあって思います。

色、質感、アンバランスに思えるものでも
ちゃんと調和するんですね~

個人的には、真ん中の
石と花
の作品が一番好きです!!

これからも、ポージィさんの作品楽しみにしてますね!

投稿: SAKURA-MOCHI | 2011/08/03 08:41

◆SAKURA-MOCHIさん、ありがとうございます ♪

そうですね。アートだなぁって、私も思います。
所属しているフラワースクールでは造形もとっても多いですし。

この3年くらい、植物といろいろな物を合わせてデザインするレッスンを
多く受けているんです。ほんとにすごく意外な組み合わせもあるんですけど、
それでも調和してしまって不思議ですよ。
石と花の組み合わせ、気に入ってくださって嬉しいです。
石垣の隙間から植物が生えて花を咲かせていたりすると、ウォールアートだ
って思ってしまいます。石と花の組み合わせ、私も好きです。

また何か面白いのを習ったらご紹介しますね♪

投稿: ポージィ | 2011/08/03 15:06

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52283883

この記事へのトラックバック一覧です: 取り合わせ:

« こわもてサルビア | トップページ | 野趣満載 - タケニグサ - »