« 「夜顔」の花はいつ開く | トップページ | かわらない愛しさ »

2011/08/24

小さいの

club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
● ある晴れた夏の朝、細い草の葉に朝露が光っていた
 
    110724asatuyu1
 
              2mmか3mmの 小さな小さな朝露  
 
           110724asatuyu3_cut
 
 
 
 
● メタリックに輝いている虫もいた
 
    110725zingasahamusi
      ハゴロモルコウソウの葉裏にいた「ジンガサハムシ」
      あの~ 食べないで欲しいんですけど
 
 
           110716fusenkazura8_cut
             体長6~7mmのあなた だれ?
             「アシナガキンバエ」に似ているけれど違うようでもあり
             顔を見損ねたヮ
 
 
 
● 子バッタたちも増えてきた
 
    110725kobatta1
      褐色タイプの子「オンブバッタ」かな
 
 
           110725kobatta2
             こちらは緑タイプの子「オンブバッタ」
 
             どちらもハゴロモルコウソウの葉の上で
             この葉っぱは食べないでね 他にも草はあるからね
 
 
 
 
● そして子カマキリたちも生き残りをかけて頑張ってる
 
       110725kokamakiri
         子「オオカマキリ」かな?
         ちっちゃくても君らはしっかり睨んで威嚇するよね
 
         この格好を見ると言いたくなっちゃうな  もう古い?
         いいや 言っちゃおう イナバウアー!
 
 
 
                                     - 8月3日 記 -
 
 

|

« 「夜顔」の花はいつ開く | トップページ | かわらない愛しさ »

コメント

おはようございます。

晴れた日の夏の点描 楽しく拝見しました。
朝露 とても美しいですね。
暑さが想像できました。
いろんな虫さんたちが この暑さを謳歌しているんでしょうね。
人間にはしんどいけど・・・
今日は朝から爽やかな風が吹いていますが 午後にはまた32度くらいになるのでしょうね~~
まだまだ暑さは続きそうですね。

投稿: fairy ring | 2011/08/24 09:02

おはようございます。
小さいものを、よくこれだけ鮮明に手振れもなく撮れますね。
お見事な写真ばかりです。
朝露の玉、透き通った宝石のようで、美しいです。

小さな虫たちが活動していますね。
ジンガサハムシというのは初めて見ました。
お名前よくご存知ですね。
次のアシナガキンバエに似た虫も初めてです。
オンブバッタ・・・・これが、今、我が家の花壇の悩みなんです。
色んな花の葉を食い散らして、穴がいっぱい開いています。
可愛そうですが、見つけると駆除しているのですがね。
しばらくは、彼らとの闘いが続きそうですよ。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/08/24 10:28

イナバウアーに爆笑!

こちらは海と湖に挟まれているため、毎朝霧が深く朝露と云うよりも雨上がり状態ですが、陽が差すとキラキラ輝き宝石箱みたいです。
芝生の上で体を乾かすバッタがたくさんいますよ。

ほんの少しずつ秋の気配になって来ました。
生き物たちも早く大きくなって、冬を乗り越えて欲しいですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/08/24 12:57

よくこんな虫たちをこんなに近づいて撮影できましたね.逃げられないんですか.もしかして,ポージィさんって虫寄せ体質なんでしょうか.

投稿: LiLA管理人 | 2011/08/24 14:00

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
楽しんで見てくださってありがとうございます。
朝露は小さいながらキラッと光っていてとても綺麗でした。
朝7時少し前。私が見てからじきに蒸発して消えてしまったでしょうね。
みんな夏本番を迎えた頃撮ったものですが、生き生きとしていました。
人間もまだ暑くなって日が浅かったので元気だったかも?

また暑さが戻ってきましたね。湿度が高いのでねっとりした暑さでげんなりです。
せめて朝晩は涼しい風が吹いて、熱帯夜は勘弁願いたいです。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
よく晴れた明るい日だったのが味方してくれました。風も弱く(^^)
朝露は小さいながらほんと綺麗でした。まさしく宝石のようで。

虫たちの活動は春から秋、とても盛んですね。
ジンガサハムシは、以前初めて見たとき印象的な姿だったので
記憶に残りました。でもまだ3~4回しか見てないんです。
ガラス細工のように綺麗なんですよ。
アシナガギンバエに似たのは初めてで、かなり粘って調べたのですが
分からずじまいでした。

わぁ、鎌ちゃんのお庭ではオンブバッタの子達が葉っぱを穴だらけに
しているんですね。以前うちでもたっくさん跳ねて穴だらけにされていましたが、
2~3年したらすっかり数が減りました。何もしなかったんですけれど。
ハゴロモルコウソウにとまっていたバッタの子は、写真を撮った後
お隣の空き地に行ってもらいました。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

良かった~、ウケてくださって(^^)

ロッキーママさんのお宅の辺りではそんなにもたくさん露が降るのですね。
一面びっしりとついた露に朝日が当たって煌く様子、想像できます。
とっても綺麗でしょうね…!
バッタたちは朝露ですっかり濡れてしまった体を乾かすんですね(^^)

もう8月も終わりが近づいて、暑い中にも秋が近づいてきていますね。
今日は朝の空が秋でした。日中になったら夏空になりましたけれど。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

そうですねぇ、このときはなぜだか逃げられませんでした。
いつもは蝶や小鳥に、こちらが気づく間もないくらいすぐに
逃げられるんですけど。
う~む たしかに虫寄せ体質なのかもしれません(蝶を除く)。
少なくとも蚊は人一倍引き付けるようです~(;_;)
  

投稿: ポージィ | 2011/08/24 14:58

朝露が何てきれいなのでしょう。
上手に撮られましたね。

ハゴロモルコウソウの葉に次々お客さんですね。
ジンガサハムシもアシナガキンバエ似のも初めて見ました。この葉、美味しいのでしょうか。
私も明日見てみましょう。

カマキリ、ほんとイナバウアーですね。荒川静香さんのをもう1度見たくなりました。

投稿: tona | 2011/08/24 21:14

ポージィさん、こんばんは。葉っぱに止まった水玉がとても綺麗です。水の分子が引き合ってもっとも安定した形である球形になるのですね。まるで水晶のようです。
一眼レフにマクロレンズを装着して三脚で固定して撮影したように見えます。
戦時中、イナゴは食べたけれどバッタは食べなかった。
何故なのだろう、と考えたけれど、答えは出ませんでした。カマキリもトンボも食用にはなりませんでした。
下手物では、カエルです。ササミのような食感でしたよ。もうばれているけれど、としだなぁぁ。

投稿: polo181 | 2011/08/24 22:29

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

おはようございます

こんな朝露、このところしばらく見られませんね。雨粒ならありですが。
雨粒も綺麗ですが、こちらは小さな粒に朝日が当たってキラリンと
輝いていたのが小さいながらとても綺麗でした。

ハゴロモルコウソウの葉っぱ、以前はそんなに虫が来なかったのですが、
一昨年あたりからあれこれ見かけるようになりました。虫世界の情報網で
伝わったのでしょうか。一番多いのは、じっと止まって汁を吸っている?
カメムシの仲間です。葉に穴は開かないけれど株を弱らせられそうで
追い払っています。tonaさんのところではどうかしら?
ところで、もう8月も終わりというのにまだ蕾のひとつも出てこないんです。
今年は咲くかどうか心配になってきました。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
朝露の写真をお褒めいただいてありがとうございます。
小粒ながらそのきらめきはとても綺麗で、目を引きました。
コンデジのマクロ機能の手持ちですが、風は弱く明るい朝でしたので
なんとかかんとか。

そうですね。イナゴは食用としてよく聞きますが、他のバッタのことは
あまり聞きませんね。ましてやカマキリトンボのことは全然。
タンパク源になるとかならないとか数が多いとか少ないとか、そんな関係かしら。
カエルは食用ガエル(ウシガエル)というのがありますよね。
私も若い頃、飲み会の2次会で行ったスナック?で1度だけ食べたことが
ありますよ。ちょっぴり。仰るように鶏肉みたいでした。
昔はスズメも飲み屋さんなどで出されていたと聞きます。
食べるところなどほとんどないでしょうにね…
 

投稿: ポージィ | 2011/08/25 10:01

ポージィさん こんにちは~

水滴 大好きですよ~
思わず写真を撮りたくなりますね
写真を大きくしてみると葉が布のようにも見えます
それに、ジンガサハムシ! 黒い模様のまわりは透明?
夏の初めには小さかったカマキリももう随分大きくなってきました
ふてぶてしい面構えでイナバウワー^^
荒川静香さんのイナバウワーは本当に美しかったですね~

投稿: グレン | 2011/08/25 16:38

ジンガサハムシみたいなのを見たことがあります。
教えてもらったんですけどね。
水滴の中にいるみたいでどこが頭やらさっぱりわかりませんでした。
カマキリは待ち伏せ作戦かしら?
そうよね~
同じ緑なんだから草を食べてくれればいいのに~pout
きっと美味しいものを知っているのね。
先日、モミジバかな?ルコウソウを撮りました。
ポージィさんちも花が咲きましたか?

投稿: 池田姫 | 2011/08/25 16:47

我が家は先週くらいから咲いています。
虫ですが観察できませんでした。
でもたくさんいるに違いないです。たまたま見かけなかっただけかと思われます。
まだこれからが本番ではないでしょうか。
待ち焦がれますね。

投稿: tona | 2011/08/25 19:07

◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
水滴に光が当たったときの綺麗さ、ハッとしますね。
glennさんもお好きなのですね(^^)
草の葉の表面が布のように…あ、そうですね。イネ科の縦に葉脈のある
この葉は、何織りってとこかしら。
そうなんです、ジンガサハムシは透明なんです。不思議ですよね~
ガラスでできているみたいなんですよ。
一時毎日のように見ていたカマキリの子たち。この頃見ないんですよ。
大きくなっていますか。そうでしょうね。
そしてやっぱりイナバウアー(笑)
ほんと、荒川さんのイナバウアーは美しく華麗でした。懐かしいですね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

ジンガサハムシみたいなの、ご覧になったことおありですか。
一度見たら忘れ難い印象的な姿ですよね。この透明感、不思議です。
なるほど、そっか。ひょっとすると水滴に擬態しているのかもしれませんね。
カマキリは仰るように待ち伏せ作戦中だったんだと思いますよ。
フウセンカズラの花には結構虫がたくさん来ますから。
子バッタたちには、写真撮影後、草いっぱいのお隣の空き地に行ってもらいました。
モミジバルコウソウらしきのにもお会いになりましたか。
うちのはなぜか今年はまだ蕾も出てないんです。かなり遅れていて、
花が咲くかしらと心配しています。


◆tonaさん、再コメントありがとうございます ♪

あ~ やっぱりもう咲き始めているのですね。
うちのは蕾の一つも出てきていないんです。かなり遅れていて
心配になります。この先も雨が多いようですし、どうなるかしら。
ほんと、待ち焦がれます。
虫はいませんでしたか。蜜吸いは別として葉を食べたりの虫は
こないにこしたことはないですよね。
 

投稿: ポージィ | 2011/08/25 20:32

こんばんは。
きれいな朝露ですね。
最近、朝早く外に出ることがなくなって、とれたての輝きを見ていません。
ジンガサハムシやオンブバッタは姿が可愛いけれど大事にしている植物の葉を食べるのは勘弁してほしいですね。
カマキリも幼い時は体が柔らかくてイナバウワーも得意でしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/08/25 20:36

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
小粒でもきらりと輝きを放ってとても綺麗な朝露でした。
私は朝露のきらめきを見るのはそれこそ何年ぶりか。
夫がサマータイムの職場へ行くとき、駅まで送って戻ると6:30くらい。
それから散歩に行ってみました。
葉っぱを食べる虫たちは、他にあふれんばかりに食べられるものがあっても
人が育てている草花もしっかり狙ってきますよね(^^;)
カマキリのイナバウアー、大きくなってもしているように思いますが、
でも子供のころの方がもっとしっかり反れるかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2011/08/25 20:48

夜顔とはまさに夜に咲くお花、怪しい雰囲気ですか?そんなことはない可憐な朝顔のようなですね。
夜に咲くお花はいい香りしますね、大葉ギボウシしかり、
妖艶なのは烏瓜、
しかし夜は蚊もいるしなかなかいい雰囲気にはいきません。
水滴も大好きな被写体同じですね。その時見たら
見逃せませんね、何とかものにしたいなんて、
小さな昆虫たちも同じ、見たらカメラ、楽しみたいです。

投稿: 玲 | 2011/08/26 18:14

◆玲さん、ありがとうございます ♪

初めて出会った夜顔は、この日一輪きり、しかも開ききらずに終わったようで
ちょっと残念でしたが、開ききった姿はネット上の画像で確認しました。
朝顔のようなお花ですね。怪しいというよりは妖しいの方ですね(^^)
神秘的な美しさ。妖艶さではカラスウリの方が勝りそうです。
夜に咲く花たちは香りが良いですね。闇の中で蛾たちを誘うためでしょうか。
私たちが帰った後で咲いた月下美人もすばらしくよく香ったそうです。
水滴、小さな虫。見つけてしまったらカメラを向けたくなりますね。
その辺り、玲さんの楽しまれ方と私の気持ち、とてもよく似ています。
 

投稿: ポージィ | 2011/08/26 18:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52380647

この記事へのトラックバック一覧です: 小さいの:

« 「夜顔」の花はいつ開く | トップページ | かわらない愛しさ »