« 歌を探す - ミズヒキ と ヘクソカズラ - | トップページ | ふるふる 風船葛  2011 »

2011/10/01

秋の使者 - ツルボ -

 アップの順番がさかさまになりましたが…
 彼岸花に先がけて秋口に咲く「ツルボ」という花。 今の地へ越してくるまで、
 というかブログを始めるまで知らずにいた花なのですけれど、今では毎年楽しみに
 待っています。 近くで見られる数は少しですが、今年も会えました。 
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
         110907turubo9
 
 
 
         110907turubo11
 
 
 
         110907turubo13
 
 
 
         110907turubo8
 
 
 
         110907turubo
 
                ( いずれも 9/7 撮影 )
 
                  林の縁の小さな土手で
             弾けるように咲いてきらめいていました
 
 
 ツルボは5月ごろ芽を出し葉を茂らせるのだそうです。そして夏にはそれが枯れて
 夏眠に入り、8月の終わりから9月始め頃に再び出現! そのときは花茎だけを
 伸ばすこともあれば葉と花茎両方のこともあるのだそうです。
 後日確かめたら、私が見たツルボたちには根元に数枚の葉がありました。
 
 
 
         110918turubo2_cut
 
                    ( 9/18 撮影 )
  
 
 
         「ツルボ(蔓穂)」:ユリ科・ツルボ属
 
 
゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
 
 ツルボが秋を告げる使者ならヒガンバナはプロローグでしょうか。そして本編を
 告げるのがキンモクセイの香りの便り。
 今朝、外へ出たらどこからともなくキンモクセイノ香りが鼻先を掠めていきました。
 花はまだ見ていないけれど、香りの便り、確かに受け取りました。
 今日から10月。 いよいよこれから本格的な秋になっていくのですね。
 
 

|

« 歌を探す - ミズヒキ と ヘクソカズラ - | トップページ | ふるふる 風船葛  2011 »

コメント

おはようございます!

わわ~ ツルボだ!
とってもきれい!
魅入ってしまいましたよ~
今年も出会いそびれてしまったので こんなに美しいツルボに出会えて嬉しいです。
色もとても素敵ですよね。
ラストはハチさんがいますね。
日向のもきらきらきれいですが 日陰もいいですね~
ありがとうございます。

投稿: fairy ring | 2011/10/01 10:07

おはようございます。
ツルボは、先日、どなたかのブログで拝見しました。
下の方から、小さな花火が弾くように咲いていくのですね。
可愛い花です。
俳句の世界では、もう、秋深しの段階に入ろうとしていますが、
体感的には、ようやく秋なのですね。
まさに、ツルボは秋を告げる使者なのですね。

我が家のキンモクセイも香りだしました。
まさに、秋本番という感じです。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/10/01 10:45

夏に一旦枯れて,また秋に伸び始めるんですか.
植物の一体どこにそんな時計が入ってるんでしょうね.
秋のエピローグは何でしょうね.紅葉した木々が葉を落として幕なのかな.
こちらの秋は短く,秋になったと思ったらもう雪の季節になります.

投稿: LiLA管理人 | 2011/10/01 12:02

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
お会いになってませんでしたか~ 
それは見ていただけてよかったです。
近くで見られる、知っている場所2ヵ所。今年もどうぞ見られますように、と
祈りつつ出向いてみたところ、ちょうどいいタイミングで会えました。
優しい色で自らキラキラと光を放っているような姿、綺麗ですね。

ラストのハチさんに気づいてくださいましたか。嬉しいです。
すごくくびれた細い胴?を持つハチさんが夢中になっていました(^^)


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ツルボがお好きな方、秋の便りとしてアップしている方、結構いらっしゃい
ますから、鎌ちゃんも何度目かのツルボでいらっしゃるでしょうね。
仰るように小さな花火が弾けるように咲き上っていきますね。

俳句の世界はファッション、常に一足先を行ってますね。
現実はやっと残暑がおさまって涼しさを感じる日が多くなってきたところ。
ツルボは早いものは8月末から咲き始めるものもあると思います。
そして彼岸花に先がけて本格的に咲きますね。
自分の中で秋の訪れを順に教えてくれる植物として、ツルボ、彼岸花、金木犀を
並べてみました。鎌ちゃんのお庭にも秋の香りの便りが届き始めたようですね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

いったん枯れてまた出てくるとは、ツルボを検索してあれこれ見ていて
初めて知りました。自宅でちゃんと観察した方もいらして。面白いです。
体内時計や日照時間、温度、といったものを感知するセンサー、
どこにあるんでしょう。それぞれの細胞の中?それとも…?不思議です。
秋のエピローグ、私の中では木々の葉の色づき始めかもしれません。
葉を落としたころはもうすっかり冬…。
日本でも富士山は初冠雪しましたし、北海道では紅葉が始まっているそうです。
奥日光では霜が降りるだろうとも。
ロスアラモスはそうした所と同じような感じなのかしらと思っています。
秋があっという間に通り過ぎ、雪の季節というのはちょっと寂しいです。
寒さ嫌いの私などは心の準備をする間もなく冬が来て呆然としそうです。
 

投稿: ポージィ | 2011/10/01 16:05

ポージィさん、こんにちは。
春に芽を出し夏にはいったん枯れて秋にまた出て来る植物のことをどこかで読んだのだけれど、どうしても思い出せない。不思議な現象ですね。
ツルボの全体像を見ると、とても小さな植物のようだけれど、花が随分と綺麗に撮れています。
秋の使者ですか。ツルボは名前は知っていましたが、実物は見ておりません。
さしもの猛暑も引っ込んで、とても過ごしやすい季節となりました。これからが秋本番ですね。
私にとって秋の楽しみは、果物が豊富で美味しくなることです。今は柿が美味しいですよ。

投稿: polo181 | 2011/10/01 16:32

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ツルボと同じような生態を持つ植物について、他にも読んだ覚えがおありなのですね。
はて、何だったのでしょうか。夏のいちばん暑いときは地上での生活はやめ、
変化の小さい地中ですごそうということなのか、何なのか、面白いですよね。
ツルボの花の一つ一つは直径5~6mmといったところだと思います。
輝いて見えるように撮りたかったので、逆光でマクロ撮影をしてみました。
一般的に秋の使者とは言わないでしょうけれど、私の中ではそんな存在と
なっています。

キンモクセイノ香りもし始めましたし、いよいよ暑さもこれまで。
秋本番となっていきますね。果物も美味しいですね。
poloさん同様、私も果物大好きです。もう柿をお食べになりましたか。
私はお店にあるのを見ただけでまだ食べていませんが、お話伺ったら
食べたくなってきましたよ(^^)
 

投稿: ポージィ | 2011/10/01 17:24

金木犀の花が庭で今日見つけました、2、3日見ていないと秋はどんどん走って行ってしまいますね。
凄く香るまでにはもう少しでしょう、ルツボとは
しりとり遊びのとき便利で使いましたが坩堝のことだったのです、
お花にあるのは最近知りましたから、淡い綺麗な色ですね、
いつか運動公園にて撮ったような記憶もありますがこんなにエレガントだったかしら、
撮る方によってですね。

俳句と一緒に、風情は一層ましてとても素敵ですね。

投稿: 玲 | 2011/10/01 18:12

◆玲さん、ありがとうございます ♪

玲さんのお庭の金木犀も咲き始めましたか。私はまだ香りだけで、
花を探しに行っていないのです。うかうかしていると今年は香りだけの
秋になってしまいかねません。さて香っているのはどこの木なのか。

玲さん、玲さん、今日ご紹介のお花、うっかり間違えやすいのですが
「る」のつく言葉捜しに貢献してくれた「ルツボ=坩堝」ならぬ
「ツルボ=蔓穂」なのです。ごめんなさい。
今回まだまだ花が咲き初めで綺麗なものに出会えて、それを逆光で
撮りました。きらめく感じを見ていただきたかったので。
エレガントに見ていただいて嬉しいです。お日様に感謝です。

前記事は、この花を詠ったものがあるか知りたかったのも有りますが、
この写真には文字を乗せたら合いそうとも思いました。
おかげで単独ではちょっと寂しかった写真を引き立ててもらえました(^^)

投稿: ポージィ | 2011/10/01 19:49

ツルボの葉の秘密、今年になるまで知りませんでした。
ヒガンバナやキツネノカミソリの葉っぱのことは気にして毎年確かめていますが、ツルボの春に出る葉は一度も見たことがありません。
来年はちょっと気にかけてみたいと思います。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/10/01 20:28

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おーちゃんもツルボの葉のことは今年初めてお知りになりましたか。
私は秋に花だけ見てきた後で知って、もう一度見てきました。
花茎と一緒に数枚葉が出ていましたが、あの葉だけが春に他の草と
共に生えていても見分けられるかまるで自信がありません。
庭で絶滅寸前の芝と一緒になっているネジバナの葉も、よくよく目を凝らしても
見つけられないのです。
おーちゃんの観察力でぜひ見つけていただきたいです。
私も覚えていたら期待せずに見てみようと思います。

投稿: ポージィ | 2011/10/01 22:14

こんにちはヽ(*´∀`)ノ

(T▽T)見つけられない。。。だけ。。なのでしょうか。。。はじめて。。。お目にかかる。。お花です。。

(#^.^#)可愛いぃ~~ですね。。。
小花大スキ人間には、、是非とも。。。
お目にかかりたい。。。
魅力的なお花。。

投稿: うさぎ | 2011/10/02 15:28

◆うさぎさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
 
初めてでいらっしゃいましたか つるぼ 。。・☆・
優しい色で可愛いですよ~ 私も数年前に見つけるまでぅん十年
見た事ありませんでした。
うさぎさんもそのうちどこかでお会いになれますよ、きっと。
ほっそりとした子もいれば、逞しい子もいますが、
みんな小さな花火が順々に弾けていくようなお花。
いつの日かの出会いをお楽しみに(*^^*)

投稿: ポージィ | 2011/10/02 16:54

今日の妙高は寒~い!!雨が寒さをつれてきたようです。
ツルボ、ロココは見たことのない花です
花だけ見たらヤブランに似ていますね。
春のシラーと同じ属なんだとか・・・
そう言われると葉っぱが似ているような・・・

投稿: ロココ | 2011/10/02 21:26

キンモクセイが1昨日から2階まで匂ってきて、寝る前の素晴らしい香りを楽しみました。
ツルボの花と葉の関係面白いですね。
彼岸花に似ているようで似てないこともあって。
ポージィさんの観察で随分いろいろ教えていただいています。
今から出かけます。元気です。

投稿: tona | 2011/10/03 06:49

◆ロココさん、ありがとうございます ♪

ロココさんはご覧になっていませんでしたか。ちょっと意外な気もしましたが、
私とて近所で2ヶ所、チラホラ咲くのを見られるだけですし、あるところには
あるけれど無いとなったら無い、という状態なんでしょう。
そうですね、薄紫の小さな花がたくさん咲く様子はヤブランと共通点有りですね。
学名がScilla scilloidesだそうで、ツルボ属は言い換えればシラー属。
コチラは秋に咲くタイプって事ですね。葉っぱの感じも春咲くシラーと
どことなく似てる気がしましたヨ。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ご出発前のお忙しいときにありがとうございました。
今もう道中でいらっしゃいますね。元気にお出かけとの事で安心です。

金木犀がいよいよ本格的に香り始めましたね。お庭でも良い香りが…
ちょっと羨ましいです(^^) 今朝は洗濯物を干しながら、
洗濯物にこの香りがついたらいいのに、と思っていました。
ツルボの葉が夏の間いったん姿を消すこと、私も初めて知りました。
彼岸花は花と葉は相見えることがありませんが、こちらは
会うこともあれば会わないこともありだそうで。面白いですね。

投稿: ポージィ | 2011/10/03 09:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52700352

この記事へのトラックバック一覧です: 秋の使者 - ツルボ -:

« 歌を探す - ミズヒキ と ヘクソカズラ - | トップページ | ふるふる 風船葛  2011 »