« 昼の「スイフヨウ」 | トップページ | アキノノゲシと »

2011/10/24

今年の稔りは

10月の始め、川沿いの田んぼでは稲刈りが行われていました。
もうすでに終わったところ、ちょうど刈り入れ真っ最中のところ、これからのところ。
きっと9日の寒露のころまでにはあらかた終わったのでしょう。
ご苦労様です、今年の稔り具合はいかがですか? 豊作だといいですね。
      (riceball写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますlibra
 
 
 
    111004inekari3
 
 
    111004inekari1
 
          台風15号で倒れた稲を刈るのはちょっと大変そう
             機械ではなく鎌で刈っている方もいました 
 
    111004inekari4
 
 
 
 
         111004karin2
 
            カリンの実もこんなに大きく膨らんでいました
 
 
                 ( いずれも 10/4 撮影 )
 
 

|

« 昼の「スイフヨウ」 | トップページ | アキノノゲシと »

コメント

おはようございます。
1枚目の写真、秋の田園風景がいいですね。
今年は何やら豊作とか。美味しい新米が楽しみです。happy01
こちらでは稲刈りもほとんど終わり、田圃の上ではチョウゲンボウがヒラヒラとホバリングしてる姿が見られます。
かりんの実ってこんな状態で生ってるんですね。
果物屋さんでしか見たことありませんでした。

投稿: ソングバード | 2011/10/24 08:45

おはようございます。
稲刈り、こちらでも、もう10日ほど前の終わりました。
新藁をこのように立てる風景、こちらでも、我が田舎でも見ない風景です。
何とも言えない、いい光景ですね。
子供の頃は、寒風が吹く中で、これを腐らせ、発酵させて、堆肥作りもやったものです。
それに、昔は、この藁も商品になりましたが・・・・
そうか、牛の餌として、放射能汚染が、今年は問題になりましたね。
田舎では、この田んぼは、これから雪に覆われて、眠りにつくのですが、
こちらでは、早速、畑作物の植え付け、種まきが行われています。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/10/24 09:51

こちらは稲刈りの時期になると、お米を入れる袋や保管する倉庫みたいな物がいろいろなお店で売られています。
お米は農家で買って無人精米所で精米するそうです。
わが家はスーパーで買っていますが、市内の至る所で無人精米所があります。

今年は福島原発の風評被害で農家はどこも大変です。
みんながお米を食べてくれるといいですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/10/24 12:17

◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
田園風景は何か懐かしく心がほっとしますね。
作ることすら叶わずの方々には辛い稔りの季節とは思いますが、
今年は全国的には豊作ですか。台風大雨の影響は思ったより少なく
すんだのですね。よかったです。
稲刈りももうほとんどで終わったでしょうね。刈り入れ後の田んぼ上空では
チョウゲンボウ舞っているのですね。ネズミがちょろちょろするのも
よく見えるのかもしれませんね。

そうなんです、カリンの実はこんなふうに、枝に突き刺したような
生り方をするのです。面白いですよね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
こちらでも、先週には大方終わったのではないかと思います。
この田んぼでははさがけはほとんど見られず、藁がこんなふうに
円錐形を作っていることが多いです。機械で刈り取りから脱穀まで
一気に行ってしまうのかしら??
稲穂が頭を垂れている様子、刈り入れ後の田の様子、農家の方々の
達成感が伝わってくるような気もします。良いものですね。
藁は今でも利用されているものはされているでしょうね。
ここの田んぼのはどう利用されているのやら。たまにしか行かないので
知らない内になくなっています。
そうですね、堆肥の素にもなりますね。そうそう、飼料として与えられた
稲藁が放射性物質に汚染されていたことで問題にもなっていました。
稲作すらできなかったところも多くありましたね…
大阪のお近くの田んぼでは、刈り入れ後は別の作物を作るのですか。
ここの田んぼは雪は被りませんが冬の間は何も植えられずに休眠します。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

お近くでも農業が盛んなのですね。お米関係のいろいろなものが
身近で売られているのを見ると、実感が強まるでしょうね。
農家直売のお米を無人精米所で精米するのが一般的ですか。
そんなに精米所がたくさんあるとはちょっとびっくりですが、
うちの近くにも無人精米所が1ヶ所あって、結構人が来ているのを見かけます。

原発事故の風評被害は深刻ですね。安全だと宣言されましたし、
できるだけ東北のお米を食べるようにしたいです。
うちでもお米はスーパーで買うことがほとんどですが、そこには神奈川産の
お米はなく、他の関東、東北、北海道のお米が並んでいます。
 

投稿: ポージィ | 2011/10/24 14:40

ポージィさん、こんにちは。
実りの秋ですね。みなそれぞれ収穫して喜んでいることでしょう。丹精込めて作った作物が実りの日を迎えて取入れる、もっとも喜ばしい時期です。
山で、ペロやんを待って座っていると、森の中からひょっこり顔を出すことがあります。
キノコとりの人達なのです。目の色が違いますよ。木を揺すぶって実を落として拾う人達、生き生きとした表情です。
つい昨日、ガサゴソしながら降りてきた人の会話の一部がこうです、「キノコを食べて最初の30分は、お腹の具合を見るためにじっとしているのだ それが過ぎればOKだから、ほっとして、一杯食べるんだよ。口から泡を吹いて死にたくないからね」と。そんなにしてまで、食べたいのかなぁと思った。

投稿: polo181 | 2011/10/24 15:58

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
実りの秋真っ只中ですね。といっても私は自分で収穫はしないのですが。
poloさんは、森の中でキノコ採りの人たちとお会いになりますか。
目の色が違う… まぁ皆さん夢中なんですね。古から受け継がれてきた
採取のDNAがうずくのかしら。
poloさんが耳にされたキノコ採りの人たちの会話にはびっくりです。
こんなでは、毎年必ず毒キノコ中毒で倒れたり亡くなる方がいるのも
当然という感じですね。私はそうまでして食べたいとは思いませんけれど、
そういう方たちにとって山の自然のキノコはとてつもない美味なのでしょうねきっと。

投稿: ポージィ | 2011/10/24 19:32

こんばんは。

お近くに田んぼがあるのですね。
何十と世話をしなければならない稲、今もやはり農家の方々が丹精込めて作られた結晶ですね。
美味しいご飯を想像してしまう稲です。
今年は災難が続いて心配でしたが、どうやら放射能や台風にもやられず良かったです。
こちらには田んぼは見当たりません。北の方の所沢などにも少ないです。
ですから秋の車窓から見る田んぼの風景が毎年楽しみです。

このカリンはたくさん実を付けて元気がいいですね。

投稿: tonat | 2011/10/24 19:43

お近くでこういう風景をご覧になれることがいいですね~
ほっとします。
日本の原風景のひとつですものね。
稲藁を逆さにして干してある光景 先日小石川後楽園で見ました。あえてアップはしませんでしたが ヒガンバナの群生のすぐそばに田んぼがあるのです。
今年は放射能汚染が問題となったようですが 大丈夫のところが多くってほっとしますね。

カリン 近所でもたくさんなっています。
でも 葉っぱもまだたくさんついていましたよ。
台風で 飛んでしまったのでしょうかね?

投稿: fairy ring | 2011/10/24 19:55

こんばんは。
今日の昼間に近所を歩いてきたのですが、田んぼではほとんど稲刈りが終わっていました。
はざかけ風景が見られ脱穀を待っているようでした。
黒米はまだ稲穂の状態でまもなく稲刈りされるのでしょう。近づくとスズメが一羽飛び立ちました。
TPPなど難しい問題はあるようですが、田んぼはずっと残ってほしいものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/10/24 20:25

たわわな実りの稲穂キラキラ輝いていて
自然の恵みに感謝ですね。
きれいに束ねられた姿は
この季節ならではの貴重な景色ですよね。
美しいなあ・・・note

投稿: scene Jun | 2011/10/25 05:18

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
お出かけ前にコメントくださっっていたのですね。お返事が遅れてしまって…
もうお発ちになったかしら。お気をつけて&楽しんで行っていらしてくださいね。

歩いて10分とかからない場所に田んぼがあって、そこでは空が広いので、
時折深呼吸したくなると出かけていきます。夏は暑く冬は寒く足が遠のきますが。
作業されている方を見ると、農家の皆さん多くが高齢化で大変なのではないかと
思いますが、様々な災害を潜り抜け皆さん丹精こめて作っておいでですね。

お住まいのお近くでは、畑はあっても田んぼはないのですね。
今日、成田への車窓からはどんな光景がご覧になれるでしょうか…


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

おはようございます
田んぼ風景は仰るように日本の原風景のひとつ。見ると心和みますね。
家の周りは空が小さいですが、ここへ行くと空が広くて大きく息がつける
気もします。多くの農家さんが今年は複雑な不安な思いでお米作りを
されたでしょうね。収穫されたお米に汚染もほとんどないようで良かったです。
あ、あの彼岸花たちの近くに田んぼがあるのですね。はさがけ光景も
ご覧になっていましたか。こちらの近所の田んぼでははざかけはせず
モミを取ってしまった藁をこんなふうに積み上げてあるのがほとんどです。

アハ カリンはご推察のとおりだと思います。台風の風のせいで
葉っぱがみんな飛ばされてしまったんだと思いますよ(^^)
    

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます
おーちゃんも田んぼへ行っていらしたのですね。
稲刈りもほぼ完了。はざがけ風景が見られましたか。何かほっと充足感を
覚える光景ですね。黒米も作られているのですか。収穫時期が少し違うのですね。
稲穂から雀が飛び立つ光景、これも長閑に感じます。
これからの日本の農業の先行きには色々不安も心配もありますが、
田畑は絶対に残していかねばいけませんね。


◆scene Junさん、ありがとうございます ♪

農業に従事したことがなくても、こういう稔りの光景は
いいものですね。心がほっこりします。
震災に原発事故に大雨に台風に…災害の試練を乗り越えて
実った恵みに感謝です。
ほんとに美しいですねnote
 

投稿: ポージィ | 2011/10/25 07:58

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52954799

この記事へのトラックバック一覧です: 今年の稔りは:

« 昼の「スイフヨウ」 | トップページ | アキノノゲシと »