« 夏の思い出 ゴーヤ トンネル | トップページ | カラスノゴマ 今年も »

2011/10/10

初秋に輝いて

今日は体育の日。今年は10月10日が体育の日になって、あぁやっぱり体育の日は
10日がしっくり来るなーと感じています。第2月曜が体育の日となってから何年?
いまだに馴染めずにいます(_ _;) 3連休中の方も多いでしょうね。
わが家は9月も10月も連休とは縁なく、夫は今朝早くに中国出張へ向け発ちました。
2泊で帰ってきますけどね。本格的な仕事としての海外出張は今回が初めてなので
(ずーっと前に国際ショーを見に行ったことはあり)、提出書類も含めあれこれ準備が
とても大変だったようです。 今朝は4時半起きだったので眠いです~ 
 
さてさて、今日もいつもながらの振り返り記事です。
9月半ばの午前中。 あのころはまだ残暑がちょっときつかったけれど、
それでも爽やかな空気の中の散歩が気持ちよかったな。 見つけたものは…
       shine(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
         110918kinmizuhiki
 
          「キンミズヒキ(金水引)」:バラ科・キンミズヒキ属
 
         タデ科のミズヒキとは名前は似ていても別の種類です。
    うちの近くでは自然な状態では見られません。これは近くのお寺のもの。
 
 
 
 
110918kuzu_mi2110918kuzu_mi3
 
              「クズ(葛)」:マメ科・クズ属 の
 
          またまた登場~ 花後、クズにはこんな実が生ります。
             毛深い莢に小さな豆がいくつか入っていて、
          やがて熟してカラカラに乾くと風に乗って舞い落ちます。
 
 
 
 
    110918mamakonosirinugui1
 
      「ママコノシリヌグイ(継子の尻拭い)」:タデ科・イヌタデ属 or タデ属
 
             鋭い棘は持つけれど文句なしに可愛い花
         開いている姿に会えたので風に揺れるのを必死でパチリ
 
             名前の酷さにはもはや何も言いますまい…
 
    110918mamakonosirinugui2
 
 
 
 
    110918oobutakusa3
 
        秋空に向かって背高く伸びやかに育っていたこれってもしや…
 
          「オオブタクサ(大豚草)」:キク科・ブタクサ属 かしら?
 
    110918oobutakusa4
 
           だとしたら秋の花粉症を起こす草のひとつですねぇ。
                別の場所には群生していましたよ。
                 夫は春も秋も花粉症が出ます。
        やはりアレルゲンになる「ヨモギ」や「ススキ」も花盛りですね。
 
 

|

« 夏の思い出 ゴーヤ トンネル | トップページ | カラスノゴマ 今年も »

コメント

こんにちは(#^.^#)

葛以外は、、、お初な草花さん。。。。
(;^ω^)こんなに、、キュートなお花に。。。。
>名前の酷さにはもはや何も言いますまい…
ですね。。。
(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)わかります!!
風にそよそよ。。。
「お願い!!ちょっとだけ、、じっとしててねぇ~」
小さいお花ほど。。大変ですねぇ。。。

たくさんの知らない草花( ..)φメモメモ
今回も(#^.^#)勉強になりました(_ _ )/

投稿: うさぎ | 2011/10/10 14:27

こんにちは。
9月半ばの花たちですか。
まだ残暑の中、逞しく咲いていますね。
特に、キンミズヒキはその名の通り黄金に輝いているようです。
ママコノシリヌグイは、昔は実際に、ママコにはこれで尻拭いさせたとか?
聞くたびに切なくなる名前ではあります。
先日の、大阪オフ会では、植物に詳しい人がおられて、葛の葉を「これだ」と教えてもらいましたが、残念ながら花には会えずでした。
ブタクサのアレルギーは今のところ出ておりません。

ご主人、出張でお忙しいのですね。
腰の具合はいかがですか。
花粉症も出ているそうで大変ですね。
どうぞ、お大事になさってください。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/10/10 15:22

今日は sign01

ご主人が中国出張ですか?次男も先日、タイから中国へ出張してきましたが、特に中国行きには気を使い、ついつい中国行きには注意をしてしまいます。変わった国ですのでね。happy02

葛の花もなかなか可愛いで、よく撮れていますね。eye

山野草には気の毒な名前を付けられたのが多いですね。
ブタクサとかイヌのふぐりとか。可哀そう過ぎますね。bearing

投稿: プロフユキ | 2011/10/10 15:53

◆うさぎさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)
クズ以外は…ということは、クズはご近所にも?うちの近所では(お隣にも)
鈴なりクズの実がいっぱいです。

ママコちゃんは、同じように可愛いタデ科のお花たちの中でいちばん
可哀想な名前を付けられてしまったお花。
でもこうしか呼べないので仕方なく。何も言いますまいの気持ちも、
小花を撮るときの苦労もお分かりいただけて…(^.^)
私の場合、カメラを向けてシャッター半押しにすると必ず風が。
ソヨソヨどころかぶわぁ~っと吹くことが多いです。なぜ??(^^;)
ママコちゃんは今も咲いていますから、もしかしたらお会いになれるかも
しれませんね♪


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
9月半ばに撮ったものですが、クズの実はまだ鈴なりで熟成を待っていますし、
ママコちゃんたちはまだまだ可愛く咲いています。
キンミズヒキはもうすっかり引っ付き虫に姿を変えて熟成待ちかもしれませんが、
当時は金水引の名のとおり輝いていましたね。
ママコちゃんの名前はあまりに酷いですが、いくらなんでも
この名前のようなことが実際行われていたことは、さすがにないのでは
と思います。何しろトゲが痛くて手に持つこともままなりませんから。

あ、クズの葉がはっきりなさいましたか。花はもう時期が過ぎてしまいましたね。
この↑ような実はなかったでしょうか。花も実も葉の陰を探すのがポイント
のように思います。また機会があれば覗きこんでくださいね。

鎌ちゃんの花粉症は春のみですか?夫は春がいちばんですが秋も少し。
どの花粉に反応しているかは調べていなくて分かりませんが、鼻水とくしゃみが
増えているこの頃です。

短い出張なのですが、何しろ今回が初回なので仕事上の準備がかなり大変で
ばたばたでした。それ以前から忙しくてばたばた、引き続きばたばた…(^^;)
今年延々と続いてきた足の疼痛は、8月から飲み始めた薬がやっと功を奏してきた
ようで、このところほぼ開放されているのです。ご心配いただきありがとう
ございます。このまま行ってくれればいいがと様子見中です。


◆プロフユキさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
社会主義国ということでの気遣いもいりようでしょうか。
何しろ今回初めて、これからもちょこちょこありそうですが、
その度に申請報告書類作成も山のようにあるようですcoldsweats01

9月半ばにはまだ少し花も残しながらだったクズの実も、今ではすっかり
花は姿を消しました。グリーンだった鈴なりの実たちはじっくり熟成待ちの
時期ですね。今にカラカラに乾いたのがたくさん落ちてきます。

可哀想な名前を付けられた野草たちの中で、この名前がいちばん嫌いなのですが、
ほかに呼び様を知らないので仕方なく…。花はとても可愛らしくて、
毎年会うのを楽しみにしています confidentheart04
 

投稿: ポージィ | 2011/10/10 17:10

連休中に中国出張とは大変ですね。
足腰の痛みが緩和されているのはせめてものことですね。
クズ、ママコノシリヌグイ、オオブタクサ・・すべて家のすぐ近所に咲いていました。
おかげで今年も秋の花粉症が出ました。でも昨年よりは軽く済みました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/10/10 20:47

ポージィさん、こんばんは
ご主人が中国へ出張ですか。腰痛をおして頑張っておられるのですね。貴女は心配できがきじゃないでしょう。
出ました!ママコノシリヌグイ、こればっかりは覚えてしまいました。この時代、ママコという言葉の意味を知らない人の方が多いでしょう。
オオブタクサ、秋のいたずら者ですね。この年になって、初めて花粉症が出てきました。ポケットティシュウか欠かせません。難儀なことです。
写真としてみると、最後の一枚が最右翼でしょう。青い空にうっすらとたなびく薄雲。すがすがしい作品です。

投稿: polo181 | 2011/10/10 20:55

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

結局9月も10月も連休の恩恵にはあずかれずじまいでした。
そうなんです、おかげさまでこのところやっと疼痛からほぼ開放されているのが
救いで、ただ、こうして心身のストレスが増えている状態がまた薬効を
上回ってこないかとひやひやしています。

おーちゃんのご近所にもどれも皆咲いているのですね。
ということはラスト↑はオオブタクサで当たりなのですね。
これまでこれが、とはっきり分からないままきていたのですが、
今年はオオブタクサの大きいのをたくさん見つけてしまいました。
おーちゃんはブタクサ系の花粉症がおありですが、今年は軽くおすみですか。
それはよかったです。花粉症が消えつつあるのだとなお良いですね。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
この1ヵ月半ほど多忙で休出続きだったところへもって、中国出張のための
仕事がまた増えばたばたと大忙しで発っていきました。
ただ幸い、このところひどい痛みからほぼ解放されているので助かりますが、
疲れがまた悪影響を及ぼさないようにと祈るばかりです。
ご心配いただき有難うございます。

あはっ ママコちゃんの名前はあまりに強烈すぎますものね(^^;)
オオブタクサは秋の花粉症を引き起こす草たちのひとつですね。
あららら poloさんは花粉症が出てきてしまわれましたか。
軽症でおすみになりますように。

ラストの写真、ありがとうございます。素晴らしい青空に助けられました。
 

投稿: ポージィ | 2011/10/10 21:57

キンミズヒキ 可愛いですね~
奇遇ですが 今日 クズの果実をたくさん撮ってきましたよ。来年のために! 笑
ママコノシリヌグイは 可愛いお花ですよね。
タデ科のお花 大好きです~

今日テレビで言っていましたが 先日まで寒くって 急に暖かくなったので(というより暑い!)ソメイヨシノが勘違いして咲きだしているところがあるとかですよ~
そしてなんとスギ花粉も春ほどではないけど例年に比べてやはり勘違いでたくさん飛んでいるとか・・・
秋のアレルゲンもありますけどね~
おお~ オオブタクサですか~

旦那様のお仕事って 車関係なんでしょうか?
中国は 建物 交通機関 食べ物などいろんな意味でなんとなく怖いイメージがあるのは 私だけでしょうかね?

投稿: fairy ring | 2011/10/10 23:04

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

キンミズヒキ、滅多に見られないだけにこの黄色のお花が目に飛び込んで
きたときは、気分もパァッと明るくなる感じでした。
おっ クズの実を来年のために!長いスパンで捉えていらっしゃいますものね。
これは来年は…楽しみです~
ママコちゃんは本当に可愛い花ですね。川沿いでクズたちに埋もれているのですが、
毎年負けずに咲いているのを見つけると嬉しくなります。

ことのほか気温変化の大きい今年の秋ですが、あららソメイヨシノに
スギまで勘違いしてしまったのがあるとは。これは春だけの花粉症の人が
今年は変?と思ったらスギのせいだったという可能性もあるんですね。
秋の花粉とダブルパンチの方も…

夫の会社自体は電気関係ですが、最近では車も電気と切り離せない関係に。
それで現在は車関係の仕事してます。
中国へのイメージは、申し訳ないけど私も同じような感じです。
昨日は移動にタクシーに乗ったそうですが、目が覚めたそうです(・・;)

投稿: ポージィ | 2011/10/11 08:11

ママコノシリヌグイ・・どうしてこんな名がと遠い江戸時代あたりまで空想が飛びます。
ミゾソバやサクラタデに色や感じが似ていて秋のこれらが好きです。
キンミズヒキはミズヒキと名前が似ていて科が違っているのですね。夢夢間違えないようにしたいです。

クズの逞しさは呆れるほどです。他の植物も懸命に頑張っているけれども、這いまわる、這い上る植物にこの頃畏敬の念を覚えます。

オオブタクサ、この間たくさん見てきました。元気な雑草です。

ご主人様は明日お帰りですね。飛行機は腰に大丈夫だったでしょうかね。

投稿: tona | 2011/10/11 08:31

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ママコちゃんの名前はあんまりですね。継子いじめというのはいつの時代も
一部の親子の間では存在したのでしょうけれど、それにしてもこの棘の鋭い植物を
お尻拭きに使うほどひどいことはなかったと信じたいです。
親子ともども血みどろになりますし(^^;)
でもこんな例えをもしたくなるほどの虐待は、継子に限らず社会問題ですね。
秋に多いタデ科の花たちは皆愛らしいですね。私も好きです。
キンミズヒキとミズヒキのように、別種なのに名前は同じ様という紛らわしい
植物名は他にもありますね。ミズヒキはママコちゃんと同じタデ科♪

クズの逞しさは本当にすごいの一言です。でも蔓植物全般が逞しくて、
畏敬の念を覚えるとのお気持ちがよくわかります。一心不乱ですね(^^;)
オオブタクサなどの野草も逞しくてどんどん数を増やしますね。
tonaさんもご覧になりましたか。私もこの秋たくさん見つけてしまいました。

主人のご心配いただき有難うございます。今のところ体調に変化はないようで
ほっとしています。明日は何時頃帰ってくるのかなー

投稿: ポージィ | 2011/10/11 11:51

海外出張なのにたったの2泊?と思ったら,そうか日本から中国は近いんでしたね.つい自分の感覚で考えてしまいます.それでも数時間のフライト,腰などを痛めませんように.
こちらも今日はコロンブス・デーの休日でした.第二月曜と決まっているので,自動的に連休です.

投稿: LiLA管理人 | 2011/10/11 12:41

◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

そうなんですよ~2泊3日です。お隣の国ですものね。
成田から目的地・大連まで2時間半くらいのフライトだそうです。
成田へ行くまでの方が時間かかります~ 
今回第1回目。2回目、3回目、…とありそうですが、本人どうせなら
英語圏への出張が良かったハワイとか…と言っとりました。
ご心配ありがとうございます~ これを機にまた痛みの生活に逆戻りなんて
しないことを祈っています。

そちらでもちょうど連休でしたか。やはり「第○月曜」という設定の仕方
なんですね。日本でも連休を増やすためにこの方法に変わったわけですが、
敬老の日は9月15日、体育の日は10月10日、…と頭に染み付いてしまっていて
未だに馴染めません。

投稿: ポージィ | 2011/10/11 13:15

こんにちは
ねずみに引かれてはいないようねsmile
明日もお寝坊できるわ。
でも習慣て早く目が覚める?catface
ママコちゃんがきれ~い☆
花びらの先が濃くて可愛らしいです。
昨日までは良い天気だったので里山でミゾソバの方を撮っていましたよ。
中国って最初、中国地方かと思いました。
私、上海でのマッサージが凄く良かったんです。町の人が行くような所で、人体図があっておにいさんがイケメンでね(ここが1番重要lovely)また行きたいんです、上海蟹とマッサージ!
しかもすごく安いの!1時間以上やってくれて500円くらい。
アベ君も今夜はマッサージがオススメ!

投稿: 池田姫 | 2011/10/11 15:15

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
藤沢ネズミに引かれないように、って昨夜義父からもメールがきましたよcoldsweats01
それがね、今朝も6時に起きました。目覚まし前から目が覚めちゃいましたし。
良い子は早寝早起きです。早寝はできてませんが~smile
このママコちゃん、別嬪さんですよね。
意地悪な風に弄ばれながらも何とか撮れた2枚です。
姫さまはミゾソバを撮っていらしたんですね。
ミゾソバも可愛くて好き…でも残念ながら今年はまだ見に行けていません。
中国の大連へ行ってます。姫さまは中国何回行かれましたっけね。
そのようなマッサージ屋さんへ行かれたとは、もはや通でいらっしゃいますね。
イケメンのお兄さんにマッサージされて体が楽になって心もウキウキで¥500は
また行きたいと思われるのも無理ないですね。
夫は多分そういう余裕はないと思いますよ~
それにもう何年も前ですが、中国式整体院でちょっと乱暴な手技で
かえって酷くなったという苦い経験があるのですよhappy02

投稿: ポージィ | 2011/10/11 15:55

海外のご出張は準備もあり大変だったでしょうね。
ママコノシリヌグイとは面白い名が付いたものですね、
しかし物凄くかわいい~~
小さいお花でしょうがとても素敵に撮られていて
感心しきり、いつもいつもその様な感情で拝見しています。
金水引も久しぶりにお目にかかったような、この頃外で撮ることも少ないので、なかなかと云うわけですね。

投稿: 玲 | 2011/10/11 17:53

◆玲さん、ありがとうございます ♪

業務的なことを話すのもみな輸出に当たるのだそうで、その辺りの申請なども含め
あれこれたくさん書類を用意しなくてはいけなくて、今回初回だったせいで
大変だったようです。帰ってからの報告書もまたたくさんあるらしいです(^^;)

ママコノシリヌグイとはこの植物にとってはなんとも可哀想な名前ですね。
本人(草)はそんな名前を付けられているとは知らないでしょうけれど。
とても可愛らしく好きなお花です。今回花開いているものに出会えたので
風に遊ばれながらも粘ってカメラ向けてみました。
金水引は私も久し振りに。今年唯一の出会いでしたが、ちょうどいい感じに
咲いているところに出会えたのはラッキーなタイミングでした。

クックがいたころは毎日散歩でしたが、この頃ではたまにになっています。
そのたまに出たときに、せっせとブログネタを集めてきてはチビチビとアップ。
それでいつも季節の後追いになってしまいます。

投稿: ポージィ | 2011/10/11 19:47

黒バックにピンクのかわいい花、きれいに撮れましたね。ホッと一息、ありがとうございました。

わたしも秋を探しに行きたーい!
でも、今、仕事が忙しくて。。欲求不満ぎみです。。

投稿: ふくやぎ | 2011/10/11 23:22

ポージィさんおはようございます♪

さしでがましくごめんなさい。
ママコノシリヌグイ、韓国ではヨメノシリフキソウ
と言うらしく。
伝えたくてたまらなくなりました^^;

ハングルで「ミョヌリ(嫁)ミッ(尻)シッテ
(シッタは洗う、拭く、の意味の動詞)」と書いてありました(留学経験から読めます)。

<秋茄子は嫁に食わすな>をふと思い出しました。

我が家も大連出張しょっちゅうあります。
中国と言えば悠久の歴史、漢字をはじめとした日本文化へのかかわり、パンダや麻婆豆腐、残留孤児への恩、といったイメージでした。
悪いイメージのニュースばかり耳目にとびこむ最近なので暗くなります。

投稿: pino | 2011/10/12 06:58

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

ママコちゃん、わずかの風にも揺れるので無理かなと思ったのですが、なんとか。
小さな小さな花がぱふっとさいているところを見つけると
可愛さ倍増です。心和ませてくれる花ですね。

お仕事、忙しいサイクルに入っていらっしゃるんですね。
お体気をつけて乗り切ってください。
うちももう長いこと。私じゃなくて夫がですけど、
やっぱり欲求不満溜まります(^^;)


◆pinoさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
情報を有難うございます。実は、この韓国での名前は昨年初めて知って
びっくりしたんです。ハングル語で「ミョヌリ ミッ シッテ」なのですね。
それにしても、お隣の国どうしとはいえどうしてこの植物に似たり寄ったりの
名前がついたのやら。茎に細かいトゲトゲのある植物は他にもあるのに。
ママコちゃんの花の可愛らしさのせいかしらとも思ってみたりもしています。
子供ならではの可愛さや、若く可愛らしいお嫁さんへの嫉妬は万国共通の
感情だと言いたいのかもしれません。仰るように「ヨメノシリフキソウ」からは
「秋茄子は嫁に食わすな」を思い出しますね。美味しいものを嫁に食べさせて
なるものか、という説と体を冷やしてはいけないからという説があるようです。

pinoさんのご主人は大連はもう何度もいらしているのですか。
うちはこれからちょくちょく行くようです。古くから深い関わりを持ってきた
やはりお隣の国。けれど違いも大きく、最近報道されるのは悪いイメージの
ニュースが多いですね。

投稿: ポージィ | 2011/10/12 09:08

ああほんとにそうですね、おっしゃるとおり、花のかわいさとの対比が際立つので。

植民地時代に日本の学者主導で植物分類や命名がすすんだのではないでしょうか。その時一方の名を改変したかもしれませんね。日本では江戸期書物にすでに出てくる名前らしく、韓国ではわかりませんが、いずれが後先であれ庶民性の強い名前ですね。棘見てお尻にもっていった、ということで^^;

漢名は棘蕎麦でラテン名は棘多桃葉属のような意味だそうですから、お尻拭きにしたのは日韓ですかね^^;

投稿: pino | 2011/10/12 12:32

大連ははい、多いですね。
中国の人口と将来を考えれば日本の高度な技術や製品への需要は益々増えるのでしょうね。
中国は低賃金だから、日本企業はコストを下げて潤うためにも出てますね。
ただ経済格差のせいか危険な箇所もあるようです。
建物の堅牢性とか。
その手の事故に重々注意、とのことです。
街や人は日本人に違和感無しの大連だそうです。
遼東半島は近代から日本人が入った場所ですものね。
うちもですがやはりいつだって海外出張時は心配で、
帰宅時はほっとしますよね^^v

投稿: pino | 2011/10/12 12:47

◆pinoさん、再コメントありがとうございます ♪

いろいろ調べてくださったようで、知らなかったことをたくさん知ることが
できました。韓国でも日本でも、仰るように庶民性の高い名前ですね。
花の名前から庶民の生活が何となく見えてきてしまうのですから。
それにしても、このちょっと肌をかすっただけでもかなり痛いトゲの植物を
例えにしてもお尻拭きにもっていくとは… ^^;

大連に関してもさらにありがとうございます。
経済発展著しい中国ですが、確かに格差はかなり大きいようですね。
発展を急ぎすぎて安全が置き去りにされているのでは?と思える
部分もありますし。あちらでの移動はタクシーだったようですが、
往来の様子には身が縮む思いをしたようです。
そうですね、やはり帰るまでは心配。今夜にはホッとできそうです。

投稿: ポージィ | 2011/10/12 13:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52851445

この記事へのトラックバック一覧です: 初秋に輝いて:

« 夏の思い出 ゴーヤ トンネル | トップページ | カラスノゴマ 今年も »