« 晩秋の マルバルコウソウ | トップページ | コセンダングサがいっぱい »

2011/11/25

野菊 - カントウヨメナ -

秋になると、近くの田んぼの畦などでぽつりぽつり「カントウヨメナ」が咲きます。
隆盛を極めた夏草たちも勢いが無くなり、刈り入れが終わった田の脇でそっと咲く
野菊の可憐な美しさにはハッと胸打たれるよう。会えてとても嬉しい花です
素朴でどこか儚げでいて凛とした野菊。 毎年出会いを心待ちにしています。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
         111026kantouyomena6
 
 
 
    111026kantouyomena11
 
               ヒルガオの葉の中 埋もれるようにして
 
 
 
    111026kantouyomena12
 
 
 
         111026kantouyomena14
 
 
 
    111026kantouyomena3
 
 
 
    111026kantouyomena2
 
                 ( いずれも 10/26 撮影 )
 
        写真撮影から1ヶ月近く経ちましたが、まだ咲いています
 
 
 
            「カントウヨメナ(関東嫁菜)」:キク科・ヨメナ属
 
 
 
         「野菊」           作詞:石森延男  作曲:下総皖一
 
      遠い山から 吹いて来る
      小寒い風に ゆれながら
      けだかくきよく におう花
      きれいな野菊 うすむらさきよ
 
                秋の日ざしを あびてとぶ
                とんぼをかろく 休ませて
                しずかに咲いた 野辺の花
                やさしい野菊 うすむらさきよ
 
                          霜が降りても まけないで
                          野原や山に むれて咲き
                          秋のなごりを おしむ花
                          あかるい野菊 うすむらさきよ
 
 
 

|

« 晩秋の マルバルコウソウ | トップページ | コセンダングサがいっぱい »

コメント

おはようございます。
野に咲く芯が強くて可憐な花のイメージが強いですね。
夏の花がどんどん枯れていく中で菊の仲間は元気そうです。
この花が終わる頃、そろそろ冬将軍が現れそうですね。

投稿: ソングバード | 2011/11/25 10:41

事務所が引っ越してから、
なかなかこういうかわいらしい花を目にすることができません。
紅葉を愛でたいと思いながら
何かしらの用事で休日が過ぎていきました。
こうしてポージィさんのところで癒されています。
次はどんなお花が登場するかしら?

投稿: koko | 2011/11/25 12:40

嫁菜、どんな荒れた地、薮の中でもそっとつつましく咲く花、いいものですよね
野菊と行った方がいいですね
私も時々撮っています、可愛いですものね

今日もよい天気で暖かくなりましたね

投稿: フクちゃん | 2011/11/25 13:37

◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
可憐だけれど芯の強さを持つ そんなイメージでしょうか。
田の畦で、夏草たちはすっかり勢いがなくなりましたが、
そんな中から登場したのがこの野菊。薄紫色がとても綺麗ですね。
そうですね。この花が終わる頃にはいよいよ冬将軍が来るでしょう。
ブルブル


◆kokoさん、ありがとうございます ♪

街中の環境だとなかなか野草を目にすることもないですね。
紅葉は私もまだほとんど見られていません。
というか、いわゆる紅葉を愛でる目的でのお出かけは今年も
叶いそうにありません。もう何年来ずーーーっとなんですけどね。
kokoさんもお忙しそう。終わってしまう前に少しでもご覧になれるといいですね。
こちらでもご紹介できる花が減ってきて苦慮してます。


◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

野菊の中で、私が目にすることのできる唯一がカントウヨメナなんです。
でもあまり多くなくて、毎年祈るような思いで待つ花のひとつです。
ほんと可愛いですよね。これからもずっと咲き続けて欲しいです。

昨日に続き今日も良く晴れて気持ちよかったですね♪
日が当たっているとほかほかと暖かでした。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/25 16:19

こんばんは
私もよく撮る花ですが あまりに新鮮で何回も見てしまいました。こちらでは大分寒くなってきたので なかなか見られなくなるのが淋しいです。。

投稿: 青空 | 2011/11/25 17:39

野菊の仲間の同定は超難しいのでいつも素通りしてしまいます。
でもヨメナだけはなんとなくわかるのです。
そのヨメナもいろんなヨメナがあるので 単にヨメナですけどね。^^;
近くの駐車場に咲いているので撮ることは撮るのですが・・・
これを自宅に植えようとしても着いたためしがありませんので 見るだけですが...

可憐で清楚でいいですよね。虫さんもたくさん来ますよね。
3枚目 いろんな段階のお花が見られますね。

投稿: fairy ring | 2011/11/25 18:34

◆青空さん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
お近くでもよくお見かけになる花なのですね。
うちの近くでは、ぽつりぽつり。もっと増えるといいと思うのですが。
今回、近くに寄れるところに咲いているのを見つけたので、
しゃがみこんでじっくり撮ることができました。
何回も見てくださったとは嬉しいです。
寒さが本格化すると咲き終わってしまいますね。寂しいです。


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

私も「野菊はすべて野菊」派ですが、幸か不幸か身近に咲いているのは
カントウヨメナだけ。ヨメナにも色々あるということになると、これも
野菊にするしかなくなりますが(^^;)
お近くに咲いているもの、お庭では着いてくれませんか。
彼女たちの好みとどこか少し違うのでしょうね。
うちの方では田んぼ近くでぽつりぽつりなので、もっと増えて欲しいと
思うのですが、あまり増えません。
素朴で可憐で清楚。大好きです。
3枚目、よく見てくださいました。筒状花が色々な段階にありますね。

投稿: ポージィ | 2011/11/25 19:39

今晩は。
「カントウヨメナ」・・・・「ヨメナ」だけでも区別がつかないのに、
「カントウ」とついたら、ますますチンプンカンプンです。
野菊の仲間と考えていいのですね。
よく似た花が咲いているので、どれがどれやら区別がつきません。
いずれにしても、野菊は、本当に素朴で、見るほどに心洗われる思いがします。
「野菊」という歌、歌詞は見たような気がしますが、どんなメロディだったでしょう。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/11/25 19:41

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
「ヨメナ」と「カントウヨメナ」私も違いはよくわからないのですが(^^;)
同じヨメナでも東海地方以西とそれより東で少し違うのだそうです。
それで東の方のを「カントウヨメナ」と呼ぶのだとか。
はい野菊たちのひとつで間違いありません。
私も普段は「野菊」で一まとめなんですけど…

童謡「野菊」、学校で習った覚えはないのですがなぜか知っていました。
検索したら素適な歌声の動画がありましたよ。
http://www.youtube.com/watch?v=pGT6f4lz_nQ

投稿: ポージィ | 2011/11/25 20:00

こんばんは。
野菊はけっこう長い間咲いていますね。
ふれあいの森の入り口にも何種類か植えてあります。
見分け方を毎年挑戦するのですがやっぱり挫折してしまいます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/11/25 21:17

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
野菊の花期、思ったより長いですね。今年は11月が暖かな日が多かったので
余計に長くなっているでしょうか。

ふれあいの森には何種類か植えられているのですか。そうですか。
来年にでも秋に行く機会があればちゃんと見てみたいです。
野菊の見分けも難しいですね。私も調べて分かった気がしても実際に見ると
分からなくなったりすぐに忘れてしまって、最近では調べるのすら億劫に
なってしまっています。

投稿: ポージィ | 2011/11/26 16:29

野菊の歌大好きです。
秋になると駅までの道で、心の中で歌います。
きれいな、やさしい、あかるいがまぜこぜになたり、かわいいになってしまいますが、作詞者は本当に上手に作詞したものですね。
これは関東ヨメナなのですね。
ユウガギクやヤマジノギクなどと区別ができてなくて、この頃面倒なので全部野菊ですませます。
シオンとの区別も出来なくなったりで嘆かわしいです。
秋そのものを表す代表的な野菊の色はこれこそ日本的で好きです。

投稿: tona | 2011/11/27 08:51

 
  お久しぶりです。
  
 いつもこっそり、お訪ねしていますよ~

 今日は、唱歌の「野菊」を載せて頂いたので、思わず口ずさんでしまいました。
 4年生だったか5年生だったか学校で習いました。
 ちゃんと全部、覚えていて、歌えます。
 関東嫁菜はこちらでも咲いています。草紅葉した畔草のなかに、澄み切った青い花びらはとても目立ちます。
 今年は、足が痛むので自由に山野を巡ることが出来ません。よく思い返してみたら一年中、悩まされていましたっけ。まぁ、年ということなんでしょうけれど。
 わが家の椿や山茱萸や辛夷たちも雪囲いを済ませました。
 もっとも次の日は大変なことになっていて、足腰が立ちませんでした(笑)
 かかりつけのお医者さまのお庭にハナミズキが赤い実をつけておりましたので、いっぱい取ってきました。
 食べられるわけではないし、発芽しますが、花は八年も待たねばなりません。(そんなに生きていられないよ)
ガラスの器に入れて、わが家の店の(金物店)カウンターに置いています。
 美味しそうなのでちょっと食べてみたけど、お味のほうはちょっと… …
 マルバルコーソウの赤花、白花、近くに住む弟が持ってきて見せてくれました。
 あなたのカメラワークは何度も申上げるようですが、清らかで、淋しげで、とても好きです。またきれいなお写真を見せて下さいね。

 富山は積もるまでにはなりませんが、もう、小雪が降っております。立山連峰はもちろん、近くの山も真っ白です。暖かい土地にお住まいのあなたさまが羨ましい限りです。 お元気で。


 

投稿: 富山ばあちゃん | 2011/11/27 11:05

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

「野菊」お好きでいらっしゃいましたか(^^)
私はいつの間に覚えたものやら、歌詞はやはりごちゃ混ぜですが。
野菊の魅力を余すところなく歌っていますよね。素朴なメロディーと
澄んだ音色も野菊の魅力と重なります。

私も野菊は全部ひとからげで野菊なんですが、このところ身近に見られるのが
カントウヨメナひとつだけということで今回は名前を挙げてみました。
本当に素適な色、素適な風情。ずっと耐えることなく日本の秋を
彩って欲しいものですね。


◆富山ばあちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
こちらこそご無沙汰しております。見に来てくださって
いるとのこと嬉しいです。
「野菊」懐かしく口ずさんでくださったのですね。
私は習った覚えはないのですがなぜかいつの間にか知っていた歌です。
野菊の魅力を見事に捉えた歌詞とその風情に重なる澄んだ素朴なメロディーが
素直に沁みこんでいって覚えたのでしょうね。

ご近所の、草紅葉の畦とそこに咲く関東嫁菜の光景と、冷たい空気を、
想像しています。もう雪の季節の到来なのですね。そちらに比べ、はるかに
温暖なこちらですが、寒さに弱い私はもう寒い寒いを連発しています。
雪国では雪囲いが秋の重要な作業ですね。大変な作業お疲れ様でした。
あちこち痛い思いをされて…もう回復されたでしょうか。
どうぞ無理し過ぎになられませんように。

葉の落ちた枝に輝くハナミズキの赤い実は、これまた青空に映えますね。
近くの街路樹にも今年は赤い綺麗な実が目立っていました。
実生からちゃんと育つのですね。気長に生長を待たねばいけないようですが、
まだまだこれからもずっとお元気で長生きなさってください。
 
私の写真の雰囲気を気に入ってくださってありがとうございます。

 

投稿: ポージィ | 2011/11/27 16:37

これコンデジですよね!?
きれいに撮れていますね。
よく教えてください。
コンデジって、マニュアルでピントを合わせるのが難しいのでなかなかこないんですよね。。

投稿: ふくやぎ | 2011/11/28 00:02

◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

コンデジです~
え~~っ? 教えてといわれても… 
Pモードのオートフォーカスです。
このときはマクロ機能とスーパーマクロ機能を使ったと思います。
眩しいくらいに日が当たっているのは、オートフォーカスのまま
露出だけ少しマイナス補正して。それだけです~
もう5年以上も前のオリンパスのネオ一眼コンセプトのコンデジですが
さすがオリンパスで光学レンズが良いのかも??
ピントは思うところに合わないことが多いですけれど。
こんなところでいいでしょうか。参考にはなりませんね。すみません。

投稿: ポージィ | 2011/11/28 08:52

ポージィさん(#^.^#)こんにちは(´∀`*)

うふふ~~~(* ̄ー ̄*)
この野菊さん♥
うさぎガーデンに。。。いらっしゃいますよぉ~~♬
(;^ω^)今年は、、そろそろ、、種に。。。。
毎年、、必ず(#^.^#)咲いてくれます♬
(カピパパには、、嫌われていますが(^。^;))
私は、この、、、藤色の花びらが。。。
だいスキです(*´∀`*)

投稿: うさぎ | 2011/11/28 15:02

ノコンギク・コンギク・カントウヨメナ・・・
似たような花は困りますね。
でも紫なので撮りますけど~
名前を同定する根性がありませんcoldsweats02
昨日も畔で美しく咲いていましたよ。
それほど増えていかないような・・・守ってあげたくなりますね。

投稿: 池田姫 | 2011/11/28 15:54

◆うさぎさん、こちらにもありがとうございます ♪

こんばんは~(^^)

まぁ~ おにわに野菊さんいるんですか?
いいなheartいいな 
うさぎさんのお庭にはきっととってもお似合いでしょうね。
そうですか、毎年咲いてくれますか。嬉しいですねnote
この花色、この風情、いいですよね~
このお花はカピパパさんにもぜひとも好きになっていただきたいですね confident


◆池田姫さん、こちらにもありがとうございます ♪

幸か不幸か、このところうちのご近所に見られるのはこの野菊一種のみ。
関東嫁菜の写真をいくつか拝見した結果、よしOKとしました。
ほかのはサッパリ分かりません~~。
普段はぜんぶ「野菊」で通しますhappy01
「野菊」という言葉の響きも好きですしnote
姫さまも昨日ご覧になったばかりですか。
そうそう、あまり増えていきませんね。
こちらの田んぼ近くでも、毎年ぽつりぽつりで増えません。
守ってあげたいけれどどうすることもできず、毎年祈る思いで
花の時期を待ちます。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/28 17:36

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/53152669

この記事へのトラックバック一覧です: 野菊 - カントウヨメナ -:

« 晩秋の マルバルコウソウ | トップページ | コセンダングサがいっぱい »