« 造形花あそび | トップページ | ウラナミシジミ »

2011/11/02

オシロイバナ 2011

毎年アップしているお隣の空き地の「オシロイバナ」、今年も長い間楽しませて
もらっています。 7月初めから咲き始め、猛暑の間も台風でなぎ倒された後も、
日替わりでたくさん咲き続け、11月初めの今なお…。
さすがにもうずいぶん花数が減りましたけど、花期が長いですね。
 
今年もまた色んな表情を撮ってみました。 色も同じ・撮る人も同じで、
昨年と代わり映えしませんが、同じに見えても違う花。一期一会を慈しみます。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
 
         110806osiroibana1
 
 
         110715osiroibana1
 
                      スポットライト
 
 
         110803osiroibana7
 
                        雨 粒
 
 
110803osiroibana8110805osiroibana1
 
         意外と毛深い蕾                  咲きます
 
 
         110806osiroibana2
 
 
 
110815osiroibana_mi1101103osiroibana_gaku2
 
   ガクに包まれ総苞に抱かれた果実         果実が巣立った総苞
 
 
         110830osiroibana_1642
 
 
 
 「オシロイバナ(白粉花)」:オシロイバナ科・オシロイバナ属  南アメリカ原産
 
  【ウィキペディア】より引用させていただきます。
 
      花弁はなく、花弁に見えるのはがくで基部は緑色でふくらんでいる。
      また花の根元にある緑色のがくのようなものは総苞である。
      花が咲き終わった後、がくは基部を残して脱落し果実(種子を1つ含む)が
      がくの基部に包まれたまま熟して全体が黒い種子のようになる。
 
 
   幼いころ、この黒い実を割って中身をつぶして白い粉状にしたことがあります。
   顔につけることはしませんでしたけれど、お化粧への淡い憧れのようなものを
   感じたことを覚えています。
   白い粉になるのは、種に含まれる「胚乳」だそうです。
   オシロイバナにとっては迷惑な遊びですね。 
  
             

|

« 造形花あそび | トップページ | ウラナミシジミ »

コメント

おはようございます!

オシロイバナ 花期が長く 本当に目をたのしませてくれますね。
以前は 道端のそこここにいろんな色合いのがあったのですが 最近はこの色と 白とこの色のはいったもの 白いもの 黄色いものなど 少なくなってきた感じはしますが 群生しているところはすごいです。
メンデルの法則のお勉強にもなりましたよね~

おしろい遊びしました~~
けん玉遊びも~~

投稿: fairy ring | 2011/11/02 08:48

時々拝見しています
可愛い花も多く掲載していますので参考にさせていただいています
私も花好きで毎日掲載しています

今日も良い天気になりました
この辺ではまだ紅葉は見られませんので近くを散策しています
よろしかったら遊びに来てください

投稿: フクちゃん | 2011/11/02 12:52

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

長いですよね~ 改めて咲き始めから思い起こすと、こんなに長く
咲き続けているのかと驚いてしまいます。
色数が少なくなってきていますか? 淘汰されて元々の色のものだけに
戻っていくのかしら?
人や他の植物に邪魔されない環境では、たくさん大きく育って殖えますね。
うちのお隣の空き地では、今年はクズの勢いが優勢でちょっと押されぎみでした。
昨年までは均衡を保っていたのですが(笑) 冬や春の低温がちょっと
影響したのかもしれませんね。

うふ、やっぱり遊ばれたんですね(^^)


◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

初めまして。
玲さんや池田姫さんのところで拝見している「フクちゃん」でいらっしゃいますね。
ご訪問くださっていたとのこと、ありがとうございます。
私は出かけることが少なく、毎年家の周りで同じようなものばかり
撮っていますが、それでも少しずつ違う表情を感じて楽しんでます。
私も近々そちらへお伺いさせていただきます。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/02 16:03

今年は見ていないです。
懐かしい花ですね。
やはり子供の頃、タネを潰して白い粉で遊びました。
ままごとに使いました。

今はオレンジや淡いピンクや可愛い色がたくさん出て来ましたが、写真の濃いピンクが一番オシロイバナらしいですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/11/02 16:47


こんばんは~happy01

なつかしい遊び…私もよくやりました smile

ほんとに粉になるんですよね~ 

私は、顔に塗ったかも…

投稿: OZママ | 2011/11/02 17:40

オシロイバナって一色だったり半分の色違いだったり、
はたまた模様になっていたり楽しい花ですね。
変わった花びらを探すのが好きです。でも夕方なのでなかなかthink
夜も咲いているのかしらね?
名前は良い響きです。おしろい・・・遊んだことはありません。
今からでも遅くはないですけど~smile

投稿: 池田姫 | 2011/11/02 17:41

ポージィさん こんばんは~

あはは、白い粉を顔につけて遊んだグレンです^^;

おしろいばなは本当に花期が長いですね
それにとっても発芽率がよい!
うちの狭い通路に場所ふさぎに繁って、繁って大変でした
でも、夏の夜窓辺に立つとふっと良い香りがして、
あぁ 夏だなって感じます
残念なことに来年からはもう生えませんけれど・・・
ポージィさんのように写真に撮っておけばよかったわ

投稿: glenn | 2011/11/02 18:22

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

ご近所にはありませんか?
子供の頃から身近にあった花は懐かしいですよね。
ロッキーママさんは粉にしておままごとに使われたんですか。
小麦粉やお砂糖代わりかしら??
いろんな色合いがありますね。綺麗なの可愛いの色々。
でも、私が今年見たのは、ほとんどがこの濃いピンクでした。
オシロイバナを思い出すとき最初に浮かぶのがこの色ですね。


◆OZママさん、ありがとうございます ♪

こんばんはhappy01
オシロイバナでの遊び、されましたか~
そうそう、ほんとに粉になるから面白いんですよねwink
ウフ お顔にも塗ってごらんになった可能性ありなんですね。
そのとき鏡は見られたかしらnotes


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

姫さまはオシロイバナ遊びされませんでしたか。
まぁ私も試しに割って粉にしてみた、という程度でしたけれど。
そうそう、今から遊んでも構いませんね~wink
美白効果が無いかしら。おしろい…優しく艶っぽくもある響きですね。
絞りの花の色んな模様を探すのがお好きなんですね。
色んな模様の出方がありますものね。
夕方から咲き始めて朝にしぼむのが一般的ですが、
今の時期になると結構早い時間から咲き始めていますよcute


◆glennさん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
うふ 白い粉を実際にお顔に塗られたんですね~
お友達と一緒に?みんな美人さんになりましたか?happy01

花期が長くて、そうそう、発芽率いいですよね。
今年はうちでもお隣の空き地からのこぼれ種がたくさん発芽しました。
生えさせてあげられない場所なので抜いちゃいましたが。
一株でも大株になる宿根草ですし。
glennさんのところのは放射性物質の対策で抜かれたのですね。
影響を受けないような地中深いところに根が残っていて出てこないかしら。
降ってくるものがなくなることも重要ですが。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/02 19:58

夏の花はヒマワリなどいろいろあってサルスベリも長く咲きますが、オシロイバナはそれ以上に長く咲き続けていますね。
色や模様に変異が色々あったり、きょう説明していただいたように構造も興味深いことが多いのですね。
振り返ってみると私はじっくり見たことがなく、記事にしたこともないのに気付きました。
こんどゆっくり観察してみます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/11/02 20:39

ポージィさん、こんばんは。
昔の女の子達は、このオシロイバナから白粉を取り出して、お化粧をして遊んでいました。
空き地にムシロを敷いて、粘土でお料理を作って、お行儀良く食べる仕草をしていました。
真冬でも日なたを探して、無心にままごと遊びをしていました。
話は違いますが、その頃から日本では、町内を清掃する習慣があって、ゴミ一つ落ちていませんでした。非常に清潔好きな国民です。その伝統はいまも受け付いております。とても誇らしいと思います。諸外国はどうでしょう。

投稿: polo181 | 2011/11/02 20:46

ポージィさんに習い、実に久々の花をアップしました。
最近忙しくてへろへろのふくやぎです。

投稿: | 2011/11/02 22:57

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
夏は花期の長い花が多く、おーちゃんが挙げてくださったサルスベリやムクゲも
長く咲き続けますが、オシロイバナはさらに長い気がします。
一輪一輪違う絞り模様の花を丹念に集めるのも楽しそうですが
そこまでの行動力が無くて、手近なお隣のを眺めるに済んでしまいました。
黒い実を包んでいるのがてっきりガクと思っていたら総苞で、黒い部分がガク
だったり、属名をもらっているほどですから独特の個性を持っているのでしょうね。
夜どんな蛾が訪れているのかも見ていたいのですが、目撃できていません。


◆polo181さん、ありがとうございます ♪

おはようございます
poloさんのお子さん時代の少女たちもオシロイバナの実から白い粉を
取り出して遊んでいましたか。おしろい、お化粧はいつの時代も少女の
心をくすぐるものなのかもしれませんね。
おままごとも女の子たちの遊びの定番でしたね。現代っ子達もするのかしら?
へぇ、そんなにお行儀よく遊んでいましたか。礼儀作法のしつけが
ピシッとしていたからでしょうね。そんな流れが家の外の道路などの掃除も
する習慣に繋がったのかもしれませんね。
先日あるTV番組で、某アラブの国の方が日本人の掃除にいたく感心していました。
この頃ではポイ捨ても目立ちますし、絶賛するのを聞きながらちょっと
恥ずかしくなりました。


◆ふくやぎさん、ありがとうございます ♪

どなたかと思いましたよ~
「ふさん」に改名されたわけではないですよね??
すごくお忙しそう… 
大変な中ではありますが、何とか休養もとって
お体大切にしてくださいね。
 
何の花をアップされたのか楽しみ、後ほど伺います。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/03 07:43

植物詳しいのですね~!
そのままブログに転記させていただきました。
(^人^)感謝♪です。
可愛いオシロイバナですね。色もきれいですheart04

投稿: scene Jun | 2011/11/03 09:35

◆scene Junさん、ありがとうございます ♪

詳しいと言えるほどは知らないのですが、
たまたま知っているものでしたから(^^)
お役に立ててよかったです。

オシロイバナも可愛いのですけどねー。
見慣れすぎて見向きもしてもらえなくなっているのも
多いようです。
この写真のは、お隣の空き地に勝手に生えて咲いている
野生児です♪

投稿: ポージィ | 2011/11/03 15:18

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/52906314

この記事へのトラックバック一覧です: オシロイバナ 2011:

« 造形花あそび | トップページ | ウラナミシジミ »