« テーマは 「野菜」「水面」 | トップページ | ヒメツルソバ のミニ・カーペット »

2011/11/14

水辺の「ミゾソバ」

時々散歩に行く川の堤防には、ところどころ水際に下りられる階段が設けられて
います。 先日久し振りに下りてみたところ、「ミゾソバ」を発見。
今年の秋初めての出会いでした。 ちょっと水かさが増えたら完全に水をかぶって
しまいそうなところに生えていましたよ。 さすがは水辺に生えるというミゾソバ♪
       (mist写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
    111031mizosoba3
 
 
 
    111031mizosoba8
 
       背景は川の水です。根元は水面から10cmほどの石の隙間
 
 
 
    111031mizosoba4
 
 
 
    111031mizosoba6
 
                花をアップで  可愛いですね♪
           タデ科の花はどうしてこう可愛いのが多いんでしょう
     この秋ご紹介した、ミズヒキ、ママコノシリヌグイも可愛かったでしょ(^^)
      ミズヒキやママコちゃんは花開いている姿に会えないことも多いですが
        ミゾソバは開いている姿に会える確率が高いのも嬉しいです。
 
                  ( いずれも 11/1 撮影 )
 
 
 
     「ミゾソバ(溝蕎麦)」:タデ科・タデ属(イヌタデ属)
                  別名「ウシノヒタイ(牛の額)」は葉の形から
 
 
 
【おまけ】 可愛い小花つながりで…
 
    この堤防の土手の下のほう、つまり水辺近くには「アレチハナガサ」
    ぽつぽつと生えています。みな高さ1m以上に育っていますが、仲間の
    「ヤナギハナガサ(三尺バーベナ)」と比べるとかなり地味なイメージ。
    でも小さな花はとても可愛いです。葉っぱは風や水に揉まれたかほとんど
    なくなっていましたが、花はまだ咲いているのを見ることができました。
 
 
    111031aretihanagasa1
 
 
 
         111031aretihanagasa2

                     ( 11/1 撮影 ) 
 
 
        「アレチハナガサ(荒地花笠)」:クマツヅラ科・クマツヅラ属
                           南米原産の帰化植物
 
  

|

« テーマは 「野菜」「水面」 | トップページ | ヒメツルソバ のミニ・カーペット »

コメント

おはようございます。
ミゾソバは、放棄田が多くなった田舎で、随分見かけるようになりました。
もっとも「ママコノシリヌグイ」かも知れませんが。
水辺に咲いていたから、やはり、ミゾソバかな。
どうも、この両者の区別がつきません。

花開いている姿、可愛いですね。
小さな星が、またたいているようです。
この、開いている姿には、まだ出あったことがありません。

「アレチハナガサ」・・・・この花は見たことがありません。
アレチに、可憐に咲くのでしょうね。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/11/14 08:39

小さな花なのに,アップでみるとこんなに可愛い花だったなんて驚きです.自然の隅々まで感じておられるんですね.僕だったら,散歩の途中にこんな小さな発見はできないだろうと思います.お金を拾ったことはあるけど.

投稿: LiLA管理人 | 2011/11/14 12:31

ポージィさんと出会ってから それまで見向きもしなかった雑草の花にも目が行くようになりました
ただし、こうやって写真にまでおさめないので
名前も知らないままで終わってしまうのですが(^_^;
小さい花でもよーっく見ると ちゃんと自己主張してますよね
2種類とも可愛いなぁ
ゆっくり散歩できる時に川の傍を通って探してみますね

投稿: miki | 2011/11/14 14:12

河原に行くと意外なものに逢えますね
みぞそばの淡いピンクの花可愛いですものね
花と言うかピンクのお肉のようです
間もなく枯れて河原も冷たい風が吹くことでしょう

投稿: フクちゃん | 2011/11/14 14:25

ミゾソバのお花は本当に可愛いですよね。
萼が開いていないことが多いなか おっしゃるように可愛らしく開いてその中の様子を見せてくれます。
我が家には 今 ヒメツルソバとツルソバとが咲いています。
ツルソバは そばに行っただけでいい香りがしてきます。
そのうちにアップしますね。毎年代わり映えはしませんが・・・笑

アレチハナガサも 近所では最近見かけなくなりました。ピンクのゲンノショウコといっしょに咲いていたのを見かけたのですが 最近はゲンノショウコのみ!
素朴で可愛いですよね。

投稿: fairy ring | 2011/11/14 15:22

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ミゾソバが人の手が入らなくなった田んぼで殖えていますか。
そうなると可愛いとばかり言っていられない現実に複雑な思いですね。
ママコノシリヌグイとミゾソバの花の様子はよく似ていますね。
特徴をつかんでしまえば葉の形で区別が付けやすいかと思いますが…
タデ科の小さな花たちの咲いている様子はほんと可愛らしいですから、
鎌ちゃんにもぜひ実際の姿を見ていただきたいです(^^)

アレチハナガサは花数は少ないですが、ひとつひとつの花は
ヤナギハナガサの花とよく似ています。荒地でもよく育つ丈夫な植物のようです。
鎌ちゃんのお散歩コースにも、もしかするとあるかもしれませんね。


◆LiLA管理人さん、ありがとうございます ♪

アップで見ると、野草には、あらまこんなに可愛い花だったのね、というもの
結構ありますね。立ち位置で見るのとぐっと寄って見るのとのギャップの
意外性が楽しいです。小さい花により親近感感じるのは、
自分もちびっこいからというのもあるかもです。
お金が見つけられれば多分花も大丈夫ですよ~(^^)


◆mikiさん、ありがとうございます ♪

mikiさんは元々小花好きでいらっしゃいますから、野草の花たちの中にも
きっと心惹かれるものがおありになるはず(^^)
そうそう、人間の目には小さくてもちゃんと自己主張してますね。
そして虫たちもちゃーんと気づいています。
今日のふたつ、気に入ってくださいました?
お時間あるとき、ラムっちとゆっくりお散歩しながら捜してみてくださいね。
ミゾソバは膝下辺り、アレチハナガサは腰の辺り。
でもどちらも終わり近いかもしれません。


◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

歩く場所をほんの少し変えるだけで、新しい出会いのあることもありますね。
そんなときはとても嬉しくなります。
ミゾソバは花開いていることも多く、ほんと可愛いですね。
アハハ フクちゃんにはぷくぷくした淡いピンクがお肉のような
イメージもありますか(^^)
そうですね。間もなく河原は冷たい風が吹きぬけるようになりますね。
そうなると足が遠のきます。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/14 15:36

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

今年も可愛いミゾソバにあえて嬉しかったです。見かける機会が多い
タデ科の花の中でも、ミゾソバは開いていることが多いですよね。
お庭にはヒメツルソバとツルソバが。ヒメツルソバは私もお馴染みですが、
ツルソバには一度も出会いがありません。良い香りもするのですね。
会って見て嗅いで楽しんでみたいものです。
アップなさったら見せていただきますね。

ゲンノショウコと一緒に咲いていたアレチハナガサ、消えてしまいましたか。
丈夫そうなのにちょっと意外です。もっとも、こちらでも限られた場所で
見るだけですが。うちの近くではゲンノショウコが見られなくなりました。
あ、これは宅地開発されてしまったせいですが…

投稿: ポージィ | 2011/11/14 15:43

こんにちは(#^.^#)

もう、、胸キュンな。。。
可憐で可愛い。。。
見つけられない、、、だけでしょうか・・???
はじめてお目にかかりました。。。

3枚目に。。。ノックダウン。。。。。。
会いたいなぁ。。。
探してみますねヽ(*´∀`)ノ

投稿: うさぎ | 2011/11/14 16:08

旅行に行く前の週に撮っていたのですが、
昨日見たらもう全体が枯れ色になっていました。catface
今年はアップせずに終わりそうです。
サクラタデも美しいけど数が少ないので花を選べず・・・
その点、ミゾソバはどれを撮ってもきれいですlovely
先っちょがピンクで透き通る感じがなんとも。

投稿: 池田姫 | 2011/11/14 16:31

小さい花で色も可愛いですね。
目立たないけど、気が付くと見入ってしまいます。

野に咲く花は可愛い花が多いですね。

今夜から寒くなるようなので、もう終わりかも知れませんね。

投稿: ロッキーママ | 2011/11/14 16:40

◆うさぎさん、ありがとうございます ♪

こんにちは(^^)

小さなお花大好きと仰ってたうさぎさん、きっと気に入ってくださると
思っていましたよ♪ さきっぽのピンクのグラデーション、咲いた姿、
胸キュンですね。初めてでいらっしゃいましたか。
水辺など湿った場所に行かれる機会があればもしかすると…
今年はそろそろ終わりが近いかもしれません。お会いになれるといいなぁ


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

もう茶色くなってしまっていましたか。先週の寒さでやられたかしら。
私が撮ったのも11月1日。今シーズンはそろそろ咲き終わりなのですね。
いちばんの別嬪さんのサクラタデには会ったことがないので、
私が会えるタデ科のお花では、ミゾソバがいちばんのカワイコちゃんです。
先っぽのピンクのグラデーション、好きです♪
仰るように透明感もありますね。


◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

そうそう、仰るとおりです。
ちょっと離れていると、その小ささで目立ちませんが、
あっ咲いてる!と気づいたら見入ってしまいますよね。可愛いです。
この日は、滅多に人が歩く場所ではないのをいいことに、
四つん這いになってさらに下のミゾソバにカメラを向けて夢中に。
そしたらそういうときに限って、川の向こう岸を親子連れが…
きっと驚いたと思います。
また寒くなりますね。今年はこれ↑が最初で見納めだったかもしれません。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/14 17:30

ミゾソバを発見されましたか。
可愛いですね。
上流では見た覚えがありませんが、水辺の方に降りて行くと見つかるのかもしれませんね。
アレチハナガサは堤防の上の方でもけっこう咲いています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/11/14 20:24

ミゾソバは透き通るような花びらできれいに写っていますね。とても可愛いです。

アレチハナガサはヤナギハナガサより花も小さめで少なく、色も薄いという見かたでいいですか。
まだ咲いているのですか!夏の花というイメージですが。
そういえば昨日ホトケノザが咲いていました。

投稿: tona | 2011/11/14 21:20

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

思いがけなくミゾソバを発見できました。嬉しかったです。
上流から流れてきた種が、石やコンクリートの隙間に何とか引っかかって
芽を出したような感じでした。それにしても雨による増水でよくぞ
流されなかったものです。
少し上流のそちらの方ではお見かけになりませんか?
ひっそりどこかに生えているかもしれませんね。
アレチハナガサは、こちらでは堤防の上のほうでは見かけないのですよ。
水辺に近い辺りに、やはり流れ着いた種がなんとか根付いたような感じで、
まだ土手は登れずにいるようです。


◆tonaさん、ありがとうございます ♪

ミゾソバ、可愛かったので是が非でも撮りたくて、ずいぶん粘りました。
肘を突いて四つん這いになってカメラを構えていたので、反対側の岸辺を
歩いていった人がびっくりしたい違いありません(^^;)
おかげで何とか可愛いのが撮れました。

アレチハナガサの花色はヤナギハナガサとそんなに違わないと思います。
花数が少ないので色も薄いように感じられるかもしれませんが。
撮ったのは11/1、もうほとんどおわりという感じで咲いていましたよ。
ホトケノザは春がメインですが、秋にも咲いているのをよく見かけますね。
気温などの条件が合えば咲くのかなと思っています。
 

投稿: ポージィ | 2011/11/14 21:51

おはようございます。
今日あたりから寒くなりそうですね。
昨日、富士五湖まで行ってきましたよぉ~!
 
ミゾソバも初めてですが、アップで見るとかわいいですね。
色柄はまるでレンゲの花みたい・・・・
アレチハナガサも可憐な花で、「おまけ」ではもったいないですよ。happy01

投稿: ソングバード | 2011/11/15 11:05

◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
昨日と比べるとかなり寒いですね。北の方は雪になるかもしれないとか。
富士五湖へ行っていらしたんですか。 わ~いいですね♪
鳥が目的でしょうか?紅葉もご覧になれました?

ミゾソバ、初めてでいらっしゃいましたか。でしたら可愛い姿を
見ていただけてよかったです(^^)
ピンクから白へのグラデーションは、ほんとレンゲのようですね。
アハ(^^;)アレチハナガサをおまけにしてしまっては失礼でしたね。
2枚しか撮れなかったのでつい…

投稿: ポージィ | 2011/11/15 15:16

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/53137493

この記事へのトラックバック一覧です: 水辺の「ミゾソバ」:

« テーマは 「野菜」「水面」 | トップページ | ヒメツルソバ のミニ・カーペット »