« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »

2011/12/28

一年の収めに 2011

年々月日の経つのが早く感じられるようになっていますが、いろいろあった今年は
よりいっそうあっという間に過ぎ去った感じです。大震災からしばらくの間は時が
止まったような感じがしていたせいか、過ぎてみればところどころ空白があるような
おかしな感覚です。 2011年も残すところ4日となりました。
 
穏やかな一年を願ったのに、こんなに辛いことや災害の多い一年になるとは。 
噴火 東日本大震災 津波 原発事故 洪水 台風 口蹄疫 鳥インフルエンザ…
日本だけでもこんなにたくさん。世界的にも大きな地震に大洪水が多発しました。
人も動物も植物も、どれほど傷ついたかはかりしれません。 
そしてそれは、今なお続いている苦しみでもあります。
 
 
 
    101121sora2
 
             けれど  厚い雲間からも光が差すように
 
 
 
         111117sora
 
           雲の向こうには確かに青い空が存在するように
 
 
 
    111117hanamizuki_mi03
 
             希望の芽が確実に育まれていると信じます
 
 
 
 
 
個人的にも常に心配を抱えてしんどい一年でした。 でも、きらりと光る瞬間瞬間も
たくさんあったはず。そういう瞬間をこそゆっくりと思い起こしたいとも思います。


皆さま、今年一年お世話になりました。 ブログを通し皆さまの温かなお心や
豊かな感性に触れられることは、私にとって大きな喜びであり力となっています。
ありがとうございます。 感謝の気持ちと共に、今年の結びとしたいと思います。
 
 
明日から年明けしばらく(松の内くらい?)、恒例の冬休みとさせていただきます。
その間、ご訪問・コメントのお返事も滞りますがお許しくださいね。
来年また再開しましたらどうぞよろしくお願いいたします。
 
 
それでは皆さま、どうぞお元気でよいお年をお迎えください。
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/12/26

東京モーターショー

厳しい冷え込みですね。雪が降り続いている地域の方々お気をつけ下さい。
雪のない地域でも凍結などお気をつけ下さいね。
わが家でもついに今朝は窓の結露が一部凍っていました。植物たちもしおしお~
 
12月11日(日)、東京ビッグサイトで開催中だった「第42回 東京モーターショー」へ
行ってきました。 今日はそのときの点描をアップさせていただきます。
あくまで私の興味関心が向いたものを脈絡なく撮ってきましたから、かなーり偏った
点描となっておりますこと、ご容赦くださいね。 記事も長くてすみません。
       (bus写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますrvcar
 
 
       111211motor47
 
         快晴に恵まれたこの日は、モーターショー最終日
 
 
 
       111211motor2
 
        会場時間前(9:40頃)に着いたのに、すでに長蛇の列
 
          11日の入場者数は 110,8000人 だったそうです
       ちなみに10日は 141,000人 会期中の累計は 842,600人
 
 
 
       111211motor11_bokasi
 
    こんな展示も  1932年(昭和7年)製造・実走可能な最古の国産バス
 
     国産バスは、(株)石川島自動車製作所(いすゞ自動車の前身)が
            昭和4年に製造したのが最初だそうです。
 
 
 
       111211motor4
 
          日野レンジャー  2011年 ダカールラリー 参戦車
     世界一過酷といわれるダカールラリーで、1991年の初参戦以来
  20回連続参加・完走を果たしているそうで、日野はこのレースに参戦する
           日本で唯一のトラックメーカー だそうです。
 
 
 
       111211motor24
 
     これは何だったかな? EVのレーシングカー  レース参戦車
 
 
 
       111211motor28_bokasi
 
    日本カー・オヴ・ザ・イヤー 2011-2012 を受賞した日産の「リーフ」
 
     EVとして可能な限りの実用性を持ち、充電設備への投資など
 EV普及のための礎となる仕上がり取り組み(一部略)…が評価されました
 
 
 
       111211motor33
 
 
       111211motor34
 
 
       111211motor16
 
    これら↑は EV車ならではの利用方法の提案ということでしょうか
 
     車のバッテリーを電源に音楽ライブができたりカフェを営んだり
          車椅子をルーフ収納ボックスに出し入れしたり
      シートが回転下降して完全に車外に出てくるものもありました
 
 
 
       111211motor39
 
               EVバイクも色々ありましたよ
   こちらは デリバリーサービスでよく見かける ホンダの3輪バイクのEV版
 
 
 
     私にとっては普通~の車より、こんなお仕事車系が面白かったです
 
 
 
111211motor20_2 111211motor21_2
 
   車本体ばかりではなく、部品・タイヤなど様々な分野からの出展もされていて
         その中で へぇ~ と思った一つがこちらのタイヤでした
 
        ほかにガラスに加工してワイパー要らずで走行できるものも
                 EV車の節電ができそうです
 
 
 
       111211motor40
 
           西棟と東棟の移動中に通った通路の人ごみ
 
 
 
       111211motor43
 
                   壁を登る MINI
         (垂直走行可能なわけではなくディスプレイです)
 
 
 
   会場内もどんどん混雑してくる一方でもはや写真を撮ることもままならず
      来春発売されるトヨタの小型スポーツカー「86(ハチロク)」など
          人垣越しに垣間見ることすらできませんでした
  夫によれば今回のショーの目玉の一つだそう  私は全然知りませんでした
 
 
 
       111211motor49
 
       くたびれ、後の予定もあったので3時頃会場を後にしました
 
 
 
 やはりというか、ハイブリッド車やEV車といったエコカーといわれる車が多数展示
 されていました。 温室効果ガスを排出しないという点でも注目を集め世界中で
 どんどん開発が進んでいますね。
 
 ただ、前からずっと思ってきたのが、『充電する電気はどう確保するのだろう』
 ということ。 原発に期するところ大だったのかもしれませんが、原発の大事故が
 起きた今、そこは考え直す必要アリです。
 では、どういう形で発電を?というところは、自動車業界とはまた別の分野になる
 からか、その辺りの事は見えてきませんでした。
 
 
 いやいや 長ーーい記事! お付き合いいただきありがとうございました。
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2011/12/23

Noël

久し振りの食べ物のお話 cafe
 
「Confiture(コンフィチュール)」というものをいただきました。
 
コンフィチュールとは・・・ フランス語でジャムのこと。 いくつかのフルーツや
スパイス、リキュールを 組み合わせて作った手作りジャム といったところで
しょうか。 TVでフランスのパティシエが作るものを見たことはありましたが、
自分が手にするのも食べてみるのも初めてでした。 皆さまはいかがでしょう?
       (apple写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbar
 
 
 
    111130confiture1
 
                ワクワク heart するラッピング
 
 
 
    111130confiture2
 
                箱の中から現れたのは可愛い瓶
                 ふたのスプーンマークも可愛い
 
 
 
    111130confiture3
 
 
 
    111130confiture4
 
                 いろいろなものが入っています
 
 
 
    111205confiture
 
                      美味しそう~!  
 
         リンゴ、ドライフルーツ、ナッツ類、スパイス、グラニュー糖
 
    シナモンの香り、フルーツの酸味、ほどよい甘さ… 味わい深く美味でした
 
 
 
  いがらしろみ さんのお店「ロミ・ユニ・コンフィチュール」というジャムのお店の、
  クリスマス限定の「Noëll(ノエル)」というジャムだそうです。
 
  ごちそうさま、ありがとうございました confident
 
 
 
  明日は クリスマス・イヴ ですね。      Joyeux Noël ! xmas
  
               

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/12/21

祈りを込めて for Christmas

華やかで賑やかなパーティーのイメージや恋人たちの日というイメージの強い
日本のクリスマスですが、 愛 ・ 思いやり ・ 赦しなどに心を向ける祈りの時も
もてたらいいですね。 数多くの災害に見舞われた今年のクリスマスは
ことのほか祈りが深くなりそうです。
 
マミフラワーデザインスクール仙台指定教室の先生の呼びかけで、
東日本大震災で被災された皆さんにクリスマス・リースをお送りしました。
私の所属する教室からも。 全国の各教室からどのくらい集まったのかな。 
それぞれが、どなたかのお宅で何がしかのお役に立てていますように。
 
 
 
20111101christmas_wreath1  プリザーブドのリース
 
 
 
 
  ほっこりポンポンのリース  20111026christmas_wreath4
 
 
 
 
 
20111101christmas_matukasa2_futidor  巨大松ぼっくりの飾り
 
 
 
 
 
 
              ribbon  愛と幸せが皆さまと共にありますように ・・・・・bell
 
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/12/19

公園歩き

先週の記事で「神奈川県立茅ヶ崎里山公園」の紅葉を見ていただきましたが、
夫との公園歩きは、実に実に実に!久し振りでした。
以前は頻繁に行っていたのに、今年は4月にちょろんと行って以来の約8ヶ月ぶり。
 
以前皆さまにもご心配おかけしましたが、年明けから始まった夫の「足」の痛みが
4月末から「疼痛」へと変わり半年間、ずいぶんと苦しめられました。
いろいろなことを探りつつあちこちに足を運びあれこれ試し… ついに薬が効いたか、
自己治癒したか不明ながら、9月半ばから急カーブで痛み軽減。
原因(MRIをすり抜けたヘルニア?)も治った理由もハッキリしないままですが、
何はともあれ姪の結婚式にも中国出張にも痛みを気にせず行くことができたのです。
  
ご心配いただきながら回復のご報告をしないままになっていましたので、遅ればせ
ながらご報告させていただきます。 ありがとうございました。
どうかもう、あんな疼痛は復活しませんように。
 
前置きが長くなりましたが、今日は公園で紅葉以外にパチリと撮ってきたものを
アップさせていただきますね。 点描です。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますhorse
 
 
 
 
111204chigasakisatoyama25_susuki4cu
 
           ほわほわススキが水面に映って ほわほわ2倍
                  (大き目も見てみてね)
 
  
 
    111204chigasakisatoyama30susuki7
 
 
 
 
    111204chigasakisatoyama27
 
          この公園へ行くと必ずチェックする 「ウグイスカグラ」
          本来の花期じゃないけれど ぽつぽつ咲いていました
 
 
 
 
     111204chigasakisatoyama39horse1
 
      引き馬乗馬のサービスをしている人がいました   子供たちが嬉しそう
 
 
 
    111204chigasakisatoyama40horse2
 
           ひたすら穏やかそうなお馬さんでした  可愛い…♪
 
 
 
 
    111204chigasakisatoyama48tuwabuki1
 
             傾き始めた夕日に照らされ輝く「ツワブキ」の花
 
 
 
 
    111204chigasakisatoyama36
 
                      草紅葉も輝いて
 
 
 
 
    111204chigasakisatoyama35
 
        4時を回ると暗くなるのももうすぐ   さて、そろそろ帰ろうか
 
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2011/12/16

紅葉 2011 - 本編 -

12月4日、慶応大学・湘南藤沢キャンパスのナンキンハゼの紅葉を楽しんだあと、
 (キャンパス内は撮影禁止だそうで、ナンキンハゼは撮れませんでした)
「県立茅ヶ崎里山公園」へ足を伸ばしました。10日前の11月24日に行ったばかり
でしたが、そのときまだだった園内のカエデの紅葉に期待しつつ…
       (maple写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
    111204chigasakisatoyama2
 
     「平成の森」と名付けられた雑木林にはカエデも何本か植えられています
       台風の風から守られた内側の木が綺麗な紅葉を見せてくれました
           切り取ると どこの山の中? という風にも見えますね
 
 
 
         111204chigasakisatoyama6
 
                逆光で見る紅葉が好きなのです
               ほとんどを逆光で楽しんできました
 
     以下 皆さまにも、大きめ写真ともどもお楽しみいただければ幸いです
       (いろんなブログでたくさん見たから飽きたなんて言わないでね) 
 
 
 
    111204chigasakisatoyama8
 
 
 
    111204chigasakisatoyama13
 
 
 
         111204chigasakisatoyama20
 
 
 
    111204chigasakisatoyama21
 
 
 
         111204chigasakisatoyama34
 
          こちらは 風の広場 の一隅にある雑木林のものです
 
 
 
紅葉の時期にこの公園へ行ったのは初めてのこと。15時少し前ころの雑木林は、
早くも傾きかけた陽射しを浴びてきらきらと眩しく輝いていました。
ここのカエデは真っ赤ではなく、オレンジ色中心の色づきのようですね。
小さな林ではありますが十分満足できました。
まだ若木なので、目の高さで見られたのもチビの私にとっては嬉しいことでした。
 
 
タイトルを「紅葉 2011 - 序章 - ・ - 本編 - 」としましたが、エピローグはなく
これにて完結です。
 

| | コメント (21) | トラックバック (0)

2011/12/14

紅葉 2011 - 序章 -

今年はの紅葉は、家の近くのモミジバフウを眺めるだけだなぁと諦めていましたが、
神様?が公園での出会いをプレゼントしてくださいました。嬉しかったです♪
2回に渡ってアップさせていただきますね。
       (ribbon写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
    111124cigasakisatoyama8_nisikigi4
 
 
 
    111124cigasakisatoyama7_nisikigi3
 
 
 
    111124cigasakisatoyama6_nisikigi2
 
              見事なまでに真っ赤に染まっていました  
 
          ( 11/24 撮影  於:神奈川県立茅ヶ崎里山公園 )
 
 
 
    111204chigasakisatoyama33nisikigi
 
    10日後の様子です  11/24にまだ緑を残していた木もすっかり紅葉して
 
                    ( 12/5 撮影 )
 
  
            「ニシキギ(錦木)」:ニシキギ科・ニシキギ属
 
 
 
 
          111124cigasakisatoyama27_2
 
             ' 平成の森 ' エリアは雑木林になっていて
            その中には様々なカエデも植えられています
 
         11/24 の時点では紅葉しているカエデは一部でしたが
          12/5 には美しく紅葉した様子を見ることができました
 
       そのカエデたちの紅葉を 次回アップさせていただく予定です
 
 
         

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2011/12/12

サザンカ

お隣の空き地に、何年も前に植えられ、そのまま忘れられている「サザンカ」1本。
フェンスを越えて枝を伸ばし壁を擦るため、時折でたらめ剪定をしていますが、
すごく元気でぐんぐん大きくなります。そして蕾もたくさん!
その蕾たちが11月後半から順番に咲き始めています。フェンス越しにパチリcamera
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
    111129sazanka2
 
              個々の花で雄しべの数が違っていました
                      この花は多め
 
 
 
         111129sazanka4
 
                  少し花色が見え始めた蕾
 
 
 
         111129sazanka5
 
 
          開き始めたこのくらいの姿は バラみたいに見えます
 
 
    111209sazanka
 
 
 
         111129sazanka8
 
                  枝の間から垣間見える花
 
 
 
    111129sazanka12
 
        花の向こうに見える緑は 先日まで隆盛を誇ったオシロイバナ
       土曜の朝辺り一面真っ白に染めた霜で一気にくたくたと枯れました
 
 
 
  「サザンカ(山茶花)」:ツバキ科・ツバキ属
                「山茶花」は元々は「ツバキ(椿)」の漢名だったとか。
 
                Wikipedhiaによると、
                『野生の個体の花の色は部分的に淡い桃色を交えた白』
                だそうです。 私、その方が好きかも…
  
                よく見かけるこちら↑は園芸種ということになるのでしょう。
  
                 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2011/12/09

川が育む

先日、川べりで自生している「コムラサキ」を見つけた日に、コムラサキ同様、
土手を覆うブロックの隙間から生えている「ノイバラ」「ユキヤナギ」も見つけました。
       cherry(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますfish
 
 
    1111122nobara3
 
 
 
         1111122nobara1
 
 
            直径5~6mmの赤い実が可愛い「ノイバラ」
 
    増水したときに流れてきたのが引っかかったか、細い紐状になったゴミが
        たくさん絡み付いて蔓枝同士を縛り付けてしまっています。
         写真はかろうじてゴミのないところを捜して撮りました。
 
      少しいただいて帰りたいなーとも思いましたが、きつく絡んだゴミは
     ちっとやそっとでは外せないので諦め、黒くなった実を数粒もらって帰り
      鉢土の中に埋めてみました。 芽が出るかな 無しのつぶてかな?
 
            春、花が咲く頃にも忘れずに見に行かなくちゃ。
 
 
        「ノイバラ(野茨)」:バラ科・バラ属  「ノバラ(野薔薇)」とも
 
 
 
 
         1111122yukiyanagi
 
 
                  こちらは「ユキヤナギ」
  
   花期は春ですが、毎年紅葉した葉の中でチラホラ咲いているのを見かけます。
           春とはまた違う風情が素適で好きな光景です。
    ここのは紅葉はまだでしたが水と風で葉がほとんど残っていませんでした。
 
         これまた春にも見に行ってみなくっちゃ! 花を見に♪
 
 
            「ユキヤナギ(雪柳)」:バラ科・シモツケ属
 
 
 
実は「ノイバラ」「ユキヤナギ」とも、他の場所でも土手に自生しているのを何度か
見かけていますが、近寄れたのは初めて。 数年前に護岸工事がされたばかりの
ときは植物は姿を消していたのに、いつの間にかいろいろと生えてきています。
 
「コムラサキ」も、「ノイバラ」も「ユキヤナギ」も、生えている場所を見ると、川の水に
運ばれてきた種がたまたまそこに引っかかって芽生え根付いたように思えます。
鳥や風によるものもあるかもしれませんが。 
あるいは長い時間をかけて護岸をくぐりぬけて来たのか…
 
そんなことを思いながら眺めていたら、改めて植物たちの強さや根気に心打たれると
同時に、彼らは川が育んでいるのだとも感じました。
 
現代は治水・護岸のためにコンクリートなどで固められた川が多いですけれど、
かってはどの川も土があり草木が生えていた川べり。
それらの土も草木も川が運び育んでいたのでしょう。
 
 
 
    1111122koi1
 
 
                鯉たちも川に育まれています
 
 
 
              ( 写真はいずれも 11/22 撮影 )
 

| | コメント (10) | トラックバック (0)

2011/12/07

川辺で コムラサキ

しばらく前、川の水際近くでミゾソバを見つけたのに気をよくして、また何か発見は
ないかと、11月下旬にまた場所を変えて再び下りてみたところ… 見つけました。
 
護岸保護のためのコンクリートの隙間に逞しく根付いていました。 普段は乾いて
いるけれど、大雨が降れば増水した川の水に洗われ、川面を吹き抜ける強い風に
さらされるという環境で。
 
見つけたのは「コムラサキ」です。水際を歩いたのは20mくらいの範囲ですが、
その間に7~8株はあったと思います。 一部ですがご覧ください。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
         111122komurasakisikibu2
 
 
 
         111122komurasakisikibu3
 
 
 
         111122komurasakisikibu5
 
                 ゴミも引っかかっていました
 
 
         111122komurasakisikibu6
 
          こんなふうに生えています  傷めつけられていますね
 
 
 
         111122komurasakisikibu4
 
                 ( いずれも 11/22 撮影 )
 
 
 
この日見つけたものは、どれも皆同じような高さに生えていて、川の水で運ばれて
きた種がブロックの隙間に引っかかり入り込んで芽生えたのではないかと思える
状態でした。 コムラサキといえば、これまで公園やよそのお宅のお庭で見るのが
ほとんどで、こんな水際では初めてのことだっただけに感動ひとしおでした。
湿った環境が結構好きなのか、湿った場所でも適応できるということなのか?
このまま刈られずに残るかしら。 来年花のころ、要チェックですね。
 
 
  「コムラサキ(小紫)」:クマツヅラ科・ムラサキシキブ属
 
   

| | コメント (12) | トラックバック (0)

2011/12/05

「ヤツデ」の花の変身

11月に入ると間もなく、庭の「ヤツデ」の花が咲き始めました。
鳥の落し物から芽生えて庭の仲間になったヤツデです。 一昨年はたくさんの実が
できたのに、昨年は一粒も実らずじまいでした。 今年はさてどうなるのかな。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
    111109yatude2
 
 
 ヤツデの花はひとつの花が 雄性期→中性期→雌性期 と役割を交替する性質を
 持っているそうです。 自家受粉を避けるための性質で、まず雄性期がくるタイプを
 雄性先熟、逆に雌性期が先にくるものは雌性先熟といいます。
 ヤツデは雄性期と雌性期に蜜を出し、アブやハエなどの虫がたくさん集まります。
 
 写真は雄性期で、花びらもあって伸びた5本の雄しべが綺麗。雌しべは未熟です。
 
 
 
    111108yatude1
 
                 ホソヒラタアブ が ブーン
 
    111108yatude3
 
 
 
    111108yatude4
 
                    小さな アリ に
 
 
    111108yatude2
 
              キンバエ の仲間も  せっせ せっせ
 
    111108yatude5
 
               ( いずれも 11/8、11/9 撮影 )
 
 
 「ヤツデ(八手)」:ウコギ科・ヤツデ属  別名「テングノウチワ(天狗の団扇)」
 
 
 
【追記】
    111115yatude1
 
          そろそろ雌性期に入ろうと準備中の中性期でしょうか
    花弁と雄しべは落ちてしまい、伸びてきた雌しべが5本に分かれています
 
                    ( 11/15 撮影 )
 
 
 
    111117yatude_sisei
 
           見えづらいかもしれませんが蜜が出てきています
                   雌性期の始まりです
 
                    ( 11/17 撮影 )
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2011/12/02

小春日の空に

昨日は冷たく寒い12月のスタートとなりました。前日から一気に10℃以上も下がる
のは勘弁して欲しいです。今年は1年を通して気温の乱高下が多い気がします。
 
さて、11月下旬、柔らかな晩秋の陽射しを浴びながら川沿いを散歩したときのこと。
青く澄んだ空のもとで、鳥たちも気持ち良さそうに寛いで見えました。
       (sun写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
    1111122hato2
 
                ずらり並んで止まっているのは…
 
 
 
    1111122hato3
 
                      ドバトの群れ
 
 
 
    1111122hato4
 
                      思い思いに
 
 
 
    1111122hato5
 
                 つかず離れず並んで 夢の中
 
 
 
 
    111122mozu1
 
                1羽止まって辺りに視線くばるのは
              もしかして 何年ぶりで会う好きなあの子?
 
 
 
    111122mozu2
 
             トリミングして確かめれば 確かにあの子です
                モズとの 嬉しい久し振りの出会い
 
 
 
  111122mozu3
 
                   さらにトリミング  可愛い♪
                  (この写真は大きくなりません)
 
       こんなとき、10倍ズーム・手ブレ補正なしカメラがちょっともどかしい
 
 
                  ( いずれも 11/22 撮影 )
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2011年11月 | トップページ | 2012年1月 »