« 小春日の空に | トップページ | 川辺で コムラサキ »

2011/12/05

「ヤツデ」の花の変身

11月に入ると間もなく、庭の「ヤツデ」の花が咲き始めました。
鳥の落し物から芽生えて庭の仲間になったヤツデです。 一昨年はたくさんの実が
できたのに、昨年は一粒も実らずじまいでした。 今年はさてどうなるのかな。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
    111109yatude2
 
 
 ヤツデの花はひとつの花が 雄性期→中性期→雌性期 と役割を交替する性質を
 持っているそうです。 自家受粉を避けるための性質で、まず雄性期がくるタイプを
 雄性先熟、逆に雌性期が先にくるものは雌性先熟といいます。
 ヤツデは雄性期と雌性期に蜜を出し、アブやハエなどの虫がたくさん集まります。
 
 写真は雄性期で、花びらもあって伸びた5本の雄しべが綺麗。雌しべは未熟です。
 
 
 
    111108yatude1
 
                 ホソヒラタアブ が ブーン
 
    111108yatude3
 
 
 
    111108yatude4
 
                    小さな アリ に
 
 
    111108yatude2
 
              キンバエ の仲間も  せっせ せっせ
 
    111108yatude5
 
               ( いずれも 11/8、11/9 撮影 )
 
 
 「ヤツデ(八手)」:ウコギ科・ヤツデ属  別名「テングノウチワ(天狗の団扇)」
 
 
 
【追記】
    111115yatude1
 
          そろそろ雌性期に入ろうと準備中の中性期でしょうか
    花弁と雄しべは落ちてしまい、伸びてきた雌しべが5本に分かれています
 
                    ( 11/15 撮影 )
 
 
 
    111117yatude_sisei
 
           見えづらいかもしれませんが蜜が出てきています
                   雌性期の始まりです
 
                    ( 11/17 撮影 )
 
 

|

« 小春日の空に | トップページ | 川辺で コムラサキ »

コメント

おはようございます。
そうなんですか。
ヤツデの花って、そんな不思議な生き方をするのですか。
小さな虫たちも、その手助けをしているのですね。
植物の種の保存の仕方、仕組み、実に巧妙にできているのですね。
近所の庭にも、この花を見ることができます。
今まで、何となく見ていたこの花を、これから少し注意して見直したいと思います。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/12/05 11:08

おはようさんどす~lovely
マクロに強いカメラみたいですね。
きれ~!
花びらまでもよぉ~く写っていますね。
シベがびゅんびゅんだと花開いているわ~とは思ったけど
この花びらまで目がいっていたかどうか・・・思い出せないです。
いや最近ね、どんどん忘れていき(昨日マラソンを観ていて今度ロンドン?前はどこだったって・・・ふたりして思い出せずcatface
忘性期(こんな字ない)の始まりです・・・。
ポージィさん、観察が鋭いですね。

投稿: 池田姫 | 2011/12/05 11:10

良く観察していますね
難しいことは判りませんが八手の花もこのように変わって行くのですね
はき始めが一番綺麗ですね

投稿: フクちゃん | 2011/12/05 13:23

こんにちは。
ヤツデの花、見たことあるような無いような・・・
こうしてマクロ的に見ると面白い形してますね。
ヤツデって数えたことないですが、葉が8つに分かれてるんですよね。

投稿: ソングバード | 2011/12/05 13:45

◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
以前は雄花と雌花と別々に咲くとばかり思っていたのですが、
初めて雄性先熟ということを知りました。
咲いているのはよく見ていたんですけど全然知りませんでしたよ。
雄花の時代雌花の時代、それぞれに虫たちがやってきて、
雄花の蜜を舐めた後で雌花の蜜を舐めに行った虫たちが
受粉のお手伝いをするのですね。面白いです。

ご近所にもありますか。今ちょうど花の時期ですから、
どの段階かご覧になってみてくださいね。


◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
コンデジですからスーパーマクロから10倍ズームまでいけますよ。
貼り付いて撮りたいこんなときはスーパーマクロ機能でパシャリ!camera
雄しべ時代は目立たない薄緑色の花びらがあるんですよぉ。
プラス雄しべがいっぱい。雄花の時代は華やかで綺麗ですね~
雄性期のあと雌性期という咲き方をすると知りましたのでね、
せっかく庭にも咲いていることですし、ちょっとだけ観察してみました。
観察で発見したわけじゃないんですよ(^^;ゞ

忘性期… あらら 私もどっぷりこの時期に入っていますよ。
え、この前? あれれ?どこでしたっけ… やばいなぁ


◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

実は、観察する中での発見ではなくて、雄性期→雌性期という特徴を
知ったものですから、庭に咲いているのをちょっと見てみたという
ことなんです。本当に変化していて面白かったです。
やっぱり、雄しべがいっぱいで花びらもある、雄性期の始めのころが
いちばん綺麗ですね。


◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
ヤツデは今ちょうど咲いているのが多いと思います。
どこかでお見かけになっているかもしれませんね。
仰るようにこの花はぐっと寄った方が断然面白いです(^^)
ヤツデの葉は、必ず8つに分かれているというわけでもないそうですよ。
ちなみにうちのを数えてみたら、7~10に分かれていて、
9つに分かれている葉がいちばんたくさんありました。
 

投稿: ポージィ | 2011/12/05 14:32

ヤツデの花の季節ですね。
チョウやミツバチが少なくなった時期にアブなど蠅の仲間をたくさん集める戦略はなかなかのものです。
雌は何生った時にもう一度蜜を出すというのも面白いですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/12/05 18:07

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

ヤツデの花があちこちで花盛りですね。
以前、ヤツデは雄花と雌花があると読んで、別々に咲くのだと思っていましたが、
雄性先熟でひとつの花が変身すると知って、庭のもので確かめることが
できて面白かったです。他の花が少なくなってから咲くこと、
自家受粉をさけ、かつどちらのときにもちゃんと蜜で虫を誘って
受粉率を高めることなど考えると、おーちゃんのお言葉通り、なかなかの
戦略家ですね。
そんな花なのに、昨年ひとつも実らず花後全部落ちてしまったのは
何故だったのでしょう。今年も落ちる傾向が強いです。
受粉とは別の、ヤツデにとってはありがたくない虫も来るのかもしれませんね。

投稿: ポージィ | 2011/12/05 19:52

これですね。
先日言っていらしたヤツデ!
すっごくきれいな時季に撮られたのでとてもきれいですね。
マクロレンズで撮られたみたいにきれいです~!
まさに冬の花火!
アブやハチ ハエ アリなどの虫さんたちがたくさんやってきますよね。
花の少ない時なのでこれらの虫さんたちにとってヤツデの蜜はごちそうなんでしょうね。その代り 受粉のお手伝いをして…自然界ってうまくできているといつも感心してしまいます。
めしべのつんつんがかわいいです。

投稿: fairy ring | 2011/12/05 20:43

ポージィさん こんばんは

ヘェー、ヘェーの世界です~~
(夫と私は珍しいものや感心したときに盛んにへぇ、へぇといいます)
昔はどこの家にもあったヤツデがそんな不思議な性質を
持っていたなんて、ヘェ~です

最初のツンツンが雄しべでなんですか
花びらまであるのですね
こんなにきれいなんて、見直しました~confident

投稿: glenn | 2011/12/05 22:03

◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

おはようございます。
はい、これがわが家の冬の花火です~(^^) fairy ringさんの撮られた
素適なお写真のようにはいきませんでしたが、かろうじて撮れたものを。
日陰暮らしはこのヤツデも一緒でピントが合わなくて(^^;)
でもそうですね、よい時期に撮れたかもしれません。現在、上のほうの
咲き終わった部分は、今年も実らずぽろぽろと落ちて惨めな姿に
なってきています。

植物たちはどこでどう感じて?こうした戦略をとるようになったのでしょうね。
不思議で面白く感心させられる世界。人間は教わることが多いですね。


◆glennさん、ありがとうございます ♪

おはようございます(^^)

あはは トリビアの泉みたい。もう古いかしら?
私も ヘェ~~ッ! て言いますよ。
ヤツデ自体は見慣れていて今更近寄ってよく見ようという
気が起きない植物であり花ですよね。
あまり目立たない花ですが咲く時期といい雄性期・雌性期といい
なかなかの戦略家で、よく見ると綺麗shine
最初の華やかに広がったツンツンが雄しべで、最後の花びらも無くなった後の
地味なツンツンが雌しべです。毛が3本 毛が3本! を思い出します。
5本ですが~happy02

投稿: ポージィ | 2011/12/06 08:26

こんにちは、
ヤツデの花ってもてますね虫君たちに。
それなりにいいところってあるものですね。
意外にヤツデそのものは地味と思っていましたが。
一度にここで張っていると私の好きは虫君たちきてくれるのですね。
でもわが家にはヤツデが無かったっけww
下の鳥も好きな分野、出会いたいな~~

投稿: 玲 | 2011/12/06 12:39

◆玲さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
入れ替わり立ち代りいろんな虫が訪れますね。
アブちゃんは普通の花でも見かけるけれど、ハエ君は来ませんね。
でもヤツデには両方とも。放つ香りが少し違うのでしょうか。
花が少なくなってきた季節に咲き始めるヤツデは、虫たちにも
ありがたい存在。ヤツデ自身も他の花に行かずに自分のところへ
誘い込めてラッキーというところなのでしょう。
お互いに良い存在なんですね。
ここで待っていると虫たちを撮れますよ~ 玲さんお気に入りの
ヒラタアブちゃんも(^^)b 結構よく見かける木なので
ご自宅以外でもチャンスはありそうですね。

鳥さんに出会うとズーム倍率の大きなカメラが欲しくなります。
デジイチではなくてよいので。
玲さんもまた冬場はお庭を訪れる鳥さんたちを狙えますね♪

投稿: ポージィ | 2011/12/06 15:25

大変ご無沙汰致しております。気づけば12月でございます。
片目でこのHPへ毎日のように立寄っておりましたが、私、長い間冬眠しておりました。この度、少し元気と成りまたカキコさせて頂く所存でございます。よろしくお願い致します。eyeglass

この植物、ヤツデというんですね?何と言う名前なのか見つけられなかったんです。助かりました。いつも有難うございます。eye

話は全然関係ないのですが、ポージィーさんへ近々別途メール差し上げます。お読み下さいませ。virgo

投稿: 福 | 2011/12/06 23:26

◆福さん、ありがとうございます ♪

こんにちは!お久し振りです。
どうされているか気になっていました。お加減があまりよくなかったのですね。
少しお元気になられたとのこと、コメントいただいてほっとしました。
さらによい方へ向かわれますようにconfident

名前調べのお役に立ててよかったです。うちの周辺には庭に植えている
お宅が結構あって、そういうよそのお宅の実を食べた鳥がうちの庭にきて
プッと落としものをしていったのが芽生えました。多分ヒヨドリかと…smile

メールをくださるとのこと、お待ちしていますapple
無理はなさらないでくださいね。

投稿: ポージィ | 2011/12/07 07:57

ヤツデの花がこのように変身するなんて驚きました。
自家受粉を避けるための上手い仕組みなのですね。
来年から見つけたら観察をします。
こんなに虫がいろいろ蜜を吸っているのですね。
蕊がいっぱい立っているように見え、針がたくさん刺さった針刺しのように見えました。
じっと見ると美しい花ですね。

投稿: tona | 2011/12/07 08:29

◆tonaさん、ありがとうございます ♪

そうなんですよ~ 私も知らずにいました。
以前は雄花と雌花と完全に分かれていると思っていて。
雄性先熟や雌性先熟の花の存在は知っていたのですが、こんなに身近な
見慣れたヤツデもそうだったとは、と驚きました。
まだまだ咲いていますから、tonaさんも来年でなくてもご覧になれる
チャンスはあると思いますよ。
日を置いて定点観察するとよく分かりますが身近にないと難しいかもですね。
うふ そうですね。雄しべは針山みたいです。
5裂した雌しべも頭のてっぺんの「毛が3本!」(5本ですが)みたいで
面白いです。
うんと寄ってみてこそ面白く美しい花ですね。

投稿: ポージィ | 2011/12/07 10:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/53242351

この記事へのトラックバック一覧です: 「ヤツデ」の花の変身:

« 小春日の空に | トップページ | 川辺で コムラサキ »