« 「ヤツデ」の花の変身 | トップページ | 川が育む »

2011/12/07

川辺で コムラサキ

しばらく前、川の水際近くでミゾソバを見つけたのに気をよくして、また何か発見は
ないかと、11月下旬にまた場所を変えて再び下りてみたところ… 見つけました。
 
護岸保護のためのコンクリートの隙間に逞しく根付いていました。 普段は乾いて
いるけれど、大雨が降れば増水した川の水に洗われ、川面を吹き抜ける強い風に
さらされるという環境で。
 
見つけたのは「コムラサキ」です。水際を歩いたのは20mくらいの範囲ですが、
その間に7~8株はあったと思います。 一部ですがご覧ください。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますeye
 
 
         111122komurasakisikibu2
 
 
 
         111122komurasakisikibu3
 
 
 
         111122komurasakisikibu5
 
                 ゴミも引っかかっていました
 
 
         111122komurasakisikibu6
 
          こんなふうに生えています  傷めつけられていますね
 
 
 
         111122komurasakisikibu4
 
                 ( いずれも 11/22 撮影 )
 
 
 
この日見つけたものは、どれも皆同じような高さに生えていて、川の水で運ばれて
きた種がブロックの隙間に引っかかり入り込んで芽生えたのではないかと思える
状態でした。 コムラサキといえば、これまで公園やよそのお宅のお庭で見るのが
ほとんどで、こんな水際では初めてのことだっただけに感動ひとしおでした。
湿った環境が結構好きなのか、湿った場所でも適応できるということなのか?
このまま刈られずに残るかしら。 来年花のころ、要チェックですね。
 
 
  「コムラサキ(小紫)」:クマツヅラ科・ムラサキシキブ属
 
   

|

« 「ヤツデ」の花の変身 | トップページ | 川が育む »

コメント

おはようございます。
今あちこちで紫色の実が見られますね。
区別はつきませんが、小鳥が良く食べてますね。
ここにとまる鳥をよく狙いますよ。

投稿: ソングバード | 2011/12/07 11:15

おはようございます!

たくましいコムラサキですね。
大雨でも流されずにこの地にとどまったのでしょうね。

ムラサキシキブよりもこのコムラサキの方が多く見かけますね。
ムラサキシキブは大きな木で見ることが多いです。
果実の付き方もちがいますよね。

この色合い 日本の伝統色でいえばなんというのかな~
まだこのpcでは 色が安定していないので よくわかりませんが・・・
英語で紫色というよりもいろんなグラデーションでの言い方があって好きです。

投稿: fairy ring | 2011/12/07 11:17

ポージィさん、こんにちは!コムラサキ、私も大好きです♪ムラサキシキブも!なんだか実が美味しそうに思ってしまうのです(笑)。鳥は食べるのですね?!

↓ だいぶ下の方の記事ですが、モズの写真かわいいですね~。私も鳥の写真を撮りたいと思うとき、自分の持っているカメラではイマイチーと感じてしまいます^^;

投稿: Sanae | 2011/12/07 14:54

こんにちは。
何か新しい発見はないかと、観察の目を向けられているのですね。
そうか~~、そういう目を持たないといけませんね。
そうして発見されたコムラサキ、
コンクリートの隙間から伸びているなんて、何と逞しい!!
ド根性ですね。
しかも、葉も全部枯らしながら、見事な実の色を見せてくれています。
人の世は、何かと生きるに厳しい条件になってきていますが、
ド根性出して、生きていかねばなりませんね。

投稿: 鎌ちゃん | 2011/12/07 14:58

◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
秋から冬の景色の中、実ものはよく目立ちます。
人間の目をよく引くのですから、当然鳥さんたちの目は見逃しませんね。
ソングバードさんはコムラサキの実を食べる鳥さんにもカメラを向け
られるんですねぇ。いいなぁ~私は一度も見た事がないのです。
どんな顔?して食べるのか見てみたいものです(^^)


◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
こんな風な逞しいコムラサキが数株頑張っていてちょっと驚きでした。
ムラサキシキブは滅多に見ませんね。以前散歩中に3ヶ所くらいで
見つけたのですが、うち1ヶ所はなくなってしまったようですし、
他の2ヶ所は確認にいけなかったりいつも伐られてばかりだったり。
コムラサキはお庭に植えられることも多いというのに。
果実の付き方がまばらだったりで、冷遇されがちなのかもしれません。

この実の紫色は日本の伝統色では何と言うのでしょうね…
伝統色のHPで見たところ、菫(すみれ)色、菖蒲(あいやめ)色が
近いように見えましたが、モニターを通してだとどうしてもはっきりと
こうとは言えませんね。日本の色表現は紫系だけでも20種類以上。すごいですね!
呼び名は全然知らないのですが、これだけ微妙な色合いの違いを
大事にする日本伝統の感性が嬉しく感じられます。


◆Sanaeさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
Sanaeさんもお好きなのですね。
はい、鳥さんならずとも美味しそうに見えます。
私には砂糖でコーティングされたお菓子に見えちゃいますよ(^^)
鳥が食べているところは見た事がないのですが、鳥撮りの方は
食べに来るところを狙われるのだそうです。

モズも見てくださってありがとうございます。可愛いですよね。
やっぱりカメラにもうちょっと上の性能を求められることがおありですか。
鳥はたいてい遠いので、どうしても思っちゃいますよね。


◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
川沿いを歩いていてもススキとセイタカアワダチソウばかりが
目立つようになった晩秋から、何かないかいな~~と
一生懸命捜すようになりました。でないとブログがネタ切れに(^^;)
いつもとちょっとコースを変えると意外と発見があるものですね。
コムラサキを見つけたときは嬉しかったです。
それも逞しい根性あるコムラサキを何株も!
全体を見るとくたびれた姿ながら、紫色の実は鮮やかに艶やかに
美しく輝いていました。
こういう植物を見ると、人間も置かれた環境の中で精一杯
生きなきゃと教えられますね。
 

投稿: ポージィ | 2011/12/07 15:55

葉が落ちた後の紫が水面に映えて生き生きしていますね。
宝石みたいで愛おしい感じがします。

しかし強いですね。
鳥が落としたタネで石垣の隙間から芽が出たのでしょうか。

水にも負けず、風にも負けずしっかり根付いた姿は見習わなければいけないですね。

投稿: ロッキーママ | 2011/12/07 16:54

まだ咲いていましたが
秋の始まりに咲いてくれるんですよね
私も大好きな実の一つです
小さくて光沢があって可愛いですね

投稿: フクちゃん | 2011/12/07 17:06

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

1枚目の背景、川の水と分かってくださいましたね~(^^)
水を背景のコシキブの画、初めてだったのですがよく映えていい感じでした。
葉が落ちたあとの(枯れ葉つき)コシキブの渋さも良いですね。
美しい色の実は仰るように愛おしさを感じます。

ほんとうに、この強さ逞しさは想像以上でした。
完全に下流に向かってなびいてますしゴミもたくさん引っかかっていました。
励まされ力づけられる姿ですね。


◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

秋のはじめころからグリーンの実がじわじわと
紫色に染まっていきますね。
その染まっていく過程のグラデーションの色合いも
大好きですし、すっかり紫色になった様子も好きです。
フクちゃんもお好きな実なのですね。
とても綺麗な色で可愛いですよね。

投稿: ポージィ | 2011/12/07 18:07

こんばんは。
護岸からコムラサキですか。すごい。
近所の庭などでたくさん実をつけているのを見ますが、園芸的に手入れがいいからだと思っていました。
流れてきた種も厳しい中でたくましく育つものと感心します。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2011/12/07 21:05

◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
すごいですよね。それも何株もありました。
この護岸コンクリートは目が粗そうではありますがそれにしても。
他にも色々な植物が育っていましたよ。
私もコムラサキの実付きは大事に育てられることも大きいかと思って
いましたが、こうして自生しているものもたくさん実をつけて
いたように思われました。どの世界にも逞しい生命力をもったものが
いるのですね。
 

投稿: ポージィ | 2011/12/07 21:16

へぇ~ コムラサキ?
自然にもあったのですね。
びっしりと規則正しく並んだ実しか見たことありませんでした。
過酷な環境でも逞しく実をつけて・・・。
何だか野性の方がきれいですlovely

投稿: 池田姫 | 2011/12/13 17:21

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

どこかのお庭のコムラサキの子孫が、巡り巡ってこの場所で自生して
いるのかもしれませんね。
お庭のような恵まれた環境でもないし、手入れもしてもらえないという
環境ですが、ちゃんと根を張り花さき実って、たいしたものです。
気高く美しく輝いていましたshine

投稿: ポージィ | 2011/12/13 17:28

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/53324788

この記事へのトラックバック一覧です: 川辺で コムラサキ:

« 「ヤツデ」の花の変身 | トップページ | 川が育む »