« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »

2012/02/29

ようこそここへ

今日はとうとう真っ白な雪景色の朝となりました。通勤通学の時間帯直撃です。
夫は今日は近い方(約1時間)の職場。少し早めに出ましたが遅刻することも無く
無事着いたようです。 
雪に不慣れな南関東です。怪我や事故が少ないよう祈ります。
お出かけの方は、くれぐれもお気をつけください。 
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
プランターに植えておいたチューリップが、庭に植えっぱなしの球根が、
2月の上旬にちょこんと小さな芽を出しました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtulip
 
 
    120210hyacinth_me
 
               長年植えっぱなしの「ヒヤシンス」
 
    だんだん花は少なくなってきているけど きっと今年も咲いてくれるでしょう
 
 
 
 
    120210snowflake_me
 
        これも植えっぱなしの「スノーフレーク(スズランズイセン)」
 
           こちらはこの3年でだんだん立派になってきました
 
          でも うちの庭は寒いので 毎年咲くのは遅いのです
 
 
 
 
    120209tulip_me1
 
             こちらは 秋に新しく植えた「チューリップ」
 
       なんだか 生え始めたばかりの赤ちゃんの乳歯を思い出しました
 
                     可愛いね ♪
 
    120209tulip_me3
 
 
              ( 写真は 2/9 2/10 撮影です )
 
 
 
  ♪ ようこそ ここへ クッククック 私の青い鳥~ ♪
 
    おやまぁ ずいぶん懐かしい(昔の)歌が浮かんできましたよ。
 
 
   ( ちなみに クックたん dog の名前の由来はこの歌ではありません )
 
 
 上↑の写真から20日。チューリップの芽は2cmくらい、ヒヤシンスとスノーフレークは
 6cmくらいになりました。 でも今朝はスッポリ雪の下です。
 
    120209tulip_snow
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012/02/27

枝先の主張

冬に葉を落としている木々を見上げるのもけっこう面白いもの… というようなことを
以前記事にしたことがありました。 もうずいぶん前のこと、いつだったかしら??
先だって大船植物園に行ったときも、少しですが見上げてみました。
写真はすべて2月12日撮影です。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    120212ofuna_y18
 
                これは 「ケヤキ(欅)」 の 枝先
 
           夫 : 「毛細血管みたい…」  私 : 「ほんとだぁ…」
 
 
 
 
    120212ofuna_y26
 
             2月12日時点の 「玉縄桜」 の つぼみ
 
      「玉縄桜」は大船植物園の「染井吉野」の実生から選抜育成された
       オリジナル品種で早咲きの桜。 開花期:2月下旬~3月下旬
 
              今年の開花はいつごろになるでしょう
 
 
 
 
    120212ofuna_y89
 
                  「フウ(楓)」 の 枝先
 
                 なんというか  素直な感じ
 
 
 
 
    120212ofuna_y80
 
            「ハクモクレン(白木蓮)」 の 枝先 と つぼみ
 
                  カクカクした枝ぶりだね
  
    120212ofuna_y81
 
 
 
 
 
    120212ofuna_y85
  
            そしてこれは 「ハクショウ(白松)」 の 木肌 
 
                枝先ならぬ 幹 の主張ですね
              よく見る松の木肌とは大きく異なります
  
         1831年に発見された中国固有種で、育つのがとても遅く
            生長した樹では幹が白くなるのが大きな特徴。
       大船植物園では昭和37年(1961年)から栽培しているそうです。
 
 
 
 私にはとても無理ですけれど、木の枝ぶりや木肌・葉の形などからパッと名前を
 言い当てられたら楽しいでしょうね。
  
     

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012/02/24

春は黄色から

春は黄色の花が多く咲きますが、春の近いことを告げるように咲く「ロウバイ」や
「マンサク」も、黄色が美しい花たちです。 2/12 の大船植物園で見てきましたよ。
「ロウバイ」は満開、そして「マンサク」は咲き始めて間がない様子でした。
今頃はもうマンサクも満開かな…
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
    120212ofuna_y32
 
 
 
    120212ofuna_y33
 
 
 
    120212ofuna_y30
 
 
 
    120212ofuna_y83
 
     この花の透明感が好きで、いつもお日様の光を透かして見たくなります。
 
 
  「ロウバイ(蝋梅)」 : ロウバイ科・ロウバイ属
               花びらが蝋のような質感で、臘月(旧暦12月)に咲く
               ことから「蝋梅・臘梅」と名付けられたそうです。
               「ロウバイ」は花の中心が赤っぽい濃い色で周囲が黄色、
               全体が黄色のものは「ソシンロウバイ(素心蝋梅)」
 
 
 
 
    120212ofuna_y19
 
                     「シナマンサク」
 
    120212ofuna_y23
 
 
 
 
    120212ofuna_y24
 
     栽培品種のマンサク 「エレナ」 やっと咲き始めたばかりでした(2/12
                      ぴろぴろぴろ~
 
      在来種の「マンサク」と中国原産の「シナマンサク」の交雑種だそう
 
    
 
    「シナマンサク(支那満作)」:マンサク科・マンサク属
                      「マンサク」の語源は、早春に咲くことから
                      「まず咲く」「まんず咲く」が訛ったものなどの
                      説があります。
                      枯葉が長く落ちずに残っています。
 
 
 
      そっと枝をたぐって、それぞれの甘い春の香りも楽しんできました。
 
           (「ロウバイ」「マンサク」は いずれも 2/12 撮影 です)
 
 
 
 
  ゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚。。+゚゚
 
 
 春を告げる果物 「土佐文旦」 も届きました。
 爽やかな黄色の果実はお味も爽やか。 みずみずしくさっぱりした甘みと酸味が
 心も体もリフレッシュさせてくれるようです。 夫の両親が、高知出身のお友達
 つながりで送ってくれます。
 
 オレンジ色の果物は 「ポンカン」 温州みかんくらいの大きさです。
 数個 文旦と一緒に箱の中に。 こちらも香りよく優しい美味しさです。
 
    120222buntan

  

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012/02/22

楓(フウ)たち

2月半ばに「大船フラワーセンター」へ行ったときのこと。
ピンポン玉くらいのトゲトゲの実をたくさんつけた大木が何本も目に付きました。
 
「フウ」と「モミジバフウ」です。 葉っぱの形を見れば3裂と5~7裂と明らかに違う
けれど、落葉している今は葉っぱは当てにならず。 もうひとつ、モミジバフウの
若い枝にはコルク質の稜(ニシキギみたいな)ができるそうですが…見えませんヮ。
名札がないと、高い枝を見上げてもどっちがどっちのフウやら?というものも。
帰って写真を見てみたら、どうやら2種類の実が写っていました。
 
そんなではありますが、フウさんたち、ご覧くださいね。
覚えでゴチャゴチャ書いていますけれど、そんなの関係なく眺めてくださいませ~
       (cherry写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますmaple
 
 
 
         120212ofuna_y2
 
            「フウ」の大木  何メートルくらいあるのやら…
 
 
 
 
    120212ofuna_y3
 
                  鈴生りの 「フウ」の実  
              3裂の枯葉が1枚引っかかっていました
 
 
 
 
    120212ofuna_y44
 
      地面に落ちていた実   左端が「フウ」で 他の3つは「モミジバフウ」
 
 
 
 
    120212ofuna_y46
 
             ドウダンツツジの枝に引っかかっていた実
             手前が「モミジバフウで」 向こうが「フウ」
 
 
 
 
    120212ofuna_y38
 
         「モミジバフウ」の実    これは私が乗っけました  ウフ
 
 
 
 
ピンポン玉くらいの大きさでトゲトゲで、お互いよく似た両者の実ですが微妙に
違いますね。 「フウ」の実の方がトゲトゲが密で細く、「モミジバフウ」は粗い、かな。
ちょっと判断に苦しむのもありますけれど(^^;)
 
 
 「フウ(楓)」 …… 別名「タイワンフウ(台湾楓)」「サンカクバフウ(三角葉楓)」など
 「モミジバフウ(紅葉葉楓)」 …… 別名「アメリカフウ(アメリカ楓)」
             : フウ科( or マンサク科)・フウ属
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012/02/20

ネコちゃん こんにちは

動物好きな私。散歩中に犬や猫、鳥などに出会うととても嬉しくなります。
でも、ワンちゃんたちは飼い主さんに連れられてサッサッと歩きすぎていってしまい、
声をかける勇気はなかなか出ません。その点ひとり気ままに過ごすニャンコたちは
写真を撮れる可能性大なのが嬉しいです。
ほとんど野良ニャンコたちなのが、心痛むところではありますが。
 
今日は出会ったニャンコたちに集合してもらいました。
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
 
    101107sinsuikouen_cat4
 
          これはちょっと古い写真  2年前に公園にいた子
 
 
 
    110408cat1
 
           昨年4月  お隣の空き地でお昼寝していた子
 
 
 
    110908cat
 
      昨年9月  よそのお宅のエアコン室外機の上でお昼寝していた子
            お昼寝といっても写真では目を開けてますね
 
 
 
   ここからは、昨年11月下旬と12月初旬、茅ヶ崎里山公園で会った子たちです
 
    111124cigasakisatoyama17
 
 
 
    111124cigasakisatoyama18
 
 
 
    111124cigasakisatoyama19
 
 
 
    111124cigasakisatoyama21
 
 
 
    111204chigasakisatoyama42cat1
 
 
 
    111204chigasakisatoyama45cat4
 
 
 
    111204chigasakisatoyama47cat6
 
 
 
  どの子も少し離れたところから見て撮っただけですが可愛かったゎぁnote
  たくさんアップしすぎたでしょうかsweat01
 
  ただ、会えると嬉しいけれど、ほんとはさわりたい。ナデナデしたいよ~
  クックたん dog はちっとも夢に出てきてくれないし heart
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

2012/02/17

ニホンスイセン

あまたあるスイセンたち。  そんなに数知らないけれど、その中で特に好きなのが
「ニホンスイセン」・「クチベニスイセン(アクタエアと言うみたい)」・「ペーバーホワイト」・
「ガリル」・「キブサスイセン」あたりになります。
そして「ニホンスイセン」がいちばんのお馴染みさんで、愛着もいちばんです。
今シーズンは11月に最初に目にして以来(早ぃ~)、長く楽しませてもらっています。
 
道端や公園で撮りためた中からのいくつか、見てやってください。
ほんとはもっと魅力的に撮ってあげられるといいんですけれどね。
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もごらんいただけますshine
 
 
 
    111124cigasakisatoyama10_cut
 
         昨年11月に早くも咲き始めていたニホンスイセンでは
      シーズン終わりの羽の傷んだウラナミシジミが蜜を吸っていました
                  ( 2011/11/24 撮影 )
 
 
 
 
    120205nihonsuisen1
 
 
 
    120112nihonsuisen3
 
 
 
120112nihonsuisen2 120205nihonsuisen3
 
 
 
    120124nihonsuisen1
 
 
 
    120212ofuna_y15
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
 
120212ofuna_y36 120212ofuna_y39
 
          こんな子達も見つけました。なんという種類かしら?
              可愛いですね。  こういうのも好きヨ confident
 
 
 
       「ニホンスイセン(日本水仙)」:ヒガンバナ科・スイセン属
                          別名「雪中花(せっちゅうか)」
 
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012/02/15

梅は咲いたか

今年は各地で梅の開花が遅れているようです。寒い冬になりましたものね。
2月12日、県立フラワーセンター大船植物園の梅は、やっと1本の木で咲き始めた
ところでした。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
    120212ofuna_y57
 
 
 
    120212ofuna_y60
 
 
 
    120212ofuna_y61
 
                  こんな感じ (2/12 撮影)
   
            「玉牡丹(たまぼたん)」 という品種のようです
 
         淡いクリーム色の丸っこい花に赤い萼が可愛い花でした
 
 
 
 
    120212ofuna_y79
 
               展示されていた盆栽の白梅は 満開
 
               この盆栽、 梅林 の雰囲気ですね
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012/02/13

白い坂道

 
    120118hikoukigumo1_2
 
 
                  散歩途中に見上げた空
 
              いく筋ものひこうき雲が 上っていました
          空を横切るというよりも 上って行くように見えた白い筋
 
 
              ユーミンが 「ひこうき雲」という曲の中で
 
                「白い坂道が空まで続いていた」
 
              と歌ったのは  どんなひこうき雲かしら
 
       歌の中では天国へと旅立ったお友達のたどった道だったけれど
 
 
                この日の道はどこへ続いていたの
 
 
    120118hikoukigumo2_2
 
 
 
 
 120128nagakubokouen12yukari_2
 
 

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012/02/10

対比のお勉強

私もフラワーデザインを習い始めて長くなり、今教わっている中にはデザインの基と
なるような様々な課題に取り組むというものも。 自分の中に引き出しを増やしていく
ための勉強ということになるんでしょうね。これまでもいくつかご紹介させていただいて
きましたが、今日のもそんな課題のひとつです。
 
今回の課題は「2種の植物の形態や色を対比させる」というもの。
塊や集合(マス)を作って対比させたり、ミックスの中で対比させたりします。
 
用意してくださった花材は 「スイートピー」と「チューリップ」
「アオモジ」の枝を丸めて花留めにしています。
 
 
その1.
       201202021101_2
 
             2種の花を完全に分けてマスをつくりました
 
    写真が平面的に写ってしまって…単純に左右にがばっと分かれているだけに
         見えますが、実際は湾曲を生かしたり立体的に重ねたので
             もう少しスタイリッシュな出来栄えでした sweat01
 
 
 
その2.
       201202021103_2
 
       今度は花数を増やしてそれぞれ2ヶ所ずつのマスにしてみました
                これも平面的に写っていますね…
 
 
 
その3.
       201202021102_1
 
          2種の花をミックスしてふわりと放射状に広げてみました
 
 
 
 この勉強が、自分の中のどの引き出しにどんな風にしまわれたのか、
 実はいまひとつよく分かっていないのですが、きっと何らかの形でしまわれたと
 信じときましょ catface
 
 
 (ブログネタ不足の苦し紛れアップの記事です~~ スルーなさってね~ coldsweats01
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2012/02/08

息づいてるね

1月の終わりの冷たい日、沁みる風に涙目になりながら見て回った公園では、
ときを待ってそっと息づいているものたちがいくつも見つかりました。
       (bud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
 
    120128nagakubokouen11azisai
 
                とんがり帽子は アジサイの芽
      さすがに寒そうな色  かって悩まされたしもやけを思い出します
         じっと耐えて やがて初々しい緑色が覗くのはいつのこと
 
 
 
 
    120128nagakubokouen7sansyuyu
 
     ころころ 粒々 小さなまぁるがたくさん目立ったのは サンシュユの蕾
            やがて枝を黄色に染めて 春を告げるでしょう
 
 
 
 
    120128nagakubokouen15hannoki
 
           秋に実った実に 寄り添って何事か囁いているのは
                  ハンノキの雄花の蕾たち
             やがて小さなモールがたくさんゆれるでしょう
 
 
 
 
    120128nagakubokouen18ume
 
             おや この子たちはもう間もなく出てきそう
           まぁるくのぞいたピンクが可愛い  紅梅の蕾たち
        あれから10日あまり きっともう可愛い顔見せているでしょう
 
 
 
 
    120118mitumata_tubomi1

       あたたかそうな毛のコートにくるまれて待つのは ミツマタの蕾
             可愛いぼんぼり見られるのは3月ころかしら
 
 
 
 
    120128nagakubokouen13boke
 
       ほかの蕾は皆まだかたいのに ポツリと一輪 先遣のお役目 ?
 
 
 
   ひとつ またひとつと見つけるにつれて 手はかじかみ頬は冷たくても
   心の内にはほんのり温もりが広がっていくのが感じられれるひとときでした…
 
    

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012/02/06

霜化粧

昨日、出張へと旅立つ夫をまだ暗いうちに送り、自分の朝食と洗濯をすませてから
朝散歩に出てみました。 雲が増えてきて朝日を遮ったせいで、まだ霜のお化粧が
消えずに残っていましたよ。 雪化粧ならぬ霜化粧♪
ピント甘の写真ばかりになりましたが、雰囲気をお感じください。
       (cloud写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    120205asahi
 
        東の空  太陽に雲がかかって薄暗さがなかなか取れません
 
 
 
 
    120205simo_negi
 
                  薄化粧の  ネギ と 畑
 
 
 
 
    120205simo_hotokenoza2
 
               んん  これはもしやヒメオドリコソウ??
           真冬に咲くヒメオドリコソウはあまり見かけないけれど  
 
        
 
    120205simo_hotokenoza3
 
           条件次第で真冬でも花を咲かせているホトケノザも
                 さすがにこれはこたえるでしょう
 
    120205simo_hotokenoza4
 
 
                 みんな お砂糖をまぶしたよう 
 
 
 
 
    120205simo_asiato
 
          霜で白く染まった畑   ずっと続く足跡をも染めていました
 
                  畑を横切って歩いたのはだぁれ
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2012/02/03

ひと足先の春

寒さが続く今年の冬はいつもの年以上にお花が恋しくなっています。
公園で元気いっぱいに咲いていた菜の花とマーガレットの明るい色に、
ひととき春を味わってきました。
       (shine写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
    120128nagakubokouen2
 
           2m 四方の春爛漫  早咲き種の菜の花だそうです
 
    120128nagakubokouen6
 
 
 
 
    120128nagakubokouen23marguerite
 
        プランターでは マーガレット   どうしてこんなに元気なの?
 
    120128nagakubokouen21marguerite
 
 
 
 
    120128nagakubokouen9
 
          ウフフン なんだか春~ なカルガモちゃんたち heart
 
    120128nagakubokouen10
 
               つぶらな瞳が可愛いかったゎ note
 
 
 
 さぁ今日は「節分」、明日はは「立春」南下していた寒波も引っ込んでいくかな。
 春よこい はやくこい こいこいこい shinecuteshineclovershine
 
 

| | コメント (26) | トラックバック (0)

2012/02/01

よーく見ましょう

初積雪の朝を迎えた 1/24、お昼近くになってもまだまだ冷たかった空気の中
散歩に出てみました。 
       (snow写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますchick
 
 
    120124snow3
 
            川近くの畑には まだうっすら雪化粧が残り
        道端に張り付くように耐えている草たちにお花は見当たらず
 
            でも川では鳥さんたちが元気にしていました
 
 
 
    120124tyusagi
 
        コサギ はよく見かけるのだけれど…これは チュウサギ
       この場所では珍しいのですが 1枚撮ったら飛んでいっちゃった
 
 
 
 
       こちらは見かけることの多い コサギさん  漁の真っ最中です
  
    120124kosagi3
 
 
    120124kosagi4
 
 
    120124kosagi5
 
              よーく見て よーく見て よーく見て
 
          パッ! と一瞬の早業で見事に小魚をゲット!!
             でも 見ていたうちで成功はその1回きり
        魚の方だって必死ですものね  お互い厳しい世界です
 
 
 
 
    120124kogamo1
 
           またまた 見慣れない鳥発見  コガモ かな?
                向こうも気づいて私のこと凝視
     離れた堤防の上から見ているのに、立ち止まったとたん逃げ出します…
 
 
         向こう側の河原 カルガモたちのそばにも1羽いましたが
 
    120124karugamo1
 
 
    120124karugamo2
 
 
    120124karugamo3
 
         わぁ… 見てる 見てる   よーく見て よーく見て…
 
           今度はカルガモたちに凝視されてしまいました
         そばにいるコガモは監視をカルガモに任せて休息中
 
                 大丈夫 何もしないよぉ
 
          野生で生きていくのに用心深さは必然だけれど
              私としてはちょっぴり寂しいような
 
  
 
昨日も、この日と同じくらいの時間に歩いてみましたが、全然気温が違いました。
風も穏やかで陽射したっぷりの堤防の上はぽかぽか。散歩やジョギングしている
人がたくさんいました。 それとは逆に、鳥さんたちは全く見かけず写真収穫は
ゼロの散歩となりました。
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

« 2012年1月 | トップページ | 2012年3月 »