« ズーラシアで会ってきました③ - クマ編 - | トップページ | また君に - 春の lovely 野の花 - »

2012/03/21

ズーラシアで会ってきました④ - ネコ編 -

「ズーラシア」で会ってきた動物たちの その④は - ネコ編 -  最終回です。
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
 
    120219zoo23
 
                    「インドライオン」
 
          2年4ヶ月前に見たときより数が少なくなっていました
              オスは亡くなってしまったようですが…
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo75
 
                      「オセロット」
 
           南米の熱帯雨林中心に住む夜行性のネコ科さん
        暖房のついた穴の中でお休み中でした  香箱座りしてる…
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo61
 
                    「ツシマヤマネコ」
 
    長崎の対馬にだけ生息している国の天然記念物にして 絶滅危惧IA類
 
            お昼寝中~ と思ったら ↓ 目を開けました
 
    120219zoo64
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo9
 
              「スマトラトラ」 の 「ラン」ちゃん♀ 14歳
 
     とても美しいトラでほれぼれする姿    せっせと歩き回って運動中でした
             この美しい姿、もっとステキに撮りたかったです
 
                 私たちが会った3日後の 2/21
           大阪のみさき公園へお引越しして去っていきました
            種の存続のため つまり 繁殖目的ってことですね
      寂しいけれど行ってしまう前に会えて良かった… あちらでも元気でね
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 最後に、植物も豊かな園内で特に目を引かれたものを少しばかり。
 
 
    120219zoo51
 
                    「アワユキエリカ」
         「ジャノメエリカ」より小粒の花がびっしり咲いていました
 
 
 
 
    120219zoo53
 
                    「マルバグミ」の実
         10~11月頃に花が咲き 実は3~4月頃赤く熟すそうです
 
     と書かれていたのですが、「ナワシログミ」に似てますね  悩ましいな
             写真をこれ1枚しか撮ってこなかったのです
 
 
 
 
    120219zoo82
 
                    「マンサク」 ですよね
          こんなに花びらの短いマンサクは初めて見ましたけれど
 
                  でも 存在感あり綺麗でした
  
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
①~④ でご覧いただいた、2012.2.19 ズーラシアで出会った生き物たちの
シリーズは、これでお終いです。 お付き合いいただきありがとうございました。
 
早いものです。行ってからもう1ヶ月以上経ってしまいました。
 
  

|

« ズーラシアで会ってきました③ - クマ編 - | トップページ | また君に - 春の lovely 野の花 - »

コメント

猫の仲間はどの種類も同じような顔してて面白いですね。
犬のように長い顔やチンのような顔がいてもいいのに…・(笑)
マンサク、こんな短い花もあるとは驚きです。eye

投稿: ソングバード | 2012/03/21 08:02

ポージィさん
おはようございます
最近、動物園には疎遠になっておりましたが
久し振りに色んな動物に会えました
有難うございます

“マルバグミ”、私が見た寒グミと似ていますが
葉っぱの大きさが違うようですね
でも、“実”は同じですよね

マンサク素敵です!
自己主張の強いマンサクと見ました

投稿: ジジフク | 2012/03/21 09:36

おはようございます!

ギールライオンいいですね~
でもおなかがパンパン! で精悍さがないですね。笑

オセロット ちょっと色が黄色みを帯びているようですが・・・陽があたっていたのかな?
ツシマヤマネコ など野生のネコの模様は家猫の模様と似ていますが 耳の後ろが白いんですよね。

トラの毛並はつるつるピカピカでなでなでしたくなりますよね~~
とても精悍で美しいですものね。

マンサク 日本の固有種なんでしょうね。
シナマンサクが長すぎるんです~~笑

久々に動物を楽しませていただきました。
最近 動物園や 野生の哺乳類から足が遠のいているので・・・

投稿: fairy ring | 2012/03/21 09:57

おはようございます。
猫の仲間といっても、ペットにはできないものばかりですね。
オセロットは、見るのはもちろん、聞くのも初めてです。
なるほど、オセロのような模様がありますね・・・・なんて違うかな(笑)

ツシマヤマネコ・・・・さすが、野生の鋭い目線を持っていますね。
絶滅危惧種ですね。
是非、保存してやりたいものです。

スマトラトラ・・・・本当に美しい模様ですね。
大阪に引っ越ししましたか。
何しろ、タイガースの本拠ですから、歓待されることでしょう。

色んな珍しい動物を楽しませていただきました。
有難うございました。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/03/21 10:19

猫のなかまですね
この頃、のらちゃんが増えましたよね
家の方では公園に沢山います

とラも猫の一種なんですか
随分たのしんで来たようですね

今日は北風が強く外に出られません

投稿: フクちゃん | 2012/03/21 12:41

ズーラシアはネコ科の動物たちもたくさん揃っていますね。
スマトラトラはよく聞きますが、インドライオンというのは初めて知りました。
でも前にズーラシアに行っているので、きっと見たのを忘れているのでしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/03/21 14:01

◆ソングバードさん、ありがとうございます ♪

あ~ 確かに仰るとおりですね!(^^)
ネコ科は多少の違いはあっても大体丸顔系。
その点、イヌ科というかワンコたちはバラエティに富んでますね。
それだけ人間の生活のそばで様々な役目を与えられ、それに合わせた
改良が繰り返され種類が作られてきたということなのかも
しれません dog

マンサクのこれほど花びらが短いもの、ソングバードさんも
初めてですか。びっくりですね。
 
 
◆ジジフクさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

もっといる中の一部のご紹介でしたが楽しんでいただけて良かったです。

マルバグミ、ジジフクさんが撮っていらしたナワシログミ(寒グミ)と
似ていますでしょ。検索画像を見ると、マルバグミはその名のとおり
葉の形がもっと丸いイメージで、悩んでしまいました。
またいつかズーラシアへ行く機会があったら、もう一度よく見てきます。

マンサク写真、ありがとうございます♪
 
 
◆fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

ウフフ ライオンは食事したばかりだったのかも。画面の左手で、
「ライオンに餌をあげてみよう」イベントしてましたから。
それにしてもぼってりしたお腹ですが~(^^)

オセロットは、トンネルの中でハロゲンランプ?の暖房にあたりながら
寝ているところなんです。それでこんな色なんですよ。
あぁ、耳の後ろに白い斑点があるんですよね。トラの映像で見た事があります。
草むらの中でも、子供がお母さんを見分けられる目印の役にも立っていると
紹介されていました。オセロットもツシマヤマネコもトラも、それらしき
ものが写っているようにも見えます。
トラはほんと美しくて、だからこそスポーツとして競って狩られたという
悲しい歴史もあるのでしょうね。

このマンサクの短い花びら、fairy ringさんには想定内でしたか。
固有種のマンサク…なるほど。シナマンサクが長すぎなのですね(笑)

いえいえ、こちらこそありがとうございました。
 
 
◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんにちは。

日本ではペットにできないものばかりですね。
でもアメリカではオセロットはペットとして飼うこともできるそうですよ。
人に懐きやすいのだそうです。
そのオセロットは、ナワトル語の ocelotl からきているそうで、
ocelotl は、野生のトラ、ジャガー、ジャガーの戦士、といった意味の
言葉だそうです(トラともジャガーとも全然違いますが…)。

動物園で飼育されているものは、その目的から絶滅が危惧されるものも
多いですね。今日のネコ科の動物たちもみんなそうです。
もちろん日本の固有種ツシマヤマネコも。ツシマヤマネコも
スマトラトラのランちゃんも、次世代に繋いでいけるといいのですが。
アハ そっか、そうですね。タイガースファンがたくさんいる大阪へ行った
ランちゃん、この美しさですし人気者間違いなしですね!
お引越しして1ヶ月。もう慣れたかなぁ…

たくさんご覧いただきありがとうございました(^^)
 
 
◆フクちゃん、ありがとうございます ♪

ネコ科の動物が好きなので、シリーズの最後にもってきました。
こうした猛獣だけでなく、猫ちゃんたちも大好きですよ~
野良ニャンたちが増えるのは心が痛いですけれど。
お近くの公園にもたくさんいるのですね。
はい、トラもネコの仲間なんですよ。有名どころではトラ、ライオン、
ヒョウ、チータ、みんなネコ科です。
 
今日は北風が強いですね。予報では、明日は穏やかになるとか。
その明日は私も散歩したいと思っています。
 
 
◆横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪

そうですね。ネコ科の動物好きとしては、何種類かいて嬉しいです。
写真は撮れませんでしたが、ウンピョウもいましたよ。アムールヒョウもいるのかな?
以前いたアムールトラは亡くなってしまったそうです。
インドライオンというのは聞きなれないですね。よくTVでも紹介される
アフリカのライオンとは別種で絶滅が危惧されているようです。
両方の種類を並べて見比べてみないと、私たちには違いがよく分かりませんね。
 

投稿: ポージィ | 2012/03/21 15:56

そこに行けばいろいろ珍しいものにも出会えるのが
動物園ですね。
これだけ見るには相当旅行をしなくちゃならないもの。
自然のものだと見られるとは限らないし・・・。
山猫はどこか違いますね。
なんとか数を増やしていって欲しいものです。
うちのヤマネコじゃないノラにゃんが戻って来てくれたの。
二匹になると非常に困るので、新しいやつがどこか旅をしてくれるといいんだけどsmile

投稿: 池田姫 | 2012/03/21 17:50

ポージィさんこんばんは!一瞬「え?猫もいるの??」と間抜けなことを思ってしまいました(汗)。猫の仲間、たくさんいますね、そういえば(笑)。なるほど~^^ スマトラトラのランちゃんカッコイイ!見てみたいッと思いましたが、よそに行ってしまったのですね~。残念。動物園の中にもお花がたくさん咲いているのですね♪

投稿: Sanae | 2012/03/21 19:33

◆池田姫さん、ありがとうございます ♪

動物園の目的のひとつが、動物を見て理解や親しみをもってもらうこと。
直接自分の目で見るとTVの映像で見ていたときよりさらに感動もしますね。
そして親しみ関心を持った希少な動物たちが続いていくことを願い…(^^)
ヤマネコはやっぱり普通の猫とは違いますね。
でも、普通の猫も生粋のノラニャンともなるとかなり顔つきが厳しいですね。
あ、姫さまが可愛がっていらっしゃったノラニャンが戻ってきましたか。
元気な姿を見られてよかったですねぇ。
新入りの子と仲良くできるならいいですけど…おやつも倍になりますねsmile
 
 
◆Sanaeさん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
ネコ科さんたちですよ~(^^) でも、大きくて獰猛でも、ネコそのものの
仕草をすることもあって可愛いです。ネコも飼ったことありますし、
ネコ科動物たち大好きです。
ランちゃん、綺麗でステキでしょう?さよならは惜しかったですが、
大阪でも人気者になって、赤ちゃんも授かるといいなと思います。
ズーラシアは園内の植物も豊富で楽しめますよ。
動物を見るのに一生懸命で時間が足りなくなるのと、植物にカメラを
向けているとけげんな顔をされるのがちょっと…ですが。
 

投稿: ポージィ | 2012/03/21 20:05

あんなに大きい猛獣でも香箱座りするのですね。
かわいいです。

スマトラトラの模様が綺麗ですね。
今、絶滅危惧種は動物園どうしで繁殖させていますね。
増えるといいですね。

投稿: ロッキーママ | 2012/03/21 21:06

ネコ科といったら、ライオンやトラですね。
昔秀吉が攻めた頃の朝鮮にいたのでしょう?
このトラちゃんの堂々とした姿がいいですね。
ヒマラヤやブータンの幻のトラを研究している人たちがいる、その活動を観てますますトラファンになりました。
インドライオンもオセロットもツシマヤマネコもまだ見たことがないです。ズーラシアにはなかなか行かれません。
マルバグミの実は美味しいのでしょうか。

投稿: tona | 2012/03/21 21:17

◆ロッキーママさん、ありがとうございます ♪

体が大きい猛獣のイメージ強い姿でも、家猫と同じような
仕草をするのが面白くも可愛くもありますね。
このオセロットは暖房にあたりながら香箱座りでまどろんでいて、
ますます猫っぽかったです。

スマトラトラ、綺麗ですよね。
ほんと、仰るとおりです。人間のせいで数を減らしてしまった動物たちですが、
瀬戸際の努力で何とか数が増えていくと良いですね。
そして故郷の自然環境も守られますように。
 
 
◆tonaさん、ありがとうございます ♪

そうですね、ネコ科といって真っ先に思いつくのはライオンやトラですね。
チータやヒョウなども。
かって朝鮮半島にもいたトラというとアムールトラでしょうね。
以前行ったときはズーラシアにもいましたが(具合悪いと書かれていました)、
その後亡くなってしまいました。アムールトラもまた絶滅危惧種です。
BBC地球伝説「ヒマラヤ・野生のトラ ~最後の聖戦に挑む~」を
ご覧になったのでしょうか?検索したらヒットしました。
わが家は地上波放送のみで見られないのですが、こういうのは
見てみたい番組です。
希少な動物たち、現地で守られることはもちろん、動物園でも数を
増やしていけると良いですね。

マルバグミ、ナワシログミの実、どちらも甘く食べられるようですよ。
美味しいと思える甘さなのか、どうでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2012/03/22 07:59

ズーラシア動物園は有名で行ってみたいところなのですが、チャンスがありません、
相当広範囲で自然豊かななかで幸せそうに見えますね。
トラはじめネコ科は美しさも加わり動きも敏捷さなど大好きです。
オセロットなど名前は聞いていても見るのは初めてかも、カッコいいですね
シロクマ君などその他一瞬の動きの描写も面白く拝見しました。
たまにあまり見たことのない動物に逢いに行くのも楽しいことですね。

投稿: 玲 | 2012/03/22 11:26

(^-^*)(・・*)(^-^*)(・・*)ネコ科だけに。。。
みんな、、シュっと俊敏そうなお姿ですねぇヽ(*´∀`)ノ
(;^ω^)そうそう。。。二男Takuが赤ちゃんの時に。。トラに。。。おしっこ飛ばされた(-_-;)切ない過去が。。。。かなりの香り(~_~;)でしたよ。。。
貴重な『ツシマヤマネコ』さん。。。はじめて拝見しました♪
お花や木々も、、広大な敷地に、、寒い中でも、、素敵に咲いていたのですねぇ♪

投稿: うさぎ | 2012/03/22 14:08

◆玲さん、ありがとうございます ♪

横浜駅からさらに乗り換えなど、そちらからではあまりに遠いですよね。
私の場合、家から割合近いので時折り行ってみたくなります。
確かにズーラシアの動物たちは屋外の場が結構広く取ってあって
動物たちにはいいことですね。
姿は大きく顔つきは厳しくとも、やはりネコ科の動物たちは猫らしい仕草に
しなやかな体つきが魅力いっぱいですね。
動物たちがそのつど違う表情を見せてくれるのも楽しいですね。
ちょっと遠いですが、いつか機会があったら多摩の方の動物園にも
行ってみたいなぁと思っています(^^)

投稿: ポージィ | 2012/03/22 15:31

◆うさぎさん、ありがとうございます ♪

大きくてもやっぱりネコ科はネコっぽいですね~(^。^)
仰るようにシュッと俊敏でしなやかそうな体つき。ネコ科の動物たち
大好きなんです。
えっ ええっ!? Taku君かけられちゃったんですか。
あちゃー それは切ない(^^;) 普通の家ネコでも結構な香り。
それがあの大きなトラの、となったら、それはさぞかし……
ある意味忘れられない思い出ですね。

どれもみな絶滅のおそれのある動物ばかり、そう思うと楽しく見ながらも
守っていかないと、と強く思いましたよ~(^^)
 

投稿: ポージィ | 2012/03/22 16:23

ポージィさん、こんにちは。
考えてみれば、たしかにどれも猫の仲間ですね。
私が一番印象を受けたのは、ツシマヤマネコです。どの動物もそうですが、本来野性の地で暮らしたいですよね。それを、このように檻に閉じ込めて、ちょっと可哀想だな。
中国がパンダを人工的に増やして、森に返していますね。それと同じように、ヤマネコもできないことはないでしょうに。

投稿: polo181 | 2012/03/22 17:11

◆polo181さん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
はい、この記事にアップしたのはみんなネコの仲間です。
そしてどれもみな絶滅の危機にある動物たちです。
自然の中の野生の状態でちゃんと種を存続させていければそれに
こしたことはありませんが、それが危うくなってしまった現在、
動物園で飼育する目的のひとつにこの種の存続がありますね。
ツシマヤマネコもなんです。公開されている個体は色々な理由から
繁殖に関わらせられない子だそうで、その他は人馴れしないように
非公開で飼育されているそうですヨ。繁殖成功し数が増えてきたら、
いずれ森へ返すこともされるようになるんじゃないでしょうか。
原則では、保護された個体は回復後同じ場所で放されているそうです。
でも、交通事故で命を断たれる子も多いんだそうです。

投稿: ポージィ | 2012/03/22 17:35

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/54097656

この記事へのトラックバック一覧です: ズーラシアで会ってきました④ - ネコ編 -:

« ズーラシアで会ってきました③ - クマ編 - | トップページ | また君に - 春の lovely 野の花 - »