« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »

2012/03/30

ホトケノザ - 春の lovely 野の花 -

春はたくさんのステキな花が咲きますが、足元でも可憐に小さな野の花が咲く
季節でもありますね。 先日アップした「オオイヌノフグリ」もそのひとつ。
他にも定番の可愛い花たちがいくつも。 今年は気分新たにそうした花たちを
撮ってみました。 少しですが順にアップさせていただこうと思います。
 
今日は「ホトケノザ」です。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 
 
    120316hotokenoza2
 
 
                      のびやかに
 
 
    120322hotokenoza1
 
 
 
 
    120322hotokenoza2
 
 
               ららら らーららーららららー ♪♪♪
 
 
    120322hotokenoza3
 
 
 
 
    120322hotokenoza4
 
 
    見るたびに、賑やかにお喋りしているようにも、歌っているようにも見えます。
                   みんな 楽しそう!!
 
 
 
 
         120322hotokenoza6
 
 
 
 
 ホトケノザの花がいちばんたくさん咲く季節は、なんといっても春ですが、
 実は秋にも咲いているのをよく見かけますし、真冬でも日当たり良く北風のあまり
 当たらないような場所で咲いています。 気温が高く暑い間は見かけないかな。
 秋に咲いたものは花色が薄く葉も柔らかそうで、少し儚げに見えます。
 個人的には、そんな雰囲気のホトケノザの方がより可愛く思えます
 
 
 「ホトケノザ(仏の座)」:シソ科・オドリコソウ属 別名「サンガイグサ(三階草)」
               春の七草の中のホトケノザは「コオニタビラコ」のことです。
 
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012/03/28

ことしの 梅 花見

遅れて開花した今年の梅の花たち。ご近所のお庭のものなど、道を歩きながらの
観梅はしていましたが、2月中旬に大船植物園で今日咲き始めましたという一輪を
撮って以後、カメラを向けることなく… その間、他のブロガーさん達の芸術的な
梅花写真をたくさん見せていただいて うっとり lovely
3月の下旬に入り、自分もやっと少し撮ってきたのでアップさせていただきます。
ちょっと気後れするなぁ…ステキ写真を拝見しすぎたかしら。
でも、モデルになってくれた花たちはとても 可愛く美しくステキに 咲いていました happy01
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    120325fureai_ume1
 
                   隣市の公園内の梅畑
 
 
 
         120325fureai_ume4
 
 
 
    120325fureai_ume3
 
 
 
    120325fureai_ume6
 
 
 
    120325fureai_ume7
 
            みんな可愛い花顔を見せてまさに花盛りでした
                  ( 以上 3/25 撮影 )
 
 
 
 
         120316sidareume3
 
         近くの畑の 枝垂れ梅   毎年楽しみにしているのです
      撮影10日後の27日には花色がだいぶ薄くなり 散り始めていました
                     ( 3/16 撮影 )
 
  ちなみに この枝垂れ梅の花は、昨年以前はほぼ毎年2月中旬に撮っていました
             今年は1ヶ月遅れだったということですね
 
 
 

| | コメント (15) | トラックバック (0)

2012/03/26

合同作品展 - 後編 -

今日はもうひとつ記事をアップしさせていただきます。 長くてごめんなさいsweat01
 
前記事に続き、3月中旬にカルチャーサロン JUMPで開かれた合同作品展に
展示したフラワーアレンジメント作品のご紹介 - 後編 - 。
- 前編 - でご紹介したのと入れ替わったお花たちです。
 
合同作品展の会期はもう終わりましたが、記事で楽しんでいただければ幸いです。
 
       (cherryblossom写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtulip
 
 
 
    201203161
 
 
 
          201203143
 
                      たなびく桜雲
 
 
 
20120316w    20120316t
 
       漆喰紙の器に咲く 1             漆喰紙の器に咲く 2
 
 
 
 20120316t_2    20120314box_gift3
 
漆喰紙の器に咲く 3 (ポージィ作)       箱のフラワーギフト (ポージィ作)
 
 
20120316g2    20120315s
 
       漆喰紙の器に咲く 4            日溜りに咲く春の小花たち
                           (「くらしのお花 アレンジメント」 講師)
 
 
 
              20120314snake_ball1
 
               アリアム・スネークボール (ポージィ作)
 
 
 
 
前編同様、作品タイトルはブログ記事用に私が勝手に。 あしからず…coldsweats01
「アリアム・スネークボール」と「日溜りに咲く春の小花たち」は、会場に置く前に
別の場所で撮影したものです。(会場でうまく撮れませんでした) 
 
「漆喰紙の器に咲く 1~4」 は、漆喰紙という厚手の紙を使って各自作った器に
水受けを入れて花を活けてあります。 それぞれの器に合わせた花材を先生が
ご用意くださいました。
 
 
マミフラワーらしく造形要素もたくさん入った作品たちになりましたが、もちろん
造形なしのデザインも楽しめますよ。
もしお近くの方がいらしゃいましたら、仲間に入られませんか~? happy01 heart
 
- 前編 - 記事も見てね。
  

| | コメント (25) | トラックバック (0)

合同作品展 - 前編 -

学んでいる花の教室が場所をお借りしているカルチャーサロン JUMPで、各講座の
合同作品展が3月半ばに開かれました。 各講座とも作品数は多くありませんが、
それぞれ皆さんが一生懸命作った作品が並びました。
 
わがマミフラワーデザインは生花なので途中で作品を入れ替えながらの展示となり
ました。 
展示作品を前編・後編として、一気にドカンとご紹介させていただこうと思います。 
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtulip
 
 
 
    201203131
 
                   マミフラワーのコーナー
 
 
 
201203132 201203133
 
       左手で抱え持つブーケ              花で描いた花束
  
 
 
201203134 201203135
 
     卵(の形の器)から咲いた花            春のフラワーガーデン
 
 
 
201203136 201203138
 
     木に生ったイースターエッグ          小さなプリザーブドの花飾り
 
 
     それぞれの名前(?)は記事にするにあたって私が勝手につけました。
 
   前編の作品の中で私が作ったのは、木に生っている卵の中のひとつですnote
ワイヤメッシュのベースに漆喰紙を貼ってて作った卵に小さな花束が入っています
 
 
 
      他の作品が飾られた様子も簡単にご紹介させていただきましょう。
               (この写真は大きくなりません)
 
201203139_2 2012031310_2
 
2012031311_2 2012031312
  
 
 
  続いて後編まいりま~す。 長くなってすみません。
  (この記事のコメント欄は閉じさせていただいています)
 

| | トラックバック (0)

2012/03/23

また君に - 春の lovely 野の花 -

2月の終わり頃から可愛いブルーが目立つようになってきました。
「オオイヌノフグリ」 今年最初の花を見たのは、なんと1月半ば。他より日当たりが
良さそうな場所で、とはいえ、とても寒そうに風に震えて咲いていました。
可愛いブルーの花、たっぷり見てやってくださいね。
       (spade写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
    120118ooinunofuguri1
 
                     ( 1/18 撮影 )
 
 
 
 
    120227ooinunofuguri6
 
 
 
    120227ooinunofuguri9
 
 
 
    120227ooinunofuguri1
 
 
 
    120227ooinunofuguri10
 
 
 
    120227ooinunofuguri7
 
                    ( 2/27 撮影 5枚)
 
    2月末に撮ったオオイヌノフグリたちは、繰り返しさらされた厳しい寒さに
        色を無くしてしまったような葉がたくさん見られましたが
   1ヶ月近くが経った3月下旬 葉もすっかり元気な姿に戻り 咲き輝いています。
 
 
 
 可愛いですよね。大好きな花のひとつで、毎年会えるのを楽しみにしています。
 
    ♪ また君に恋してる  いままでよりも深く
    ♪ まだ君を好きになれる  心から
 
                                   そう そんな感じで。
 
 
 
       「オオイヌノフグリ」:ゴマノハグサ科・クワガタソウ属
                   ヨーロッパ原産の帰化植物
                   別名「星の瞳」、「瑠璃唐草」、「天人唐草」
 
                   「星の瞳」がいいなぁ。
 
 
 春の可愛い野の小花、ほかにもいくつかご紹介していこうと思っています。
 
 

| | コメント (25) | トラックバック (0)

2012/03/21

ズーラシアで会ってきました④ - ネコ編 -

「ズーラシア」で会ってきた動物たちの その④は - ネコ編 -  最終回です。
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますleo
 
 
 
    120219zoo23
 
                    「インドライオン」
 
          2年4ヶ月前に見たときより数が少なくなっていました
              オスは亡くなってしまったようですが…
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo75
 
                      「オセロット」
 
           南米の熱帯雨林中心に住む夜行性のネコ科さん
        暖房のついた穴の中でお休み中でした  香箱座りしてる…
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo61
 
                    「ツシマヤマネコ」
 
    長崎の対馬にだけ生息している国の天然記念物にして 絶滅危惧IA類
 
            お昼寝中~ と思ったら ↓ 目を開けました
 
    120219zoo64
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo9
 
              「スマトラトラ」 の 「ラン」ちゃん♀ 14歳
 
     とても美しいトラでほれぼれする姿    せっせと歩き回って運動中でした
             この美しい姿、もっとステキに撮りたかったです
 
                 私たちが会った3日後の 2/21
           大阪のみさき公園へお引越しして去っていきました
            種の存続のため つまり 繁殖目的ってことですね
      寂しいけれど行ってしまう前に会えて良かった… あちらでも元気でね
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 最後に、植物も豊かな園内で特に目を引かれたものを少しばかり。
 
 
    120219zoo51
 
                    「アワユキエリカ」
         「ジャノメエリカ」より小粒の花がびっしり咲いていました
 
 
 
 
    120219zoo53
 
                    「マルバグミ」の実
         10~11月頃に花が咲き 実は3~4月頃赤く熟すそうです
 
     と書かれていたのですが、「ナワシログミ」に似てますね  悩ましいな
             写真をこれ1枚しか撮ってこなかったのです
 
 
 
 
    120219zoo82
 
                    「マンサク」 ですよね
          こんなに花びらの短いマンサクは初めて見ましたけれど
 
                  でも 存在感あり綺麗でした
  
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
①~④ でご覧いただいた、2012.2.19 ズーラシアで出会った生き物たちの
シリーズは、これでお終いです。 お付き合いいただきありがとうございました。
 
早いものです。行ってからもう1ヶ月以上経ってしまいました。
 
  

| | コメント (19) | トラックバック (0)

2012/03/19

ズーラシアで会ってきました③ - クマ編 -

小休止しました動物園記事、続きをアップさせていただきますね(^^)
 
「ズーラシア」で会ってきた動物たちの その③は - クマの仲間編 - です。
といっても3種類だけですがー (^^;)
       (dog写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    120219zoo30
 
             ぬいぐるみみたいな 「レッサーパンダ」
 
       可愛いですね♪ 姿がちょっと似た「アライグマ」も前足を使って
            食べ物を洗いますが、「つかむ」ことはできず
             両前足で「挟む」ようにして持つそうです。
      対してレッサーパンダは「つかむ」ことができるのだそうですよ。
   それは「パンダ」もいっしょ。第6の指、第7の指と言われる骨の突起があることで
       つかむことができます。 竹を食べるために発達したのでしょうね。
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo67
 
          「ニホンツキノワグマ」 木の枝に夢中になってました
     ちなみに ツキノワグマやホッキョクグマは つかむ ことはできません 
 
         動物園で飼育されているクマさんは冬眠しないようですね
 
    120219zoo72
 
           どっかと座り込んで  こんな姿は可愛いですねぇ
                 爪はとっても鋭いですけれど
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo45
 
               「ホッキョクグマ」 ♂  ジャンブイ君 
 
              この日は落ち着きが無かったですねー  
  のしのし歩いて立ち止まっては頭を左右にフリフリフリフリ を繰り返していました
 
 
    120219zoo46
 
    後で知ったのですが、実は結婚が成就したばかりの時期だったようです
 
 
    120219zoo49
 
      左であくびしてるのは 愛媛県のとべ動物園からお嫁入りしてきた
      バリーバちゃん  人工保育で育ったピースのお母さんだそうです
 
      ジャンブイ君 と バリーバちゃんは恋に落ち 2月半ばに結婚成就
      その後 繁殖の時期が終わってお互いに近づくのを拒否することが
        多くなったため、同居展示は2月いっぱいで終了したようです。
               赤ちゃんが生まれるといいですね♪
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
 - クマの仲間編 - は以上です。 次は 最終回 - ネコの仲間編 - です。
 植物にも少しだけ登場してもらいますよ~。
 
 

| | コメント (14) | トラックバック (0)

2012/03/16

アオモジ咲いた

ズーラシアで出会った動物たちご紹介のシリーズの途中ですが、③の前に小休止。
今日は「アオモジ」の花をアップさせていただきました。初めて見て感動しましたので。
写真はいまひとつになってしまいましたが、見てやってください。
 
 
2月はじめの花のレッスンで、くるくる丸めて器に入れ、花留めにした「アオモジ」。
その後、花留めのお役目から開放されたのを水に挿しておいたらコロコロたくさん
ついていた蕾が花を咲かせました。 
外で見かけたことのない「アオモジ」。 初めて花を見ました。
可愛くてフワフワと優しい印象の素適な花でしたよ。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますshine
 
 
 
         201202021101_4
 
              コロコロした粒が蕾です  直径5mmくらい
        枝を折るとどこかレモンに似たような爽やかな香りがしました
 
 
 
 
    120226aozi8
 
 
 
    120226aozi9
 
 
 
    120226aozi7
 
 
 
    120226aozi3
 
 
 
    120226aozi1
 
 
 
    120226aozi6
 
 
 
 
花の構造がどうにもよく見えないのですが、どうやらひとつの蕾を包んでいるのは
苞葉(4枚のと5枚のがありました)で、その中からは5つ~6つの花が咲くようです。
雌雄異株だそうですが… これは雄花かなぁ??
 
切られてから時間が経っているせいか、花はとくに香りませんでしたが、自然界で
咲いたのはどうなのでしょう。
見ていて優しい気持ちになれる花ですね。春の山で咲く姿を見てみたいです。
 
 
 「アオモジ(青文字)」:クスノキ科・ハマビワ属(?)
               岡山県、山口県、九州、沖縄、南西諸島、それに台湾に
               分布。 暖地 の林内に生え、高さは5~7m。
               2月から3月ごろ、葉の展開に先立って開花。
 
 
だそうです。 西日本や南の方を中心に咲く、春を告げる花木なのですねぇ。
自生地はだんだん東へ広がり、近年では大阪や奈良でも見られる、という記述も
見かけました。 …なるほど、神奈川では山へ探しに行っても見つけられないという
ことになるようです。植物園などに植えられているものはあるのかもしれませんが。
 
花材の枝物として市場に出て、わが家へとやってきた「アオモジ」は、どこから旅して
来たものだったのでしょう…confident heart04
 
 
  【追記】
   fairy ringさんのコメントを拝見して、昨年アップした「ゲッケイジュ」の雄花が
   似ていたことを、思い出しました。
   → こちらの記事 のいちばん上の写真がそれです。
 
   たぶん剪定時期が悪かったのでしょう。今年は咲きそうにありません。
 
 
 
来週、ズーラシアの続き③と④をアップさせていただきますね(^^)
 
 

| | コメント (24) | トラックバック (0)

2012/03/14

ズーラシアで会ってきました② - トリ編 -

今日は「ズーラシア」で会ってきた動物たちの その② - トリ編 - です。
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますpenguin
 
 
 
    120219zoo34
 
                   「アカツクシガモ」 ♂
 
       バードケージという人も中を歩ける大きなケージの中にいました
      ぴったり寄り添ってお昼寝中  立ち止まったら目だけ開けてジーッ
 
         滑らかなグラデーションの綺麗な羽色 に ‘くりくりの目’ 
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo39
 
                   「オシドリ」 ♂ ♀
 
               こちらもバードケージの中の子達
       カップルが3組くらいいたかな  みんなお昼寝中だったのに
           立ち止まったら一斉に起き 伸び上がって注視
               すみません おじゃましました~
 
               見事な羽模様と ‘くりくりの目’
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo41
 
 
    120219zoo42
 
                  「フンボルトペンギン」
 
         すぐ隣で見ていた小学校高学年くらいの女の子が
  「見て見て! みんな寝てる~!」「あ あの子 お尻にくっついて寝てる~!」
      「ほらほら あれあれ!」 と嬉しそうに大興奮していましたよ happy01
 
 
    120219zoo43
 
            おや?  後ろの方には 「アオサギ」 が…
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
    120219zoo44
 
           悠然と羽繕いしてましたけど 居候さんかしら?
 
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
 
 - トリ編 - は以上です。他にもまだまだいたんですけど、トリ難いので見るだけに
 しておきました。 みんな可愛かったですよ~♪        smile
 
 
 
 clover 今日はちょっと忙しくしますので、コメント欄閉じさせていただき
 clover ご訪問もお休みさせていただいています。
 
     
 追記  あれぇ~!? コメント欄閉じるつもりだったのに閉じ忘れていましたsweat01
      ご訪問お休みのみに変更いたします… catface   16:17記
 
 

| | コメント (16) | トラックバック (0)

2012/03/12

ズーラシアで会ってきました① - あれこれ編 -

2月19日「よこはま動物園 ズーラシア」へ行ってきました。
昨年の1月3日の「横浜市 金沢動物園」に続いて「冬の動物園散策」。
ズーラシアへは、2009年の10月以来、2年4ヶ月ぶりでした。
一昨年のような気がしていましたが、一昨々年だったんだとちょっとびっくりです。
 
いつもの動物園記どおり、単なる羅列になってしまいますが、会ってきた動物を
いくつかご紹介させていただきますね。  ①~④の 4回シリーズです。
 
今回は ① - あれこれ編 - です。 (いきなり あれこれ ってオイオイ… ^^;)
 
       (horse写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtaurus
 
 
 
    120219zoo6
 
          ひなたぼっこで気持ち良さそうな 「オランウータン」
             日本の冬は故郷よりずっと寒いでしょうね
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
    120219zoo66
 
                「ホンドタヌキ」 もお昼寝タイム
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
    120219zoo25
 
        「ゴールデンターキン」  毛並みが金白色に輝いています
        まどろみながら反芻している顔がニヤッと笑っているみたい
 
          中国ではジャイアントパンダと並んで、国家第一級の
               保護動物に指定されているそうです
  
             2月24日に 赤ちゃんが生まれたそうですヨ
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
    120219zoo78
 
            昨年5月に「とくしま動物園」からやってきた 
             1歳3ヶ月の 「カピバラ」 の 「絆くん」
 
  飼育員さんがおやつを持って現れたら キュルキュルと甘え声で鳴いていました
 
    120219zoo79
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
    120219zoo59
 
     国内で1頭きりの 「モウコノロバ(蒙古野驢馬)」 の 「ミンミンくん」
 
          飼育員さんが「ミンミーン」と呼ぶと近づいてきて…
               頭を振り上げひょうきんなお顔
 
    120219zoo57
 
       ひとしきり愛敬ふりまいて 向こうへ遠ざかっていきました
 
    120219zoo60
 
 …………………………………………………………………………………………
 
 
動物園のHP内の、プレスリリースを見ると、飼育されている動物たちは急死したり
繁殖のために他の動物園へ行ったり入ってきたり、結構入れ替わりが多いことに
気づきます。
 
 

| | コメント (18) | トラックバック (0)

2012/03/09

温室に咲く花

先だって2月半ばに行った大船植物園のお話、お終い(やっと)は温室です。
外の寒さから守られた暖かく湿った空気の中、綺麗に咲いている花がいくつも
ありましたが、ほんのかいつまんで目に留まったものを。
       (mist写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますcute
 
 
 
         120212ofuna_y64
 
             フウリンブッソウゲ(ハイビスカスの一種)
 
              こんなのもあるのね   ほっそり 繊細
 
 
 
 
    120212ofuna_y66
 
                    ハイビスカス・アマン
 
              これが 代表的なハイビスカスだそうです
 
 
 
         120212ofuna_y69
 
        ヒスイカズラ (花姿は→こちらを見せていただいてください)
 
       初めてここへ行ったとき、偶然ちょうど咲いているのを見ましたが
         2/12 はまだ小さな蕾でした  今はもう咲いているようです
             ヒスイ色したちっちゃなバナナのような花です
 
 
 
 
    120212ofuna_y70
 
                  熱帯性睡蓮の つぼみ
 
          じっと見つめていたら咲いていく動きが見えるかも
 
 
 
    120212ofuna_y77
 
                熱帯性睡蓮池の温室の 天井
 
 
 
    120212ofuna_y75
 
                      寄り添って
 
 
 
    120212ofuna_y73
 
         ここの睡蓮池には小さな美しい魚もたくさん泳いでいます
              最初に行ったときにはトンボもいましたよ
 
            想像の翼を広げて パラダイスに遊ぶひととき
 
 
 
          しばし冬を忘れた後 再び冬の中へ足を踏み出しました
 
 
 
 今日はまたまた冷たい雨。真冬並みの気温にしかならないそうです。
 三寒四温といいますが、暖かな日と寒い日との気温の触れ幅が大きいですね。
 皆さま体調にはお気をつけください。
 
 
 
 明後日は、東日本大震災発生から1年の日。原発事故の影響が大きいこともあって
 当初思ったよりも復興は進まず、問題はあまりに多い、という状況での1年です。
 離れた地にいても決して他人事ではなく、せめて想いを向けていたいと思います。
 
 

| | コメント (22) | トラックバック (0)

2012/03/07

なぁ~ん

  2月12日に行った「フラワーセンター大船植物園」での出会いcat
  なごみのひとときをありがとう、ニャン君。
 
  大船植物園の記事、まだあるんです。今日のこれと、もうひとつ…(^。^;)
       (cat写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますheart
 
 
 
    120212ofuna_y40
 
              日向ぼっこでお昼寝中の猫ちゃん発見
 
 
 
 
    120212ofuna_y47
 
                    こんな感じのところ
 
 
 
    120212ofuna_y48_kao
 
           おもむろにむっくり起き上がったと思ったらと夫の方へ
 
                  「なぁ~ん」 スリスリスリ~
 
       にゃぁ~ん よりもう少し甘えた感じに なぁ~ん って声でしたヨ
 
 
 
    120212ofuna_y56_kao
 
 
 
    120212ofuna_y51_sirusi
 
             ゴロ~ン   足先でつながっているのね (^^)
 
 
 
    120212ofuna_y53
 
 
 
 
  伯母の家のニャンコ君にもしきりにスリスリされていた夫。 
  彼は猫との暮らしの経験はないけれど、もしかして猫好きのする顔してる? happy01
 

| | コメント (20) | トラックバック (0)

2012/03/05

チューリップ一輪

こちらでは、昨日今日「春は名のみの」という言葉がぴったりの冬の寒さです。
加えて今日は一日rainrainの予報。 また冷たーい一日となりそうです。
 
 
少しばかり感じた春の兆しはまぼろしだったかのよう…
そんな、この時期ならではの儚い春のようなチューリップをご覧ください。 
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
 
ほっそりとした葉に ほっそりとしなう茎
 
             その先に 儚げに咲いた花一輪 チューリップ
 
 
 120203tulip2
 
  明るくなったら開いて 暗くなったら閉じて
 
 
 
          120203tulip4
 
           あたたかくなったら開いて 寒くなったら閉じて
 
 
 
                 120203tulip5
 
                  ときに大胆に ときにひそやかに
 
 
 
      120205tulip1
 
 
 
 
           120207tulip2
 
 
 
 
 

 可愛いから、と一輪分けてくださったチューリップは、とても繊細ですてきな
 花でした。 直径5ミリくらいしかない細くて長い茎に、葉の幅も5ミリくらい。
 花びらは透けそうな薄さに柔らか色。 
 手を差し伸べたくなるような儚げな風情ながら しっかりと息づいていました。
 窓辺の姿に日々力をもらったのは 私の方。
 
        (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますtulip
 

| | コメント (29) | トラックバック (0)

2012/03/02

なごりの雪

2月最後の日29日に、神奈川東部ののわが町でも珍しい雪景色となりました。
これだけ積もったのは何年ぶりかでした。 寒気の流れ込みがあるとき太平洋上を
低気圧が通過すると、南関東でもこんなふうに雪になることが多いようです。
過去には4月に入ってから降ったこともあったと記憶しています。 
 
辞書を引くと
 
   「名残(なごり)の雪」=春になってから冬の名残に降る雪。
                 涅槃雪(ねはんゆき)。雪の果て。忘れ雪。
 
          「忘れ雪」=その冬の最後に降る雪。雪の果て。
 
         「雪の果て」=その冬の最後に降る雪。近世には、
                  2月15日の涅槃会(ねはんえ)の前後とする。
                  雪の名残。雪の別れ。
 
こんな言葉がでてきました。 いろいろと表現されてきたのですね。
 
 
家の周りの雪景色をいくつか切り取ってみました。
雪は景色をモノトーンに変えるけれど、モノトーンに加工したものも一部あります。
      snow(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsnow
 
 
 
    120229snow19
 
 
 
 
         120229snow8
 
 
 
 
    120229snow3
 
 
 
 
         120229snow10
 
 
 
 
    120229snow17
 
 
 
 
         120229snow22
 
 
 
 
    120229snow25_grey
 
 
 
 
    120229snow26_grey
 
 
 
 
    120229snow27
 
 
 
 
わが家の家の周囲はピーク時で積雪8~9cmといったところだったでしょうか。
湿った重い雪は、午後2時過ぎ弱い雨に変わってからかなり融けましたが、
思ったほどには融け切らず、今朝までまだほんの少し残っていました。
 
うちの辺りではめったにない光景ということで、たくさんアップしてしまいました。 
ご覧いただきありがとうございました。
 
 

| | コメント (23) | トラックバック (0)

« 2012年2月 | トップページ | 2012年4月 »