« 会津若松 プチ旅 - 飯盛山編 - | トップページ | オランダミミナグサ - 春の lovely 野の花 - »

2012/05/14

会津若松 プチ旅 - 鶴ヶ城編 -

 
会津若松 プチ旅 の続きです。
       (shoe写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますrvcar
 
 
リッチなスイートルームでの夜は暑くて眠れず、思い切り寝不足で朝を迎えました。
エアコン入れて寝ればよかった… think  でも気持ちは元気 happy01  
朝食は和食のお部屋食にせず、大宴会場でのバイキングでいただきました
(長年朝はパン食 bread cafe なので)が、こちらも和食が中心でした。
 
チェックアウト後、プチ旅2日目は、宿近くの「会津武家屋敷」見学からスタートです。
 
 
120501_3bukeyasiki1 120501_4bukeyasiki2 120501_5bukeyasiki3
 
  ここでは会津松平家の家老だった「西郷頼母(さいごうたのも)邸」の復元はじめ、
          様々な建造物や歴史資料を見ることができました。
 
           こんな感じです → 公式HPの施設案内のページ
 
 
120501_9bukeyasiki7 120501_6bukeyasiki4 120501_7bukeyasiki5
 
  左:表玄関の裏手から見た「御成りの間」 お殿様来訪のときだけ使われた部屋
 
  中:「御成りの間」から見える庭の一部
 
  右:「御成りの間」の反対側の、家老と家族の居住部分
     この家老邸にも戊辰戦争時、女性子供の悲しい悲しい最期の歴史が。
 
 
   西郷頼母邸は、もともとはお城近くにありましたが、戊辰戦争で焼けてしまい
         後に焼け残った家屋を移築して復元したとのことです。
 
 
 
       120501_8bukeyasiki6kaeru     120501_10bukeyasiki8
 
沓脱ぎ石の上にいた蛙 桜の花びらが1枚    蔵の形をした歴史資料館
          脇腹に張り付いていました
 
 
 
かなりじっくり見て回ったつもりでしたが、後から案内図を見ると見落とした施設が
いくつかありました。 惜しいことしましたが仕方ありません。
 
武家屋敷を出たら早くもお昼。 昼食は喜多方ラーメンnoodleをいただきました。
 
昼食後は「鶴ヶ城」を見学です。
 
 
 
「鶴ヶ城」は、国の史跡としては「若松城跡」の名前で指定されているそうですが、
地元で最もよく呼ばれる一般名は「鶴ヶ城」で、猪苗代湖近くにあった「亀ヶ城」と
対を成す本城とのことです。
 
 
120501_11turugazyou1_bokasi 120501_18turugazyou5 120501_19turugazyou6
 
  たくさんの桜が植えられていました。前日30日の夜にはライトアップされた夜桜を
 楽しめたようですから、私たちが行った1日のお昼頃までに散ってしまったようです。
 
    「鶴ヶ城」は南北朝時代に蘆名(あしな)氏によって築かれたのが最初で、
  当初は「黒川城」と呼ばれました。 時代は進み、豊臣秀吉に城主に任じられた
      蒲生氏郷の時代から「鶴ヶ城」と呼ばれるようになったようです。
 
  江戸時代に城主となった保科正之(三大将軍 徳川家光の庶弟)が松平に改名し、
        以来、戊辰戦争で明け渡すまでは松平家が治めたそうです。
 
  お城の見取り図や歴史、歴代城主などをアップされている →こちらのページ
               リンクを貼らせていただきます。
 
 
 
       120501_13turugazyou3_maru     120501_14turugazyou4
 
 天守閣の最上階(五層)から見た飯盛山      見下ろす南走長屋
 
      天守閣の瓦は、昨年江戸時代までそうだったと考えられる「赤瓦」
          葺き替えられ、国内唯一の赤瓦天守閣となりました。
  赤瓦は黒瓦に比べて耐久性があり、厳しい寒さにも凍み割れないのだそうです。
 
 
 
       120501_15rinkaku1     120501_17rinkaku3
 
               城内にある茶室「麟閣(りんかく)」 
 
  千利休の子供である千少庵が、匿ってくれた蒲生氏郷に感謝して建てたもの
                  看板の説明を読んでね。
 
 
 
         120501_16rinkaku2sumire
 
 
 
 
だんだん時間が押し詰まり、駆け足 run 見学になってきました。
「麟閣」を見たら時刻はもう3時過ぎ。 ソフトクリームを食べて暑さと疲れを癒し…
  
お城周辺のあれこれを見ている時間はもうありません。
お城を出て、レトロな商店などが残る「七日町(なぬかまち)通り」「会津若松駅」
チラと眺め、「猪苗代湖」へと車を走らせました。
 
 
 
         120501_20nanukamatieki
 
 
 
 
120501_23inawasiroko3 120501_21inawasiroko1 120501_22inawasiroko2
 
  「猪苗代湖」に着いたときは5時を過ぎ、お城にいたときの暑さが嘘のように
        冷たい風が吹き、湖面は波が立っていました。 さむッ!
     湖にはコハクチョウ、キンクロハジロ、オナガガモなどがいましたよ。
 
            野口英世記念館などの施設はすでに閉館。
 震えながら雨雲に覆われた寒い湖を記念に撮影し、その夜の宿へ向けて出発です。
 
 
 
 どんどん日が暮れ、東北道に乗ってからは時折り本降りの雨にも降られましたが、
 渋滞につかまることもなく、栃木県南部の上河内SAで晩ご飯休憩の後、
 無事目的地であるお宿に到着。 東北自動車道、栃木県内最南の
 佐野SA内のロッジ「旅籠屋」がその日のお宿でした。
 
 
       120501_24hatagoya1     120501_25hatagoya3
 
 
 翌朝は驚きました。 前夜私たちが通り抜けた3時間後くらいに東北自動車道で
 大型トラックと乗用車が関係する事故があり、通行止めになっていたのです。
 亡くなった方もいて、通行止めは夜遅くから翌日まで10時間ほど続いたようです。
 
 おかげさまで私たちは首都高なども渋滞することなく無事通過し、2日のお昼頃
 家に帰り着きました。
 2泊目は出発の直前に決めましたが、無理して夜になってから慣れない東京を
 抜けなくて良かったです。
 
 こんな駆け足プチ旅でしたが、2年ぶりの「旅が目的」の旅、とても楽しかったです。
 
 以上で「会津若松 プチ旅」紀行はお終いです。
 皆さまには長々とご覧いただき、ありがとうございました clover
 
 

|

« 会津若松 プチ旅 - 飯盛山編 - | トップページ | オランダミミナグサ - 春の lovely 野の花 - »

コメント

おはようございます。
2日目、良い御天気に恵まれて良かったですね。
個人旅行では行きたい所に見たい時間だけいられていいですね。車での旅行の特典です。
会津武家屋敷の立派なこと。歴史を背景に復元された建て物は実際に中を見学してみたいものです。
鶴ヶ城はかなり大きいですね。
南走長屋がかなり長いです。桜はちょっと残念でしたね。飯盛山も良く見えています。
猪苗代湖も広いですね!その寒さまでも伝わってきました。まだ余韻に浸れらていらっしゃることでしょう。
ますます行きたい気持ちになりました。

投稿: tona | 2012/05/14 08:56

ポージィさん、こんにちは。
旅行のための旅行、十分たんのうしたようですね。プチ旅行と名付けていますが、なかなか立派な旅館に宿泊してリッチではありませんか。戊辰戦争で痛めつけられた会津、今回は震災と原発事故で痛めつけられています。
野口英世が東京在住中に学費や渡米の費用をすべて用立てた
血脇家は、なんと私の親戚なのです。現代の当主が記念館の理事を務めております。この血脇守之助がいなかったら、彼は世に出られなかったと言われております。

投稿: polo181 | 2012/05/14 10:46

◆tonaさん ♪

おはようございます。
時折り雲が広がりながらも、会津で過ごした時間はお天気に恵まれました。
そうですね、スケジュールに縛られないのが個人旅行の良さ。

古民家は何度か見てきましたが武家屋敷の、こんな立派なのは初めてで、
これまで見てきた時代劇のシーンなどを思い出しながら楽しみました。
見応えありましたよ。鶴ヶ城も立派ですね。さらに復元が進んでいったら
すてきだなぁと思います。
お城の桜は散ってしまっていましたが、前日、思いがけず高速沿道や飯盛山、
お宿で楽しめましたから、そんなに残念~という思いもありませんでしたよ。
tonaさんもいつかぜひいらしてみてくださいね。
私も今回正味一日ではまだまだ見足りませんでした。


◆polo181さん ♪

こんにちは
 
会津若松、奥が深い街ですね。まだまだ味わいたい部分はたくさんありました。
時間やお金があれば、旅はできれば滞在型でじっくり味わいたいものです。
野口英世記念館も時間切れで見られずじまいでしたよ。
なんとなんと poloさんとそんなご関係がある方だったとは!
ますます残念。野口英世が羽ばたくことができた後ろには
こうした方の支えがあったからこそなのですね。
そして世界に名を残す功績を残せた。支えた方たちにとっても
誇らしいことですね。
 

投稿: ポージィ | 2012/05/14 11:36

会津は何度行っても良いところですよ
南会津の方に足を延ばしたらナウ自然が楽しめます
天気も良く良いたびでしたね

投稿: フクちゃん | 2012/05/14 11:48

◆フクちゃん ♪

何度も行っていらっしゃるフクちゃんがそう思われるのですものね。
私も今回だけでは物足りなく感じています。
行ってみたいところが多いのに、時間はなかなか取れず状態ですが、
またいつか機会があったら訪れてみたいと思います。
 
おかげさまで、雨に遭ったのは車の中にいるときだけでしたし、
色々な面で恵まれた旅となりました。

投稿: ポージィ | 2012/05/14 13:50

お天気に恵まれて本当に良かったですね。
あの東北自動車道での事故ですね。
渋滞に巻き込まれないでよかったです。
SA 内に旅館があるのですか~
初めて知りました。

2日間 たっぷりと楽しまれたようでよかったですね。
旦那様と交互に運転されたのでしょうか?
お疲れ様でした。

投稿: fairy ring | 2012/05/14 13:56

ポージィさん
こんにちは
有意義で楽しい旅をされたようで羨ましいです
考えてみれば(考えるまでもないのですが)、ここ4~5年旅行に行ってないです
近場の撮影旅行のみです
旅をすれば、その地の文化・歴史に触れることができ、非常に楽しいですね
来月下旬に久し振りに一泊旅行に行く予定です
ところが、多分梅雨の真っただ中、どうなることやら

投稿: ジジフク | 2012/05/14 14:00

私の大好きな会津若松にいかれたのですか。
一番歴史を肌で感じられる所なので、何度も行っています。
飯盛山や鶴ヶ城の凛とした姿が好きです。

たまに日常と違う世界と向き合うのも良いですよね。

投稿: ロッキーママ | 2012/05/14 14:27

ポージィさん こんにちは!

鶴ヶ城の南走長屋の写真を拝見して、思い出しました
ここは私も見ましたよ!

猪苗代湖も行ったのですが、あまりピンとこなかったです
野口英世記念館は入りました。子供たちに「忍耐」と書いた
お土産を買おうか、夫と冗談を言った思い出が・・・

SAの中に宿泊施設があるのですか!!
便利ですね~ 私も夜の高速はきらいです。
この頃は車で出かけることはなくなりましたが、
こういう施設があったら夜走らなくて済みますね

事故の報びっくりなさったでしょうね
遭われた方はお気の毒ですが、ポージィさんが遭わなくてよかった~
お天気も味方でよい旅行なさいましたねhappy01

投稿: glenn | 2012/05/14 14:45

◆fairy ringさん ♪
 
こんにちは。
帰宅して荷物を運び入れるときには雨が降り始めていましたから、
ほんとラッキーで、空が味方してくれたような旅でした。
東北自動車道での事故、ご記憶にありましたか。帰宅後見たニュースでは
関越自動車道でのバスの事故ばかり流れていましたけれど。
長時間の通行止めに巻き込まれていたら、帰りはいつになったやらですから
助かりました。最初は会津でもう1泊も考えたのですけれど。
この旅籠屋は、主に一般道沿いに最近数を増やしている、アメリカンスタイルの
ロードサイドホテルというコンセプトだそうです。素泊まりのミニホテル。
夫がインターネットで見つけて、私も初めて知りました。
運転は今回は100%夫がして、私は気楽に楽しませてもらいましたョ。
 
 
◆ジジフクさん ♪

こんにちは。
おかげさまで楽しかったです。故郷が遠いので、長い休みはどうしても帰省が
ほとんどになりますが、やはり旅目的の旅もよいものですね。
ジジフクさんも、来月久し振りにご旅行予定がおありなのですね。
どちらへ行かれるのでしょう。ちょうど梅雨の晴れ間になると良いですね。
 
 
◆ロッキーママさん ♪

ロッキーママさんは会津若松を大好きで何度も行かれているのですか。
今回はほんの触りだけでしたが、味わうほどに魅力が増すような気がしました。
飯盛山も鶴ヶ城も、気持ちを引き締めてくれるものがありますね。
来年の大河ドラマを見るのもぐっと楽しみになりました。
こんな風に非日常を味わうのも、色々な意味で有意義ですね。
良い旅ができました。
 
 
◆glennさん ♪
 
こんにちは!
おぉ glennさんも鶴ヶ城の天守閣から南走長屋を見下ろされたんですね。
かってお殿様たちも城下町を見渡したのでしょうね。

猪苗代湖は雲が垂れ込めグレーの空と湖面で、私もピンと来ませんでしたが
夏の晴れた日だとまた印象が違うような気がします。
野口英世記念館は閉館後で… 忍耐と書かれたお土産があったのですか。
見たら私達も買おうか迷ったかも(笑)

今回2泊目に泊まったのは、最近あちこちの道路沿いに増えてきているらしい
アメリカンスタイルのロードサイドホテル、というコンセプトの
素泊まりミニホテルでした。
足利SAに宿泊施設があるのは前から知っていましたが、それとはまた別で、
「旅籠屋」は今回初めて知りました。綺麗で車の音もせず、快適でしたよ。
素泊まりといいながら朝はパンとコーヒーがでましたし。
そして、そのホテルで朝見たTVニュースでびっくり。胸をなでおろしました。
本当に、おかげさまで色々なことに恵まれ、良い旅ができました confident
 

投稿: ポージィ | 2012/05/14 16:36

ポージィさん~

こんにちは~
歴女の旅ですね。
歴史を感じて、浸ってきた旅になったようですね~

福島、、猪苗代、会津若松、、、
昔行ったような~

歴史って、詳しくはわからないけれど、そこへ行って、いろんな説明を読むと、、、、
昔のことなのに、、、なんだかついこのあいだのことのような気がしたり、戦いや、生活を思い浮かべたりして楽しいですよね。

そこにいかなければわからない、不思議な楽しさがある気がします~ノスタルジーを感じるというか、、、

いい旅でよかったね~
何より、事故無く、無事に帰って来れて、こうして楽しい思い出を語れるのは、最高ですね。


投稿: 野花 | 2012/05/14 19:11

こんばんは。
盛りだくさんの旅行でしたね。
これをさらに2~3回に分けて記事にしていただけたら・・・・
目に負担がかかりますので、なかなか、全部を拝見できません。

鶴ヶ城と猪苗代湖は、もう40年近く前の旅行を懐かしく拝見しました。
「七日町駅の」佇まい、こういうレトロ調好きです。
2泊3日ですか。
我が家は、庭の花木の管理もあるので、なかなか、このような旅行ができません。
いいご旅行になってよかったですね。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/05/14 19:23

◆野花さん ♪

こんばんは~

歴女の旅! そっかぁ、意識してませんでしたけどそうなってますね(^^)
父親が時代劇好きでいつも見てた影響か、こういうの好きなんですよ。
限られた時代を浅くしか知りませんが、ひょっとしたら
元祖歴女だったのかも。
 
そうそう、全く同感です。私も限られた時代を浅くしか知りませんが、
古い建物やゆかりの地などでタイムトリップ気分に浸って当時の生活などを
しのぶのがとても楽しいです。
歴史ロマンとでも申しましょうか。本の中だけより実際の場に行くと
ぐっと身近に感じられますしね。

はい、おかげさまで色々恵まれて楽しい旅になりました♪
 
 
◆鎌ちゃん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
見どころたっぷりの会津若松において、触りだけの旅となりました。
もう1日滞在できたらもう少し知ることができたでしょうけれど
またいつの日か機会があったらのお楽しみということで。

まぁ… 目のご負担になってしまいましたか。申し訳ありません。
じっくり見てくださったのですね。あまり何回かに渡っても
飽きられてしまうだろうと思って、写真もぐっと枚数を控えて
2回にしたのですけれど…

新婚旅行で、鶴ヶ城と猪苗代湖もいらしたのですね。
七日町はレトロな雰囲気の商店などが多くある町で、ここもゆっくり
歩けたら楽しかったろうと思います。ほんの少しだけ見て代表して
駅に登場してもらいました。

2泊3日でしたが、実質2泊2日半ですね。花木のお世話があってお2人での
ご旅行ができないと、この前も仰っていましたね。
わが家は帰省の時は3泊~4泊になりますが、日陰に移す、ペットボトルで
潅水する、ミズゴケなど敷いて蒸散を防ぐ、などの工夫をしています。
今回は留守の間の家の辺りは曇りだったようで大丈夫でした。
  

投稿: ポージィ | 2012/05/14 20:30

おはようございます、楽しい語り口を一気に読み終わりました、
GWの休日を有意義にお過ごしになったのですね。
私も何度か訪れた地ですのでとてもよく情景なりお気持ちなり、よく分かります。
わが方からはあまり遠くもないですが神奈川県の方からですと
相当な距離ですよね、東北の応援でもあったそうで
一石二鳥ならぬ三鳥くらいの価値が、お疲れ様でした。
たまに遠出されるのもいいものですね。

投稿: 玲 | 2012/05/15 09:43

こんにちは。
帰りはラッキーでしたね。交通渋滞に巻き込まれると大変!!
佐野SAにこんな施設があるなんて知りませんでした。お洒落なところですね。
会津若松城を写真ガイドして頂いて、忘れかけてたお城の情景は再びよみがえってきました。
私も何度か行ってるのに喜多方ラーメン、まだ本場で食べたことがなかったんですよ。

投稿: ソングバード | 2012/05/15 14:09

◆玲さん ♪

こんにちは。
駆け足での旅記録、ごらん頂ありがとうございます。
そうですね、何といっても今年のGWはこの旅行にも行けましたから
有意義に楽しく過ごせました。
玲さんもお馴染みの街でしたか。そうですね、そちらからだと、うちからよりは
だいぶ近くなりますね。休憩を取りながら5時間半くらいでした。
渋滞には縁なく往復できて本当に幸いでした。
たまには遠出、仰るとおりいいものですね♪ 
 
 
◆ソングバードさん ♪

こんにちは。
高速道路を通るとき、たいてい何かしら渋滞に巻き込まれますが、
今回は行きも帰りも免れてラッキーでした。
帰りは私達の行く手に事故があったらいつ帰れたか分からない状況に
陥っていたでしょうから、本当にラッキーでした。
佐野SAの宿泊施設は新しそうでしたよ。近年あちこちの道路沿いに
展開しているようです。アメリカンスタイルのロードサイドホテルという
コンセプトの素泊まりミニホテルでした。

若松城、立派ですね。本丸などまですべて再現できたらどんなに
素晴らしいだろうと想像しました。

喜多方ラーメンは、こだわりありそうでもなんでもないところで
食べたからか、うちのあたりで食べるのとどう違うのか分かりませんでした。
麺は太麺でちょっと塩分強かったですが… 本当に食べたことに
なるのかちょっと怪しいです(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2012/05/15 14:43

いやぁ、これだけまとめるのは大変かと。
史跡とかお好きなんですね。
日曜夜8時の時代ドラマも欠かさず観ていそう~
でも調べたりしてこうやってアップすることは
自分の為ですものね。
より深く見てきたものが心の財産となりましょう。
私、この前の旅行記が中断しましてcoldsweats01
全部できない困った人間です。
ここ、阿部クンも読まれたら、また思い出に話が弾みますね。(思い出ってそんな昔じゃなかったわ)

投稿: 池田姫 | 2012/05/15 18:33

道の駅はおなじみですが、「まちの駅」というのがあるのですね。
神奈川県はどうなのかと思ったら川崎、鎌倉、足柄の3カ所が1年ほど前に出来ているらしいと分かりました。
こんど立ち寄ってみたいです。
SAに宿泊施設があるというのは面白いですね。
佐野は現役時代に会社の工場があったのでときどき行きました。喜多方と同じように佐野もラーメンに力が入っています。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/05/15 19:10

◆池田姫さん ♪

いえいえ 姫さまの旅と違って会津若松にいたのは1日半ほどですもの。
スケールが違いますヮ。写真の枚数も説明も。
史跡は好きですね。大河ドラマは、実家では父が見てましたから。
結婚後は夫が時代劇に興味無しだったので長いこと見ずにきましたけど、
この3年ほどはせっせと見ていますよ。会津若松へ行きましたから
来年も見ることに決まりですね wink
夫はどんな感想言うでしょ。普段は忙しすぎて話する時間も
ほとんどありませんが…coldsweats02
 
 
◆横浜のおーちゃん ♪

七日町駅の写真の中の看板に目を留めてくださったのですね。
私も道の駅は知っていてもまちの駅は馴染みないものでした。
神奈川県内にもあるのですね。川崎・鎌倉・足柄ですか。
それぞれ、道の駅とはまた違う味わいがあるでしょうね。

SA内の宿泊施設は、足柄SA内のは前から知っていたのですが、今回泊まったのは
それとはまた違うグループで、近年各地に新しくできたもののようです。
一般道路沿いのほうがたくさんあるみたいですよ。
アメリカンスタイルのロードサイドホテルだそうです。
佐野SAの旅籠屋は、今回初めて知りました。その佐野はおーちゃんに
馴染みある土地なのですね。
佐野もラーメンに力を入れているのですか。
ラーメン大好きな日本、各地にご当地ラーメンがありますね(^^)
 

投稿: ポージィ | 2012/05/15 19:55

事故があったのですか。危機一髪でしたね。
最近は大きい交通事故が多発、いやな感じです。
私も気を引き締めなくては。。

投稿: ふくやぎ | 2012/05/15 23:02

◆ふくやぎさん ♪

そうなんです。私達が通過した3時間くらい後に。
ニュースで映像などは見ませんでしたが、長時間通行止めになった
ところをみると、大きな事故だったのでしょうね。
高速道路でも通学路でも、とんでもない事故が多いですね。
お互い気を引き締めましょう。

昔、免許を取るために教習所へ行ったとき、「だろう」運転を
してはいけない、常に「かもしれない」運転をしなさいと
教わったことを意識するようにしています。
誰も飛び出してこないだろう じゃなく 誰か飛び出してくるかもしれない
といった感じですね。

投稿: ポージィ | 2012/05/16 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/54672345

この記事へのトラックバック一覧です: 会津若松 プチ旅 - 鶴ヶ城編 -:

« 会津若松 プチ旅 - 飯盛山編 - | トップページ | オランダミミナグサ - 春の lovely 野の花 - »