« 勢いダウン? ナガミヒナゲシ | トップページ | 梅雨時の貴婦人 「ナツツバキ」 »

2012/06/18

なよでも逞しい 「ナヨクサフジ」

  
typhoon 今週は台風の進路と勢力が気がかりです。 お互い気をつけましょう。
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *  
 
昨年は見逃した「ナヨクサフジ」の花を、今年は見ることができました。
2年ぶり2度目の出会い。一昨年と同じく、近くの川沿いの土手に群生していました。
 
綺麗な紫色の花、ご覧くださいね。
       (boutique写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
    120530nayokusafuzi1
 
 
 
 
    120530nayokusafuzi9
 
 
 
 
    120530nayokusafuzi4
 
 
 
 
          120530nayokusafuzi5_cut
 
 
 
 
    120530nayokusafuzi3
 
 
 
 
          120530nayokusafuzi15
 
                   ( いずれも 5/30 撮影 )
 
 
 
    「ナヨクサフジ(弱草藤)」 : マメ科・ソラマメ属  ヨーロッパ原産の帰化植物
                     緑肥や飼料として導入されたものがあまり利用
                     されなくなり野生化
 
             『なよなよとしている草藤』ということからの命名だそうですが、
             ことさらなよなよしているようにも思えません。
             むしろ、いつの間にかこの場所に群生するようになって、
             性質はなかなか逞しそうですよ。
 
 
      何かと問題もあるかもしれませんが、見栄えのする美しい花だと思います。
 
 
 
120615nayokusafuzi_mi3120615nayokusafuzi_mi1
 
               6月15日 だいぶ実ができていました
             まだ若いもの(左)と  もうかなり熟したもの(右)
               小振りの絹さやくらいの大きさですが 
       全草・特に種子に有毒物質を含み 食べない方が良さそうです
      (牧草として利用されることもあるが中毒を起こすこともあるとのこと)
          
 
 
 ……………………………………………………………………………………………
 
 
  【メモ】 ネット上で得た見分け方のポイントを自分用に分かりやすく
       まとめたメモです。  覚えられないので~
 
 
      ・「クサフジ」=在来種 は花期が5~9月とやや遅め、
       蝶形花の広がっている先端部と細い筒状の部分の長さがほぼ同じ、
       萼筒の付け根は後ろに突き出さない
 
      ・「ナヨクサフジ」「ビロードクサフジ」=帰化植物 は花期が3~7月とやや早め
       蝶形花の広がっている先端部に対して細い筒状の部分が約2倍と長い、
       萼筒の付け根が丸く膨らんで後ろに突き出す
 
      ・「ナヨクサフジ」は全体が無毛かまばらに毛がある程度
      ・「ビロードクサフジ」は白い毛が密生している
 

|

« 勢いダウン? ナガミヒナゲシ | トップページ | 梅雨時の貴婦人 「ナツツバキ」 »

コメント

おはようございます!

関東に上陸するかもしれないのですよね~
気になりますね。

ナヨクサフジは植物園でしか見たことがないです。
河原にこんなに群生しているのですか~
色がとてもきれいなので 群生していると見事としか言いようがないですが 在来種を駆逐するようでは困ったちゃんですね。咲く時期がずれているようですが・・・
どこがなよなよと・・・なんでしょうね。笑
帰化植物はたくましいから 他の土地でも生きていられるのでしょうね。

投稿: fairy ring | 2012/06/18 11:07

ポージィさん、こんにちは。
まるで玉手箱のように、ぽんぽんと題材が飛び出してくる。驚きですよ。ナヨクサフジは、初めて聞く名前です。でも、この花は草っぱらで見たことがあります。
中毒を起こす可能性があるのに牧草として利用されることもあるとは、ちょっとおかしくありませんか。
それとお、動物には中毒をおこさないということでしょうか。
虫歯で歯が痛くて、治療はして貰ったけれど、痛みはまだある。頓服で押さえています。折角の天気なのに鳥撮りに出られません。ざんねん。

投稿: polo181 | 2012/06/18 12:22

河原にコンな花が咲いていますか
難しい名前ですね
中々覚えられないですね
でもこんな綺麗な花が自然の中に咲いているなんて良いですね

投稿: フクちゃん | 2012/06/18 13:05

綺麗な色ですね。
水辺に群生しているとは羨ましいです。

飼料として入って来たなら、ナヨナヨしていなくて逞しいでしょうね。


台風が上陸しそうですね。
被害が無いと良いですが。

投稿: ロッキーママ | 2012/06/18 13:29

clover fairy ringさん ♪

こんにちは! 
台風の進路、気になりますね。今のところとても強いようですし。

植物園で植えられていることもあるんですね。さすが植物園。
私も2年前に初めて見たばかりで、いつの間にか群生していました。
もっと前にはこの場所にクサフジの仲間は何もありませんでした。
どこからやってきたのやら。
花の最盛期に反対岸から見ると赤紫の絨毯広がっているようで綺麗。
ナヨクサフジの季節が終わるとクズなどの全盛期がくるようです。
そうそう。よその国の未知の土地でも生きられる逞しさがあるからこそ
帰化できたのですよね。
茎がなよなよしているとも思えませんでした(^^;)
 
 
clover polo181さん ♪

こんにちは。
春から初夏くらいは一年のうちでもっとも色んな花が咲く季節ですから、
ブログネタがなくて困るということがなく助かります。

ナヨクサフジ、見かけられたことがおありなんですね。
>中毒を起こす可能性があるのに牧草として利用されることもあるとは、
 ちょっとおかしくありませんか。
そうですよね~、矛盾してますね。私もよくは分かりませんが、
もしかすると、若い芽を刈り取るなど、適した方法があるんじゃないでしょうか。
でもだんだん使われなくなっているような記述もいくつか見ました。

おや、歯痛ですか。それはお辛い、いけませんね。
治療はされたとのこと、炎症や痛みが一刻も早く治まりますよう
お祈りいたします。

 
clover フクちゃん ♪

そうなんです、2年前に初めて見つけました。
赤紫色の絨毯を敷いたようになっていて、あれは何だ?と、
橋を渡って反対岸まで見にいきました。
在来種のクサフジや、別の種類との見分け方を覚えるのが難しいです。
何しろ記憶力がサッパリなものですから。
土があるところには、色んな野草が生えて、中にはこんな
綺麗なものも見られるのが楽しいです。
 
 
clover ロッキーママさん ♪

綺麗な色ですよね。花も大きいのでとてもよく目立ちます。
もっと何年か前までは無かったと思うのですが、
いつの間にか群生していました。上流からでも種が流れてきたのか?
巻きひげを伸ばして他の植物につかまって伸びていきますが、
なよなよしくは見えないです。繁殖力も逞しいようですし(^^;)

予想通りの進路だと、上陸しそうですよね。被害がないことを祈ります。
なんだか5号も後を追ってきそうですよ…
 

投稿: ポージィ | 2012/06/18 16:12

こんばんは。
今日はお天気が良くて気持ち良く歩きました。
明日から崩れてどうやら今週は台風が来そうですね。
お手柔らかに願いたいものです。
ナヨクサフジもたくましいですね。昨年まで見なかった場所に現れたりしています。
ツメクサの仲間などと同様に緑肥や飼料として輸入されたものの目的外に広がったようですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/06/18 19:31

clover 横浜のおーちゃん ♪

こんばんは。
今日は貴重な晴れ間でしたね。気持ちよい汗をかかれましたか?
私は今日は歩かないでしまいました。もったいなかったですね。
台風が関東地方に最接近するのは明日の夜から明後日の午前中でしょうか。
梅雨前線がいるだけに気になりますね。被害が出ないように祈ります。

ナヨクサフジはなよなよした印象は全然ありませんね。
姿も繁殖力も。おーちゃんのご近所でも急に現れたりしているんですね。
この場所のも、2年前より範囲が広がったように感じました。
今も飼料や緑肥用に種が売られていると書かれているサイトもいくつか。
この辺りのは、どこからどこをどう辿ってやってきたのでしょうね。
  

投稿: ポージィ | 2012/06/18 19:42

ポージィさんちは、川原の近くなんですね~
いいな~

私も小さい頃は、田んぼや、小さな川原があって、そこに咲くお花が大好きでした。

その時は何も感じず過ごしていましたが、今思えば、いろんなお花が咲いていたの思い出して、やっぱり、知らず知らずのうちにお花、、意識してたんだなあ~って。

このナヨクサフジも、、どこかで見たような、、、
そんなお花。
たくさん咲くと、、、どんなお花でも、、、綺麗ですよね。
ポージィさんの優しいお写真は、ますますそう感じる気持ちが大きくなりますね。

投稿: 野花 | 2012/06/18 21:41

clover 野花さん ♪

今の家からは10分くらい歩くと川べりに行けます~(^^)
野花さんも田んぼや河原と親しんでお育ちになったんですね。
私も、小中高みんな川が近くにあって、通うのに必ず川を見ていました。
当時はそんなに意識もしなかったとしても、いつも自然が身近だったことは、
きっと自分を形作る素として積まれていくのでしょうね。
野花さんのお花好きも、きっと幼いころから育まれてきたものなんだヮ♪

そうそう 単独で見るお花一つ一つも素適だけれど、それらが
たくさん群れ咲くと、また違った素適さが広がりますね。

嬉しいお言葉ありがとうございます。
皆さんが野花さんのように、なんだか懐かしいな~と、かって親しんだ自然を
思い出してくれたらいいなーって思います。
 

投稿: ポージィ | 2012/06/18 22:08

おはようございます。
ナヨクサフジ・・・・初めて見ます。
田舎でも見たことないと思いますよ。
藤に似た草だからこんな名前が付いたのでしょうか。
美しい花ですが、逞しいのですね。

ごめんなさい、目の具合が悪くて、
なかなか、説明文を読みきれないんです。
写真を見ただけの感想に終ってしまいます。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/06/19 06:35

clover 鎌ちゃん ♪

おはようございます。
帰化植物ですから、本当はあんまり見かけないほうがいいのかもしれません。
在来種に「クサフジ(草藤)」というのがあるんですが、
ご推察の通り藤に似ていて草本ということからその名前がついたようです。
そしてこちらは、その名をベースにして「ナヨクサフジ」です。
繁殖力もあって逞しそうです。帰化する植物は逞しいから
帰化できるんですよね。

今回説明文が長いですが、最後のほうは自分のための覚書ですから…
気になさらないでください。
どうぞお大事になさってくださいね。
 

投稿: ポージィ | 2012/06/19 08:43

ポージィさん
おはようございます
初めて見る花です
綺麗な青色ですね
そして、実は美味しそうです
でも、有毒なのですね
毒が含まれているから、昆虫とか鳥に食べられることなく
広く逞しく繁殖するのでしょうね

投稿: ジジフク | 2012/06/19 09:17

こんにちは。
ナヨクサフジという花なんですか。
実は昨日近くの公園でこの花にとまる蝶を撮っていたんですが、花の名前が分からなくて困っていたんです。
これでスッキリしました。happy01
蜜が多いのでしょうか、結構長くとまってましたよ。
豆の実は有毒ですか、とてもそんな風には見えませんね。

投稿: ソングバード | 2012/06/19 13:53

clover ジジフクさん ♪

こんにちは。
ジジフクさんのエリアではお見かけになりませんか。帰化植物ですから
あんまりどこでも見られないほうがいいのかもしれませんね。
モニターで青にお見えですか?実際は紫色です。綺麗な色ですよ。

そう、有毒だそうです。あまり強い毒ではないかもしれませんが。
実に特に毒が多いというのはジジフクさんのご推察どおり
食べられないためなのかもしれませんね。
完熟すると莢が捩れて弾け、種が飛び出るそうです。
 
 
clover ソングバードさん ♪

こんにちは。
おや、お近くで蝶とセットでご覧になったのですね!
名前調べのお役に立ててよかったです。
私がナヨクサフジの写真を撮っていたときも、モンシロチョウが
いっぱいひらひらしていました。撮りたかったのですが
全然じっとしてくれなくて諦めたんです。
ソングバードさんがご覧になったときは長くとまっていたんですね。
いいなぁ~♪ 拝見するのを楽しみにしています。

豆は有毒だそうです。美味しそうに見えますけどね~
そんなに強い毒ではないかもですね。
 

投稿: ポージィ | 2012/06/19 15:56

おはようございます。

クサフジにもいろいろあるのですね。知りませんでした。
ぱっと見ますと何となくムラサキケマンやエンゴサクに似ているような感じです。
区別って頭ではわかっているつもりでも、実際に臨むとそれが出てこなくて混同してしまい、結局分からずじまいです。つまり情熱も欠けていることになります。
ここで楽しめればいいと、何にでも妥協してしまい、この頃ご気楽気分です。

投稿: tona | 2012/06/23 08:44

clover tonaさん ♪

こんにちは。
お帰りなさい(^^)

クサフジのお仲間数種類あるようですね。私が会ったことがあるのは
このナヨさんだけなのですけれど。
なるほど 一輪ずつの花はムラサキケマンなどの花の雰囲気と似たところが
ありますね。実際には咲く時期も違い、見た感じもだいぶ違うため
混同されることはなくすむと思いますよ。
葉っぱの感じもナヨさんはカラスノエンドウなどと似ていますし。

私は端から関心を持つことすら放棄しているものがあって、
イネ科の植物やシダ類、コケ類などはほとんどスルーです。
品種のすごく多いお花もまとめて、バラ、菊、椿、桜…ですし。
見分けられて全部覚えられればそれも楽しいでしょうけれど、
それは自分にはない能力なので、その辺りは割り切って楽しむことに
しています。花の名前だけでなく画家や小説家など人の名前や作品名など
皆に言えることですね。今はネットで楽に調べられるようになったので
ホントありがたいですし助かります(^^)
 

投稿: ポージィ | 2012/06/23 17:21

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/54883131

この記事へのトラックバック一覧です: なよでも逞しい 「ナヨクサフジ」:

« 勢いダウン? ナガミヒナゲシ | トップページ | 梅雨時の貴婦人 「ナツツバキ」 »