« 小さな紫美人 キキョウソウ | トップページ | 2つの 花笠 »

2012/07/13

白いけど 赤詰草(アカツメクサ)

九州地方中心の豪雨の被害に心痛みます。 まだ雨が続いていますが、これ以上
犠牲になられる方が出ませんよう、被害が広がらないようお祈りいたします。 
 
………………………………………………………………………………………… 
 
 
近くの川の堤防では、この数年「アカツメクサ」も増えてきました。 
今年は「シロツメクサ」はほとんど見ませんでしたが、こちらはたくさん見かけました。
そして、「シロバナアカツメクサ」まで見つけてしまいましたよ。初めまして~でした。
       (clover写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclover
 
 
 
● まずは「アカツメクサ」
 
    120615akabanatumekusa1
 
        草丈は 30~60cmくらい だそうですが、私が見かけたのは
               40cmくらい のものが多かったです。
 
 
 
    120615akabanatumekusa5
 
     「シロツメクサ」 とよく似ていますが、花のかたまりのすぐ下に葉がある、
             葉がとがっているなどの違いが見られます。
       それに、「アカツメクサ」 の方がずいぶん 毛深い と思います。
 
 
 
    120615akabanatumekusa2
 
 
 
    120530aka_tumekusa
 
 
 
 
● 次は 「シロバナアカツメクサ」
 
    120615sirobanaakatumekusa1
 
 
 
    120615sirobanaakatumekusa2
 
 
 
    120615sirobanaakatumekusa3
 
             花色が違う以外は 「アカツメクサ」 とそっくり
 
 
 
  「アカツメクサ(赤詰草)」: マメ科・シャジクソウ属  ヨーロッパ原産の帰化植物
                  別名「ムラサキツメクサ(紫詰草)」、赤クローバー
 
                  明治以降、牧草として導入されたものが野生化して
                  全国に広がっています。 緑肥としても利用されます。
                  ハーブとして食用・薬用に利用されることもあるようです。
  
  「シロバナアカツメクサ」 : 「アカツメクサ」がまれに白花を咲かせることがあり、
                  変異を固定化した園芸種は「セッカツメクサ(雪華詰草)」
                  とも呼ばれるそうです。 雪華とはお洒落ですね!
 
 
 
● おまけの 「シロツメクサ」
 
    120519sirotumekusa
 
        花のアップしか撮ってないのでちゃんと比べられませんね coldsweats01
          でも、一つ一つの花の形はこちらの方がまろやかで
                   毛深さもないですね。
       花のかたまりのすぐ下には茎が伸びていて葉はありません。
 
 
      flair 実は、シロツメクサを赤っぽくしたような花もあるようで、
     そちらは「モモイロシロツメクサ」とか「モモイロツメクサ」というそうです。
 
 
 
  「シロツメクサ(白詰草)」:マメ科・シャジクソウ属  ヨーロッパ原産の帰化植物
 
 

|

« 小さな紫美人 キキョウソウ | トップページ | 2つの 花笠 »

コメント

おはようございます!

そちらではアカツメクサがふえているのですね~
こちらでは わざわざ植えていらっしゃるお宅以外には 道端とか空き地にみることはありません。
公園にもシロツメクサばかりが すごい勢いですよ~
モンシロチョウやミツバチさんが飛び回っています。
アカツメクサは 背丈も高いですからね~
私は やっぱりシロツメクサの方が好きかな~
シロバナアカツメクサなんて言うのもあるのですね。
初めて拝見しましたよ~

ツメクサシリーズ たくさんになりましたね。

投稿: fairy ring | 2012/07/13 09:31

川の堤防では アカツメクサ
田んぼのあぜ道では シロツメクサがいっぱいです
葉っぱの形や背丈の違いは 知っていましたが
毛深いとは 気付きませんでした
雪華詰草とは 本当にお洒落な名前ですね

投稿: のんびり | 2012/07/13 10:17

ポージィさん、こんにちは。
ツメクサは漢字表記で詰め草と表しますね。ツメは爪ではないのです。それで、以前に調べたことがあります。
ウィキには「詰め草の名称は1846年 (弘化3年)にオランダから献上されたガラス製品の包装に緩衝材として詰められていたことに由来する。」とありました。
明治に入ってから、牧草として移入するようになったのだと思います。花博士のポージィさんに向かって恐れ多いことではありますが、あるいは、このことを承知の上で書かれて居られるのかも知れませんところ、いかがでしょうか。

投稿: polo181 | 2012/07/13 11:18

こんにちは。
アカツメグサはこちらでもよく見かけますよ。
そうか、シロバナアカツメグサというのもあるのですね。
白いのは、シロツメグサだと思っていたのですが、
違うのですね。
逆に、赤いシロツメグサもあるのですか。
ややこしいですね。
これからは、ちょっと注意して見ることにいたします。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/07/13 12:17

こちらでは海岸のこう絵に行くと一面に咲いています
白も赤も遠くから見るととっても綺麗です

今日も暑いですね

投稿: フクちゃん | 2012/07/13 13:16

ポージィさん♪
こんにちは^^
毛深い。。。まろやか。。。
( ´艸`)うふふ~
可愛い表現だなぁってクスクス笑っちゃった♪
お花をほんと愛しているんだな~って♪
ご主人様は
お花にヤキモチを妬きませんか?(笑)

投稿: adamas | 2012/07/13 15:08

シロツメクサ、最近あまり見なくなりました。
なんでだろ?
本当によく似てますね。
アカツメクサは上から見ると、小さい花が集合しているようです。
かわいいですね。heart02
うちの周りにもいるかなぁ。
今日はあまり見かけない方ばかりでした。happy01

投稿: くらふぇ | 2012/07/13 15:38

あらまあ、ややこっしいです。アカバナトキワマンサクのようです。
花の下にすぐ葉があるのですね。
シロツメクサはすぐ下は茎で葉が見えませんね。
今度よく見てみます。
早く探さないと忘れそうです。
この花もかたまりとしか見ていませんでした。一つ一つ芸術品のようなのですね。

投稿: tona | 2012/07/13 15:57

白花のアカツメクサがあるのですか。
まだ見たことがありませんが、変異があるのですねえ。
アカツメクサをの見たら探してみます。
近所ではアカバナユウゲショウの中に白花が混じっていました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/07/13 16:09

clover fairy ringさん ♪

こんにちは!

そうなんです、クックと歩いていた頃には見かけなかったのですがいつの間にか。
まぁ、シロツメクサもほとんどありませんでしたが、どうしてアカツメクサの
方ばかり出てきたのかな~とちょっと不思議です。
fairy ringさんのお近くでは、シロツメクサ断然多数なんですね。
花蜜を集める虫さんたちにとって大切な蜜源になっているんでしょうね。

シロバナアカツメクサは、存在は知っていましたが初めましての出会いでした。
ピンクの片鱗もない真っ白でした。
あ、私もシロツメクサのほうが好みです~ (^^;ゞ

意識してませんでしたが、そういえば今年はツメクサの仲間をいくつか
アップしてますね(^^)
 
 
clover のんびりさん ♪

のんびりさんのお近くでは、場所を変えて(住み分けて?)
どちらもご覧になれるんですね。
私はうちの近辺で、シロツメクサがもっと見られるように
なってほしいなーと密かに願っています(^^)
 
比べてみると毛深さ歴然 ですよね。
でも白花のほうは「雪華詰草」なんて素適な名前をもらって、
幸せ者ですね。
 
 
clover polo181さん ♪

こんにちは。
そうそう、漢字で書くと白詰草・赤詰草 と 詰草 です。
爪草 になると、まったく別のナデシコ科のお花になりますね。
私は花博士には程遠いですけれど、poloさんがお調べくださった、
詰草が日本に入ってきた由来などは知っていました(^^)
記事中に由来など簡単に書くこともありますが(古い記事では
大抵書いていました)、この頃では省くことも多いです。
 
 
clover 鎌ちゃん ♪

こんにちは。
アカツメクサは鎌ちゃんのお近くでもたくさんお見かけなんですね。
うちの近くでは何年か前まではなかったのが、いつの間にか増えてきていました。

そうなんです。 赤詰草 だけど 白花 というがあるんです。
初めて出会ってしまいました。
そして 白詰草 だけど 赤(ピンク)花 というのも。
ややこしいですね。でも、花のすぐ下に葉があるかないかで
簡単に見分けられるので助かります。
 
 
clover フクちゃん ♪

フクちゃんのお近くの海岸の公園ですか?
アカツメクサ も シロツメクサ も
たくさん咲いているんですね。 いいですね~そういう原っぱ♪

こちらは気温は予想まで上がらなかったようですが、
湿度がすごく高くて、ちょっと動くと汗がでます。
 
 
clover adamasさん ♪

こんにちは(^^)

アハハ 時々擬人化して「この子たち」なんて呼んでますね、私。
赤詰草 と 白詰草 では、毛深い赤さんよりまろやかな白さんの方が
好みです。毛深くても、産毛だとまた違ってくるんですけどね。
なんて書いてると呆れられそう~(^^;)
主人がお花にヤキモチですか? ウフフ それはないみたい。
一緒に歩くと私がやたら立ち止まるので面倒になることは
あるかもしれませんけれどね smile
 
 
clover くらふぇさん ♪

くらふぇさんのお近くでもシロツメクサは減ってしまいました?
かっては、公園のグランドカバーによく植えられていましたけどね。
管理など色々変わってきたんでしょうね。
まさか花冠を作るためや四葉のクローバー探しに
摘みすぎたわけでもないでしょうし happy02

アカツメクサ(赤花・白花) シロツメクサ(白花・赤花)、 
み~んな小さなお花いっぱいの集合♪ 可愛いですよね。
私は一つ一つの小さな花の形がまろやかなシロツメクサの方が、
より好みです~(最後のおまけの写真) happy01
 

投稿: ポージィ | 2012/07/13 16:31

clover tonaさん ♪

アハハ ほんとですねぇ。アカバナトキワマンサクみたいなややこしさ。
最初に色を名前の一部にしてしまうと、時々こんなややこしいことに
なるんでしょうね。
花の下すぐに葉があるかないか は見分けの大きなポイントですが、
やはりアカツメクサとシロツメクサでは見た感じが違いますから
お会いになったら簡単にお分かりになると思います。

詰草たちは小さな花の一つ一つがマメ科らしい形をしていて、
でもそれぞれの種類で個性もあって、仰るように芸術品ですね。
 
 
clover 横浜のおーちゃん ♪

そうなんです~ 白花のアカツメクサです。
私は、ネット上の写真では知っていたのですが、本当に存在しました。
まじりっけのない真っ白い花でしたよ。突然変異なんでしょうね。
アカバナユウゲショウの白花は、私も昨年1度だけですが目撃しました。
ですから、おーちゃんもアカツメクサの白花を、あんがい簡単に
発見されるかもしれませんね♪
 

投稿: ポージィ | 2012/07/13 16:42

こんばんは。
今日も蒸し暑いですね。

この頃アカツメクサが増えて来ていますよね。
どこでも見れるような気がします。

今年は庭にシロツメクサが突然現れ、株が大きくなっているので花がたくさん咲いています。
アカツメクサも咲かないかな。

投稿: ロッキーママ | 2012/07/13 19:02

clover ロッキーママさん ♪

こんばんは

蒸し暑いですね。うちの辺りは、気温はまだすごく高いというところまで
いきませんでしたが、湿度がすごく高くてベタベタ・じとじとです。

アカツメクサは子供の頃には全然見なかったと思いますが、増えましたよね。
ロッキーママさんのご近所でもたくさんお見かけなんですね。

おや、お庭にシロツメクサがひょっこり登場ですか。
アカツメクサもひょっこり出てくる可能性ありですね(^^)
ロッキーママさんのお庭は、色んなお花があって楽しそうです。
 

投稿: ポージィ | 2012/07/13 21:04

おはようございます。
以前はツメクサの仲間もクローバーの花もごちゃまぜだったのですが、最近は見分けがつくようになりましたよ!!(笑)
最近は上だけでなく下も見て歩くようになったお蔭でしょうか。eye
ところが、まだ撮ったことがなかったんですよ。E:camera]
ポージィさんの写真を参考にして、今度見つけたら撮ってみますね。
そろそろ時期的に遅いかな????

投稿: ソングバード | 2012/07/14 07:14

ポージィさん
こんにちは
こちらでは、アカツメクサもシロツメクサも咲いています
さすがポージィさん、よく調べられていますね
また、珍しい白色のアカツメクサを見つけられましたね
初めて見ます
シロバナアカツメクサも綺麗ですね

投稿: ジジフク | 2012/07/14 11:49

clover ソングバードさん ♪

こんにちは
シロツメクサとアカツメクサは、いちど違いがわかってしまえば、
わりと簡単に見分けられますよね。
ソングバードさんももうバッチリでいらっしゃいますね wink good
お撮りになったことはなかったのですね。では次のチャンスにはぜひ♪
 
今年は、クスダマツメクサとシロツメクサ(クローバー)、
アカツメクサの紅白、に会うことができました。
ツメクサに関しての次なる願いは、一面に広がったクローバー原っぱを見ること…
いつかかなうといいなぁ、と思ってます。
 
 
clover ジジフクさん ♪

こんにちは

ジジフクさんのお近くでは、アカツメクサもシロツメクサも同じように
ご覧になれますか。私は、近くでシロツメクサをもう少したくさん
見られたらなぁと思っています。
でも、今年は白花のアカツメクサに出会えたから良しとしましょう。
私も初めての出会いでしたよ。さりげなく混じっていました。
花の色は混じりけのない白でしたが。
 

投稿: ポージィ | 2012/07/14 15:28

こんばんは!
毎日のようにのぞいていながらコメを残せずに申し訳ありません。
記事は楽しく拝見しております。
これからも宜しくお願い申し上げます。
では、、

投稿: ふくやぎ | 2012/07/15 00:07

こんにちは~

すっごくお勉強になります~
何気なく見ていたアカツメグサやシロツメグサ。

北海道で、、、異様にアカツメグサがどこでも生えてるなあ~と思ったけれど、なるほど、、牧草として育てていたということを知れば、、、自然なことだったんですね~

そう言えば、、、何度か白いアカツメクサを見たことあるかも。。。
クローバーとはちがって、、、お花の下に襟巻きのような葉、、、、ス~っと伸びた姿はシロツメクサとは明らかに違う。
思い出しちゃいました。
シロツメクサで首飾りを作るのもいいですが、、、
アカツメクサで作るのも、、、葉がポイントになって、、、いいかもしれないですね~

投稿: 野花 | 2012/07/15 16:16

clover ふくやぎさん ♪

こんにちは!
色々大変な中、ありがとうございます。
また 心身ともにゆとりがおできになったとき、
一言 二言 くださいませ。
お気になさらないでくださいね。
こちらこそこれからもよろしくお願いします(^^)
 
 
clover 野花さん ♪

こんにちは~

いやぁ お勉強といわれると困ります。
自分の興味の向いたことをザル式に書き留めているだけなので。
まぁね、それを読んでいただいて、野草に関心を持つ方が増えてくだされば
いいなぁとは思っているのですけれど(^^)

北海道にはアカツメクサがいっぱいでしたか~
そのなかに白花も混じっていたんですね。
シロツメクサもクッション材として以外に牧草としても利用されてきたと
思うのですが、もしかすると繁殖力はアカツメクサの方が勝るのかも
しれませんね。
そうそ、アカツメクサは花のすぐ下にある葉っぱが特徴的。
あ~なるほど!この葉っぱも生かして花冠や首飾りを作ったら、
それはそれで素適なのができそうですね♪
シロツメクサで作ったものより、ちょっとワイルドな雰囲気になりそう(^^)
作ってみたいな~
 

投稿: ポージィ | 2012/07/15 17:10

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/55011194

この記事へのトラックバック一覧です: 白いけど 赤詰草(アカツメクサ):

« 小さな紫美人 キキョウソウ | トップページ | 2つの 花笠 »