« 一日の始まり - ナミアゲハ - | トップページ | 澄みたるは露草の青 »

2012/08/03

国府祭り - 2012 -

毎日眠くて眠くて…の日々です。深夜のオリンピック観戦はしていないんですけどね。
ふと気付くと ぼ~~っ としてしまっていますが、頑張ってエンジンかけていかねば。
 
さて、7月28日・29日に行われた、愛知県豊川市国府町の「国府祭り」に合わせて、
my 田舎へ帰省してきました。
 ( 「国府(こう)祭り」の説明は、2010年の記事をご覧くださいね コチラ です )
 
みんなが集まって顔を合わせるのが大きな目的、と思いつつ、やっぱり写真も撮って
きちゃいました。 今回は2日目・29日の「御練り(おねり)」メインでご覧ください。
  
28日晩の手筒花火は三河の名物なのですけど、手で抱えての奉納分は今回もまた
行くのが遅くて見ずじまい撮らずじまい。来年以降の楽しみとしましょう。
       (camera写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますconfident
 
 
 
    120729kabuki1
 
 
 
 
    120729kabuki4
 
 
 
 
120729kabuki8 120729kabuki13
 
 
 
 
120729kabuki3 120729kabuki11
 
 
 
 
120729kabuki14 120729kabuki6
 
 
 
 
120729kabuki5 120729kabuki7
 
 
 
 
    120729kabuki9
 
 
 
 
    120729kabuki12
 
 
 
 
2年前より、ほんのわずかながら沿道が賑やかに感じられて安心しました。 
そして、御練りの歌舞伎役者に扮したり、山車を引く女の子の参加が増えてました。
火の粉を大量に浴びながらの手筒花火奉納の役回りにも女の子が参加するように
なっているそうですし、頼もしい! 
他にも あれ?と違和感を感じることもいくつかありましたが、世相を反映している
のでしょうね。 何はともあれ、変化しながらも、末永く守り継がれていきますように、
と願っています。
 
子供の頃見慣れた国府祭りと比べて、やや寂しくなった行列にカメラを向けながら、
今は無くなってしまった沿道のお店や、とうに亡くなった可愛がってくださった方たちの
顔などを思い出していました。
 
 
 
 
 Dscf3356cutDscf3349cut_4Dscf3360cut_3Dscf3359cut_6
 
         Dscf3343cut
 
 

|

« 一日の始まり - ナミアゲハ - | トップページ | 澄みたるは露草の青 »

コメント

私がちっと前に旅行した近くなんですね
この暑さの中、きちっと着物を着て暑さはどうなんでしょうね
昔かに伝わるお祭りいいものですね
はなびも綺麗ですよ

投稿: フクちゃん | 2012/08/03 09:00

おはようございます!

お疲れなんですね~
って 私も眠いですが・・・暑くても寒くても眠くなるようです。
今日は ずっとテレビ観戦を4時半までしてしまいました~ 日本選手 頑張っているので。

お帰りなさい!
ブログ再開 心待ちにしていました。

さてさて お練り 山車 いいですね~
この暑さのなか 白いお化粧をしてお着物を着てときっと汗だくなんでしょうね~
花魁風も登場して。

こういうのは 絶対に後世に伝えてほしいですね。
花火のお写真 涼を感じました。

投稿: fairy ring | 2012/08/03 09:13

おはようございます。sun

知り合いの方に「国府さん」という方がいらっしゃいます。
変わった読み方だな~って思ってましたが、地名にもあるとはsign03
知らないことばっかですね~。bearing
知らないこと続きで、日本には色々なお祭りがありますね。
お祭りたくさんあるけど、知ってるものはほんのわずかだ。
街並みも良いところですね。shine
ポージィさんはこんなところで育ったんですね。
国府祭りと街並みとポージィさん、繋がってるなぁ。clover

投稿: くらふぇ | 2012/08/03 09:33

こんにちは。
久しぶりに故郷を訪れて昔ながらのお祭りを観ることが出来るのは嬉しいことですね。
いろんな事情でお祭りを維持していくのはけっこう大変なことのようですが、
2年前より賑やかになっているとは頼もしい限りです。
山車と歌舞伎行列は楽しそうですね。役者の人たちはちょっと暑かったでしょうか。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/08/03 10:00

sun フクちゃん ♪
 
そうです~(^^)
先日お寄りになった豊川稲荷は豊川市内にありますから。
それで蒲郡の竹島にも行ったことがあるんですよ。

国府祭りはいつごろから始まったものか知りませんが、
真夏の盛りに綿入りの着物を着ての行列は滅茶苦茶暑いと思います。
特に近年は夏の暑さがきつくなってますからなおさらですね。
でもユニークで多彩な夏祭り、ぜひ残っていってほしいです。
 
 
sun fairy ringさん ♪
 
こんにちは。ただいま~
再開を待っていてくださって嬉しいです。ありがとうございます。
やっと何とか這い戻ってきました(笑) でも、ほんと眠くて。
こんなに疲れが抜けないのは、きっと毎日新たに疲れているからですね。
え~fairy ringさんはLiveでオリンピック応援していらっしゃるんですね。
今夜もなでしことかいろいろあって眠れないのでは?(^^)

小さな町の夏祭りなんですが、お神輿に、山車が4つとそれぞれ
歌舞伎役者が10人くらいずつ。ただでさえ暑い盛りに厚い着物にカツラ
がまん大会のようでしょうね。私が毎回見物するこの場所は、
往復の復路の終わりのほうなので、疲れもピークで
皆さん無表情で足を運ぶのが精一杯の感じです。可哀想に(^^;)
でも頑張って伝承していっていただきたいです~

ありがとうございました。
 
 
sun くらふぇさん ♪
 
こんにちは(^^)

まぁ お知り合いの方のお名前が「国府さん」とは! happy01
こくぶさん? こくふさん? まさか こうさん??
わが田舎は国府と書いて「こう」と読みます。
社会科でチラと習う「国府(こくふ)」に縁がある地名なんですよ。

ほんと日本のお祭りも多種多彩数多ですね。超有名なものは
TVで紹介されることもありますが、地域の人の間でだけ知られている
お祭りはいったいどれほどの数あることやら。

町並みは昔の方が古さゆえの味がありました。今は面影がすっかりなくなって、
残っているのは道の細さくらいかしら。

うふ 私のイメージと繋がってます?smile ありがとう。
離れてからの方が愛着育ってます confident
 
 
sun 横浜のおーちゃん ♪
 
こんにちは。
今回は2年の間を置くだけで見ることができました。
お祭りの維持は、小さな町でだとなおさら大変ですね。
成人したら町を離れる人も多いですし、新しく入ってこられた方は
なかなか主催側に関わっていきづらいでしょうし。
でも、少しずつの気持ちが集まればきっと続けていけるのではないかと
そんな気もしています。今のところは、ですが。
でも、暑い盛りの行列はかなり大変だと思います~(^^;)
ありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2012/08/03 15:02

こんにちは^^
お祭りに合わせて帰省とはいいですねgood
私の知り合いにも国府さんという方がいますよhappy01
花火の写真もよく撮れていますね。
昔ながらの行事は大切にしたいものです。

投稿: くまモンママ | 2012/08/03 15:11

sun くまモンママさん ♪

こんにちは (^^)
ありがとうございます。
お祭りに合わせた帰省は、長いことできずにいたのですが、
一昨年10数年ぶりにかなって、今回は2年ぶりに   happy01 scissors
あは くまモンママさんのお知り合いにも国府さんがいらっしゃいますか。
国府姓の方がたくさん暮らしている地域もあり、地名として残っている
地域もいくつかあるようですね。
花火の写真は、ほんとはお粗末なので並べてごまかしました(^^;)
離れて暮らしていると、なおさら伝統的な行事が残ってほしいと感じます。
子供頃まだ盛んだった国府市というのは残念ながらほぼ消滅して
しまったらしいですけれど confident
 
 

投稿: ポージィ | 2012/08/03 16:24

こんにちは。
故郷の祭、立派な祭りなのですね。
豪華絢爛で、これは見応えありそうです。
この地の方々の、熱意と誇りを感じますよ。
被写体としても、盛りだくさん、こんな祭りが近くにあったら、写しに行きたいです。
中で目を引くのが、花魁道中、写したいです!!

花火、私は未だに上手く撮れたことがないんんですよ。
綺麗に撮られましたね。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/08/03 17:18

こんにちは。
暑い日が続きますね。
なんだかんだと言い訳しながら、エアコンの効いた部屋でのんびり・・・・・・楽だけど、身体が鈍るばかり。

故郷のお祭り、いくつになっても懐かしいですね。
そのたびに歳が一つ若返ったような気分になりませんか???(笑)
この時期のおいらん姿も大変ですね。
手筒花火は一度見てみたいです。

投稿: ソングバード | 2012/08/03 17:57

ポージィさん こんばんは~

おかえりなさい

この暑さに体がついていかず、なかなか疲れが取れませんね~


国府祭り、2010年のものも見せていただきました
同じように、花魁さんにニンマリしてしまいました~

千葉に国府台(こうのだい)というところがありますし
国府田(こうだ)さんという苗字のかたもいます
国府と書いて「こう」と読むのは一般的なんですね
千葉に越して来なかったら、読めなかったと思いますcoldsweats01

花火の写真はとてもお上手ですよ
三脚を使われるのですか?
私は一度としてまともな花火の写真を撮ったことがありませんweep

投稿: glenn | 2012/08/03 19:46

 国府まつりは、いかがでしたが。happy01土日は、新城の方へ行っていて、行けませんでした。実は、手筒花火も見たことがありません。(家は遠州なので)国府の町の中には、入ったことがありませんが、古い街並みなどが、残っているのでしょうね。新しい住宅地なども出来ているようで、変わったところも多かったのではないでしょうか。happy01

投稿: のずちん | 2012/08/03 20:06

diamond 鎌ちゃん ♪

こんばんは。
小さな町なので、もっと大きく立派なお祭りは山とありますが、
なかなか盛りだくさんでユニークなお祭りだと思います。
でも子供の頃の盛り上がりと比べると寂しくなりました。
頑張って続けてくれている方々がいるのがありがたいですね。
2年前も中高年のカメラマンさんが付いて歩いていたのですが、
今回人数が増えてましたよ。鎌ちゃんもきっと素適なお写真を
お撮りになると思います。花魁さんも♪

花火は、今回打ち上げの方しか撮りませんでしたが、花火モードにして
脇を締めて手持ち。タイミングがなかなか合わなくて何枚夜空を写したことか。
大きな花火大会のような、バンバン連発で上がる花火ではないがゆえの
難しさもありました。トリミングしてごまかしてアップしました(^^;)
ありがとうございます。
 
 
diamond ソングバードさん ♪
 
こんばんは。
暑い毎日ですね!今日は室温が33℃になり風もなかったので辛かったです。
お散歩はもう2週間くらいパスしています。一人で歩いていて倒れたら
イヤだなと言い訳して。こんな暑さの中は無理しちゃいけませんものね。
明日はちょっと凌ぎやすくなるとか?

故郷のお祭り、こんなに懐かしく感じるようになるとは、実は自分でも
意外だったんです。2年前に十数年ぶりで見て、今回は2年ぶりで見ましたが、
う~ん 残念ながら若返ったようには感じられませんでした(笑)
暑い盛りのこの扮装は大変だと思いますよ~ ことに最近は夏の気温が
高くなっていますものね。今回は心配でたまらないお母さんがつきっきり
という青年もいましたsmile

手筒花火は勇壮ですよ~!感動します。あれを女の子もするようになったと
いうのですから驚きましたが、次回はぜひ見たいと思います。
ソングバードさんにもご覧いただく機会があるといいですね。
ありがとうございました。
 
 
diamond glennさん ♪
 
こんばんは~ ただいま(^^)

いつも回復が遅いんですけど、今回は特にです。暑さ疲れがあるからですね。

2年前の国府祭りも見に行ってくださったんですね、ありがとうございます。
前回の花魁さんは愛想の良い方で~ 今回の花魁さんの3枚目は
ほんとに女性じゃないかと思っています♪

千葉にも国府が入る地名があるんですね。国府台ですか。
そして国府田さん。どちらも読みは「こう」なんですねぇ。
私は「こう」と読む例を知らずにきましたが、結構あるんですね。
変換はしてもらえませんが~
 
今回の花火写真は手持ちです。シーン選択で花火モードにしておいて、
脇を締め、数撃ちゃ当たるとばかり、ひたすら撮りまくりました。
シュボッ ひゅるひゅるひゅるひゅる… ドーン ! の
どこでシャッターを押すか、タイミングが難しくて失敗の山。
ましなのをトリミングして並べて、ごまかしてありますcoldsweats01
 

投稿: ポージィ | 2012/08/03 20:47

diamond のずちんさん ♪

こんばんは。
2年前に行ったときが十数年ぶりでしたから懐かしさひとしお、
陰りが見えて寂しさもひとしおでしたが、今回の2年振りは
少しだけ賑わいが戻ったように感じられ嬉しかったです。
手筒花火は三河の狭い地域にだけ、どうして興ったんでしょうね。
神前での奉納花火なのですよね。のずちんさんは未見でいらっしゃい
ましたか。豊橋のものの方が盛大と思いますから、また機会がありましたら
ぜひご覧になってみてください。勇壮ですよ。

国府の中の古い町並みはずいぶん少なくなりました。
どんどん建て替わってしまいましたし、商店も激減です。
年に一度くらいしか帰れませんから、行く度にどこかしら変わっています。
長く離れていると、故郷の町でありながら自分はどんどん余所者に
なっていく寂しさがありますね。
 

投稿: ポージィ | 2012/08/03 20:57

 体が資本で~す!
今晩は~・ポージイさん(ご挨拶)

 余計な事ですが・・、あまりブログに集中しすぎませんように!
 疲れの他に、今度は「お目め」も疲れますよ・本当に!
ヒロは、意識的にコメントを控えておりま~す!
ごめんなさい(謝り)。
 本当は、お話ししたいことが沢山あるのですが、我慢・ガマン・がまんです!
 ところで神奈川方面でしたよね?
山口まではお疲れ様でした。
 ヒロも、さいたまから300キロほどの北方面になります。
 秋には、三崎に買い物に行こう思っていま~す。
 それでは。ヒロ・・でした。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2012/08/03 22:01

おはようございます。

暑い中の帰省でお疲れになったことでしょう。
でも故郷はいいものでしょう。
今ごろのお祭りは暑いですね。
江戸時代?の数々の衣装が素晴らしいです。
お化粧もあっていて、皆さん役者さんのように似合っています。
今までこんな行列に扮して練り歩いたことがありませんが、さぞかし暑いのではないかと心配になります。
そちらでも沿道のお店がだんだんなくなっているそうで寂しいことですね。
花火がきれいに撮れています!

投稿: tona | 2012/08/04 08:36

cloud  ヒロ・・もんたの一年さん ♪

こんにちは。
色々とお気遣いありがとうございます。体が資本、仰るとおりですね。
無理はしないよう気をつけます。

現在の住まいは神奈川です。今回帰省したのは私の故郷で、
山口ではなく愛知なんですよ。
初めて新東名高速を利用して、車で行って来ました。
ヒロさんの故郷は信州方面でいらっしゃるのかしら?良い所でしょうね。
神奈川の三崎といえば、まず思い浮かべるのはまぐろ。
けっこう距離ありますから、その際にはお気をつけて♪
 
 
cloud tonaさん ♪

こんにちは。

暑さは家でも鍛えているのですが(笑)、寝床が変わるとどうしても
寝不足になって、その疲れが大きかったように思います。
弱くて情けないです。でもやっと戻ってきました(^^)

はい、やっぱり故郷はいいものですね。離れて暮らして長く、
もうすっかり余所者になってしまった感じはありますがやはり愛着があります。
伝統的な夏祭り。近年の夏は暑さがましていますから、この扮装で
練り歩くのは辛いと思いますよ~ 熱中症対策は考えているでしょうけれど、
今回は心配で張り付いて世話を焼いているお母さんの姿も見られました。
さすがにちょっと違和感覚えましたけれど。
子供の頃は、写真に撮った場所も両側に古くからの小売店が並んでいましたが、
今はもう1~2軒しか残っていません。
小さな町ですから、スーパーができたらとても成り立たないのですね。
花火ありがとうございます。トリミングして並べてごまかしました~(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2012/08/04 14:41

ポージィさん
こんばんは
お久し振りです
田舎に帰られていたのですね
親孝行することができて良かったですね
私は、「親孝行したい時には、親はなし」です
出来るときに、一杯親孝行をしてあげてください

今日は、地名・人名の読みの難しさで盛り上がっておりますね
ここで、質問です
『一口』は、何と読むでしょうか?
ヒント:地名です

ポージィさんのお名前と同じ地名はありますか?
私は、数年前に自分の苗字と同じ地名を見つけました
気になって、わざわざどんな所か見に行ってきました
感動したというか、変な気持ちになりましたね

投稿: ジジフク | 2012/08/04 22:10

おはようございます、
郷里での楽しいひと時を過ごされて良かったですね。
暑い時あのお衣装で練り歩かれるのは大変でしょうけれど
これがお祭りの極意、皆様も楽しまれるわけですね。
こちらでも黄門まつり真っ最中、昨日は黄門様御一行の
道中もありました、
今日は山車が繰り出され市の中心の道路は大賑わいでしょう。
昨年は夜にカメラ持って自転車でその辺まで行き、
少しトライで撮ってきました、もう1年が経ちましたね。
花火のお写真がとても綺麗、お上手に。
花火は一昨日に行われましたが以前に撮ったのでもう
沢山、大変でしたから。
お身体休めてくださいね。

投稿: 玲 | 2012/08/05 09:54

ポージィさん、こんにちは!
素敵なお祭りですね♪仮装されている方々、きっとお暑いのでしょうけれど、写真でこうして見るとキリリとしていて涼しさを感じます。カッコイイ!

昨日はあつぎ鮎祭りの花火大会でしたが、写真を撮るのは挑戦せず、でした。綺麗な色が出てますね~^^花火も年々カラフルになるような気がします。

投稿: Sanae | 2012/08/05 11:16

sun ジジフクさん ♪

こんにちは。
28~30日で故郷へ帰ってきて、その後すぐには復帰できずにいました。
残念ながら親孝行はもうとうにできなくなっていますが、
伯父伯母孝行?には少しはなったかもしれません。顔を見せただけですけれど。

「一口」の地名、ひとくち・いっこうといった当たり前の読み方しか
わからず、検索してみました。「いもあらい」ですか!?
どこをどうひねったらいもあらいになるやら。こんな地名があるのですね。
私の名前は現姓も旧姓も地名にあるようです。ジジフクさんのの方が
ずっと珍しいと思いますから、同じ名前の土地を訪ねてみたくなられたのも
分かる気がします。もしかすると、遠いご先祖様がその土地に縁が
おありだったやもしれませんね。
 
 
sun 玲さん ♪

こんにちは。
ほんのひとときですが、気のおけない懐かしい面々と再会できて
楽しく過ごしてきました。
お祭りは、暑い盛りにあの衣装は大変だと思います~
昔はこのお練りには大量のビールと大量の爆竹がつきもので
さらに暑苦しさが増していましたが、いつからか爆竹はゼロに、お酒も
ほとんどなくなったようです。
水戸のお祭りは国府祭りの何十倍もの盛大なものでしょうね。
黄門様ご一行も見応えがありそうです。

花火写真はトリミングして並べてごまかしています。演出効果ですね(^^;)

ありがとうございます。もうほぼ元に戻りました(^^)
 
 
sun Sanaeさん ♪

こんにちは!
小さな町のお祭りなんですが、なかなか盛りだくさんでユニークですよね。
1日目の手筒花火に2日目の御練りと打ち上げ花火・仕掛け花火♪
でも、子供のころの盛りあがりはなくなってしまっています。
仮装の方たち、相当暑いと思いますよ~ 頑張ってますね。
疲れきって表情一切なくなってる方も…(^^;)

あつぎ鮎祭りでしたか。この辺りではかなり大きな花火大会なのですよね?
一度も行ったことないのですけれど。
この↑打ち上げ花火は、伯母の家の庭の芝生に寝転がって見ることが
できるんです。贅沢でしょ♪ 写真はカメラの花火モードにお任せ。
シャッターを押すタイミングが難しかったですけど、数撃ちゃ当たる、で(笑)
 
大きな花火大会の花火はどこもすごいようですね。
国府祭りのは昔ながらの ドーン 間 間 間 ドーン 間 ドーン
って感じですよ(^^)
  

投稿: ポージィ | 2012/08/05 16:58

ポージィさん愛知帰省中でしたか♪
お疲れが出たそうですがもう元気回復、なのですね。
よかったです~♪

郷土のお祭りも楽しめて、いい夏休みだったようで幸いでした!我が家はこれからです。
涼をもとめて寒い国、が定番になってきましたが、
少し時期をずらさないと。
ここのところまた海外出張がつづき飛行機疲れです。

我が家はふたりとも東京出身。
ここが田舎だなぁ、としみじみ愛着を感じていて、コンクリートジャングルでかわいそうとかかつて子供の頃識者の言葉がいろいろありましたが、もとから都会っ子だとそういう感じ方じゃなくて。

旅が最大の趣味なので津々浦々旅してきましたが、旅で味わう情緒と、そこに暮らして育まれるものと。
それもまた別ですね。
ポージィさんお住まいのあたりは自然がいっぱい?
たまにのぞくと河原とか小さなお花の世界がゆたかですねぇ!うちはビオトープで蓮見ています。人工美に酔っていますよ。

ひきつづきお元気で、今年の夏を満喫しきってくださいね。わたしより丈夫でらっしゃるので心配ご無用ですね^^;


投稿: mimo | 2012/08/05 19:02

ポージィさん
こんばんは
さすが、ネットを利用して調べるのは慣れておられますね
そうです、“いもあらい”が正解です
もう、お分かりでしょうが、琵琶湖にあります
京都出身の先輩に聞いた話です
琵琶湖につながっている川は、沢山ありますが
殆んどが琵琶湖へ流れ込む川で、流れ出る川は、たったの1本
淀川です
琵琶湖から淀川への出口の所が、イモの洗い場になっていたそうです
出口が1箇所しかなく、そこでイモを洗っていたから
“一口”と書いて、“いもあらい”と呼ぶようになったそうです
嘘のような本当の話です
しかし、昔の人は、洒落っ気がありますね

投稿: ジジフク | 2012/08/05 22:26

cloud mimoさん ♪

こんにちは。
今回は普通の週末ですが、夏祭りを機に高齢の伯父伯母はじめ身内に
会うのが最大の目的の帰省。近くならもっと頻繁に足を運びたいところ、
ゆっくりしようと思うと泊りがけにならざるを得ません。
出かけたら疲れてすぐに戻れませんでした。
夏休みはうちもこれからですよ。

故郷については、夏休みなどに遠方の田舎へ帰る友人が羨ましかった
という方もいれば、毎回遠くへ帰省しなくていい方がありがたい、という方も。
土地柄については、不便でも自然豊かな土地が好きな人もいれば、
都会の綺麗で便利な暮らしが性に合う人もいる、等々人それぞれ事情も
感じ方も好みも様々ですね。

少し飛行機疲れとのことですが、しっかり回復につとめられ、
また良い夏休みをご計画なさってください。
 
 
cloud ジジフクさん ♪

いえいえ「地名 一口」で検索したら一発で難読地名としてヒットしました。
由来を教えてくださってありがとうございます。
二つのことがあわさっての「一口 いもあらい」でしたか。面白いですね。
昔の地名には、土地の特性や歴史などがあって興味深いです。
近年、消えてしまった昔ながらの地名も数多いですけれど、
安易にひらがなにしたり人気のあるものに替えたりは、もったいなく、
後々困ることも起きたり、問題あるなと思っています。
(昨年の震災後、古地図を求める人も増えたそうですね)
 

投稿: ポージィ | 2012/08/06 08:50

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/55322060

この記事へのトラックバック一覧です: 国府祭り - 2012 -:

« 一日の始まり - ナミアゲハ - | トップページ | 澄みたるは露草の青 »