« 秋の出会い 2012年 10月 | トップページ | ススキ八景 »

2012/11/23

おーい お茶の花

今日から3連休の方も多いでしょうね。初日の今日は寒々とした日になるようです。
お休みの方もそうでない方も、体調管理にはお気をつけくださいね。
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
皆さん、お茶 japanesetea はお好きでよく飲まれますか? 私は濃い目緑茶、大好き♪
では、お茶の木や花をご覧になったことはおありでしょうか? 
私は、実家の周囲にお茶の生垣があったので、幼いころからお茶の木も花も普通に
目にしながら成長しました。 もっとも、身近にありすぎてよーく見た事はなかったの
ですけれど(^^;)
 
そのお茶の木の花が10月末になって咲き始めました。現在のご近所でも、畑の生垣
などにお茶の木が植えられているところがあるんです。
 
ちなみに、今日アップのお茶の木は、昨年はチャドクガの毛虫が大発生で shock
丸坊主になっていましたが、今年は被害に遭わず元気に葉を茂らせたくさんの花を
つけています。 10月末の咲き始めに撮ってきましたよ。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclub
 
 
 
    121026tya4
 
   葉は濃い緑色で艶があり、葉脈部分がくぼんでいて、全体に波打っています。
 
               白いころんとした花が可愛いですね。
 
 
 
 
    121026tya3
 
          直径 7~8mm のコロコロの蕾がいっぱい (10/26)
 
 
 
 
    121026tya1
 
 
                花は下向きに俯いて咲きます
  ころんとした形に咲くことが多いのですが、これら↑↓は花弁が反り返ってました。
 
                花の直径は 2.5cm くらいです。
             それにしてもすごい数のオシベですね!
 
 
    121026tya2
 
 
 
 
    121026tya6
 
 
      この花はころんとした形ですが上向きに咲いていて… お客さんが happy01
            一生懸命なんだけど、思わず笑っちゃう姿は
            クリックで大きめ写真を見てみてくださいね。
                おしりが可愛いかったョ~♪
 
 
    121026tya7
 
 
 
 
  「チャノキ(茶の木)」 (「チャ」) : ツバキ科 ・ ツバキ属
                       チャノキは亜熱帯原産の植物で、寒さには
                       それほど強くないそうです。
                       栽培は秋田県や岩手県などでもされている
                       ものの自家用とみられ、商業用の栽培北限は
                       茨城県・新潟県以南となっているようです。
                       (北海道では温泉熱による栽培が試みられて
                        いるそうですよ。)
 
   

|

« 秋の出会い 2012年 10月 | トップページ | ススキ八景 »

コメント

ポージィさん
おはようございます
お茶の花は、まだ見たことがありません
花が咲くということは知っていましたが、一度は実物を見てみたいと思っています
埼玉か静岡へ行かないと見れないでしょうかね

↓ 色々と見せていただきました
例え、綺麗な写真や珍しい写真ならば、旬がずれていても大歓迎です
チカラシバのしごき、刈り取った稲束のはさ掛けは、懐かしいですね
特に、はさ掛けは、辛かった作業を思い出します
稲束を半分に分けて掛けるのではなく、1/3位に分けこれを交互に掛けるなどを教えてもらいながら作業しましたね 

投稿: ジジフク | 2012/11/23 10:03

japanesetea ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
お茶の花、。まだご覧になったことありませんでしたか。
ツバキの仲間だなぁと感じつつ、お茶の花の素朴な可愛さと
白花の美しさに、ツバキ以上に惹かれてしまいます。
 
>埼玉か静岡へ行かないと見れないでしょうかね
 
そんなことはないですよ。関東各地でもお茶は栽培されていて、
千葉でも栽培されているようですよ。
案外、よくいらっしゃる花の美術館にも敷地内に植えられていたり
しないでしょうか。
 
前記事もご覧くださってありがとうございます。
チカラシバでの遊びや稲のはさ掛けは、ジジフクさんにとっても
懐かしいものでいらっしゃいますか。
はさ掛けは作業をされたこともあるんもですね。やはり重労働ですか。
束の分け方・掛け方、初めて知りました。
気候風土に合った長年の知恵に裏打ちされた方法ですが、
重労働なのですね。機械乾燥に変わってほとんど見られなくなったのは
そういうことなのですね。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/23 11:22

おはようございます。
子どものとき、自家製のお茶を祖母がよく作りました。
そのための茶摘みを手伝ったりして、茶の葉や実には覚えがあるのですが、
何故か、花の記憶はないんですよ。
茶を摘む季節とは離れていたから、見る機会がなかったのでしょうね。
椿や山茶花の仲間ですから、花もよく似ていますね。
おやおや、お客さんがきていますね。
ここで、お茶して一服というところでしょうか。
癒される光景です。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/11/23 11:26

私もお茶好きです
今も美味してお茶飲んでいます

それにしても今日は寒いですね

投稿: フクちゃん | 2012/11/23 12:47

こんにちは!

チャノキ ツバキ科の植物!
コロンとした花がとても可愛くって。
白がまたいいですね。
花嫁さんの白無垢を連想します。

ミツバチさんのあんよには花粉塊がいっぱいついていて重そう~!

蕾もコロンとしていてとっても可愛いです。

投稿: fairy ring | 2012/11/23 12:54

ポージイさん 始めまして フクちゃんブログから
きました
お茶大好き党 こちらでは余り見かける事
ありません 見かけても小さな垣根です
手入れが無いのでしょう お花もこんなに
奇麗ではありません

この花は種になるでしょうか!
可愛く奇麗 見直しました 有り難うございます

投稿: mariyo6 | 2012/11/23 13:43

japanesetea 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。

まぁ、自家製のお茶を作っていらっしゃいましたか。
鎌ちゃんもお手伝いをされていたのですね。
実家の周りや、現在の住まい近くで見られるお茶の生垣も、
自家製茶を作った名残なのかもしれません。
そういえば、私の父も近くの生垣から少しばかり茶摘をして
蒸らしてよってお茶作りの真似事をしたことがありましたよ。
今思い出しました。全然美味しくなかったです~~(^^;)

花のご記憶はないのですね。茶摘と花の時期の違いもあるでしょうし、
もしかすると刈り込み時期によっては花芽が付かないというのも
あったかもしれませんね。
 
ツバキやサザンカよりだいぶ小振りですが、それでもよく似ていますね。
うふふ 花の中に身半分すっぽり埋もれているハチさん、可愛いですよね。
夢中になっていてカメラにも気付かないようでした。
こういう光景に出会うと癒されますよね。
 
 
japanesetea フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
フクちゃんもお茶好きでいらっしゃいますか。
パソコンのお供にもお茶ですね(^^)
あったか~いお茶がことのほか美味しい季節になりました。
 
ほんと今日は冷え込んでいますね。
暖かくしてお過ごしください。
 
 
japanesetea fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。

お茶の花はとても可愛いですね。素朴で白さがピュアで。
 
>花嫁さんの白無垢

あぁ、ほんとそうですね! 白無垢・綿帽子…そんなイメージです。

うふふ ミツバチさん、こんなに花粉をくっつけてるのに
まだまだもっともっと!って感じですね。
後で飛び立つときさぞかし重かったろうと思います。
 
お花もコロン 蕾もコロコロ 実もコロコロ 可愛いですね(^^)
 
 
japanesetea mariyo6さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは、初めまして(^^)
ようこそお越しくださいました。

mariyo6さんもお茶大好きでいらっしゃいますか。
でも、お茶の木はあまりお会いになりませんか。
うちの近くが、元々農家さんがたくさんお住まいだった地域なので、
それで畑の境界の生垣にお茶の木を植え、自家製茶も作っていたのかもしれず、
その名残かもしれません。お茶の畑はないのですけれど。

今回花が綺麗に咲いたお茶の木はポツンポツンと2株ほど残っているもので、
手入れはさっぱりされていないようです。昨年チャドクガで丸坊主に
なったので、今年は2年分たっぷりと蕾を付けたのでしょう。
次々に咲いて綺麗です。
 
花後にはツバキの実に似た実ができますよ。実もやっぱりコロンとしています。
 
こちらこそありがとうございました。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/23 15:05

お茶の花、懐かしいですね、昔通る道の生け垣に
お茶の木が沢山、お花も随分見ていました。
最近あまり見かけなくなって、ブログでお花のお写真があると
私も撮りたいと思うのですが。
落ち着きのある静かなお花ですよね、お客さんも見えるのですね。
これだけ蕊が元気よく、虫さんたち目立ちますし
香りも良いのでは、日本茶が香りいいからって、
ちがうちがう、
お茶には日頃お世話になっていますよ、無ければ夜も日も明けないとはこのお茶の時間。

投稿: 玲 | 2012/11/23 19:12

私も緑茶の濃いのが大好きです。お茶の中では1番です。そこに餡子ものがあれば最高です。それだけで幸せです。
お茶の花ってきれいですね。いい香りもしますし。
本当に蕊が多いですね。一体幾つあるのでしょう。
狭山丘陵に狭山茶になるお茶の花が今年もいっぱい咲いていました。
椿もですが茶毒蛾だけは刺されたことがあるので気を付けています。

投稿: tona | 2012/11/23 19:38

japanesetea 玲さん、ありがとうございます ♪
 
まぁ、そうでしたか。かっては毎日のようにご覧になっていたお茶の木
だったのですね。やはり生垣でしたか。私が馴染みのあるのも生垣に
植えられたお茶の木です。お茶畑は東名高速や新幹線の中から
眺めるくらいなのですが。
お茶の生垣もだんだん少なくなり、身近で見る機会もへってきている
のでしょうね。今も家の近くで見られるラッキーに思い至りました。
もっと大事に愛でねば。
今回は目の前にお客さんも訪れてユーモラスな姿を見せてくれて
楽しかったです。花にはほのかな甘い香りが(^^)
茶葉japaneseteaの香りも良いですよね~
うふふ 玲さんにとってもお茶は切っても切れない存在。
ほっかりできのども心も潤うお茶の時間は大切な時間ですね♪
 

japanesetea tonaさん、ありがとうございます ♪

ウフ tonaさんも濃い目緑茶がお好きですか。濃いお茶と餡のお菓子。
合いますよね~ はい、幸せになれます(^^)
 
お茶の花はツバキともサザンカとも違う魅力がありますね。
素朴で飾らない美しさ可愛らしさを感じるのは、色と小ささゆえかも。
そうそう、ほんのりいい香りもします。このシベの多さには驚きますが、
これだけあっても重くは感じられませんね。
 
狭山丘陵といえば狭山茶。茶畑のお花をご覧になったのですね。
茶畑にいっぱい咲く花の様子、見てみたいです。
 
ツバキの仲間はチャドクガが要注意ですね。
刺されたことがおありとは、ひどい目に遭われましたね。
今年写真を撮った木↑は、昨年チャドクガがびっしりでしたから、
近くを通るときはできるだけ離れて通ってました。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/23 20:45

こんにちは!
お茶の花は小さなツバキですね。
お茶の実もツバキの実ににていますね。
同じツバキ科ですから似ているのも当然でしょうか。

子供の頃、畑の周囲をお茶の木で囲ってありました。
上等なお茶ではありませんでしたが、番茶みたいなものを家でつくっていいました。
プーンとお茶の香りがして嬉しかったことを思い出しました。

投稿: 生駒の風 | 2012/11/24 15:04

ポージィさん こんにちは

お茶の花は小さい頃から目にしていました

コロンとした花、たくさんのシベ
もう少し経つと茶色の実が沢山できますね
その身を投げて遊んでいました~^^

>チャノキは亜熱帯原産の植物で、寒さにはそれほど強くないそうです。

そうなんですか~
この頃鹿児島のお茶(知覧茶)を飲んでいますが、適したところなんですね
佐賀の嬉野茶もしっかりした味で好きです

ポージィさんは濃い目がお好きなのですね
濃いお茶と羊羹 いただきたくなりました~^^

投稿: glenn | 2012/11/24 16:50

japanesetea 生駒の風さん、ありがとうございます ♪

こんにちは!
小さなツバキですよね~(^^)
花より葉の方に力が注がれてきた?からか、お花は素朴さを
保った姿をしているのでしょうかね。この素朴な美しさ可愛らしさが好きです。
 
お子さん時代を過ごされた場所では、やはり畑の周りがお茶の木の
生垣で囲まれていましたか。
今、私が住んでいる所のご近所にはそういう畑がいくつか残っているんです。
やっぱり、お茶の生垣からは自家製のお茶を作っていたのですね~
子供の頃、父が見よう見真似?実験?で、家周りの茶葉を摘んで
お茶を作ろうとしたことがありました。やり方が悪かったのか、
残念ながら香りも立たず全然美味しくありませんでしたけれど。
何だかちょっと似たような思い出があって嬉しいです。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/24 16:52

japanesetea glennさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
glennさんにとっても、お茶の木はお子さん時代から馴染みある木
なのですね~(^^)
そうそう、花の後には実もいっぱい生りますね。
ん? その身を投げて遊んでいらしたとな?
私はそれはしなかったな~笑

そうなんです。チャノキは寒さにはあまり強くないそうで、
なるほどそう言われれば…と思いました。
各地に色々な産地とブランドがあるようですね。
お茶好きなのにそういうのには疎いのですが、しっかりと濃いお茶の味が
するのが好きです。濃いお茶にはやっぱり和菓子ですよね。
羊羹も合いますね~ wink

投稿: ポージィ | 2012/11/24 17:00

こんばんは。
今日の午後、大和方面のスーパーまで歩いて往復したのですが道々の生け垣にチャノキがたくさん咲いていました。
中にツツジもポツポツ咲いていましたが。
チャドクガは厄介ですね。でも花の時期にはいないのがせめてもの救いです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/11/24 18:33

こんばんわ~
お茶の花って本当に可愛いですよねheart04
ポージーさんのご実家の周囲に植えられていたのですか
子供の頃の話ですが・・・ロココの実家近く
雑木林の縁にも数本植えられていました。
野山が遊び場だったロココは冬の初めの頃に
雪をかぶったかわいい白い花を、今でも鮮明に思い出す事が出来ます。
今は植えた人もいなくなり、お茶の木も消えてしまいました・・・。
ロココは抹茶が大好きですが、しばらく飲んでいないな~
先日戸棚を整理していたら、茶碗二つと茶せんが出てきました。
ポージーさんの記事でお茶の花を見て、久しぶりに抹茶が飲みたくなりました。

投稿: ロココ | 2012/11/24 20:25

ないないないです~

お茶の花~お茶に花が咲くんですね~
知らなかったよ~
こんな可愛い花が咲くなんて驚きです~

自分勝手に、お茶は、若い葉を摘むから花芽も摘んでしまって咲かないんだと思っていました~
本当に雄しべの数の多いこと。
そして、、、丸っこいのもいいなあ~
また、、ひとつお勉強。。。。
うれしい!!新しいことを知るのは、私にとって喜びの一つです~ありがと。

ミツバチ、、、?
のおしりフリフリは、、、可愛い。
ひと目もはばからず、、、一生懸命~
なんて、はばかっていられないのだろうけれど、、、、
みつばちマーヤの冒険。。思い浮かべてしまいました。

投稿: 野花 | 2012/11/24 22:16

japanesetea 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
まぁ ちょうどお茶の花をご覧になったところでしたか(^^)
やはり生垣のチャノキなのですね。結構長い花期が長いですよね。
うちの近くのもまだまだたくさん咲いています。
おやおや、返り咲きのツツジも仲間入りしていましたか。
この写真を撮ったチャノキは、去年は丸坊主被害でした。
チャドクガは葉などに残った毒針でも炎症を起こすと聞きましたから、
姿が見えなくなってもしばらく近寄らないよう敬遠していました。
 
 
japanesetea ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
お茶の花、可愛いですよね♪
そうなんです、実家の隣の畑の境の生垣としてずらりと。
そして今住んでいる地域でもあちこちで畑の生垣として植えられています。
ロココさんのご実家近くにも植えられていましたか。花が咲いて間もなく
雪の季節を迎えたのですねぇ。ロココさんの思い出の中の
雪を被った白いお茶の花、想像してます…

あ、お抹茶も美味しいですね。独身の頃、伯母に少しの間茶道を習っていた
ことがあって、和菓子をいただいた後のお抹茶が大好きでした。
お抹茶、ぜひ久し振りに茶筅でしゃかしゃかたてて味わってください(^^)
 
 
japanesetea 野花さん、ありがとうございます ♪

こんばんは~
お茶の花、初めてでいらっしゃいましたか。こぉんな花が咲くんです。
可愛いでしょう(^^)

茶葉の栽培のためのお茶畑では、花は咲かせないかもしれませんね。
実家へ帰るとき東名高速を走ると、静岡辺りで茶畑が広がる光景を
見ることがありますが、白い花がたくさん咲いている茶畑は一度も
見た事がないですから。

お茶の花のオシベは花が小さいだけに目立ちますよね。本数も多いし!
この目立つオシベたちと蕾や花のコロンとした形、みんな可愛いですね♪
ウフフ 野花さんにもお茶の花の魅力を知っていただけてよかった(^^)
 
花に頭突っ込んでたのは多分ミツバチだと思います。
この無防備で夢中な様子も可愛いですよね。一生懸命!
あらぁ 私も働き者のミツバチさん見ると「みつばちマーヤの冒険」
思い出しますよ。一緒ですね~
 

投稿: ポージィ | 2012/11/24 23:45

おはようございます。
めっきり冷え込んできましたね。
朝、起きるのがだんだん辛くなってきます。
以前は結構お茶の木が生垣代わりに植えられてたみたいですね。
そういえば、遠い昔の高校時代、友人の家にも生垣にお茶の木があって自家製のお茶を作っていたのを思い出しました。
苦かったような思いでしか残ってませんが・・・・・(笑)

投稿: ソングバード | 2012/11/25 07:39

こんにちは。
お茶の花・・。お茶の木に花が咲くなんてビックリです。
でも、当たり前か。
ツバキ科なんで、お花はツバキに良く似てますね。
葉がね、こんなに硬そうなのに驚きです。
アタシ、お茶のことな~んも知らなかったなぁ。
この葉で、お茶をだすことを発明した人、
なにがきっかけでしたんだろう。
食べ物みんなそうですけど。
色んな人の知恵を色んなものから与えられてますね。happy01

投稿: くらふぇ | 2012/11/25 12:12

japanesetea ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
冷え込んできましたね。今日辺りは12月や1月の気温と言っていましたね。
冬はエルニーニョ現象終息で低温傾向だそうですよ。
ほんとに、寒く暗い朝は起きるのが辛いです(;_;)

農家ではお茶の木を生垣に植え、自家用のお茶にしていたお宅も
多かったのでしょう。その名残が、今わが家の周りにもまだあります。
ソングバードさんのお友達のお宅にもあったのですね。
そうした自家製のお茶は、現在私たちがいただくお茶の味のようには
いかなかったでしょうね。
 
 
japanesetea くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
身近にないとお茶の木も花もピンときませんよね。
お茶畑はTVなどで見るチャンスもあるけれど、花となると
紹介されることなんて滅多にないかも。
そうなの、ツバキ似で、もっと小さくて素朴な花。可愛いのよ~。
葉っぱも硬そうでびっくりよね。私たちがいただくお茶は新芽を摘んだもの
だそうですよ。それを蒸して揉んで乾燥させてお茶っ葉に。
お茶japaneseteaの始まりってどんなだったのでしょう。
そうそ、くらふぇさんが仰ってるようにどんな食べ物でも、
いちばん最初に発見したのはどこの誰がどんなきっかけで?って思いますよね~
勇気も要ったでしょうし、食べ物によっては命を落とした人だっていたはず。
ほんと、ご先祖さまたちの知恵には心から感謝ですよね confident
 

投稿: ポージィ | 2012/11/25 16:28

 今晩は~・ポージイさん
 今日も沢山のコメント、お疲れ様で~す!

 帰宅早々休みなく、今日も朝から作業・さぎょうでした。
 午前はまな板の仕上げ準備や・・・。
午後は渋柿採りや、植木の・・他を。
先ほどまで渋柿の柿酢造りをして、ようやく今食事をしながらのコメントで~す、ふうっ~!

 お茶のお花!
なつかしい~ナ~・です。
 子供の頃に、小学校からの帰り道よく花を摘んだり、種を採ったりしたものです。
 更に中学時代には、通学路は違うのですが、新芽の時期にそこから新芽の採取!
蒸して板の上で揉み、乾燥させてお茶を飲んだことを想い出しました。
ありがとうございま~す。
 更にさらに、現在もですがお姉さん(兄嫁)が濃いお茶が大好きで、茶碗の底が見えない程のを飲んでいます。
自然と私も・・・、但し、底は見えた状態ですがね(笑い)でも濃いのを!
 こちらに来てから、茶道を始めたのもそんなことがあったからでしょうか?濃茶も大好きでしたよ!

 リンゴや紅葉に・・・、おいおいと投稿させていただきますね。
  それでは・失礼いたします。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2012/11/25 21:43

japanesetea ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
ヒロ・・もんたさんは、ほんとに色んなことをよくご存知で、
またそれをご自分でこなしてしまわれるのですね。
自然の恵みを利用しての手作りのお酒等も、初めて見聞きしたものが
たくさんあります。
 
お茶の木にまつわる思い出もたくさんおもちですね。
中学時代に新芽で自家製お茶を作られたお話を伺って、現在の色々手作り
されているところに繋がりました。当時から手作りにご興味ご関心が
おありだったのですね。身の回りのことへの好奇心や探究心も豊かで、
茶道へも繋がっていらっしゃるのですねぇ。
たくさんのことをして忙しくされながらも、充実していらっしゃる様子が
伝わってきます。 昨日もお疲れさまでした。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/26 09:13

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/56007074

この記事へのトラックバック一覧です: おーい お茶の花:

« 秋の出会い 2012年 10月 | トップページ | ススキ八景 »