« 空模様 | トップページ | うすむらさきよ -カントウヨメナ- »

2012/11/30

タカサゴユリの実

一昨日・どんより曇り空+小雨、昨日・晴れのち曇り、今日・曇り。このところお天気が
くるくると目まぐるしく変わりますし、また寒気が入ってくるようですね。
皆さまどうぞお気をつけて。
 
さて、8月21日の記事でご紹介させていただいた、庭のタカサゴユリが結んだ実を
撮ってみました。 じっくり観察する予定が、豊川へ行ったりきたりしている間に
いつの間にやら熟してパックリ開き、種もこぼれ始めていました。
以前にもアップしたことがありますが、初めて見てくださる方もいらっしゃいますね。
こんな実と種なんですよ~。
       (club写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclub
 
 
 
         120820takasagoyuri10
 
        まずは‘おさらい’  こんな花でした。 やがて花が散り…
 
120824takasagoyuri2 120828takasagoyuri_2
 
 
 
 
    121114takasagoyuri_mi1
 
     8月末からひと月半ほどかけてずっかり熟し乾いた実が割れ始めました。
 
 
 
 
121114takasagoyuri_mi7 121114takasagoyuri_mi4_2
 
          縦に隙間が開いて 先端がカーブを描いて広がって
              隙間にネット状に繊維が残るのがミソで
      種を受け止めつつ 風が入りやすい=舞いやすい のだそうです。
 
 
 
 
         121114takasagoyuri_mi5
 
           種は直径 5mm 位のヘラヘラ とても軽くて大量
 
 
 
 
    121114takasagoyuri_mi2
 
 
 
 
    121114takasagoyuri_mi8
 
          風に巻き上げられたり  茎ごと傾いてこぼれ落ちたり
                  もうだいぶ減っています
                 どこから芽が出てくるかな?
 
 
 
 
          「タカサゴユリ(高砂百合)」 : ユリ科 ・ ユリ属
 
    

|

« 空模様 | トップページ | うすむらさきよ -カントウヨメナ- »

コメント

種も巧妙に出来ているのですね。
植物の工夫に感心します。
ネット状に繊維が残るのも芸術ですね。これが風が入って舞いやすくしているとは!
美しくさえ感じます。ある人々の刻まれた皺が美しく見えるように。
実際にこの種によってタカサゴユリがお庭に増えていっていますか?

投稿: tona | 2012/11/30 08:42

おはようございます!

タカサゴユリに限らず ユリの果実ってオブジェになりますよね~
見つけるとうれしくなります。
以前 伊豆の山のなかでたくさんのウバユリの果実を採取して それ以来アケビの籠にたくさん入っていてオブジェとなっています~~

このタカサゴユリのも確かあったと思います。
種子はペラペラで何千という数あるのでしょうね。
ウバユリの種子 蒔いたことありますが 全く芽が出ませんでした~
考えたら これが全部どこかで芽吹いたらユリだらけになってしまいますよね~
そうはいかない自然の摂理があるのでしょうね。

ポージィ さんのことですから アレンジメントに使われるのでしょうね。

投稿: pole pole | 2012/11/30 09:54

この種が飛んできて色々な所に咲くんですね
花は綺麗ですものね
良く観察しました
そちらからこちらまでは来ませんよね
それにしてもすごい生命力です

投稿: フクちゃん | 2012/11/30 11:26

ひょええええ~。coldsweats02
びっくりだ~。初めてみるし、存在感に圧倒されたっsign01
お花の時も存在感あるけど、実がすごいっsign03
3枚目の写真の花弁がなくなった緑のとこがこんな風になるんですか?
ええ~、もうビックリだぁ。
バナナの親戚みたいだ。banana

1~3枚目の写真。セリフを入れながら見てしまった。smile
1枚目「しっかり咲いてるぜぇ。綺麗だろ、立派だろ。crown
2枚目「さて、そろそろしまいじゃ。ちょっと疲れたわい。sweat02
3枚目「花弁なくなって落ち武者のようだが、このままでは終わらん。実がなるのを待っとけよぉ。rock
アホなコメント失礼しました。coldsweats01

投稿: くらふぇ | 2012/11/30 12:20

ポージィさんのところで知ったタカサゴユリ。
結構あちこちで見かけますよね。
背高のっぽさんで、まるでモデルさんのよう。
そして強くたくましく生き続ける。
私もそうありたいです。
あ、見かけはどうしようもありませんけど・・・ね。

投稿: koko | 2012/11/30 12:52

こんにちは。
 
綺麗な花の跡は 意外に無骨な実が出来るのですよね。
 。
本当に 自然と言うのは よく出来ているものですね。
舞いやすいように出来たカプセルと
舞いやすく出来ている種。
 
来年、どこから芽が出てくるか 楽しみですね (o^-^o)

投稿: 花mame | 2012/11/30 15:13

present tonaさん、ありがとうございます ♪

こんにちは。
 
他のユリの実は間近で見た事がないのですが、実が生るものは似た風でしょうね。
精巧にできてますよね。種はもっと正確に言えば周囲に羽が付いている
ぺらぺらの円盤ような形で飛びやすくなってますし。
すっかり枯れてからの姿のこの美しさは、人の顔に刻まれた皺にも共通しますね♪
 
最初にわが家にやってきたのも、どこからか舞いこんだ種からで、
その後も毎年どこからか細い1本きりの葉(芽)が出てきます。
種の数からしたらほんのわずかですけれど。
 
 
present pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
仰るようにユリの実は天然のオブジェのようですね。
私は庭にタカサゴユリがやってきてくれたからこそ見て手に取ることが
できました。綺麗な状態で乾いたら冬に切って取っておきますが、
まだそれでアレンジメントを作ったことはないです。
いつか何かに使えないかな、と思いつつ…
pole poleさんはウバユリの実を、これまた素適なアケビの蔓のカゴに
入れて飾っていらっしゃるのですか。良い雰囲気でしょうね。

こんも実の中に、いったいどれだけの数の種が入っているのでしょうね。
ウバユリの種は発芽しませんでしたか。繁殖しやすいタカサゴユリも
そんなに簡単には発芽しませんね。全部発芽していたら、うちの庭は
足の踏み場もないことになりますが、毎年新たに芽が出てくるのは
10本あるかないかです。はい、自然の摂理はやはり厳しいようです。
 
 
present フクちゃん、ありがとうございます ♪

はい、この種がいろんな場所へ飛んでいって、新たに芽を出すのですね。
わが家の庭にもそうやってどこからかやってきました。
テッポウユリそっくりなので、できるだけ取っておいて咲かせています。
でもさすがに神奈川から千葉までは飛んで行けないでしょうね(笑)
 
 
present くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ウフフ そんなに反応してくださって、う~れしぃな~ happy01
ユリの実、面白いでしょ? 私が手にとって見た事があるのは
このタカサゴユリの実だけだけど、他も似たようなものだと思います。
そうなの、花が落ちた後の細い緑のとこがだんだん太くなってね、
そんでやがて熟して乾いていってパカッ♪
そうね、この形ってbananaの親戚に見えるヮ smile

アハ 楽しいセリフつきで見てくださってありがとう。
こういう感動力や感性ってくらふぇちゃんの宝物の一つですねnote
 
 
present kokoさん、ありがとうございます ♪
 
タカサゴユリ、このごろでは結構全国的に見かけますよね。
他のユリと比べて繁殖力が強い(実生から花が咲くように
なるまでの生長年数が短い)こともあって。
背高のっぽさんで種を遠くへ飛ばすにも有利なんでしょうね。
倒れなければ、ですが。
逞しくかつ美しく生きる、うん、目標にしたいですね。
見かけは私も絶対無理だゎー 背からしてちんちくりんですもん happy02
 

投稿: ポージィ | 2012/11/30 15:24

present 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
そうですね、花の滑らかなイメージとはちょっと違う無骨で逞しい姿。
でも、完全に空っぽになってしまった実はまた新たな花のようにも
見えて良い趣ですヨ。傷んでしまっているとナンですが。
 
植物全体がそうですけれど、実やその中の種たちも、命を次へと
つなぐための知恵と工夫の集大成のようですね。

毎年どこからかスーッと細い葉1枚きりの芽が顔を出します。
でも、これだけの数の種からすると、ほんのほんのちょっぴり。
よく増えるタカサゴユリでも、自然界での生き残りは厳しいのですね。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/30 15:31

タカサゴユリの実はヤマユリやウバユリと同じような構造なのですね。
隙間にネットを張って風を入れて種を飛ばすとはうまいこと工夫するものです。
発芽するにはさまざまな条件がそろわないといけないので、種子の数を増やすのでしょうね。
毎年がんばって生き残って顔を見せてくれるのはうれしいですね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/11/30 17:30

こんばんは。
驚きですねぇ~!こんな実ができるんですか。
初めて見ました!!
恥ずかしい話ですが・・・・・ユリって種で増えるんですか???
球根のような地下茎とばかり思ってたのですが…・coldsweats01

投稿: ソングバード | 2012/11/30 17:54

 またコメントしちゃいました!
 今晩はポージイさん

 高砂百合というんですね、相変わらず勉強不足です。
お花の写真、ヒロの収集にお借りしました(ごめんなさい)。
 しかし写真、いいですね~。
写した時期と角度がいいから、特にそうなのでしょうか!

 そうそう、私も同じ百合でも、相当に違った角度から?
近くに投稿してみようかな?
 しかし、せっかくのイメージを・・・?
 ん~ン・どうしよう?
チョット考えてみます。

 明日は一気に寒くなりそうです。
風邪など召しませんように。

 12月です、私は4時に出発です。
   ヒロでした。

投稿: ヒロ・・もんたの一年 | 2012/11/30 19:17

present 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
タカサゴユリ以外のユリの実は手にとって見た事がないのですが、
ネット上の写真で見るとみな同じようですね。
うまい構造ですよね。まだ自分でパックリ行っていないのを人の手で
ぐ~っと広げてもやっぱりちゃんと編み目になるようですよ。
遠くへ種を飛ばすことで、新天地を開拓していくのですね。
そして出来るだけ多くの種を作って発芽率を上げる…
逞しく一生懸命な工夫に感心も感嘆もします。
毎年いくつか芽を出してくれるのが楽しみです。
 
 
present ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんばんは。
そうなんですよ。このパックリ割れた実を逆さまにすると
すごい数の種が出てきます。それくらいたくさんばら撒いても、
花が咲くまでいけるものはごくわずかなのですね。
あ、ユリは種からの実生、ムカゴ、鱗茎(球根)で繁殖しますが、
種が出来ない種、ムカゴが出来ない種もあります。
繁殖方法を複数持つものは子孫を残し生き残っていける確率も
高くなるのでしょうね wink
 
 
present ヒロ・・もんたの一年さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
野生化していて、何年か前、どこからかわが家の庭にもやってきて以来
毎年咲くユリなんですよ。庭でも野生のまま自然に任せています。
他のユリの実は手にとって見た事がありませんから、栽培されている
ユリでの実でも見せていただけるなら感激です。
 
明日は北風ピューピュー 明後日は今シーズいちばん寒い日になるそうですね。
その中、朝4時にご出発とは大変ですね。お気をつけて。
 

投稿: ポージィ | 2012/11/30 20:15

写真を見て「あー!これこれ!」と叫んでしまいましたcoldsweats01
実家にたくさんありますhappy01
昔、正式な名前を知りたくて図鑑で調べたりしましたが・・・
当時家にあった図鑑には「テッポウユリ」くらいしか載っていなくて
でも、葉っぱの幅が違うし・・・何だろう?って
ずーーーっと思っていました・・
40と数年でcoldsweats01初めて「タカサゴユリ」と分かりましたflair
すごくスッキリですshineありがとうございますnote

投稿: sam | 2012/11/30 23:31

おはようございます。

来年もたくさん芽が出てきそうですね。

ユリは花もきれいですが、実も風情があって良いですね。

今日から12月。
1年早いですね。
今日から寒くなるみたいなので、風邪ひきませんように。

投稿: ロッキーママ | 2012/12/01 08:46

おはようございます。
こうして、種で増えてくれるのは嬉しいですね。
球根の百合は、すぐに消えてなくしてしまいます。
それにしても、なかなか、増やす仕組みに工夫がありますね。
自然の造物の不思議を、改めて感じますよ。
風に乗って、我が家にも飛んできてくれないかな。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/12/01 10:09

ポージィさん、こんにちは。
ながらくのご無沙汰で、ここのブログが懐かしいです。
相変わらず、長期にわたる観察で、えらそうだけれど、とても質の高い内容ですね。
タカサゴユリなんてあったのですね。とほほ、花には疎いので実物を描き出すことができません。写真で見ると、ごくごく普通の百合ですね。
写真で見るとかなり沢山の実のようだから、来年また、同じ場所に花を咲かせるのでしょうか。

投稿: polo181 | 2012/12/01 10:36

present samさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)
 
わぁ それは嬉しいことです。スッキリ!良かったです~ happy01
 
ご実家ではだいぶ前から咲いていたのですね。
テッポウユリより葉の幅が狭いことなど、よく見ていらして、
観察力鋭くていらっしゃる winkscissors
テッポウユリとのあいのこさんもあったりするようですが、
あちこちで元気に野生の花を咲かせているのは
まずタカサゴユリだろうなと思ってます。
 
 
present ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは(^^)
 
この秋もすごい数の種がばら撒かれましたが、でも改めて考えると
その数の割には芽が出てくるのはわずかなものなんですね。
来年はどのくらい芽が出るかしら。
 
そうですよね。私は庭にタカサゴユリが咲くまでは、ユリの実が
こんな形と知りませんでした。風情があって綺麗なものはとってあります。
何に使うというあてはないのですけれど。

11月に入るとき、ロッキーママさんが「今年もあと8週間ですよ」と
仰ったのですが、それがもう半分になってしまいました。
いよいよ気ぜわしい師走に突入ですね。
寒さも本格的になってきました。ロッキーママさんもお気をつけくださいね。
 
 
present 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
なかなか一つ鱗茎でずっと咲き続けるというのは難しいようですね。
ユリ自身もそうと知っているから実生やムカゴといった別の手段でも
子孫を残そうとするのでしょうね。種類によって手段に違いはあれど。
タカサゴユリは、他の実の生るユリと比べて花が咲くまでの年数が短く、
それでよく増えるのですね。逞しいです。
花や実のこうした様々な工夫は面白くもあり不思議でもあり、
自然の素晴らしさを改めて感じますね。
 
鎌ちゃんのお庭にも舞いこんで芽を出しているかもしれませんよ。
単子葉ですーっと細い葉が1本きり生えてきたものがあったら、
ひょっとするとそうかも… じっと我慢の子で抜かずにおかなければ
正体が分かりませんけれど。
 
 
present polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
お久し振りです。腰の痛みもだいぶよくなられ、風邪も治って
鳥撮りにお出かけできるようになられたと拝見してホッとしていました。
今日はご訪問くださって嬉しいです。

長期に渡る観察と感心していただくものは、たいてい庭のものなんですよ。
窓から、玄関から覗けばそこにあるもの。ですから労せずしてです。
タカサゴユリも何年か前から勝手にやってきて生えるので、できるだけ抜かずに
咲かせて楽しんでいます。このユリはテッポウユリによく似ていて清楚ですよ。
実の中には種をいっぱい宿しています。すごい数が入っていますが、
この中から芽を出すのは割合からするとわずかですね。
それでも毎年何本かは出てきて、その年は咲かず、2年目で花を咲かせます。
他の種類のユリが実生から花を咲かせるには、もう少し年数かかります。
 


投稿: ポージィ | 2012/12/01 11:58

こんにちは~

そういえば、、こんな茶色くて、、、長い実。どこかしらで見たことある気がしましたが、、、、
これって、、、タカサゴユリの実だったんだ~

夏にじっくり見せてもらったあにおタカサゴユリですね~
ちょっと意外な感じ、そして、いま、、、
この実があのお花と、、、やっと結びつきました。

お花ばっかり見ていると、どうしても終わったあとのことは忘れてしまいがちですが、ポージィさんはちゃんとその後も見てあげて、、、こうして記事にしてあげてるのね~
愛情を感じます~

球根のイメージの強いユリですが、、、
こうやってこぼれ種で増えるのも、なんだか、神秘的な感じがします~

投稿: 野花 | 2012/12/01 13:35

ポージィさん
こんにちは
先日、私もこの“実”を撮ってきましたよ
何ユリか分かりませんが・・・
あのネットが面白いですね
私の場合は、行き当たりバッタリで撮っていますので
ポージィさんのように、ストーリー性が全くなく
多分、倉庫かゴミ箱行きとなりそうです

ユリは、実,ムカゴ,球根で増えるのですか
多彩な方法で子孫を増やすなんて、進化している植物なんですね
しかし、あんなひ弱な実から、立派なユリに成長するなんて
アンビリーバブルです

投稿: ジジフク | 2012/12/01 14:28

present 野花さん、ありがとうございます ♪

お~ この実、ご覧になってましたか(^^)
そうそう、タカサゴユリの花をご覧になってましたものね。
ユリの実って、こんな姿になるんですよ~
(オニユリみたいに実ができないものもありますが)
ドライフラワーとしてもインパクトありでしょ?好きなんです♪

いえいえ、私も自分ちの庭やいつも通るご近所にタカサゴユリが咲かなかったら、
ずっと知らないままだったかもしれません。目の前で変化していくので
否が応でも興味引かれてへぇ~ほぉ~と見ることになりましたよ(^^)

そうですね。お店で売られているのは球根(鱗茎)ですものね。
自然界ではこんな小さな種から何年もかけて花が咲くまでに育つのですから
そこには神秘がありますね。
 
 
present ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
ジジフクさんもお撮りになったのですね~。もし道端ででしたら、
タカサゴユリの可能性が高いかも。
やはり「ネット」に気付かれましたか。面白いし見事な作戦に感心します。
私は庭で見られますから愛着もあって。ドライフラワーとしても好きなのです。
綺麗なのは毎年切り取ってとってあります。何に使うというあてがある
わけではないのですけれどね。
 
はい、ユリは 実(種)、ムカゴ、球根(鱗茎)で増えるのだと思いますよ。
でも、種類によって実が生らないものもムカゴができないものもあります。
実生の場合、この小さな種から何年もかけて花が咲くまでに
育つのですから、素晴らしいですよね! あんびりばぼーです(^^)
 
 

投稿: ポージィ | 2012/12/01 18:07

高砂やー!めでたいのかな?自分ユリの花好きです。香りも好きです。ユリの種付けは難しいそうですか?ユリの花言葉は?話は変わりますが、去年もらったシクラメンが元気に育って花が咲きそうです。

投稿: 茂吉 | 2012/12/02 02:17

ポージィさん。おはようございます。(o^-^o)
我家の高砂百合も丁度同じような感じになってます。
来年もいっぱい皆さんのところで花が咲くように、種さ~ん、飛んでいけ~。もちろん幸せもね。happy01

投稿: なおかつのかつさん | 2012/12/02 08:28

こんばんは~~
先日は お立ち寄りくださってありがとうございました

タカサゴユリ 綺麗ですよね
小鳥が運んでくれて庭に有ります

実になった後はドライフラワーにして飾ります
 いつまでも シャキッっとしていて大好き!!

この中身の種を 庭にこぼして歩いたりする
たんぽぽですぅ。。。

ポージィちゃん これからもよろしくね

投稿: たんぽぽ | 2012/12/02 17:55

present 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは!
 
た~か~さ~ご~や~♪ というとお目出度さいっぱいですが
タカサゴユリのタカサゴは、この花が台湾原産であることから、
台湾を表す琉球語に由来するのだそうです。

ユリは茂吉さんのお好きな花の一つなんですね。タカサゴユリは
香りはあまりしませんが、テッポウユリそっくりの清楚な花ですね。
ちなみにテッポウユリ(白)の花言葉は「純潔・甘美・威厳」あたりのようですよ。
(種類や色によって色々あります)

シクラメンの夏越しに成功されたんですね♪ 花が咲きそうですか~
バンザーイ ヽ(*゚▽゚)ノ
 
 
present なおかつのかつさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは (o^-^o)
 
なおかつさんのお宅にも咲いたのですね。 今はおんなじ姿ですか (^^)♪
風に舞いあがって旅して、また色んなところで花が咲くと良いですね。
ほんと、幸せも一緒に花咲いてくれたら、なんて素適でしょ。
どうかそうなりますように wrench
 
 
present 笑顔のたんぽぽさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは~
ごあいさつも抜きでいきなりのコメで失礼しました(^^;)
 
たんぽぽさんのお庭にも咲くんですね。
そしてやっぱりドライフラワーになってからも楽しまれて…一緒ですね。
種をこぼしておくのもですよ(笑)
うちの庭はとっても狭いので、せっかく出てきた芽をちゃんと生長させて
あげられないものもあるのが申し訳ないのですけれど(^^;)
 
こちらこそ、これからもどうぞよろしくお願いします (o^-^o)
 

投稿: ポージィ | 2012/12/02 19:54

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/56197719

この記事へのトラックバック一覧です: タカサゴユリの実:

« 空模様 | トップページ | うすむらさきよ -カントウヨメナ- »