« タカサゴユリの実 | トップページ | ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - »

2012/12/03

うすむらさきよ -カントウヨメナ-

今年の秋も、田んぼの畦や隅っこにぽつりぽつり咲く「カントウヨメナ」の薄紫の花との
出会いを楽しむことができました。 
この花に出会うと、いつも頭の中で童謡「野菊」の歌が流れ始めます。
寒波が入るようになってからは、歌詞どおり 「こさむい風に揺れながら」 咲いています。
「きれいな野菊 うすむらさきよ」♪ 真冬のような寒さの中まだ咲いていましたよ
 
似たような写真ばかりですが、愛でてくださいまし。「やさしい野菊 うすむらさきよ」♪
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    121008yomena2
 
                      10/8 撮影
 
              訪れているのは シマアシブトハナアブ ?
 
          「アシブトハナアブ」の♀かも と教えていただきました
                    ありがとうございます 
 
 
 
         121024yomena8
 
                      10/24 撮影
 
               ここにもなにやら小さな虫さんが…
 
 
 
 
         121119nogiku4
 
                  以下全て 11/19 撮影
 
          花びらが開いたばかりの咲きはじめ 初々しい花姿
 
 
 
 
    121119nogiku5
 
                     若い花の 後ろ姿
 
 
 
 
    121119nogiku6
 
            小さなアブさんが夢中 ホソヒラタアブ かな?
 
 
 
 
    121119nogiku8
 
      筒状花のシベが面白い形 メシベ? これから開くの?このまま??
 
 
 
 
    121119nogiku17
 
 
              たくさん、いろんな野草仲間といっしょに
 
 
    121119nogiku16
 
 
           「カントウヨメナ(関東嫁菜)」 : キク科 ・ ヨメナ属
 
 
 
 
ちなみに、「カントウヨメナ」と名前を挙げていますが、実は私、野菊の仲間を見分ける
のは大の苦手。 たいてい「野菊」でヨシとしております。近所で見かけるのはコレ↑
一種類のみですし (^.^)
 
 

|

« タカサゴユリの実 | トップページ | ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - »

コメント

ポージィさん
おはようございます
多分、この花は見ているのでしょうね
でも、気に留めないで素通りしています
綺麗な色をしていますね
キクの花も、よく見ると非常に綺麗です
仰るように、筒状花がすごく特徴ありますね
虫を呼び寄せる戦略なのでしょうか
色々工夫している花を見ると、すごく興味が湧いてきます

投稿: ジジフク | 2012/12/03 09:10

おはようございます!

どうも いつのまにかpole pole で登録されているようで・・・

これはまた きれいなヨメナですね~
私が見たのとは 大違い! 笑
花の形も大きく整っている感じです~
光を受けたお花 美しいですね。
いろんな虫 さんもやって来て。

私も野菊の仲間は スルーしてしまいます~~
似ていて 同定が難しいですものね。
同様にスミレもスルーしています。笑

投稿: pole pole | 2012/12/03 10:12

ポージィさんは昆虫もお詳しいんですね。
たしかに、植物と昆虫はセットですもんね。
私は結構、このような花に目を留めますよ。
もっとも、種類とか全然わかりませんけれど。
目立たずそして当たり前に存在する、
でも名前は知られていない。
私のような一般人そのもの。
なんともいとおしいです。

投稿: koko | 2012/12/03 12:50

キレイな薄紫。かわいらしい花です。ribbon
『筒状化のシベ』というのが、真ん中の黄色い所ですよね。
そこがだんだんお山のようにポッコリとなってくるんですねぇ。
『関東嫁菜』のお名前の由来はなんだろう。
かわいいお嫁さんって感じからかな。
こんなお嫁さんなら姑さんともうまくいきそうだなぁ。confident

投稿: くらふぇ | 2012/12/03 12:53

菊の種類が多いですね
私も同じでみんな小菊と片づけてしまいます
本当に寒くなりましたね
晴れるといいのですが曇っていると本当に寒いです

投稿: フクちゃん | 2012/12/03 14:15

いつもポチッとしていただきましてありがとう
ございます。
関東嫁菜という名前もいい、野菊の花・・・いい
ですね~
 其人を恋ひつつ行けば野菊濃し 高浜虚子
恋と濃いをかけたのかな~(笑)

ところで、シマアシブトハナアブですが、もしか
したら、シマが付かないアシブトハナアブ?
腹部の背なかの黒い横縞が太く繋がっていなくて、
翅に黒い小さな斑紋(とんぼの斑紋のような)が
ありますよね~ シマ・・・にはないようです。
それと、この個体は、たぶん、♀ですね。両複眼
の間が少し広く空いています。♂は狭いです。
♀は、あっちこち探し、♂は、まっしぐらと
しらこばとは覚えています。coldsweats01
以下のページは、ご参考まで・・・
http://members.jcom.home.ne.jp/fukumitu_mura/abu_.html#_hanaabu_
余計なお節介で、間違っていましたら、スミマセン。

投稿: しらこばと | 2012/12/03 14:58

cute ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
この野菊、うちの辺りだと、田んぼの畦へ行かないと見られませんが、
自然を残した公園へ行くと園内でちょこちょこ咲いています。
ジジフクさんもご覧になっているかもしれませんね。
素適な色で可愛らしい野菊ですけれど、ジジフクさんの
足を留めるだけには、まだちょっと魅力が足りませんでしたか。

しべの形はこのあとキク科によくあるようにくるりんと弧を描くのか
このままなのか観察できていません。このままとしたら面白い形ですね。
植物たちの工夫には興味関心を引かれるものがたくさんありますね。
感心します。
 
  
cute pole poleさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
pole poleさんのお名前でススキの記事に再コメントとリンクを張って
くださって以来こちらのお名前で登録されたようですね。

うちの近くで見られる野菊(カントウヨメナ)は数が少ないのですが、
何とか綺麗そうなのを撮りました。初めて出会った頃より少し数が
減っているように感じていて、ちょっと心配しています。
ほんとに可愛いお花。秋の陽射しも虫さんたちもよく似合いますね。
 
なんだか必死で見分け方を知ろうとするのも疲れてしまって…(^^;)
スミレのお仲間もそうですね。アザミのお仲間も、他にも色々あります。
 
 
cute kokoさん、ありがとうございます ♪
 
本当は植物名も詳しくはないし、ましてや昆虫や鳥となると
ほとんど知らないんですよ。ブログアップするとき、主にネット頼りに
一生懸命調べてほぼ確信が持てたら載せています(^^;)
お花に虫が訪問しているのに出会ったらセットで撮りたくなりますし。
 
kokoさんも、こうした野の花もお好きなんですよね。
野草のお花の素朴さ可愛らしさには、園芸種よりももっと心惹かれます。
そうですね、われわれ一般人のようなものですね。
 
 
cute くらふぇさん、ありがとうございます ♪

可愛らしいでしょう(*^^*)
この野菊の似たもの同士で、中部地方以西・関西に多いのを「ヨメナ」
というのに対し、関東以北に多いのを「カントウヨメナ」というそうですヨ。
ヨメナの名前の由来は、初々しい嫁のような花で、春の若菜を食べられる、
といった意味という説があるようですが、他の説もあるかも?
(そっちはあまりよくないので見なかったことにしよう ^^;) 

そうですそうです! 筒状花は真ん中の黄色い部分。
そこが咲いていくとぽっこりお山になりますね。
くらふぇさんよく見ていらっしゃる wink scissors

初々しい可愛いお嫁さんと思い思われ、仲良くできたらいちばんね♪
 
 
cute フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
野菊たち、いろんな種類があって見分けが難しいですね。
そうそう、フクちゃんは小菊と呼んでいらっしゃるんでした。
私は畑やお庭に植えられているのを小菊、野生のを野菊と呼んでいます。

今日はいちにちどんより重く暗い空で寒い一日でしたね。
夜にはまた雨のようです。その先も陽射しの少ない日が続くようで
ちょっと気が滅入ります。
 
  
cute しらこばとさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。こちらこそいつもありがとうございます。

見分けが難しくて、ひっくるめて野菊と呼んでいますが
野菊という響きが好きでもあります(^^)
 
其人を恋ひつつ行けば野菊濃し 高浜虚子はこんな句を詠んでいますか。
いいですね、情景が目に浮かびます。仰るように 恋 と 濃い を
掛けてあるのでしょうね。
 
シマアシブトハナアブ? としたアブについて教えていただき有難うございます。
リンク先の写真を拝見、シマ無しの方により近そうです。
目と目の間隔もたしかに離れていて、雌の様です。
しらこばとさんは色々なことにお詳しいのですね。
私は調べきれずに曖昧のまま「?」付きで載せることも多いです。
また何かありましたらご指摘くださいね。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/03 15:59

こんばんは。
童謡「野菊」・・・・知りませんでした。
カントウヨメナですか。
この名前から、昔の嫁入りを思い出します。
嫁入り先で、苦労するのだろうな・・・・
なんて、ちょっと寂しさと悲しみを漂わせて。
「きれいな野菊 うすむらさきよ」・・・
本当に綺麗なお嫁さんですね。
どうか、幸せな嫁入りでありますように、
なんて思ってしまいます。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/12/03 19:24

cute 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
お加減いかがですか? 無理なさらないでくださいね。
 
童謡「野菊」、ご存知ありませんでしたか。もうお聞きになった
かもしれませんが一応…一例を。
http://www.youtube.com/watch?v=whXH6oJ2qWc
ここに歌われている野菊がどれをさすのかはわかりませんが、
私の身近で見られるのがカントウヨメナだけということもあって、
これが結びついています。
 
鎌ちゃんのお住まいの関西方面では「ヨメナ」で、関東では「カントウヨメナ」。
似て非なるお仲間のようです。

嫁菜 の名前からは花嫁さんを思い浮かべますね。
この花のような花嫁さんは、初々しく気高く清く可愛い方でしょう。
きっと幸せつかめると信じましょう。 
 

投稿: ポージィ | 2012/12/03 19:55

こんばんは!!
野の花には蜂の仲間や蝶がお似合いですね。
何気なく咲いてる花も、こうして切り取ってやると、格別のものに見えるから不思議です。
ポージィさんでも苦手な花があるんですね。
安心しました。(笑)

投稿: ソングバード | 2012/12/03 21:17

cute ソングバードさん、ありがとうございます ♪

こんばんは!
 
お花に蜜を求める虫が訪問している画は、ほのぼのとしていいものですね。
カントウヨメナは大好きな野の花の一つだけに、今年は例年以上に
ワクワクしながらカメラを向けられました。
ちょっと虫目線に近いかも(^^)

アハ 私は苦手な花がいっぱいありますよ~
品種の多いもの、見分けが難しいお仲間がいるものは苦手。
決め手を一生懸命覚えようとしても全然頭に入らないのです~お手上げです。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/03 21:38

最近菊の種類が多い事はわかりました。今回の薄紫の野菊は気になります。明日いや今日からそれを探しに放浪の旅にでます。見つかったら報告します。忘れたらゴメン!

投稿: 茂吉 | 2012/12/04 01:37

おはようございます。

ポージィさんはチョウやトンボなどの昆虫だけでなく、アブにも詳しいのですね。アシブトハナアブの縦と横の縞が芸術的です。アブをこんなにはっきり見ましたのはここが初めてです。
刺されたのに、そのアブをじっくり見たことがなかったです。
カントウヨメナの他にユウガギクやノコンギクやヤマジノギクとそれぞれ違うのにその場に行くとわかりません。歌をいつも思い出す可愛い野菊ですね。

投稿: tona | 2012/12/04 08:36

cute 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
カントウヨメナ、気に入ってくださいましたか~ 嬉しいな♪
なんと野菊探しのさすらい旅に!?(^^)
街中だとちょっと難しいかもしれませんけど、出会いがあるといいですね。
季節的には微妙かしら? 真冬並みの寒気が入ってきたせいで
しおしおとうなだれてしまっているかも。
でも、この花の素朴で優しい魅力を直接感じていただきたいですよ。
忘れちゃったら来秋のお楽しみにしましょ。気が長すぎでしょうか。
 
 
cute tonaさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
虫たちの名前、実は全然詳しくないのですよ。
出会いがあると一生懸命調べます(ネットさまさま♪)
調べて一旦分かってもあっという間に忘れて、また調べるの繰り返し。
アブやハチたちも見分けが微妙で難しいですね!野菊たちと一緒(笑)

え~ tonaさんはアブに刺されたことがおありなんですかsweat01
アブは針を刺すのではなくて皮膚を破って(?)血を吸うとか?
痛かったでしょうね crying 後も大変だったことでしょう。
幸い私は吸血アブに襲われたことはまだありません。
花のミツを吸うハナアブは安心して見ていられますね。
アシブトハナアブの模様はなかなか綺麗でした。こうした黄色の縞々は
毒のあるハチに擬態して身を守っていると読んだことがあります。
tonaさんが刺されたアブはもう少し黒っぽくハエに似た姿だったかもしれませんね。
 
ユウガギク・ノコンギク・ヤマジノギクなども野菊として名前が
よく挙がりますね。私はさっぱり分かりません~
身近で見かけることもないのをいいことに、怠慢して覚えようするのも
放棄してしまっています~~(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2012/12/04 09:32

あはようございます~
野菊と言っても奥が深い?・・・いろんな種類があるようですね。
カントウヨメナ、こちらでは見られない野菊です。
妙高ではよく似た花色のノコンギクが咲きますが、
花の下(鼻の下ではないcoldsweats01)がもっと短いです。
野菊は後一種類、白い花色のユウガギクです。
これはどちらかと言えば、色以外はカントウヨメナの姿に似ているような・・・。
ノコンギクは若芽を食べられますが、カントウヨメナはダメだとか・・・。
と言っても食べてことはないですが・・・coldsweats01

投稿: ロココ | 2012/12/04 10:42

野菊は白い色が多いですがカントウヨメナのうす紫色も風情がありますね。
シロヨメナ、ノコンギク、リュウノウギクなど毎年秋になると、さて違いは何だったかと悩みます。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/12/04 11:23

cute ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~happy01
 
いわゆる野生の菊や仲間を野菊と呼ぶので、種類も色々ありますね。
そして、見分けが難しいお仲間も。
カントウヨメナは関東以北と書かれていることが多いですが、
妙高ではお見かけになりませんか。ノコンギクが中心なんですね。
ふむふむ ノコンギクは鼻の下が短いと… じゃなくて花の下ですねsmile
ノコンギクとカントウヨメナも見分けが難しいお仲間の一つみたいです。
東海地方以西のヨメナは若芽を食べるそうですよ。ノコンギクもなんですね。
香り高いヨメナに対しカントウヨメナは味が落ち食べないとか。
あまり味見をしてみたいという気も起きませんが、どんなお味なのでしょ。
もっとも、私じゃ若芽を見ても何が何だかさっぱり分かりませんが。
花が咲いて初めて、ここにカントウヨメナがあった、と分かります coldsweats01

投稿: ポージィ | 2012/12/04 11:38

cute 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪ 
 
こんにちは。
うちの近辺で見られる野菊は、この2~3年カントウヨメナだけに
なってしまいました。それで、私の中の野菊のイメージも薄紫色
となっていますが、全体で見ると白い花のものが多いですか。
ユウガギク、シロヨメナ、リュウノウギク 辺り白ですねえ。
ノコンギクにも白があるのでしたね。
野菊たちの違いは、何度調べて書かれていることを読んでも頭に入らなくて、
身近で見られるのが一種なのをよいことに、覚える努力も放棄して
しまっています(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2012/12/04 11:47

昔々、雪が解ける頃に 土手にヨメナが出てきたそうで
冬場 あまり青菜が無かった時代で
春一番に採りに行って お浸しなどにしたものだ、
と言うことを聞いたことがあります。
 
そのヨメナとは違うのかもしれませんが
この記事を拝見して そんなことを思い出しましたよ。
 
うんうん、
薄紫のキクのような花を見ると
同じく この歌を思い出します ♪

投稿: 花mame | 2012/12/05 17:51

cute 花mameさん、こちらにもありがとうございます ♪
 
あぁー ヨメナにはそんな謂れがあるのですね。
雪深い寒い地方の、春の貴重な青菜。
東海地方から西の地域のヨメナは春の若菜を食べるそうです。
それに対してカントウヨメナは味が落ちるから食べないとか… ?
コメントくださった方が、ノコンギクの若菜も食用になると
仰ってました。
花mameさんがお聞きになったことは、ヨメナ、ノコンギクには
ぴったり当てはまりますね。
 
あ、この童謡、ご存知でした? (*^^*)
ぴったりの歌ですよね。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/05 20:42

見つけました!カントウヨメナ。努力は報われます。たまたまだけど!来年まで待てません!薄紫の野菊を三つ見つけて写メしてポージィさんの写真と比べたら一つ合体しました。これで今回の放浪は終了しました。寝ます!

投稿: 茂吉 | 2012/12/06 02:05

cute 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
すごい! 早っ! そして おめでとうございます !!
ご報告も有難うございます(*^^*)
都会じゃ無理かも~ と思っていたんですけど、
お近くにちゃんと自然が残っている場所があるんですね。
実際にご覧になっても、イイナと思っていただけたのだと
嬉しいですけど。
放浪の旅、お疲れさまでした。よく眠れそう♪
 

投稿: ポージィ | 2012/12/06 09:09

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/56150284

この記事へのトラックバック一覧です: うすむらさきよ -カントウヨメナ-:

« タカサゴユリの実 | トップページ | ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - »