« ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - | トップページ | 秋の彩り セイタカアワダチソウ »

2012/12/07

秋にも ホトケノザ

今週の3つの記事は、はからずもみな「可愛い野草の花」でまとまりました。
今日は「ホトケノザ」。 『えっ、ホトケノザって春の花じゃないの?』って思いますよね。
 
春を中心に咲く野草の花で、暑さがおさまって陽気がよくなった秋にまた咲く花は
ちょこちょこありますが、中でも「ホトケノザ」はいちばんよく見かけるように思います。
近くの田んぼの畦では、冷たい北風が遮られ陽射しがポカポカと降り注ぐような
場所で、真冬でも咲き続けることもあります。
 
11月の中旬に咲いていたホトケノザの花をご覧くださいませ。
       (cute写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧くださいclover
 
 
 
    121119hotokenmoza1
 
        秋に咲くホトケノザは ほっそりなよやかなことが多いのですが
            この秋見た子たちはガッシリ逞しい姿でした。
          平年より寒い冬になりそうと長期予報が出ましたが、
               この分なら無事に乗り切れそうね。
 
 
 
 
    121119hotokenmoza2
 
        上から見おろすと ホトケノザ(仏の座)の名前の由来となった
        茎を取り巻いてつく 蓮華座のような葉の形がよく分かります。
 
 
 
 
    121119hotokenmoza4
 
          お客さんがきていましたよ  ホソヒラタアブさんかな?
                            ミナミヒメヒラタアブ ?
                            ホソヒメヒラタアブ ?
 
 
 
 
    121119hotokenmoza5
 
 
 
 
    121119hotokenmoza7
 
       小春日和の陽射しを浴びて  気持ち良さそうに咲いていました。
 
                  ( すべて 11/19 撮影 )
 
 
 
「ホトケノザ(仏の座)」 : シソ科 ・ オドリコソウ属  別名「三界草」(さんがいぐさ)
                主な開花期は早春から6月ころ
 
                産毛いっぱいの濃いピンクの蕾が妙に可愛く感じられ、
                前々から気になる存在なのですが、ホトケノザは
                閉鎖花(蕾のまま自家受精で結実)も多いのですって。
                (へぇ~ そうなんだ。)
                訪問してくれる虫が少なくても子孫を残せる仕組みですね。 
 
 
 余談ですが、わが家の駐車場のコンクリートの隙間から、同じオドリコソウ属の
 「ヒメオドリコソウ」が3株ほどひょろひょろと生えてきました。
 なんだか抜けなくて、そのままにしてあります。 こんな日陰で冬を越せる?
 さすがに難しいでしょうね。 
 
 

|

« ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - | トップページ | 秋の彩り セイタカアワダチソウ »

コメント

閉鎖花もあるのですか。子孫繁栄にも逞しいホトケノザに乾杯したいです。
だんだん弱くなっていくように見えるわが日本人も逞しく根を張っていく外来種にを見て奮い立たなくては。

それにしても北日本の爆弾低気圧による惨状を見ますと、ますます気象が厳しくなってきたことを感じます。

投稿: tona | 2012/12/07 09:44

春と秋の2回咲くのですか?
エライなぁ。ヤル気のあるコだ。good
花の形、変わってますね。
蕾の時は上のフタ(?!)みたいなのが閉まってる状態なんですよね。
ぱかっと開くと、逆さまハートが出てくるのかな。

最後のお写真くらいの陽射しが欲しいですねぇ。despair
気持ち良さそうだわ~。confident

投稿: くらふぇ | 2012/12/07 10:18

ribbon tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
閉鎖花のこと、久し振りにWikipediaのホトケノザを見てましたら
書かれていました。閉鎖花のことをいちばん最初に知ったのは
スミレのものでしたが、その後、へぇこれも?というものがいくつかあって、
意外と多いと知りました。一つ方法に拘らず、色々な手段を講じている知恵は、
人間も学んでもいいことのような気がします。エネルギーについてでも、
仰るように日本人全般としても。しっかり根を張って生き抜いていきたいですね。
そのためには、家庭でも学校でも職場でも、じっくり育てるということの
大切さを今一度見直さなくちゃいけないとも思います。
あれ? 話がずれてきちゃいました、すみません(^^;)
 
爆弾低気圧、酷いものですね。しかも次々に発生して…。
この何年か、自然が恐ろしい顔を見せる頻度が確実に高まっていますね。
 
明日、ご出発ですね。あちらで無理をなさらずお気をつけつつ、
大いに楽しんでいらしてくださいね。またお話を伺うのを楽しみに、
無事のお帰りをお待ちしています。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/07 10:23

ribbon くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
ねぇ ヤル気のある子ですよね。
春と秋の2回咲く、というより、条件さえ合えばなのかな。
秋に咲く子達は、春に落ちた種が芽生えて育った子達なのかもね。
(私じゃ曖昧なことしか言えなくてごめんなさい ^^;)

花の形面白いですよね。この蓋みたいな部分の内側にシベがあって、
訪問した虫の背中に花粉をつけて運んでもらっているんでしょうね。
逆さまハートは虫さんの足場?
蕾のとき見えてるのは蓋部分の外側と思ってますが、もしかすると
閉鎖花なのかもしれません。そこまで観察したことがなくて
これまた曖昧でごめんね。

ラスト、花もアブさんも気持ちよさそうですよね。
今日うちの辺りは、一日晴れてポカポカ陽気を楽しめそうです。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/07 10:50

おはようございます!

先日 散歩していたらホトケノザ見かけました。
こんな立派なホトケノザではなかったですが コンクリートの隙間からたくましく生えていました。
花は咲いていませんでした。
そうなんですよね~ 冬に咲いているのを見かけることあります。

おやおや ヒメオドリコソウもですか~
今年の冬は寒い? う~~ん いやですね。

お花の少なくなる季節 こういうのは貴重ですね。
素敵なお花を見せていただきました。

投稿: fairy ring | 2012/12/07 11:28

ポージィさん
こんにちは
へぇ~、もう咲いているのですか
ホトケノザ,ヒメオドリコソウは大好きです
ポージィさんの所は暖かいのでしょうね
それとも、こちらでも咲いているのかな?

今朝、ネタ集めに花の美術館へ行きましたら
ブルーのポインセチアを見ました
新種かなと思っていましたら
「ブルーの液体を吸わせました」なんて説明書きが・・・
ちょっと、やり過ぎじゃない? と思いましたね

投稿: ジジフク | 2012/12/07 13:57

花が少ないですものね
このような花もいいかも知れませんね
私も何か探しに散策してきます

投稿: フクちゃん | 2012/12/07 14:02

こんにちは。
へ~~、ホトケノザって、こんな時期にも咲いているのですね。
>秋に咲くホトケノザは ほっそりなよやかなことが多い・・・
そうなのですか。
初めて知りました。
寒くて、野原を歩くことがない私です。
たまには、野の花を探しに出ないといけませんね。
そして、こんな花に負けないように、元気に冬を越さなくては。

投稿: 鎌ちゃん | 2012/12/07 15:09

ポージィさんこんにちはhappy01paper
いつもポチありがとうございます
なかなか皆さんのブログ訪問する機会がとれませんがいつもポチ中気になっていて立ち寄りました

cuteホトケノザ…
狂い咲きではなく2季咲きなんですかね

十月桜や子福桜は秋冬の小ぶりであえかな花の時が
春よりも好きです
人もまばらで花見に集中できるし

初訪問の記念に一句presentオマージュを贈ります

note陽だまりに春呼ぶように仏の座

ではまた

投稿: とり3 | 2012/12/07 16:25

ribbon fairy ringさん、ありがとうございます ♪

こんにちは~
 
fairy ringさんもお見かけになりましたか。コンクリートの隙間から
生えてきた逞しい子、冬を越せると良いですね。抜かれちゃうかな。
うちの近くでは今年の秋は例年よりたくさん咲きました。
気候など条件がホトケノザに心地よいものだったのでしょうね。 

少し前の長期予報で平年より寒く感じる冬になるって言ってましたよ。
それより前にはやや暖かな予想でしたが、その後エルニーニョ現象が
終了したから変更になったのだそうです。

めっきり野草の花が少なくなりました。
こうやって咲いているお花を見るとほっとしますね。
こちらこそありがとうございます。
 
 
ribbon ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
もう咲いているというより、また咲いているといったほうが近いかも
しれませんね。ときには夏にも真冬にも見かけることがあります。
それぞれ直射日光が遮られて涼しいとか、風が遮られる陽だまりで暖かい
といった、条件が合うと春以外でも生長して花を咲かせるのだと思います。
ジジフクさんのフィールドでも、そういう場所があれば咲いているかも
しれませんよ。お好きな花とのこと、もし見つけたら応援したくなりますね。

え、ブルーのポインセチアですか。
色の着いた液を吸わせて染めて、本来ない色を出すこと、
切花ではちょこちょこ行われていますが、鉢植えでもあるとは
知りませんでした。私もわざわざそこまでしなくても、と思ってしまう派です~
  
 
ribbon フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
今年の秋~は、うちの近くではホトケザの開花が例年より
たくさん見られました。3月頃の気温と12月頃の気温は
同じようなものですから、咲いても不思議はないのでしょうね。
枯れ草色が目立つ中でさくピンクの小花たち、可愛かったですよ。
 
 
ribbon 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
そうなんですよ~ 春の方がうんと多数ですが、秋にもそれなりに。
今年は近くの田んぼの畦で例年より多く咲いていました。
ホトケノザにとって生長しやすい気候だったのかもしれませんね。

春よりなよやかなものが多く感じるのも、なんとか適応できる範囲だけれど
ちょっと厳しいよぅ、という条件の中で咲くとそうなるのかなと
勝手に解釈しています。
 
川沿いや野原は冬シーズンは吹きさらしで寒いところが多いですものね。
無理は禁物ですが、そんなところにお出かけの際は防寒にマスクをプラスすると
冷たい風から鼻やのどの粘膜を保護できていいですよ。暖かいですし。
以前、冷たい吹きさらしの中を1時間も歩いて風邪を引いて以来、
そんなときはマスクをすることにしています。
 
早く体調とお元気がもどられますように。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/07 16:42

ribbon とり3さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
こちらこそいつも有難うございます。お立ち寄り感謝です(^^)
 
>狂い咲きではなく2季咲きなんですかね
 
ホトケノザは一年草または越年草だそうで、春咲いたものが落とした種が、
翌春を待たずに芽を出して生長し花を咲かせたのかなと思っています。
芽を出したところで冬越しして翌春花を咲かせるものもあるようですよ。
 
十月桜や子福桜は儚げで、仰るようにあえかな様…
でもそれがまたしっかりと咲く春の桜花にはない魅力に惹かれますね。

まぁ すてきなpresent句を、ありがとうございます note
ホトケノザも喜んでいることでしょう confident
 


投稿: ポージィ | 2012/12/07 16:56

こんばんは ☆
 
こちら 雪の中なので
春のお花を見られて とても嬉しいです♥
 
この時季にも 咲くものなのですね。
 
こういう野の花は 小さな花なので
ついつい見逃しがちですが
よく見ると
色や模様など 小さいのに(から?) とても精巧で
よく出来ているなぁと思います (o^-^o)
 
日の暖かさが伝わるような お写真、
いつもながらに ありがとうございます♪

投稿: 花mame | 2012/12/07 18:34

春のような群生になることはありませんが、ホトケノザは秋にもけっこう咲いているのを見ます。
花が咲くための条件が緩やかというか単純なのかもしれませんね。
ずっと数は少ないですがヒメオドリコソウも咲いています。コンクリ-トの隙間からとは時期外れなのに頑張っていますね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2012/12/07 18:59

ribbon 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは!
 
もう、毎日のように除雪車が出動しているのですものね。
こちら南関東の気温とはどれだけ違うのでしょう。
白に覆われた世界の中では、小さな色でもとても新鮮に映るものですよね。

そうなんですよ、ホトケノザはうちの辺りでは春だけでなく
秋にも結構咲いています。
他の花がどんどん少なくなる中で咲いているとほっとします。

野の花は小さいものが多いですが、近寄ってみてみると
実に魅力的な花がたくさんあって、気がついたらすっかり大好きに
なっていました。小さくて目立たないだけで、園芸種のお花にも
決して負けていませんね。
 
こちらこそ、温かなコメントをありがとうございます(o^-^o)
 
 
ribbon 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
ホトケノザの花は秋にもよく見かけますよね。今年はいつもよりさらに
多く感じます。実は先日どこかで群生も見かけましたよ。
車中からだったので近寄ってちゃんと見ることは叶いませんでしたが。
今年の秋の気候がホトケノザには過ごしやすかったのでしょうかね。
おーちゃんの仰るように、ホトケノザが咲くための条件は
案外単純なのかもしれませんね。寒さに一定期間当たるとか、
長日だの短日だのといった条件はなく。
 
ヒメオドリコソウも咲いているものがありましたか。
こちらはホトケノザと比べるともう少し条件が厳しそうですね。
コンクリートの隙間から生えてきたもの、まだ頑張っていますが
ひょろひょろで、少し前より弱ったように見えます。
やっぱり冬越しは無理でしょうね。全然日の当たらない場所ですし。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/07 20:11

こんにちは~~
ココロがポカポカするような記事にほっこりです
私も野草や 山野草 が 大好きなの
ホトケノザや踊り子草
こいできて庭に植えたら 殖えてしまって困ったこともありました
日当たりで北風をしのいで咲く姿が可愛いですよね
ヒメツルソバも大好きで
私のアプローチで群生しているの
とっても 強い子ですよね~~

これからもブログ楽しみにしていますので宜しくね
そうそう ポージィちゃんは どちらにお住まいなんですか
許せる範囲で教えてね~~

投稿: たんぽぽ | 2012/12/09 17:00

ホトケノザは見たことありません。なので興味は湧きますが探しません!ここで放浪するときっと帰れなくなりそうなので!薄紫の野菊はなんとなくあてがありました。実は!

投稿: 茂吉 | 2012/12/10 00:26

ribbon 笑顔のたんぽぽさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます(^^)
 
今朝は寒くなりましたね! 御山はさらに白いベールが下まで降りてきた
のではないかしら、と想像しています。
 
たんぽぽさんも野の植物がお好きなんですね♪
寒い季節、日溜りで健気に咲いている子達を見付けるとほっかりしますね。
うふふ そんなホトケノザ、お庭に植えてみたことがおありなんですね。
増えて困られましたか。なんだかよーく分かります(*^^*)
ヒメツルソバも元気に群れ咲いているのですね♪ すてきだろうなぁ。
 
あ、私の住んでいるのは神奈川県東部、海に面している市です。
うちは市内でもいちばん北になりますが。
こちらこそ今後もどうぞよろしくお願いします ~ *・* ☆
 
 
ribbon 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
ホトケノザをご覧になったことがないというのが意外でちょっとびっくり。
野菊はすぐにみつけてしまわれたのに。(当てがおありだったのですね~)
その薄紫の野菊との出会いを果たされた場所で、春にはホトケノザたちも
可愛らしいピンクの花を咲かせるような気がします。
見ようによってはピンクの小さなウサギがピョコピョコ跳ねているようにも
見えますよ。ぜひ春には放浪の旅にお出かけくださいな。
春だったらホトケノザ探しの放浪旅も、きっとすぐに終了しますから(^^)
 

投稿: ポージィ | 2012/12/10 09:12

ちょっと待って、たしかホトケノザは紫だったような!春にはピンクですか?興味が湧きますね。でもきっと春までには忘れます!実はけっこう年寄りなので!ポージィさんもし春に覚えていたら放浪させてくださいね。

投稿: 茂吉 | 2012/12/11 01:50

ribbon 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
あ ピンクといっちゃいけなかったかな。赤紫色といった方がいいかも。
見る場所によって濃淡があるのでどちらもありですけれど。
春と秋と花色は一緒です、残念ながらsmile
春までには忘れちゃいますか? 大丈夫ですよ、ご訪問を続けて
くださっていたら、春のホトケノザは定番メンバーで登場しますから。
そしたら放浪していただきましょ。
今年の春は大群生を見たんですよ~ 来年はどんなのに出会えるかな。
 
ささやかな楽しみと喜びです。
 

投稿: ポージィ | 2012/12/11 10:27

まずい!次のブログに進めない。何事も経験だね。花の種類がいっぱいあり過ぎてなかなか覚えられないです。時間がかかりそう。まあ、のんびりいきますか!

投稿: 茂吉 | 2012/12/12 01:06

ribbon 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
( ´艸`)プププ コメントくださる記事を適当に飛ばしてください。
それに、野の花たちはすっかり数が減りましたから、これからしばらくは
ここへの登場数も減ります。
なかなか覚えられなくても大丈夫ですよ。毎年繰り返し登場の
定番メンバーが多いですから。
(長年ご訪問くださっている方には、実はだいぶ飽きられて
 いるんじゃないかと密かに心配しているくらい ^^;)
のんびりおつきあいくださいな wink
 

投稿: ポージィ | 2012/12/12 08:49

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/56175771

この記事へのトラックバック一覧です: 秋にも ホトケノザ:

« ヒメツルソバ - 金平糖の可愛らしさ - | トップページ | 秋の彩り セイタカアワダチソウ »