« 幸福の木 - 開花準備編 - | トップページ | 花で描く »

2013/03/18

幸福の木 - 開花編 -

今日も各地で強風の春の嵐ですね。 うちの辺りも一日吹き荒れるようで、雨が降る
夜がピークかな? 皆さまどうぞお気をつけくださいね。
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
さてさて、前記事で、蕾の生長の様子を見ていただいた「幸福の木」、今回は花開いた
様子をご覧ください。
「幸福の木」の開花は夕方から翌朝まで。部屋の照明の下での撮影となります。
以前の開花の時はフラッシュ撮影でしたが、今回はフラッシュ無しで。
粒子が粗いのはそのせいです。 背伸びしたり椅子に乗ったりしての手持ち撮影は
ブレブレ量産で、いやはや難儀しましたsweat01 ちょっと枚数が多くてすみません。
 
開花1日目の3月2日の夕方 17:38~18:37 の間に撮ったものです(順不同)。
       club(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますclub
 
 
 
          130302_1738_kaia1
 
        無数の蕾の中にポツンと開花し始めているのを見つけたのが
                   17:38 のことでした
 
          パッチリ開ききった花の直径 約1cm~1.3cm ほど
 
 
 
 
 
 
    130302_1808_kasui
 
            花茎の長さは 約45cm にまで伸びていました
 
        花茎に間隔をあけて 直径5cmくらいの団子状の花穂が12個
 
 
 
 
 
 
    130302_1802_kaika
 
 
 
 
 
 
    130302_1801_kaika
 
 
 
 
 
 
          130302_1827_kaika4_soft
 
         一日目のほぼ満開状態  (撮影後ソフト加工してあります)
 
 
 
 
 
 
    130302_1837_kaika1_soft
 
                  (これもソフト加工してあります)
 
 
 
 
 
 
    130302_1822_kaika
 
 
 
 
 
 
    130302_1823_kaika
 
 
 
 
 
 
    130302_1814_kaika1
 
 
 
一つ一つの花は一日花で、夕方開いて翌朝しぼんでしまいますが、一度に咲くの
ではなく、5~7日間くらいかけて順番に咲いていきます。 でも、見た目は1日目が
いちばん綺麗です。 2日目以降は前に咲いた花殻が茶色く変色してくっついて
ますから、日を追うにつれ汚れた感じになっていくのです。 尤も、虫を呼ぶために
咲いているのですから、「幸福の木」にとってはそんなの関係ないのでしょうけど。
 
 
こちら downwardright が、2日目の宴(開花)の後の様子です。(3月4日 午前)
 
    130304_1055
 
 
 
 
 
「幸福の木」と呼んでいますが、正式には
 
「ドラセナ・フレグランス・マッセンゲアナ」 : リュウゼツラン科 ・ ドラセナ属
                            原産地はアジア・アフリカの熱帯辺り
 
  ※ 追記 ※  その後APGⅢ分類体系により、キジカクシ科・ドラカエナ属
            (ドラセナ属)と改められているようですが、ややこしくて‥・
            間違っているかもしれませんがご容赦ください。
 
 
その他詳しいことは、以前の記事をご覧いただければ幸いです。
 
   * 2007年 の記事 (今回と同じく、親株 2回目の開花のときのもの)
   * 2009年 の記事 (クローン子株 に咲いたもの)
 
 
フレグランスと付くだけあって、花は非常に強い芳香を放ちます。
香りとしては『甘ったるいだけでない、スパイシーさもあるマダム的な印象の香水』
を思わせ(説明になってない ^^;)、ジンジャーやユリのカサブランカ辺りと共通する
ところのある芳香なのですが、とにかく非常に濃厚です。
きっと、熱帯の夜に広く遠く漂い広がり、虫たちに呼びかけるに違いありません
 
かくして私たち夫婦と同居して以来3度目の開花が終わったわが家の「幸福の木」。
長寿でも有名な木ですから、これからも長くお付き合いしていきたいものです。
 
 
* ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… * ……… *
 
 
昨日から両手人差し指の先がバンドエイド包みでキーボードが打ちにくい~sweat01
左は、昨日参加の花講習会中に鋏でチョキン! 右は夜、以前の作品解体中に
ワイヤーの先端をグサッ! こう書くとすごいけど傷は大したことありません smile
でもふさがるまで2日くらいは保護しとかないとね。  うーん 打ちにくい…
 
 

|

« 幸福の木 - 開花準備編 - | トップページ | 花で描く »

コメント

前回の蕾がにゅるるんと伸びてきて、
こんな風に花が咲くのですね。
初めてみましたよ。感動です。happy02
オリヅルランを思い出したなぁ。
ちょっと似てないですかね。
満開のソフト加工してある写真なんて、
花嫁さんのブーケみたいでとっても素敵です。shine
濃厚な香り・・。どんなだろう~。
幸福の木が花開くなんて、
ポージィさんちは幸福に満ちているのですよ。
これからも満ちるのですよ。clover

投稿: くらふぇ | 2013/03/18 10:31

おはようございます!

↓ からたのしませていただきました~
ドラセナのお花は 清楚ですが 香りがかなり強いですよね。
お部屋の中にあるとお部屋いっぱいに広がって・・・
我が家でも サンスベリアとその仲間のお花が何度か咲いたことがあります。
同じようなお花の形で 香りがきついです~

光が透過した白い花弁 なおのこと美しいです~
高いところに咲いたお花 苦労されて撮られただけのことはありますよ~!
観察日記って 面白いですよね。
これから先も 枯れることなく おふたりを見守ってくれることを願っています。
幸福の木ですものね~

投稿: fairy ring | 2013/03/18 10:47

幸福の木は見たことないです
とっても綺麗な花ですね
植物園に行ったらあるかな、明日は花の美術館に行くことになっています

怪我ですか指先ではうちにくいですね
ゆっくりうちましょう、時間はたっぷりあります

投稿: フクちゃん | 2013/03/18 10:48

こんにちは。
幸福の木は、何度か人にいただいたりしたことがあるのですが、
どれも途中で消えてしまっています。
どうやら、「幸福」というには縁遠い我が家なのかな。
こんな花が咲くのですね。
純白の小さな花には、色んな形の幸福の色が染められていくのでしょうか。
もし機会があったら、今度は花を咲かせて、幸福をキャッチしたいものです。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/03/18 10:57

ポージィさん、こんにちは。
2007年と2009年の記事も読ませていただきました。今では5株もジャングル?を作っているのですか。観葉植物とありましたから、普段は観葉を楽しむのですね。それが、数年おきに花を咲かせる、しかも一夜花。なんとも不思議な植物ですね。あなたの「甘ったるい・・マダム的な印象の香水」との表現から、おおよそ察しがつきます。こんなことを思い出しました。学生時代に一時、遠い親せき筋である「芸者のおきや」に下宿したことがあります。日が暮れるとみな寝床から出て、一斉に化粧を始めます。家中が甘ったるい香りで充満します。悩殺という言葉がありますが、まさにそれでした。ややニュウアンスが違いますが、似ていると感じました。幸福がいつまでも続きますように。

投稿: polo181 | 2013/03/18 12:33

ポージィさん。
指先のけが、早く治るといいですね。

幸福の木。
今は我が家にありませんが、
葉がどんどん重なり合って伸びていくのを切らずにいると、
あるとき花をつける感じなのでしょうか。
なんだかむくむくと幸福の木が欲しくなってきました。
今我が家にある観葉植物はパキラのみ。
それもなんだかすごく貧弱です。

投稿: koko | 2013/03/18 12:48

「幸福の木」なんて観葉植物だと思っていました。
花が咲くんですね。もちろん初めてみました。
 4半世紀も付き合ってるとはすごい。
何度か世話したことはありますが、長続きしませんでした。冬の温度管理が大変なんですね。
 ストレスを感じたときに花が咲く。
植物が生きていくうえの知恵なんですね。

 清楚なきれいな花ですね。熱帯の花はほとんどが香りがすごい。カサブランカみたいな匂い。なるほどわかります。


投稿: 夢閑人 | 2013/03/18 13:17

こんにちは
「幸福の木」の花、室内撮影にもかかわらず雄しべ雌しべがきちんと撮れていますねgood
我が家では、幸福の木も、金のなる木も、枯らしてしまいました
山野での夜咲く花は、ユウスゲ、カラスウリ、スズサイコetc、なかなか撮れません

投稿: モト | 2013/03/18 16:09

clover くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
そうなの。 にゅるるる~と45cmも伸びて、
そのうち重たくて垂れてきて、そしてこんな花が咲くんです~
なかなか綺麗ですよね happy01
 
あ~ くらふぇちゃん、よいことに気付かせてくださいました。
いまオリヅルランの画像を見てきたら、花自体がよく似てました!
違いもあるけれど共通点もありですよ♪
 
濃厚な香りは、ほんわか漂う程度に薄まっていたら大人っぽい良い香り。
でも部屋の中だと気持ち悪くなるほど濃厚です。笑
小さな一輪が大きなカサブランカが放つ位の香りで、それが何十輪も
密集していると想像してみてね。
 
幸福に満ちているから咲くならいいな。本当はSOSだったりしてね~coldsweats01
 
 
clover fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
楽しみんでくださって有難うございます(^^)

そうなんですよね。清楚だけれどすごく濃厚に香りますね!
サンスベリアやお仲間たちも同じような花で同じような濃厚な香りですか~
この香り自体も決して悪い香りじゃないと思うのですが、部屋の中では
過ぎたるは及ばざるが如しになってしまいますね。でも外に出すわけにも行かず…
 
難儀して撮った甲斐あったでしょうか、よかった~。
前回とはちょっと違う感じで撮れて自己満足してます。ブレてますが(笑)
観察記録、私は身近なものでしか追いませんが、だんだん変化していく様子を
見るのはとっても楽しいですね。
 
そうなんですよねー、何といっても幸福の木ですから、これからもずっと
元気で共にあって欲しいものです。
 
 
clover フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
初めてでいらっしゃいましたか。
一輪一輪は小さいのですが、綺麗な花です。
ただ、地植えにできない日本では、幸福の木の花はなかなか
咲かないんだと思います。咲いても夜ですから、あまり見る機会がないかと思います。
花の美術館にいらしたら、咲いたことがあるかお聞きになってみて下さいね。
 
ありがとうございます、傷は大したことないのですが、
打ち損じが多くて、疲れます~
 
 
clover 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
鎌ちゃんもお世話されたことがおありなんですね。
幸福と縁遠いだなんて、とんでもない。そんなことないですよ。
寒さに弱いけれど乾燥にはとても強い、という性質なので、
枯れたのは寒さか過湿のどちらかだったのではないかと思います。
今度手に入れられましたら、暖房をつけるお部屋で一緒に過ごし、
水は忘れたころにあげるという方針でお試しくださいね。
 
美しい一夜限りの小さな花たちに、幸福のロマンを重ねてくださって
ありがとうございます。それぞれどんな幸福色に染まるのでしょうね♪
 
 
clover polo181さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
過去記事もご覧くださって恐縮です。説明は過去記事にお任せにしてしまいました。
そうなんです、この木は観葉植物として楽しむのが一般的です。
でも、観葉植物といわれる植物たちも、花が咲かない植物というわけでは
ないないのです。
下手な香りの説明でご想像くださいましたか。とにかく濃厚で、部屋の中に
充満するのにはちょっと参ります。かといって外に出すわけにはいきませんしね。
まぁ、おきやに下宿というご経験もお持ちですか。
舞妓さん芸妓さんたちのおしろいのにおいが私には分からないのですが、
部屋に立ち込める甘い香りということでは同じですね。
 
せっかく長く生活を共にしてきた幸福の木ですから、できればこれからも、
と願っています。ありがとうございました。
 
 
clover kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
ありがとうございます。私のは怪我というほどでもありませんが、
チョキンの瞬間、kokoさんの指先スライスを思い出しましたよ~(^^;)
 
切らずにいるとというよりも、寒さに弱いのに急に寒さに当てたとか
根詰まりしてきた、といったストレスで咲くようなことが書かれていました。
でも、原産地の暖かな土地では、普通に他の木が花を咲かせるように、
幸福の木も花を咲かせるでしょうし。ということは、生長してきたから
なのかもしれませんね。
 
ぜひ育てていただきたいです~。ただ、寒さに弱いというのが
ネックになりそうです。マンションだと暖房ナシで留守にされても
そんなに冷え切らないかしら?
うちは冬季に留守するときは、いちばん気温が下がるころ、タイマーで
2~3時間暖房が入るようにしています(^^;)
以前何もナシで留守したら、枯れそうになったことがあったので…
 
 
clover 夢閑人さん、ありがとうございます ♪

幸福の木の花、初めてでいらっしゃいましたか。
観葉植物とされているものたち、滅多に花が咲きませんが、
それでも全然咲かないわけではないですね。原産地では案外普通に毎年咲いては
実をつけ、というのを繰り返しているものも多いのかもしれません。
でも、故郷を離れた地では、ストレスを感じたとき緊急スイッチが
入るということもあるのでしょうね。
 
冬にあまり寒くしないことと過湿に気をつけるくらいで丈夫ですが、
うちのも2~3回生命の危機があったんですよ。そのどちらも寒さでした。
 
小さな花ですがとても綺麗です。ただ、ほんと濃厚な香りで…
カサブランカの香りを放つ小花が何十輪という感じです。
熱帯の屋外の夜には似合いそうですね。
 

投稿: ポージィ | 2013/03/18 16:20

clover モトさん、初めまして、ありがとうございます ♪
 
こんにちは。
 
LEDライトの下、息を止めて何十回もシャッターを押した中から
数少ない成功例をピックアップです。
 
でも私は、夜、外で咲く花の撮影は試したこともないのです。
フラッシュにフィルタをかければいいのかしら。綺麗に撮影された
お写真を見せていただいてうっとりする専門です。
 
幸福の木に金のなる木、残念でいらっしゃいましたね。
「幸福」も「金」も、人間が勝手にかこつけただけのものですけれど。
もしかしたら水のあげすぎだったのかも。どちらも忘れたころあげる
くらいで大丈夫なようです。
 

投稿: ポージィ | 2013/03/18 16:31

ドルセナはめったに咲かないけれど開花すると強烈に虫を惹きつけるのですね。
ポージィさんの部屋ではむなしいな努力でしょうか。
それほど濃厚な香りだと鼻の悪い私にも感じられるかもしれません。どこかでチャンスがあればと思います。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/03/18 18:43

きれいですね~!!
香りの説明も分かりやすいですよ~。
ぜひ嗅いでみたくなります。

貴重な写真を見せて頂いてありがとうございます♪

投稿: Sanae | 2013/03/18 19:17

お手の方は如何ですか?
知らず知らずにも切ってしまいがちですが、ポージィさんもですか。早く治るといいですね。ちょっとしたことでも不便なものですよね。
毎年咲くようになってポージィさんご夫婦もますます幸せにですね。
白い花をこれだけはっきり撮るのは難しいですが、きれいに撮影されました。
ここまで匂ってくるようです。

投稿: tona | 2013/03/18 19:37

clover 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
親株が咲いたのが、前回から6年ぶりですからなかなか咲きませんね。
といっても、原産地では当たり前のように毎年咲いているのかも
しれませんけれど。夜、この濃い香りはどこまでも漂っていって
虫をひきつけそうです。ほんと、わが家ではむなしい努力ですね~(^^;)
おーちゃんでもきっとお分かりになる強い香りだと思いますよ。
強い香りを持つカサブランカをたっくさん集めたのに匹敵すると思いますから。
どこかでチャンスがおありになるといいですね。
 
 
clover Sanaeさん、ありがとうございます ♪
 
小さな花ですが、なかなか綺麗ですね。
今回は1週間にわたって順々に咲いていきました。
4日目くらいからは咲き終わったものが茶色くしなびて
もうあまり綺麗とは言えない姿になりましたが、
香りだけは毎夜新鮮に濃厚に香っていました。
変な説明になりましたが、香りも何となく分かっていただけたようで…
ありがとうございました(^^;)
 
 
clover tonaさん、ありがとうございます ♪
 
ご心配有難うございます。大したことなく明日には剥がせるかもです。
今回、講習会の実習中に時間なく焦っていたものですから、
ワイヤーを切るときに刃が指にもかかってしまって一緒に切ってしまいました。
ワイヤーも急いで解体していてグサリ! 焦りは言いことありませんね。
 
いえ、幸福の木の花は毎年咲いているわけではないのですよ。
今回親株が咲いたのは6年ぶりでした。暖かな原産地では毎年咲くものかも
しれませんけれど(^^)
 
写真は、今回はフラッシュ無しで撮りたくて相当粘りました。
小さな花ながら整った美しさで、艶感や透明感がお伝えできていれば
幸いなのですが、どうでしょうか。
匂いも感じていただいて有難うございました♪
 
 

投稿: ポージィ | 2013/03/18 20:26

 チョコッと指先・甘く見ないでね!
 今晩は~。お忙しい中なのに・・・すいません。
ヒロも初めての拝見です。
そうですか、リュウゼツラン系なんですね。
 それにしましても長年の辛苦、以心伝心お花さんにも分かるんですね!
 ソフトであれ・ハードであれ関係なく見事!
いや~・これは・・・!
ん~ン:表現のしようが・いいですね~。
 何だか言葉になっていない?
それは、こんなに簡単に拝見させていただいて、よろしいので?
  ヒロでした。

投稿: ヒロ・もん | 2013/03/18 21:57

ポージィさん
こんばんは
珍しい花を見せていただき、有難うございます
幸福の木が、花を咲かせるなんて全く知りませんでした
観葉植物とばかり思っていましたね
それとも、夜にしか咲かないから
植物園では見るチャンスがないのかもしれませんね

それに、とても綺麗な花ですね
ブレブレどころか、ピントはバッチリ、綺麗に撮れています
ポージィさんちは、幸せ一杯だから、この花が咲いたのでしょうね
我が家では、今カネノナルキが咲いていますが
なかなか、“お金”には恵まれません(何故?)

投稿: ジジフク | 2013/03/18 22:03

こんばんは!
幸福の木にこんな花が咲くのですか?
きれいですね。
私はいろんな観葉植物を育ててきましたが、なぜか幸福の木は育てたことがありません。
もちろん、何度も目にしています。
知人の家にもありますが、花をみたことはないような気がします。私が気がつかなかったのでしょうか?
ポージィさんの写真の撮り方も花への愛情でしょうか、きれいですね~!
香りまで感じることができそうです。
「幸福の木」は愛情をもって育てないと花が咲かないのでしょうね。花への愛情、そして花から幸福をもらえるのでしょうね。

投稿: 生駒の風 | 2013/03/18 22:09

初めて見ました
スマートなお花ですね
清楚でかわいらしいconfident
長寿だから「幸福の木」との名前になったのでしょうか

ところでポージィさん、指大丈夫ですか??
ちょっとした傷でも、指はよく使うから
なんだか不便ですよね・・・お大事にjapanesetea

投稿: sam | 2013/03/18 23:07

おはようございます。
珍しいですね。
環境が合わないと咲かない花が3回も咲いているのですか。
滅多に咲かないので蕾を見つけると嬉しいですね。
花は清楚ですが、濃厚な香りが苦手です。

今週は忙しいので訪問お休みします。
指早く治るといいですね。
お大事に。

投稿: ロッキーママ | 2013/03/19 06:03

clover ヒロ・もんさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
私は植物を育てるのはあまり上手じゃないんですが、この幸福の木とは
相性がいいのか、3回ほどあった生命の危機も乗り越え、長年共に暮らして
こられています。幸福の木の生命力のおかげですよ、ありがたいです。
花はたまーに数年に1回咲きますが、木にとっては果たして良いのか悪いのか?
こちらは珍しいものが見られてラッキーですけれど。
ヒロさんもご覧になるのは初めてでいらっしゃいましたか。
一輪は小さいですが、なかなか美しい花ですよね。
 
指のご心配有難うございます。大丈夫、全然大したことないのです。
絆創膏が邪魔なだけで(^^;)
 
 
clover ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
この前コメントにチラと書かせていただきましたが、
これがその幸福の木の花なのですよ~
親株に咲いたのは6年ぶりのことでした。日本で鉢植えのものが咲くのは
果たして良い事なのか悪いことなのかよく分かりませんが、
久し振りに楽しませてもらいました。
一輪一輪は小さいですけれど美しい花ですよね。
香りが濃すぎるのには閉口しますが、これとて原産地の屋外では
気にならない心地よい芳香なのでしょう。
そうなんです、夜咲く花なので、植物園で見るのは無理でしょうね。
 
写真はマシなのをピックアップ。でも100%の大きさで見ると
ブレが見えてくるんですよ~^^;
 
 
clover 生駒の風さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
色々ご覧になっていらしていても、幸福の木の花は初めてでいらっしゃいましたか。
それはご紹介できてよかったです。
観葉植物としては息長い人気のある植物ですよね。
お店でも定番ですし、目にする機会は多いです。
原産地で地面に生えているものは生長しきったら毎年花が咲くのか
たまになのか知りませんが、日本で鉢植えで育てているものが咲くのは
珍しいかもしれませんね。それに果たして木にとって良いのか悪いのか??
でも、せっかく珍しい花を咲かせてくれたので、楽しませてもらいました。
 
写真、有難うございます。三脚はないし高い場所だしで苦労しましたが
今までと違う雰囲気に撮れて、ちょっと嬉しかったです♪
 
 
clover samさん、ありがとうございます ♪
 
初めてでいらっしゃいましたか。見ていただけてよかったです~♪
科の上のくくりがユリ目だったかしら?だからかどうかわかりませんが、
小さな小さなユリのような花ですね。微かな光沢と透明感のある白い花 ☆

>長寿だから「幸福の木」との名前になったのでしょうか
samさん、鋭い! ピンポーンです。それと丈夫な性質から
日本で売り出すとき「幸福の木」としたようですよ(^^)
 
指のこと有難うございます。もうそろそろ絆創膏外せそうです。
指先は何かあると不便ですよね。
 
 
clover ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます 
 
親株の花、6年ぶりに3度目の開化となりました。
いつでしたか、天井に届きそうになったのでてっぺんを切ったのですが、
それがまただいぶ伸びてきたと思ったら。
日本で鉢植えの状態で咲くのが良いのか悪いのか心配ですが、
でも珍しい花が見られるのはやっぱり嬉しいです。
ただ、香りが… 屋内でこの濃厚な香りはあまりに強すぎますね ^^;
 
お忙しいのですね、お疲れが溜まりませんようご自愛ください。
指のご心配も有難うございます。もうそろそろ大丈夫です。
 

投稿: ポージィ | 2013/03/19 09:08

大変ご無沙汰しております。
カキコはしませんでしたが、よく拝読しておりました。
これからも宜しくお願いします。
「幸福の木」って花が咲くんですね。知りませんでした。我が家にもあるんですけれど一度も咲いた事有りません。観賞用に茎が真ん中から切られているせいでしょうか?

投稿: 福 | 2013/03/19 12:24

わ~!!綺麗ですね。
貴重な写真を見せて頂いて有難うございます。
この花が香りを発するなんて想像もできません。
キレのある甘ったるい香りが部屋中に・・・・・いいですね。

指の怪我、大丈夫ですか。お大事に!!

投稿: ソングバード | 2013/03/19 14:50

ポージィさん(#^.^#) こんにちは~ヽ(*´∀`)ノ

( ̄□ ̄;)おやおや。。。。
指先って、、、傷の大小じゃなく、、、
痛いし、、不便ですよねぇ。。。。
お大事になさってくださいm(_ _)m

(*´∀`*)幸福の木・・・・♥
なんて可憐なお花なのでしょう。。。。。。(^^♪
もう、、うっとり。。。
(;゚Д゚)!香りは、、濃厚!!
か細いお花でありながら、、、以外でした!!

その香りを妄想・・・・♫

投稿: うさぎ | 2013/03/19 15:00

clover 福さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは、お久し振りです~ こちらこそよろしくお願いします。
 
福さんのお宅にも幸福の木がおありなのですね。
日本で観葉植物として売られている鉢植えは、ブツ切り輪切りにしたものを
挿し木して育てたものですね。わが家のもそうですよ。
クローン子株も、同じようにして挿し木で育てました。
ですから、これは花が咲く咲かないとは関係ないと思います。
日本ので育てている鉢植えの場合、花が咲く段階まで生長したから咲くのか、
寒さや根詰まりなどのSOSとして花を咲かせるのか、よく分かりません。
でもま、これからも元気にしていてくれることを願っています(^^)
 
 
clover ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
一つ一つは小さな花ですが、綺麗ですよね~
ほのかな光沢と透明感と両方持っています。小さなスカシユリみたいですよ。
香りは良い香りなんですけど、いかんせん室内では強すぎます(涙)
開花が続く1週間は、毎晩香りの拷問みたいですよ(笑)
南国の夜の暗闇に遠くまで香りを届けるには必要な強さなのでしょうね。
 
指は大したことなくて、今日はもう絆創膏も外してしまいました。
ありがとうございます。
 
 
clover うさぎさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~(*^^*)
 
ご心配有難うございます。ヤッチャッタときはそれなりに痛かったですけど
もう大丈夫。絆創膏も外しちゃいましたよ。うっとうしくて…(^^;)
でも、ての傷は不便しますね。気をつけなくっちゃ。
 
うふふ 幸福の木の花、なかなか素適でしょ♪ 
ところが、香りの強さは気持ちが悪くなるほど…(;´д`)トホホ…
室内では濃すぎるんですね。
きっと原産地の南国では、夜の闇に溶け込んで、どこまでも
甘く魅惑的に漂っていくんだと思います。
…と、私も妄想~ ( ´艸`)プププ
 

投稿: ポージィ | 2013/03/19 17:36

こんばんは☆
 
あらら・・・指先さん、とんだ災難でしたね。
鋏で切ったことも ワイヤーで刺したことも
何度もありますので その痛みはよくわかります。
どうぞ お大事になさってくださいね。
 
幸福の木の花 と言うのを初めて見ました。
ツボミの様子、花の様子、アガパンサスのよう。
一度に丸く咲くと きっと迫力があり美しいのでしょうが
芳香が強いとのこと、
毎日少しずつ 虫さんたちを呼び寄せるためなのでしょうかね。
 
ソフト加工のお写真が
何となく このお花に とてもよく似合ってる気がします (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013/03/19 20:18

clover 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
アハハ~ フラワーアレンジメントをなさる花mameさん、
鋏でチョキンもワイヤーぐさりもやっぱりご経験ありですね~(^^;)
幸い痛さの割に軽かったのでもう大丈夫。ありがとうございます。
 
幸福の木の花は初めてでいらっしゃいましたか
あぁ、そうですね! アガパンサスの蕾や花ををうんと小型にしたよう♪
これだけの蕾、全部でいったい幾つあったのか、毎晩何十個ずつかが
1週間にわたって咲き続けました。毎日猛烈に芳香を放ちながら…
仰るように幾日かにわたって虫さんに誘いを
かけているのでしょうね (◎´∀`)ノおいで~
 
ソフト加工の写真、花の雰囲気にあってますか?嬉しいです♪♪
 

投稿: ポージィ | 2013/03/19 21:20

幸福の木は熱帯地方の植物ですか!ハイビスカスのように香りが強いのですか?嗅いでみたいですね!夜行性ですか?夢は夜開くなんて歌あったような?綺麗な夢だといいですね!幸福を作るのはなかなかハードです。幸せになる為にはまず幸せを与えなければなれません。相手があるから難しいです。

投稿: 茂吉 | 2013/03/23 16:51

clover 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
ハイビスカスの香りってどんな香りかしら?温室で見た事もあるし、ハイビスカスティーも飲んだことがあるのですが、花の香りは?と思い起こそうとしたら分かりませんでした。温室内に立ち込めていなかったところをみると、濃厚な香りではなさそうですね。幸福の木の花は、もし温室内で咲いたら、空間に充満してしまうほど濃厚な香りです。そう、幸福の花も夜開くんです。どなたかの夢と一緒ですね。
幸福って与え与えられして初めて得られるものですか。ふむ、そういう一面もあるでしょうね。 一方では、今健康であること、青い空素適な花たちを見られること、そうしたことに感じる幸福もありますね♪

投稿: ポージィ | 2013/03/23 17:05

そう、ポージィさんのおっしゃるとうりいろいろな幸せがありました!次のコメントで自分のまわりは花でいっぱいで幸せです!と本当は書こうとしたのですが少し恥ずかしくて止めといたのです。素直にならなくては!

投稿: 茂吉 | 2013/03/23 17:32

tulip 茂吉さん、こんばんは-☆
 
ねっ、色んな幸福がありますよね。身の周りのささやかな幸福をしっかりキャッチしていける自分でありたいと思っています。茂吉さんも実は春の花いっぱいの今、幸福感に満ちていらっしゃるんですね(^^)♪ そういうの言葉にするのは照れちゃいますけど、書いてくださってすごく嬉しかったです。嬉しいも=幸福ですね。ありがとうございます(*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2013/03/23 22:40

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/56894444

この記事へのトラックバック一覧です: 幸福の木 - 開花編 -:

« 幸福の木 - 開花準備編 - | トップページ | 花で描く »