« 可愛く清楚 - ノイバラ - | トップページ | 逞しそうだけど - ナヨクサフジ - »

2013/06/14

名前見っけ 「カキネガラシ」

関東はこの3日雨続きで湿度は高いけれど気温は抑えられている、梅雨時らしい
天気と気温ですが、西日本などの猛暑は猛烈ですね。35℃超で驚いていたら、
昨日は37℃超!にしばし絶句してしまいました。 どうぞお気をつけくださいね…
 
あ、気温26℃くらいでも、高湿度の中では熱中症の危険がアップするそうですから
東日本のみなさんもも要注意ですョ。
 
 
 ・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
 
さて…
昨年初めて出会ったヘンテコな形をした野草。名前を調べきれず放置していましたが、
今年また出会って名前探しに再チャレンジしたところ、今度はいとも簡単に判明。
ということで、晴れてお披露目です。 皆さんは見かけられたことおありでしょうか?
       (pc写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますsearch
 
 
 
    130514hama_kakinegarasi6
 
            最初に気付いたのは 昨年の春  これは何?
 
      四方八方に枝分かれして伸びる茎が なにやらギクシャクした印象です
 
 
 
 
          130514hama_kakinegarasi7
 
                    地面近くはこんな感じ
 
                   葉は羽状で深く裂けており
      根元近くは長さ20cmほどありますが 上部に行くほど小さくなります
 
 
 
 
    130514hama_kakinegarasi2
 
                見づらいですが上から見た様子です
 
         直立した茎からほぼ直角に分岐分枝した茎が  四方八方に
 
 
 
 
    130514hama_kakinegarasi4
 
             そして枝分かれした茎の先っぽに 黄色の花
 
  
 
 
    130514hama_kakinegarasi3
 
             花をアップで見てみると アブラナ科らしい花形
 
                4弁花・長短2本ずつ4本のオシベ
                花の大きさは 直径4~5mmほど
                    花期は 4~7月ころ
 
 
 
 
    130514hama_kakinegarasi5
 
                   草丈は 40~80cmくらい
 
 
 
 
 「カキネガラシ(垣根芥子)」 : アブラナ科 ・ カキネガラシ属(キバナハタザオ属)
                    英名「Hedge mustard」の訳がそのまま和名に。
                    群生すると生垣のようになるのだそうです。
 
                    明治末期に入ってきたヨーロッパ原産の帰化植物で
                    日本全国に広がっているそうです。
 
        果実は2cmほどの細長い円柱形で軟毛が生え、茎にピタリと沿うように
        つきます。 果実に毛がないものを「ハマカキネガラシ」として区別する
        こともあるとのこと。 また、果実が茎に寄り沿わずに離れて付くものは、
        「イヌカキネガラシ」という種類になります。
 
 
        私が会ったものの果実に毛があったかなかったかは未確認です。
        そもそも、茎がボコボコして見えるのが、ピタリ寄り添うように付いている
        果実だとすら思っていませんでした。茎そのものがボコボコしてるのかと
        思っていましたよ。 メガネ無しだと見えなくって…coldsweats01
 
 
 
 去年初めて出会って 『何じゃこりゃ!?』 と思ったのも春5月ころで、真夏には姿を
 消していたと思います。
 特徴あるヘンテコリンなこの姿は、いちど見たら忘れられません。
 いやいや、ヘンテコリンなどと言っては失礼ですね。
 きっと、満遍なく日光を浴びられるように、こういう姿に工夫進化してきたのでしょう。
 
 

|

« 可愛く清楚 - ノイバラ - | トップページ | 逞しそうだけど - ナヨクサフジ - »

コメント

何じゃこりゃ? ですね~。(笑)
1枚目のお写真、フェンスみたいに見えますよ。
緑の菱型がいっぱいつながったヤツ。
地面近くになると、けっこうしっかりした茎のように思いますが。どうなんだろ。
最後のお写真がね、アタシには、人が両手を挙げて走ってるように見えるんですよ。
なんだかね、岡本太郎チックだな~なんて思ってしまった。smile

投稿: くらふぇ | 2013/06/14 10:21

うわぁ、悪魔みたいな草ですね。
花は菜の花みたいで可愛いですが。
繁殖力旺盛みたいな葉と茎ですね。

全国で見れるのですか?
こちらでもあるのかな。
怖いもの見たさで見てみたいです。

投稿: ロッキーママ | 2013/06/14 10:34

こんにちは。
カキネガラシ・・・・「枯らし」かと思って、一瞬、やばい想像をしましたが、「辛子」でしたか。
要注意外来生物指定ではないのですね。
ビンボウカズラとも呼ばれる、ヤブカラシは「枯らし」ですものね。
本当に、踊る姿のような、へんてこりんな姿ですから、出会ったら忘れられないでしょう。
花も可愛いですしね。
その記憶がないということは、まだ出会ったことがないようです。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/06/14 12:44

ポージィさん
こんにちは
この花も、“ナンジャモンジャ”ですね
初めて見せていただきます
↑ くらふぇさんが言われるように、トップはフェンスのように見えますね
そして、ラストは3~4人のゴールキーパーがてを上げて、ボールを防いでいるような
こんな小さな花は、今まで多分素通りしていたのでしょうね
名前に「芥子」と付いているということは、香辛料として利用されるのでしょうか?

投稿: ジジフク | 2013/06/14 13:24

お久~catdog
大阪は連日の猛暑日。
昨日ついに冷房いれました。
室内温度が32度にもなって・・・sun
関東のほうは雨の日が続いたんですね。
その雨、なぜ西日本に来ないのだ~rain
てな感じでひからびそうです。

久しぶりにカキネガラシに出会えました。懐かしい~。
6、7年前にまるでインドネシアのケチャックダンスを踊っているように見えたこのカキネガラシ、2年ほどで消え去ってもうその姿を見ることはありません。
繁殖力は意外と弱いのかもしれませんね。

投稿: あまもり | 2013/06/14 14:18

こんにちは!

今日の植物は観るも聞くも初めてだと思います。
ハマハタザオは観たことあるのですが・・・
何とユニークな枝ぶりなんでしょうね~
大空に両手を広げているみたいです。

是非とも見たくなってしまいました。
どこかで出会いがあるといいな~

投稿: fairy ring | 2013/06/14 14:19

こんにちは。
 
おぉ、この植物は 初めて見ました〜。
カキネガラシ=垣根枯らしかと思っちゃった (*´v゚*)ゞ
垣根芥子なのですね。
 
一枚目の お写真から 不思議な形で
よく空き地の周りに張り巡らされている鉄線に
絡み付いているのかと思いました。
生け垣になるのが納得出来ます。
 
花は可愛らしいですね。
茎にピタリと沿うように 果実が。
何だか トウモロコシみたいです (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013/06/14 15:27

snail くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
でしょでしょ~ 何じゃこりゃ!? の見慣れない草。
ほんとだ、1枚目はちょっとフェンスみたいね♪
あの緑色の頑丈な金網みたいなヤツね wink
もじゃもじゃに群生している様子を検索した画像で見たんですけど、
それだと密生した生垣って感じで、垣根の名前にうなずけました。
地面近くは葉も大きいし茎もそれなりの太さがありましたよ。
 
うふふ 最後のも、手を上げて走ってる人に見えますねぇrun
くらふぇさんの感性と想像力はとっても楽しいですhappy01
 
 
snail ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
「垣根芥子」ヘンテコリンな容姿ですよねぇ。こんな形の草は見た事なくて
私も最初ちょっと不気味に感じてしまいましたよ。
花は、アブラナ科の特徴をちゃんと持っていて、可愛いんですけど、
目立たない先方です。
 
全国で見られるとありましたが、私は昨年が初めましてでした。
ロッキーママさんのお近くでも、あるとき突然出現するかも
しれませんね。でも、トゲも毒もなさそうですから大丈夫ですよ。
 
 
snail 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
そうなんです、 カラシはカラシでも芥子の方で。
(「藪枯らし」は大層な名前を付けられてしまいましたね。
 確かに生育旺盛ではありますが)
カキネガラシは帰化植物ですが、要注意外来生物指定はされて
いないようですよ。増えつつあるのかそうでもないのか?私も昨年会った
ばかりなので分かりません。どうなんでしょうね。
花は目立ちませんが、アブラナ科らしい可愛い花でした。
この特徴ある姿ですから、鎌ちゃんもお見かけになったら
忘れられないと思います。
 
 
snail ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
アハハ ほんとですね! ナンジャモンジャ草と呼びたい姿です。
ジジフクさんも初めてでいらっしゃいますか。
私もコメント拝見してなるほどと思ったのですが、トップのは
金網風のフェンスにも見えますね。
検索した画像で見たのですが、これがもっとびっしり密集すると、
それこそ生垣のよう見えて、名前にも深く納得がいきます。
ラストはゴールキーパーですか。うふふ そうも見えてきますねぇ。
ヘンテコリンな格好だけど、それがかえって想像力を刺激しますね。
食べられるのか、利用されるのか検索でヒットしたページをかなり
いくつか見たのですが、食用利用について書かれているのは
いまのところ見つけられていません~。
 
 
snail あまもりさん、ありがとうございます ♪
 
お久し振りです~
大阪、すごい気温が続いてますねsweat01 大変そうだぁ…
関東はこのところ台風3号(となれの果ての低気圧)の刺激で
雨模様でした。水不足に陥ったダムが満水になるにはとてもとても
足りませんでしたが、畑くらいは潤ったかな。
5月からこちら雨が少ないですね。豪雨・災害は困りますが
適度な量は降ってくれないと、それもまた困ります。
明日は全国的に傘マークが見られるようですが、どうなるでしょ。
 
あらら、あまもりさんは「カキネガラシ」お会いになったことがある!?
ということは、初めて見たと思ったけどあまもりさんのところで
見せていただきながら忘れていたのかしら!?
あとで、あまもりさんのブログ内検索して拝見してみます~
ケチャックダンスを踊っているよう、との例えは言いえて妙ですねぇ。
2年ほどで姿を消しましたか。とすると、私が見た場所でも、
3年目の来年はもしかすると消滅か減少という可能性もありですね。
来年もチェックしなくては。
 
 
snail fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
初めてでいらっしゃいましたか。何ともユニークな姿で、
皆さんの目に色んなふうに見えていらして楽しくなりました。
このヘンテコな形が想像力を刺激するんですね(^^)
私も昨年初めてでしたから、fairy ringさんのお近くでも
ある年突然姿を現すかもしれませんよ。
生えてきたら絶対お気づきになると思います~
 
ハマハタザオやハタザオは、私は会ったことありませんが
すっとまっすぐ伸びていて、こんな枝の伸ばし方はしていませんよね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/14 16:14

snail 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
初めてでいらっしゃいましたか~ ここまで7人の方がコメントくださって
ご存知だったのはお1人でした。全国に広がっているといっても
そんなにどこででも大繁殖というのではないのかもしれませんね。
うふ そうなんです。「枯らし」ではなく「芥子」の方。
漢字表記も重要ですね~~
トップ写真のような姿をパッと見ると、やはり鉄線とか金網風フェンスなどに
見えるようですね。これがびっしり密集していると緑の生垣そっくりに。
検索した画像を見て「垣根」の名にいたく納得しました。

花は目立たないですが、アブラナ科らしい「菜の花」ですね♪
トウモロコシをご想像くださいましたが、ころころした可愛い実とは
ちょっとイメージ違うのです。
実の形や大きさはタネツケバナのそれに似ています。
その細長系の実が、茎にピタリ貼り付くようについていて…
写真に短いツンツンしたのがいっぱい写っているのがそうです~
 
  

投稿: ポージィ | 2013/06/14 16:28

こんにちは。
カキネガラシを見つけられたのですね。
あまもりさんが2007年に記事にしておられて、そのちょっと後に私も近所で見ることができました。
垣根のように群生しているところはまだ見ていないのですが、想像に難くない花姿ですね。
久しぶりにどこかで見たいものです。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/06/14 17:33

snail 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
そうなんです、昨年見つけたものの名前が分からなくて放置してました。
そしたら、なんとあまもりさんも記事にしていらして、おーちゃんも!
お二人の記事をブログ内検索で探して拝見してきました。
去年分からないままにアップしていたら、すぐにも教えていただけて
いたんでしょうね(^^)
びっしり密集して垣根のようになっている様子は見事といいますか…
この名前が付いたのが納得できますね。ネット検索した画像で、
そんな様子も見てきました。
あまもりさんがご覧になったところでは2年ほどで絶えてしまったそうです。
おーちゃんも2007年の後はご覧になっていないのですね。6年ですね。
はて、私が見た場所(川沿い)のは、これからどんな運命を辿るのやら。

投稿: ポージィ | 2013/06/14 20:18

こんばんは。
なんだかごちゃごちゃっして、その辺の雑草みたいに見えますね。
まさに手をつないで垣根を作ってるように見えます。
でもさすが、花だけは小さいながらも存在感たっぷり????

投稿: ソングバード | 2013/06/14 21:10

snail ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは

まさしく、いわゆる雑草と呼ばれる類だと思います。
ごちゃごちゃと色んな野草が生えている中に生えているものですから、
一層ごっちゃごちゃに見えますね。すみませーん(^^;)
それでも手を繋いで垣根を作っているように見えますか。良かった。
検索画像でみっしり密集しているのを見たんですが、
完全に垣根に見えました。
こんな不思議な形の草で、花も小さく目立ちませんが、
近寄ってみてみれば、れっきとしたアブラナ科の可愛い花でした(^^)
 

投稿: ポージィ | 2013/06/14 23:22

 長生きして良かった~(まだそんな年ではないかな?)。 
 おはようございま~す。

 言われてみますればそうですね・カキネ・・。
今回の命名は良い方でしょうか?(人間にいろんな名前を…)
 こうやって互いに協力し合いながら、太陽に向かって行くのですね、逞しいな~。

 ノイバラさんも、他の木の台木になっているとは!
やっぱりスゴイです。
 さあ私もこれからお友達の皆さんにコメントを、そして書類の整理にホワイトリカーの購入、そして・・止めます、キリがないので(笑い)。
  (※オオアマナの御礼は届きましたでしょうか?チョット心配なもので。)
  失礼いたします。

投稿: ヒロ・もん | 2013/06/15 07:46

snail ヒロ・もんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
長生きして…と仰るお歳にはまだまだではありませんか?
でも、一年一年歳を重ねるごとに、新しい出会いも増えていくものですね。
面白い出会い、ヘェ!な出会い、楽しい、嬉しい、びっくり…
みーんな脳を活性化させてくれそうです~
 
垣根芥子の名前は、見た目そのまんまという感じですね。
検索画像で見た、みっしり密集の様子はスクラム組んで見事な垣根に
なっていました。逞しいですね。
 
ノイバラは園芸種のバラたちを支えている素晴らしい原種バラのひとつ。
なんだか、彼らに代わって誇らしい気分になってしまいます(^^)
 
今日も色々お忙しそうですね! ホワイトリカー…何酒用でしょう。
 
オオアマナのお返事コメ・メール、先ほど拝見しました。
今度は大丈夫でしたね。ありがとうございます。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/15 16:40

またまた見たことのない花の登場です。
ロココも垣根を枯らす草かな・・・?なんて勘違いでしたね~coldsweats01
これはさすがに妙高にはなさそうですよ。

待望の雨が降ってます、バンザ~イ、バンザーイです。

投稿: ロココ | 2013/06/15 22:32

こんばんはhappy01
カキネガラシ・・私は見たことないと思います・・
不思議な形ですねぇ
針金を撚ったような・・
日光を浴びられるようにこのような形になったのなら
他にもこんな形の植物があっても変じゃないのに・・
他でも見ませんよね・・
おもしろいものありがとうございましたconfident

投稿: | 2013/06/15 23:43

snail ロココさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
うふ そうなんです、芥子の方でしてsmile
この草、妙高地方ではお見かけになってませんでしたか。
全国に広がっていると書かれていましたが、過去に見かけられた方の
お話によると、その後姿を消したということなので、生息地をどんどん
広げていくほどの繁殖力はないのかもしれません。
けれど、私も昨年突如という感じで見つけましたから、
ロココさんも、いつか突然出会いが巡ってこられるかもしれませんね♪

おぉ! やっとの雨、良かったですね~(^^)
水遣りをお休みできるくらいの量が降ってくれたでしょうか。
 
 
snail お名前不明さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは happy01
 
面白い形の草ですよねぇ。
「針金を撚ったような…」←うんうん分かります。そう見える質感は、
茎にピタリ寄り添って付いている実のせいだと思われます。
 
くまなく日光を浴びられるようにこんな形になったのかなと思ったのは、
ヤツデが、葉が重ならないようにしているというのを思い出したのですが、
垣根芥子の場合は、もしかするとそうじゃなくて、お互いに支えあうため
かもしれない、とも思えてきました。
いずれにしても、こんな形になる草は初めてでした。
見てくださってありがとうございました note
 

投稿: ポージィ | 2013/06/16 16:09

見るからに堂々として繁栄をしているように見受けられますが、
道端ならいいですが、なかなか厄介な物ではないのでしょうか。
ネーミングもなるほどですね、意外と見ているかもしれませんね。
素適な可憐なノイバラの後なので更に逞しい植物に見えてしまいました。
ノイバラは大好きです、近くに無いのでわが家にも欲しいようですね。
お散歩するといろいろと見られて良いのですがこの頃は
余所へ行くことも少なく残念、
気分的なものに左右されているようです。

投稿: 玲 | 2013/06/16 18:03

ごめんなさい、6/15 23:43のコメは私です。
名無しになってごめんなさい。
返信不要でゴザイマスm(__)m

投稿: sam | 2013/06/16 19:46

snail 玲さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
帰化植物ではありますけれど、厄介者なのかどうなのかは??
全国に広がっているとかかれていたわりには、コメント下さった方の
ほとんどが初めてと仰っていて、過去にご覧になった方も、
翌年や翌々年にはもうご覧にならなかったり。
ひょっとすると、眉をひそめたくなるような(?)強い繁殖力は
持ってないのかもなんて思います。
見た感じはいかにも繁茂しそうな雰囲気ですけれども。
何て言っているとその内に…なんてことも?分かりませんね。
 
ノイバラは大好きでいらっしゃいますか(^^) 私もです。
お散歩では何かしら出会いがあって嬉しいですね。
でも私も、あまり行けていません(月一程度)。
玲さんが自転車で紫陽花を見にいらしたことには、拍手喝采
お送りしていました。介護がおありだとなかなかお気持ちも
どんどん外へと向かい辛いものがありますね。
 
 
snail samさん、ありがとうございます ♪
 
スッキリしましたーnote
何となくそうかな~とは思っていたものの決め手はなく…
良かったぁhappy01
 


投稿: ポージィ | 2013/06/17 07:27

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/57477018

この記事へのトラックバック一覧です: 名前見っけ 「カキネガラシ」:

« 可愛く清楚 - ノイバラ - | トップページ | 逞しそうだけど - ナヨクサフジ - »