« わが家のタンポポは? | トップページ | 咲いて香って魅了 - ハゴロモジャスミン - »

2013/06/05

柔らかに ハルジオン の咲く

もう「ハルジオン」は咲き終わり、すっかり「ヒメジョオン」にバトンタッチしていますが、
この春撮った「ハルジョオン」見てやって下さい。
すっきりさっぱり感じのある「ヒメジョオン」に対し、「ハルジオン」は繊細で柔らかな
雰囲気があると思っている私。 見ると気持ちまで優しくなるような気がしています。
       clover(写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますnote
 
 
 
    130426haruzion4
 
            お隣の空き地に咲いた ハルジオンたち です
 
 
 
 
 
          130423haruzion1
 
               向こうのオレンジ色は ナガミヒナゲシ
 
 
 
 
 
    130426haruzion7
 
 
 
 
 
    130426haruzion5
 
 
                  ほころび始めたばかりの蕾
 
 
    130426haruzion6
 
 
 
 
 
          130426haruzion9
 
                    パッチリ (*・_・*)
 
 
 
 
 
    130429haruzion1
 
          よく見る花色は ほとんど白に近いピンクか淡いピンク
      でも、隣市の公園では こんなに濃いピンクの花も咲いていました
 
               花色が変わる理由は何だろう ??
 
 
 
 
 
          130426haruzion10
 
                  アブさんが 訪花中でした
 
 
 
 
  「ハルジオン(春紫苑)」 : キク科 ・ ムカシヨモギ属  北米原産
 
                   1920年(大正9年)ころ、観賞用として輸入され、
                   1950年代から各地に広がり始め、それより前の
                   幕末に観賞用として輸入されたものの定着せず
                   野生化したヒメジョオン(姫女菀)と共に、
                   『日本の侵略的外来種ワースト100』に挙げられる、
                   要注意外来生物に指定されています。
 
                   お隣の空き地で、春の間だけ揺れるハルジオンの
                   お花畑は素適なんですけどね。
 
 
 

|

« わが家のタンポポは? | トップページ | 咲いて香って魅了 - ハゴロモジャスミン - »

コメント

おはようございます。
「ハルジオン」と「ヒメジョオン」、全く、その違いが判らない私です。
二つを並べていただいたらわかるのでしょうがね。
それにしても、こんなに可愛い花が、、『日本の侵略的外来種ワースト100』に入っているのですか。
確かに、あちらこちらに蔓延ってきていますものね。
まだ、我が家には侵略してきていませんが、注意しなくては。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/06/05 09:26

ハルジオンはすっかり日本の風景に溶け込んでしまっていますね。
春まではしっかりと観察し 写真も撮っていたのですが・・・
ヒメジョオンとは よく似ているけど やっぱり違いますね。

近所にもお写真のように とてもピンクの濃いハルジオンを見かけます。
増えているのかしら?
刈る時 ピンクの方がきれいだからと残しておくとか?

他のブログでも濃いピンクのハルジオンをみかけますよ。

群生しているとすごいです~~

投稿: fairy ring | 2013/06/05 10:19

ポージィさんヽ(*´∀`)ノ こんにちは~♪

\(^^@)/今回は~私の周りにもいる野草さん。。。
(;^ω^)そんなに、、、悪者扱いされているとは、、、知りませんでした。。。
(?_?)ハルさんなのか?ヒメさんなのか・・?
わかりませんが(^^ゞうさぎガーデンにも、、、
ちゃっかり斜面に咲いています。。。

ナガミヒナゲシも。。。せっせと。。。種から。。。
草ぬき名人の目をかいくぐって(^。^;)
今年は、、、けっこう咲いていました。

可愛いけど、、名前のわからない野草さんたくさん。。。
また(#^.^#)ご存知だったら、、、ご指導(_ _ )/お願いいたしまぁ~~~す(^^♪

投稿: うさぎ | 2013/06/05 13:26

こんにちは~。

 ハルジオンさん、そうですか北米産の輸入ものですか。
そうとも知らずに、毎年生えてくる芽を兎に角、花が咲かないうちに処理しています。
それでも次々に・・・。
 また一つ覚えました~!

 タンポポさんいいですよね。
我が家にも、10年ほど前にいらっしゃいました。
しかし、西洋タンポポは気が付き次第処理!
日本(関東?)タンポポさんは、大事に残していま~す。
 その差は、あり過ぎでしょうか~?
   ヒロでした。

投稿: ヒロ・もん | 2013/06/05 13:39

こんにちは~

ハルジオン。。。こちらも沢山咲いていました。
蕾の時ピンクがかってうなだれる姿がすごく可愛くて、、、いつか写真に撮ろう、、、と思っていたら、終わっちゃいました~

何かその姿がちょっと前なのに懐かしい気持ちになりました。
今咲いてるのはヒメジオン。。。。結構背が高くてすっくと立ってる感じがします。
私は、、、柔らかい感じのハルジオンの方が好きかな~
なんて見ても区別がつかないんだけどね。

今年はピンクの花が目立って多い感じがしたけど、、、気のせいかなあ~

投稿: 野花 | 2013/06/05 14:13

cute 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
すみません~ ほんと並べてご覧いただけるとよかったのですけど、
撮ろうと思って出かけた昨日、川沿いでは風が強くて断念しました。
慣れてしまうとそんなに難しくなく見分けられるのですけれど…

具体的に挙げてみますと…
まず開花の時期が違い、ハルジオンが先。今の時期から秋ころまでは
ヒメジョオン。そして花弁が糸に近い細さでたくさんなのがハルジオン。
そして↑写真のように柔らかそうにへなっとしています。
ヒメジョオンはもう少し花弁に幅がありシャキッと真っ直ぐ伸びて
咲いています。草丈も違いますよ。ハルジオンが低くヒメジョオンが高い。
葉の付け根も違って、ハルジオンは茎を抱くように付き、ヒメジョオンは
抱かない、ハルジオンは茎の根元に葉があるが、ヒメジョオンは無くスッキリ。
茎を折るとハルジオンは空洞があるがヒメジョオンには無い。
 
とまぁ こんな感じです。ふぅ…
 
 
cute fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
仰るようにハルジオンもヒメジョオンも、日本の風景に溶け込んでいますね。
子供の頃、ハルジオンの名は知らず、こういう花全てをヒメジョオンと
呼んでいましたが、その頃から夏場の草花として当たり前に咲いていました。
ハルジオンとヒメジョオン、一見似ているけれど違いますね。
昨日散歩しながら確認した所では、もうヒメジョオンに入れ替わっていました。
 
とても濃いピンクのものは、私は今回初めて見ましたが、
fairy ringさんのご近所では数が増えているのですね。何故でしょうね。
白花の群生は見た事ありますが、濃いピンクの花の群生… 
これはまたイメージがガラリと違ってきそうです。
 
 
cute うさぎさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~(^^)/
 
ハルさんにヒメさん、うさぎさんガーデンでも咲いてますか~。
ナガミヒナゲシも一緒♪ なんですね ( ´艸`)
すっかり日本全国どこででも見られるようになって…さすがの繁殖力(^^;)

以前TVでターシャ・テューダーさんのガーデンをちらと見たとき、
ワイルドフラワーが自由に咲いている場所があって、ヒメジョオンや
そのほかの野草たちがたくさん風に揺れている光景が素適でしたヨ。
あちらでは、在来種。何の問題もないのですねー
 
うさぎさんガーデンでさっ可愛い野草さん、私でお役に立てるものあれば
またお知らせしますね~ (#^^#)♪
 
 
cute ヒロ・もんさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
そうなんです、ハルジオンさんもヒメジョオンさんも
わざわざ遠く北米からお越しいただいたのに、今ではワースト100とは…
彼女たちにとっては、連れて来ておいて何よ!と理不尽なことですね(^^;)
ヒロさんは花が咲く前に…ですか。増やさないようにと心がけて
いらっしゃるのですね。西洋タンポポさん共々。
日本タンポポ(カントウタンポポ)さんは守られて。
私は故意に広げはしないものの、無頓着というか自然任せ。
でも保護してくださる方がいるからこそ多様性が保たれていくのですね。
 
 
cute 野花さん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは~
 
野花さんの近くでもたくさん咲いていましたか。
そうそう、ピンクのつぼみがうなだれてる姿は可愛いですよね(^^)
  
うちのあたりもすっかり咲き終わり、代わってヒメジョオンの季節に。
ハルジオンのほうが全体的に背が高くて花も小さいですね。
仰るようにすくっと立っているイメージです。花弁もシャキッと伸びてます。
いえいえ 特徴をつかんでいらっしゃいますよ。
ちゃんと見分けていらっしゃると思うな。
私も、柔らかな雰囲気のハルジオンの方が好きです♪
 
おや、ハルジオンさんたち、ピンクの花が多く感じられました?
何か理由があるのでしょうけれど、何でしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/05 15:47

ポージィさん
こんにちは
道端でよく目にします
私にとっては、ハルジョオンとヒメハルジョオンとの区別が難しいです
シッカリ覚えておかなければ・・・
こちらで見るヒメハルジョオンは、案外濃いピンクのものを見ますよ
綺麗いのに要注意外来生物に指定されているのですね
残念です

投稿: ジジフク | 2013/06/05 16:59

cute ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ジジフクさんのご近所でもよく目にされましたか。
うちの辺りでは、すっかりヒメジョオンの季節に移行したようです。
 
ハルジオン(春紫苑) と ヒメジョオン(姫女菀) であるように、
ハルジオンは春、ヒメジョオンに先がけて咲きますね。
花姿だけでも結構見分けが付くと思います… 
と書いたところで気付きました。
 
ジジフクさんは「ヒメハルジョオン」と書いていらっしゃいました。

「ヒメハルジオン」というのがあるのでしょうか…。知りませんでした。
その「ヒメハルジオン」には、濃いピンクのものが多いのですか。
まぁ… そうなんですね。来年また気をつけてみますね。
 
可愛いくて好きなのですけどね。でも、案外うまく共生できて
いるのではないかしら?と思ってしまいます。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/05 17:41

こんばんは。
 
ハルジオン、最近まで あまり意識したことがありませんでした。
よく見ずに ヒメジョオンと混同していたのかもしれません(;´▽`A``
 
改めて こちらで見ることが出来て
どっちがどっちなのか 確認出来ましたよ ヽ(´▽`)/
ありがとうございます♪
 
で、ピンク色のハルジオンを
連休の頃に 狭山湖の近くで見たんです。
まわりのに比べると 妙に色が濃くて
一瞬 違うものかと思いました。
そのうち(いつ?)アップしますので 見てみてくださいね。

投稿: 花mame | 2013/06/05 18:08

こんばんは。
今年もハルジオンが元気に咲き続けましたね。
でも6月が来るとヒメジョオンに場所を譲るのが心得たものです。
たしかに濃いピンクのものをときどき見かけます。
どんなことが原因・理由と考えられるのでしょうね。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/06/05 20:40

cute 花mameさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
花mameさんが最初にお知りになったのは、ハルジオンとヒメジョオン
どちらでいらっしゃいますか? 私は小学生の頃ヒメジョオンの方で、
よく似たハルジオンという種類もあることを知ったのは、それから
ゥン十年も後のことでした。
ハルジオンを知ってからはハルジオンびいきになってしまいまして…(^^;ゞ
 
あらら 花mameさんもひときわピンクの濃いハルジオンを
ご覧になったのですね。見せていただくの楽しみにしてます♪
ピンクのものが増えたようだとのコメントもいただいていますが、
何が色を変えているんでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/05 20:46

cute 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
ハルジオンには長いこと楽しませてもらいましたが、
もうすっかりヒメジョオンに代わりましたね。
おーちゃんの記事を拝見後、散歩で見かけたのを確かめましたが、
皆ヒメジョオンでした。
これからはヒメジョオンに楽しませてもらいましょう。
濃いピンクのものが混じる理由、おーちゃんもご存知ありませんか。
どんな理由なのでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/05 20:49

こんばんは。
ハルジオンの花には虫たちがいっぱい集まってくるので、虫撮りには楽なんですよ。
それにしても、どこででもあちこちに咲いて、見かけによらず逞しい花なんですね。
その強さはタンポポ以上かもしれません。

投稿: ソングバード | 2013/06/05 21:40

ポージィさん、こんばんは。
ハルジオンとヒメジョオンはとても似ていてその区別には随分と難儀しました。まったくの、我流ですが、その違いには二点あると思います。まず第一は、花期です。ハルジオンが終わるころにヒメジョオンが咲きますね。その点が決定的に違います(と思っている)。続いて、茎です。ハルジオンの茎は根元から先端まで中空です。ところがヒメジョオンの方は、根元から先端までぎっしりと詰まっていてつまんでもつぶれません。さて、この考え方は合っているのでしょうか。数年前に、自分で調べた結果ですが。

投稿: polo181 | 2013/06/05 21:48

おはようございます。
うちの庭にもハルジオンもヒメジョオンもナガミヒナゲシも咲いていますよ。
ただ草取りが嫌なのでそのままになっています。

良く見ると可愛い花ですが、昔「貧乏草」と親から言われていたので、抜くようにしているのですが。

梅雨明けしたみたいな天気が続いていますね。
花たちも戸惑っているでしょうね。

投稿: ロッキーママ | 2013/06/06 05:58

cute ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
 
ハルジオンもヒメジョオンも虫たちには人気者のようですね。
虫撮りにはこの花のそばで待っているとチャンス到来でしょうか。
全国どこででも見られるそうで、日本の気候風土にすっかり適応して
のびのび暮らしているんですね。逞しい!
♪ 可愛い顔してあの子 わりとやるもんだねと ♪
懐かしい歌を思い出してしまいました~
 
 
cute polo181さん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ハルジオンとヒメジョオン。パッと見はよく似ていますね。
見慣れてしまうと花顔だけで違いがわかりますが、見分けのポイントが
いくつかあって、poloさんが挙げてくださったのも全部そうですね。
他に、葉のつき方や花びらの幅や数、草丈なども違いがありますね。
私は、そうした知識は全部ネット検索していただきました。
poloさんはご自分で観察して検証されたのですね。素晴らしいです。
 
私の住む地域では、ハルジオンの季節は終わり、すっかりヒメジョオンに
入れ替わったようです。
 
 
cute ロッキーママさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます 
 
お庭にみ~んな咲いているんですね♪
以前TVで見たターシャ・テューダーさんの広大なお庭の一角が
これらのワイルドフラワーが咲き乱れる原っぱコーナーになっていて
素適だったのを思い出します。
 
あぁ 貧乏草と呼ばれること、あるようですね。
草丈があるので、敷地内にびょんびょん生えていると荒れた感じに
見えるということなのでしょうね。
 
梅雨入り発表の後、太平洋高気圧が弱まって前線が下がっっちゃったんですね。
そのうちまた上がってきて梅雨らしくなるのでしょうけれど、
もしこのまんまだったら水不足になってしまいます。
植物たちは雨を待っているでしょうね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/06 09:03

ああ~いいですねえ。
ムカシヨモギ属 なんていうところも。
人間が勝手に移動させておいて悪者扱いされている植物、多いですよね。
なんだかな~って思います。
日本の風景っぽいのに。
もう馴染んじゃってるのに。
観賞用ってことは、切って花瓶に挿しても楽しめるのかしら?

投稿: koko | 2013/06/06 12:48

お久しぶりになりました
たんぽぽの記事 自分のことのようなきがして
嬉しかったです

たんぽぽの根は深いところで踏ん張るんですよね
わたしのHNも そんなところが気に入ってつけたの
踏まれても生き残る頼もしさ・・・(笑)

ヒメジオンの花びらは つい触りたくなりますね
可愛いお花です
エリゲロンはハルジオンに似ていますよね~

投稿: たんぽぽ | 2013/06/06 20:21

cute kokoさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
 
可愛い花ですよね。「ムカシヨモギ属」に目を留められましたね。
何だか古風な響きで心惹かれますが、ムカシヨモギって何じゃ?と
検索してみると、なんだかよく分かrません。
この属の植物で、私が目にしたことのあるのは 
ハルジオン、ヒメジョオン、アレチノギク、ゲンペイギク、と外来種ばかり。
在来種のムカシヨモギ属の代表格は「アズマギク」だそうですが見たこと無し。
ずばりムカシヨモギという植物は、まだ画像に行きつけていません。

なんて、つらつらと書いてしまってすみません。
そうなんですよね、同じこと思います。人間が勝手に持ち込んで、
あとから侵略的なんて言われても、植物としては迷惑な話です。
もうハルジオンもヒメジョオンも完全に日本に溶け込んじゃってますね。
 
観賞用ってことは、まずは花壇などに植えたのでしょうかね~
試しに「ハルジオン いけばな」で検索したら、ヒットしましたよ。
ハルジオンを花材の一つとして水盤に活けた画像♪
私も飾ってみようかな。でも、野で切ってくるには、すぐ浸けられるよう
水を持っていったほうが良いかもですね。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/06 20:31

cute たんぽぽさん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは
お久し振りです(^^)
 
タンポポの記事もご覧くださってありがとうございます。
はい、タンッポの根は深く深く伸びているそうですね。
鉢に生えてしまってやむなく抜いた、まだ小さなタンポポですら、
もう6~7cmの根が伸びていて驚きました。
たんぽぽさんのHNはそういうタンポポの強さ頼もしさからなのですね♪
素適なお話伺えて、私も嬉しくなりました。
 
ハルジオン ヒメジョオン は可愛い花で、見ると触れたくなりますね。
あ、ほんとだ♪ ヒメジョオンの花とエリゲロンの花、似てます!
エリゲロンもムカシヨモギ属でお仲間でした。どおりで~
 

投稿: ポージィ | 2013/06/06 20:46

こんばんは!
ハルジオンが一面に咲く白いお花畑はきれいですね。
蕾が恥ずかしそうに下をむいているのがハルジオンって覚えました。
 
「日本の侵略的外来種ワースト100」に挙げられる要注意外来生物とは・・・
それで思い出したのですが、日本から帰化したスイカズラは北米では大木にからみつき、木を絞め殺しているそうです。また強力な繁殖力で、森林の生態系を破壊してしまうことも危惧され、インベーダーとして最も恐れられている植物の一つということです。

日本からみるとたんぽぽもそうですが、外来種が日本古来の植物を滅ぼしてしまうことを危惧していますが、他の国では日本からの植物を危険視しているなんて気づきませんでした。

投稿: 生駒の風 | 2013/06/06 21:49

cute 生駒の風さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは。
 
ハルジオンやヒメジョオンのお花畑も可愛くてすてきですね。
優しい感じです。蕾が俯いているのは、実はヒメジョオンでも
見られることを発見してしまいました。
でも、ハルジオンの蕾の方が恥ずかしがっているように見えるのはなぜでしょ(^^)
 
そうそう、スイカズラのことは私も読んだことがあります。
他にもクズもそうですし、虫でもありますよね。
各国の自国内ではバランスが取れていたものが、競合するものがいない
新天地でものすごい勢いで繁茂することがままあるのですね。
 
さらに何万年か後に、地球上の植物や動物たちはどんな様子に
なっているのか、可能なら見てみたいです。絶対無理ですが~
 

投稿: ポージィ | 2013/06/06 23:35

ポージィさん
おはようございます
一昨日は、間違ったことを言ったようで
申し訳ございませんでした
どうも、有りもしない花名を話題にしたようで・・・
穴があったら入りたい心境です
どうか、忘れてくださいますよう、お願いいたします

投稿: ジジフク | 2013/06/07 07:56

cute ジジフクさん、再コメントありがとうございます ♪ 
 
おはようございます
ヒメハルジオンではなくて、ハルジオンとヒメジョオンが
ミックスされてしまったのでしたか。
ちょっと変わったのが見られるようになると、すぐに新しい名前が
付けられるようなので(例えばウスイロツユクサなど)、
そういう類かと思いました。
お知らせいただきありがとうございます。
書き間違いや勘違いは誰でもあることですから(もちろん私も!)
気になさらないでください。
 

投稿: ポージィ | 2013/06/07 08:48

ヒメジョオンの方でしたよ〜。
今度 その季節に北海道に滞在することがありましたら
ハルジオンを探してみることにします (o^-^o)

投稿: 花mame | 2013/06/07 12:40

cute 花mameさん、再コメントありがとうございます ♪
 
花mameさんが最初にお知りになったのもヒメジョオンの方でしたか。
ハルジオンの方が少し後から日本にやってきたそうで、
ヒメジョオンを先に知ったのは、それでかなと思いました。
今はどちらも全国に広がっているそうですから、
花mameさんのふるさとでも、今頃はハルジオンが咲いている
かもしれませんね (*^^*)
 

投稿: ポージィ | 2013/06/07 15:42

ハルジオンですか?これもタンポポ同様にたくさん見ました。同じキク科ですか?花開くまえにうなだれていますね!その時色がピンクかうす紫なのに花開くと白と黄色になる!けっこう見てました。その後ろのナガミヒナゲシもたくさん見ました。遠くから見ると綺麗なオレンジ色ですね。よく見る花が出るとけっこうホットしますね!な

投稿: 茂吉 | 2013/06/17 01:32

cute 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
たくさんご覧になりましたか(^^) 今じゃもうすっかりヒメジョオンにバトンタッチし終わりましたね。ヒメジョオンもたくさんご覧になってるかな~。私はハルジオンの優しげな柔らかな雰囲気が好きです。ピンクだった蕾が花開くと白と黄色になる様子なんかも♪
ナガミヒナゲシもあちこちで群れて咲いていますね。なかなかキレイ。でも、みんな眉をひそめられちゃう帰化植物なんですよね。可哀想に。
そうですね、お馴染みの花の方がやっぱりホッとしますよね(^^)

投稿: ポージィ | 2013/06/17 07:32

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/57382748

この記事へのトラックバック一覧です: 柔らかに ハルジオン の咲く:

« わが家のタンポポは? | トップページ | 咲いて香って魅了 - ハゴロモジャスミン - »