« 繊細 ネムノキの花 | トップページ | ねじって twist ネジバナ »

2013/07/22

長いシベで魅せる

この前アップした「ネムノキ」も長いシベで魅せる花でしたが、今日ご紹介の3つも
同じことが言えるかもしれません。 この3つは花びらと長いシベの両方かな?

6月下旬に撮った花たちで、花の時期は終わってしまいましたがあしからず…
       (chick写真クリックでもう少し大きめ写真もご覧いただけますbud
 
 
 
    130621biyouyanagi3
 
 
           「ビヨウヤナギ」 : オトギリソウ科・オトギリソウ属
            曲線を描く 細く長く なよやかなシベが魅力的
                 このシベの海を泳ぎたーい ?
              
 
    130621biyouyanagi4
 
 
 
 
 
 
 
    130621kinsibai2
 
 
           「キンシバイ」 : オトギリソウ科・オトギリソウ属
          こちらはビヨウヤナギより花も小さくシベも短いですが
           花の中心に吸い寄せられるような魅力を感じます
 
 
    130621kinsibai2_cut
 
 
     オトギリソウ科の仲間には、他に
     「ヒペリカム・アンドロサエマム(コボウズオトギリ)」「ヒペリカム・ヒドコート」
     「ヒペリカム・カリシナム(セイヨウキンシバイ)」   などもありますね。
 
 
 
 
 
 
 
    130628feijoa2
 
 
            「フェイジョア」 : フトモモ科・フェイジョア属
 
             赤くしっかりしたシベがとてもよく目立ちます
                 力強いエネルギーをもらえそう
 
 
    130628feijoa2_cut
 
 
 
 
   シベで魅せるお花たち、まだ他にもたくさんありますが、
   あなたが虫だったら、この3つのうちどれに向かってまっしぐらでしょう? happy01
 
 

|

« 繊細 ネムノキの花 | トップページ | ねじって twist ネジバナ »

コメント

ビヨウヤナギは家にもありますが、これを知った頃、キンシバイと間違えたりしたことがありました。
ここで花弁やシベを比較しましてもかなり違いますね。

私が虫だったらフェイジョアに行きます。見事な赤とシベですね。
長いシベの花から、人で言うなら長いまつげの人を連想します。

投稿: tona | 2013/07/22 10:41

黄色いお花はいいな~と見ておりましたが、
フェイジョアsign01
この花好きです~heart04
とっても心魅かれます。
赤っていいな~。
フェイジョアで一番心魅かれたのは
『フトモモ科』ってとこです。
い、いったいsign02

投稿: くらふぇ | 2013/07/22 11:00

なるほど、シベで魅せる花シリーズ、面白いまとめ方ですね。
「ビヨウヤナギ」も「フェイジョア」ももう時期は過ぎてしまいましたが、
それぞれに楽しんでみました。
また来年の花期には、このシベに注目して見直してみたいと思います。
私が虫だったら・・・・やはりフェイジョアに向かいそうです。

投稿: 鎌ちゃん | 2013/07/22 11:05

私が虫なら
  迷わずビヨウ柳の中へまっしぐらかな
公園に咲いていて 魅了されたお花です
名前がわからず昔のブログで皆さんに教えてもらったの
ポージィちゃんは 色々のお花をcameraして
すごいですね~
お家でゴロゴロしている私 見習わなければねっ

投稿: たんぽぽ | 2013/07/22 12:21

こんにちは!

どれもしべの形が美しく魅せられるお花たちですね~
今年は ビヨウヤナギもキンシバイもアップしませんでした。
フェイジョアは 谷中でちょっとだけ見てちょっとだけアップしましたが・・・笑

ビヨウヤナギのなよなよとしたしべ 魅力ですね~
そばに寄ると何だか小宇宙を感じてしまいます。

投稿: fairy ring | 2013/07/22 14:43

家でも毎年さきますが今年は入院していたので水不足で咲いてくれませんでした
長いしべ綺麗ですよね
フェジョイも綺麗ですね
もうみんな終わってしまいましたね
これから何の花が見ごろなんでしょうか

投稿: フクちゃん | 2013/07/22 16:23

chick tonaさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ビヨウヤナギ、お庭でも咲くのですね。良いですね(^^)
私も、今もすぐ分からなくなりますが、以前はもっと混乱していました。
ビヨウヤナギとキンシバイは改めて見ると大分違いがありますね。
 
うふふ tonaさんが虫だったらフェイジョアへまっしぐらですか。
力強く引きつけて来ますものね♪
シベの長い花には、私も長いまつげの人を連想します。
いいなぁ~と憧れと一緒に。
 
 
chick くらふぇさん、ありがとうございます ♪
 
おぉ~ くらふぇさんはフェイジョアにグググッ!と
引き付けられましたね。黄色もきれいでお好きだけれど、
赤いお花はもっとお好き、ってとこかな~
確か以前も、何だったかな?赤い花をアップしたときに大好きな色、と(^^)
でも んんん? いちばん魅せられたのは「フトモモ科」!?
そこですか~ (*^ω^*)ノ彡 ( ´艸`) 楽しぃナ~~note 
 
 
chick 鎌ちゃん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
  
シベで魅せる…中途半端ながら無理やりまとめてしまいました。
ビヨウヤナギやセイヨウキンシバイのシベは、ねむの木の
シベと同じように繊細で、繊細さゆえの魅力があります。
一方フェイジョアは太くしっかりとしたシベに力強い魅力を感じます。
 
鎌ちゃんがまっしぐらに向かわれるのは…やはりフェイジョアですね。
 
 
chick たんぽぽさん、ありがとうございます ♪
 
たんぽぽさんがまっしぐらに飛び込まれるのはビヨウヤナギですか。
私も… 本当は↑これより、もっと素晴らしいシベで魅せてくれますし。
たんぽぽさんは公園でご覧になったそのとき、魅了されたのですね。
 
え~っ 毎日たくさん歩いていらっしゃるたんぽぽさんのほうが
ずっと行動的でいらっしゃいますよ。私のほうこそ見習わなくては
いけません。お花は撮りだめを少しずつアップなのですもの…(^^;ゞ
 
 
chick fairy ringさん、ありがとうございます ♪
 
こんにちは
 
ちょっと強引にシベでまとめてしまいましたが、魅力的なことは
間違いないですね。
fairy ringさんには以前(去年かな?)シリーズでビヨウヤナギetc.の
素晴らしく魅力的なシベの世界を見せていただきました。
そうそう、ビヨウヤナギのなよやかなシベには、ピーンと真っ直ぐな
シベに無い魅力がありますよね。仰るように小宇宙そのものです。
 


投稿: ポージィ | 2013/07/22 16:23

chick フクちゃん、ありがとうございます ♪
 
お庭にもおありなのですね。
水不足だと咲きが悪くなるのですか…
今年は残念でしたが、来年はきっと素晴らしい花を見せてくれますね。
 
これからの季節ですか? アオイ科のお花たちは長く綺麗に
咲き続けますね。芙蓉も咲き始めたようですよ。
  

投稿: ポージィ | 2013/07/22 16:27

こんばんは。
ビヨウヤナギのシベは長さも数も見事ですね。
しかも花の数もけっこう多いので木全体がフワーッとした黄色におおわれているように感じます。
今年は撮るチャンスを逃がしました。

投稿: 横浜のおーちゃん | 2013/07/22 21:14

トップの写真、ハッとする美しさです。お見事!
大きくして拝見しました。

投稿: ふくやぎ | 2013/07/22 22:13

ポージィさん
おはようございます
どれも綺麗ですね
いつもながらポージィさんの文章力に感心しております
それぞれの花の表現は、勿論素敵なのですが
最後の
>あなたが虫だったら、この3つのうちどれに向かってまっしぐらでしょう?
という文章です
これで、読者の心を掴み、より会話が進みますものね
私は、フカフカのベッドを想像してビヨウヤナギかな?
でも、身体のためには、フェイジョアのような硬めのベッドが良いのでしょうか?
ちょっと、悩んでおります

投稿: ジジフク | 2013/07/23 07:26

chick 横浜のおーちゃん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
ビヨウヤナギはシベの多い花がたくさん咲いても、おーちゃんが仰るように
フワーとした感じなのですよね。花びらの形、シベの細さとなよやかさ
などから重さを感じないのでしょうか。
おーちゃんは今年はお撮りになれませんでしたか。
私は、もうほとんど咲き終わりにかろうじて撮ったのですが、
最盛期にもっとフワーとした雰囲気を撮ってみたかったです。
 
 
chick ふくやぎさん、ありがとうございます ♪
 
トップ写真、大きくして見てくださってありがとうございます。
咲き終わりをかろうじて撮りましたが、またいつか、最盛期に
もっとじっくり見て撮ってみたいものです。
 
 
chick ジジフクさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます
 
どの花も綺麗ですね。ビヨウヤナギのシベはもっと花盛りのを
素適に撮ってみたいです。ジジフクさんのように。
 
記事文をお褒めいただいて…あらら こそばゆいです(#^^#)
なるほど、ジジフクさんは、シベたちをベッドに例えられましたか。
ビヨウヤナギは柔らかそうですよね~ フェイジョアは確かに硬め。
うーん、体のためには硬めがいいとは思いますが、ふわんふわんの
ふっかふかにも身を沈めてみたいですね♪
 

投稿: ポージィ | 2013/07/23 09:23

こんにちは。

ネムノキのふさふさはオシベだったんですね~
と、別の記事にコメント書いちゃいました。
今度近くで見る機会があったら観察しちゃおう。

しべのながーいお花って、何か理由があるんでしょうか。
花粉がつけやすいっていうことはわかりますが、
そうじゃない花もたくさんあるわけですし・・・
なんていろいろ考えちゃいました。
それにしても、見たことがあっても名前を全然しらないな~と
ポージィさんの記事を読んでいると実感します。
花だけじゃなく、いろいろなことにデータを気にしない
私の性分が表れているということなんでしょうねえ。

投稿: koko | 2013/07/23 12:51

chick kokoさん、ありがとうございます ♪
 
そうなんですよ~ ピンクから白へのグラデーションも美しい
あの繊細なふさふさはオシベ。白だけのメシベも混じってますけどね。
 
シベの長ーいお花の理由、何でしょうね。
花粉のこともその一つでしょうし、花弁代わりのこともあるかもしれません。
それぞれの花の戦略がありそうです。
 
見た事があっても名前を知らないもの、私にも山のようにありますよ。
記事に載せるものはせっせと調べているだけのことで、
周りを見回せば、知っていることなんて針の先くらい。
kokoさんがよく知ってることで私が知らないでいる事だって
たっくさんあるはずです。
でも、知らないというのも、知ったときの楽しさがあるわけで、
それでいいかなと思っています。自分が知らないこともたくさんあるよ、と
ちゃんと承知していれば。
世の中のもの全てを知ることなどおよそ無理な話ですし。
これってある意味、開き直りかしらん(^^;)
 

投稿: ポージィ | 2013/07/23 17:52

おはようございます。
花の蕊にもいろいろあって楽しいですね。
それぞれその役目があって形状が異なっているようですが、1枚目のビョウヤナギのような長い蕊は、昆虫も苦労しそうですね。
最後のフェイジョアは、蕊だけがしゃしゃり出て、花そのものに見えます。(笑)

投稿: ソングバード | 2013/07/24 06:51

chick ソングバードさん、ありがとうございます ♪
 
おはようございます。
ほんとに色々ありますね。それぞれの植物が長い年月かけて工夫してきた
結果がこんなふうになったのだと思うと興味深いです。
ビヨウヤナギのシベは柔らかそうなので体の重い虫向きではなさそう。
でも、蝶のようにホバリングしながらでは受粉がうまくいかないかも??
一方フェイジョアのシベは強そうで、仰るように花そのものの印象ですね。
これなら重めのカナブンあたりでもしっかり支えられそうです。
それぞれどんな虫が来るのか知りたくなりました。
 

投稿: ポージィ | 2013/07/24 07:51

キンシバイは自宅の近くの遊歩道の入口にあります。他の二つはまだ出会ってません。綺麗な花だからいつか会いたいです!虫だったら?三番目のフェイジョアがいいな!色が好きです。

投稿: 茂吉 | 2013/07/30 17:57

chick 茂吉さん、ありがとうございます ♪
 
こんばんは♪ キンシバイは毎日ご覧になれるんですね。可愛い花ですが、最近植栽などに植えられるのはもっと華やかなヒペリカム・ヒドコートあたりが多いような気がします。ビヨウヤナギとフェイジョアは未見でいらっしゃるんですね。綺麗な赤がよく目立つフェイジョア、来年以降お見かけになったら、ピューッと飛んでいって愛でてくださいね!
 

投稿: ポージィ | 2013/07/30 20:34

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/50994/57730542

この記事へのトラックバック一覧です: 長いシベで魅せる:

« 繊細 ネムノキの花 | トップページ | ねじって twist ネジバナ »